util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...
ヨリクシの国旗
国旗案1.png

概要 anchor.png

英名Republic of Yorikushi
国章作成中
首都ニューウェルリントン(座標:10,10)
最大都市サホマ市
国家元首マラバイア・ソブルート首相(703年~)
標語未定
国歌We Love Yorikushis
政治体制共和制
住民ヨリクシ人74% ウィリー人12% オルドビンスク人6% その他8%
人口3557万人(674年6月中旬)
公用語ヨリクシ語 ウィリー語 オルドビンスキー語 リグレー語
通貨ヨリクシ・シペ
ccTLD*1.yk
建国フリューゲル暦634年3月21日(22833期)

ヨリクシ共和国(ヨリクシきょうわこく)は、フリューゲルに存在する国家。首都はニューウェルリントン。

Page Top

国名 anchor.png

公式の英語表記は Republic of Yorikushi。
日本語の表記はヨリクシ共和国。略称として「与国」とも。
古ヨリクシ語において「夕日」を意味するヨリと「水平線」を意味するクスィーが語源として考えられているが、定かではない。

Page Top

国旗 anchor.png

国旗法に基づき、635年1月12日付で制定。
背景の三色のうち、上の金色は国家の繁栄と豊穣、中央の赤は肥沃な国土と屈強な国民、下の青は生命を湛える大海を表す。
中心の黒円内部、黄色の物体は地平線にある太陽を表す。

Page Top

歴史 anchor.png

  • 元々「ヨリクシ共和国」の名は地球に存在した一国家から受け継がれている。一般的には旧時代に存在した同名の国家を「旧ヨリクシ共和国」とすることで現行の国家との区別を図っている。
  • ヨリクシ共和国はフリューゲルでも比較的新しい国家であり、歴史もごく浅い。そのためヨリクシ史の観点においては(在地球期の)旧ヨリクシ史と現行のヨリクシ史ならびに移民船団期の歴史を総合して研究すべきという意見の学者も存在する。
Page Top

建国前(~634年3月) anchor.png

旧世界におけるヨリクシ共和国は海洋国であった。周囲をシュミト海と呼ばれる肥沃な海に囲まれた同国は、海を隔てて同じく海洋国のウェルリントン共和国、リグレー国、そして大陸のオルドビンスク州に面していた(オルドビンスク州には5ヵ国が存在)。
これらの国々は互いに戦争状態に陥ることもあったが、おおむね関係は良好であった。
ユニティプロジェクトに参加する際も、宇宙開発に一日の長があったヨリクシ共和国を盟主とする形で、この3ヵ国1州全体での移住が決まった。
道中、航法機器の異常やデブリとの遭遇に見舞われながらも、無事フリューゲルへの到着、そして移民事業を果たした。

Page Top

7世紀 anchor.png

+  630年代
+  640年代
+  650年代

660年代

  • 660年
    • 1月、第7回国政選挙を実施。保守2党が継続して勝利。ファギム・クルシャード首相が続投。
    • 2月、ヴァノミス連邦に対し2万人規模の国際緊急援助隊を派遣。
    • 10月、ヘルトジブリール社会主義共和国への留学生派遣を決定。留学生の派遣は初。
  • 661年
    • 8月、人口増加を受け、都市交通の整備を決定。オルホン州、サホマ州で試験導入開始。
    • 9月、ノホ・ヘレコ連邦首都に隕石落下し、推定160万人が死亡。翌々月に国際緊急援助隊を派遣。
  • 662年
    • 6月、コーデクス共和国との人材交流プログラムがスタート。非常事態省の防災対策指導員、並びに工業研修生を派遣。これに合わせて災害対策ロボットTT-5200・40台を受像。
    • 9月、ヘルトジブリール社会主義共和国へ、工学系学部を中心に留学生派遣を行う。
  • 663年
  • 10月、流通大手企業と政治家・官僚間の汚職事件が露見(ファンダー事件)。政権支持率が低下し、長期政権に陰りが見え始める。
  • 664年
    • 2月、農業系企業と与党政治家・官僚間での未公開株を巡る贈収賄事件が発覚。官民双方から多くの逮捕者が出たほか、政権の支持率は急落(バンジャー事件)。
    • 3月、建国30周年を記念して「Yorikushi day'64」が開催される。
  • 665年
    • 1月、第8回国政選挙を実施。バンジャー事件による前政権への国民の強い不信感から、革新政党が勝利し政権交代。新進党党首、エプシン・デラント氏が首相就任。
  • 668年
    • 1月、ヨリクシ経済総合研究所による共和国の経済指標の更新によって評価が「新興国」から「先進国」に格上げされる。
    • 2月、カルセドニー島共和国での複数回の大規模地震に対し、国際緊急援助隊を派遣。
    • 6月、工業生産性の向上を目的とした諸政策を開始。農業人口不足により未稼働だった大規模農業地帯を閉鎖。
    • 7月、政府、ウロベツ州、トマイシ州の再開発事業を凍結。建設予定の商業地域を廃止し、同地域を国有林の植林地帯に指定する。

670年代

  • 670年
    • 1月、第9回国政選挙を実施。革新連合のまま、エプシン・デラント首相も続投。
  • 672年
    • 1月、オルホン州イェルピー市に巨大不明生物が出現し、同市を破壊。政府により「クジラ」と命名後、軍による駆除に成功。
  • 675年
    • 1月、第10回国政選挙を実施。革新政党はやや議席を減らすも、与党を維持する。首相は新進党党首ルグラント・ユズルハに決定する。
  • 676年
    • 10月、ニューウェルリントン特別市に巨大不明生物「いのら」が出現。軍による攻撃により駆除を実施。推定50万人前後が死亡・行方不明となる大惨事。
  • 678年
  • 703年
    • 7月、マラバイア・ソブルート政権成る。同月中に鎖国体制への移行を開始。
Page Top

政治 anchor.png

立法、行政、司法の各機関が独立して存在している。
また、634年10月に初の国政選挙が行われた。

Page Top

政策スライダー anchor.png

民主的-◆-----独裁的民主制が敷かれている
政治的左派-◆-----政治的右派革新政権
開放社会-◆-----閉鎖社会国民は自由を有している
自由経済--◆----中央計画経済政府による工業化の推進
志願制◆------徴兵制平時の徴兵制を否定
ハト派-◆-----タカ派穏健派
介入主義---◆---孤立主義国際社会に関心
Page Top

歴代政権 anchor.png

+  第1次アルデロイト・ポポワ政権(634年4月~638年2月)
+  第2次アルデロイト・ポポワ政権(638年2月~642年1月)
+  ドーミロフ・クーネルスタンチ政権(642年~646年)
+  第1次ガルベス・ポンペアーニ政権(646年~650年)
+  第2次ガルペス・ポンペアーニ政権(650年~655年)
+  第1次ファギム・クルシャード政権(655年~660年)
+  第2次ファギム・クルシャード政権(660年~665年)

※各大臣の下には副大臣、政務補佐官を置く。また、太字は変更のあった部分。

Page Top

中央官庁 anchor.png

+  ~641年
+  642年~646年
+  646年~660年
660年~
  • 人事院…公務員の人事管理を担当する独立機関。
  • 会計検査院…国の決算を検査し、国民議会に報告する独立機関。
  • 行政府

    • 大統領…大統領が強権的に戦争を引き起こした地球時代への反省から、大統領の政治参加は憲法で厳しく制限され、政権への助言を行うのみである。また、公平・平等でなくてはならず、特定の政党や勢力に与してはならないとされる。
      • 公文書役務庁…国家財産の管理維持、公文書の管理などを行う。長は公文書役務庁長官。
      • 復興事業庁…国内で発生した甚大な災害に対する復興計画の立案等を行うほか、複数の省庁に跨がる復興関連事業を統括し、一元的な運用を行う。676年の巨大不明生物災害を受け、行政府復興局が独立する形で同年設置。長は復興事業庁長官。
    • 外務省…外交政策の立案・実施、外国との交渉等、外交に関する行政事務を担当する。長は外務大臣。
    • 内務省…各行政機関の総合的な管理・調整、地方自治への協力を担当する。長は内務大臣。
      • 情報局…内務省の外局。国内外での諜報活動を担当。長は情報局局長。
    • 警察保安省…警察の最高機関。警察運営の総合統括、警察行政の調整を担当する。長は警察保安大臣。
    • 非常事態省…戦時、並びに大規模災害発生時における司令塔であり、国際緊急援助隊の指揮を担当する。長は非常事態大臣。
    • 財務省…国家財政・課税・通貨・国庫等を所掌する。長は財務大臣。
    • 司法省…検察、行刑、国籍、出入国管理などの事務を担当する。長は司法大臣。
    • 国防省…国家の防衛を行うため、陸海空軍の管理・運営・調整・その他事務を担当する。長は国防大臣。
    • 通商省…外国との通商航海に関する利益の保護・増進を担当する。長は通商大臣。
    • 第一産業省…農林業・畜産業・水産業・サービス業・観光業等に関わる行政事務を担当する。長は第一産業大臣。
      • 観光庁…観光行政に関する施策の推進を担当する。長は観光庁長官。
    • 第二産業省…工業・鉱業等に関わる行政事務を担当する。長は第二産業大臣。
      • 鉱物資源エネルギー庁…燃料・石油・銀その他重要資源の安定供給政策を所管する。長は鉱物資源エネルギー庁長官。
      • 科学技術庁…科学技術関連行政の総合的推進を担当する。長は科学技術庁長官。
    • 国土開発省…国土の利用・開発・保全、社会インフラの整備等の行政事務を担当する。長は国土開発大臣。
      • 鉄道庁…鉄道行政に関する事務を担当する。長は鉄道庁長官。
      • 気象局…気象業務を統轄する。長は気象局長官。
      • 宇宙庁…652年10月より発足。人工衛星打ち上げ等の宇宙開発事業を担当する。
    • 保健衛生省…社会福祉・社会保障・公衆衛生の向上増進を担当する。長は保健衛生大臣。
      • スポーツ事業庁…国内のスポーツ振興やその他スポーツに関する施策の推進を担当する。長はスポーツ事業庁長官。
    • 環境省…自然環境の保護・保全、公害の防止を担当する。長は環境大臣。
    • 教育省…学校教育、生涯教育、スポーツ・文化振興を担当する。庁は教育大臣。
      • 文化庁…国内の芸術や文化創造活動の促進を担当する。国立美術館としてヨリクシ美術院を持つ。長は文化庁長官。
    • 郵便通信省…郵便事業と電話電報業務を担当する。長は郵便通信大臣。
      • 情報通信庁…インターネット利用者の増加により設置。ネット事業者の指導監督などを担当する。長は情報通信庁長官。

    国民議会
    上院と下院の二院制。定数は上院100名、下院400名の計500名。

    最高裁判所
    三審制。第一審に地域裁判所、第二審に州裁判所(ニューウェルリントン市のみ市裁判所)、第三審に中央裁判所を置く。
    地域裁は各州に数ヵ所設置。州裁(市裁)は州に1ヵ所(市裁は2ヵ所)。中央裁は国内に1ヵ所。

    Page Top

    国政選挙 anchor.png

    +  第1回選挙結果(634年10月実施)
    +  第2回選挙結果(638年2月実施)
    +  第3回選挙結果(642年実施)
    +  第4回選挙結果(646年実施)
    +  第5回選挙結果(650年実施)
    +  第6回選挙結果(655年実施)
    +  第7回選挙結果(660年実施)
    +  第8回選挙結果(665年実施)
    +  第9回選挙結果(670年実施)
    Page Top

    法律 anchor.png

    Page Top

    憲法 anchor.png

    Page Top

    国際関係 anchor.png

    Page Top

    国交を有する国 anchor.png

    以下は国交を有する国々(締結順)。

    国名備考
    カルセドニー島共和国我が国と最も関係が深い国。ナウラ条約における同盟国。
    レゴリス帝国商品の定期輸出先。
    石動第三帝国-
    コーデクス共和国記念碑の寄贈を受ける。人材交流プログラムを実施中(662年~)。
    テークサット連合-
    (共同管理区域セビーリャ)-
    ノホ・ヘレコ連邦-
    ヴェールヌイ社会主義共和国-
    ヴァノミス連邦(旧・ヴァノミス王国)-
    アルビオン連盟王国(旧スコッチランド)-
    トルキー社会主義共和国-
    ストリーダ王国-
    アリア連邦-
    フリュー第二帝政-
    ノイエクルス自由国-
    トリヴェント連邦-
    昭栄国-
    ヘルトジブリール社会主義共和国エリート大学に留学生の派遣を実施(662年~)。
    トロピコ共和国-
    ロムレー湖畔共和国-
    大明帝國(旧・萬州・和寧民主共和国)-
    御岳山諸島自治巫女共和国(旧・辺境日ノ本人共和国)-
    ラシニア社会共和国-
    西岸州独立連合共和国国際緊急援助隊を派遣。
    サン・ピエル国-
    エノテーク-
    蒼鋼国-
    フランク連邦-
    ローレル共和国-
    烏龍連邦-

    かつて国交を有していた国

    国名備考
    アルテノルト諸国連邦-
    コムニタス・マリアナ-
    ルフト共和国-
    ロヒキ人民共和国-
    成蘭連邦王国国際緊急援助隊を派遣。
    エーラーン教皇国-
    熊野共和国-
    トリアタマン連邦-
    エルツ帝国ハルディア級駆逐艦6隻を購入。
    アルドラド帝国ナウラ条約に基づく同盟国であった。
    ボアーズィチィ合州国-
    ウェールリズセ連邦共和国-
    Page Top

    ヨリクシ国際緊急援助隊(Yorikushi Disaster Relief Team:YDR) anchor.png

    国際緊急援助活動とは、ヨリクシによる、海外で発生した自然災害や建築物の倒壊など人為的災害に対して行う主に人的支援のことをいう。ヨリクシ共和国の国際貢献の一つである。

    対象国派遣要件派遣期間派遣人員主な任務
    西岸州独立連合共和国国内最大級の巨大地震653年1月~655年4月5000名(2000名+3000名増員)被災者の捜索・救助・護送、医療・防疫活動等
    成蘭連邦王国巨大地震656年10月~657年12月2000名被災者の捜索・救助・護送、医療・防疫活動、インフラ整備協力等
    ヴァノミス連邦大規模な地盤沈下659年8月~(667年6月増員)~676年11月25000名(20000名+5000名増派)同上
    ノホ・ヘレコ連邦首都等への隕石落下661年10月~663年2月5000名同上
    カルセドニー島共和国複数回の大規模地震668年2月~676年10月5000名同上
    石動第三帝国主要都市への隕石落下669年8月~670年10月6000名同上
    トルキー社会主義共和国首都周辺への巨大隕石落下・首都での大規模火災681年7月~10000名同上
    ストリーダ王国主要都市等への隕石群落下・巨大不明生物の出現682年4月~683年12月8000名同上

    かつて国内で648年ヨリクシ地震が発生した際に、数多くの国からの支援があった。この経験の恩返しをするとともに国際安全保障の維持向上を狙いとして同活動は発足した。

    Page Top

    部隊の編成 anchor.png

    活動は行政府の直轄であり、人員・装備は複数の省庁を跨ぐ形で複合的に編成される。
    派遣隊の総指揮官は非常事態省の職員が務める。また、実働部隊として救助活動等に当たるのは主力である軍のほか、民間の医療従事者からなる国際医療団、警察消防の専門部隊である。派遣隊の幕僚には以上の各部門の代表者の他、外務省の外交官、国土開発省・保健衛生省・内務省の職員も含まれる。

    Page Top

    地方行政区分 anchor.png

    MAP659 12.png
    州境等一覧(659年12月現在)

    4つの島、1つの特別市と9の州からなる。

    Page Top

    ニューウェルリントン特別市(the Special City of New-Wellinton:CNW) anchor.png

    RHT_Au_enansicht_klein.jpg
    港のランドマーク、シュミトタワー。

    ヨリクシの首都。議事堂も同市に存在する。また郊外にはコーデクス共和国より寄贈された「幸福の女神像」ほか海沿いにはポートタワーといったランドマークもある。市西部にはヨリクシ港がある。

      • ニューウェルリントン首都区
      • ゾールハイ区
    Page Top

    コゼイン州(the State of Kozein:KZN) anchor.png

    人口は全州の中で最少だが、全住宅が防災基準を超えているモデル都市。州東部にはコゼイン港がある。

    Page Top

    クラ州(the State of Kula:KUL) anchor.png

    o-rein.png
    国内有数の観光地・避寒地、オーレイン。年間60万人以上が訪れるという。

    観光特区に指定されており、観光滞在者数・観光収益ともに国内最多。

    Page Top

    ナウラ州(the State of Nowra:NRA) anchor.png

    工業特区の臨海工業区があるほか、国内有数規模の湖「ラドカ湖」もあり風光明媚な地としても知られる。「ナウラ条約」の署名式が執り行われたことでも有名。

    Page Top

    臨海工業区(Coastal Industrial Area:CIA) anchor.png

    工業特区であり工業人口は国内最多。区内では工業関連税が減免されるが、その代わりに厳しい環境規制が掛けられるため、クリーンかつ近未来的景観の都市となっている。

    Page Top

    マトラ州(the State of Matrah:MTR) anchor.png

    ヨリクシ島北部に位置。オルホン島やサホマ島とは橋・連絡船での往来が可能。

    Page Top

    オルホン州(the State of Orhon:ORH) anchor.png

    NesjavellirPowerPlant_edit2.jpg
    オルホン地熱発電所。

    共和国を構成する島々の中では、本島たるヨリクシ島に次ぐ2番目に造成された、オルホン島全体を管轄する州。観光都市やレジャー施設が初めて建設された州でもある。州中心部には発電所があり、国内の電力需要を満たしている。近年沿岸部が再開発され居住人口が増加した。

    Page Top

    サホマ州(the State of Sahoma:SHM) anchor.png

    sahoma.png
    高層ビル群が立ち並ぶ中心部。右上はサホマ市地下鉄、右下はサホマ・ラディソン国際空港。

    3番目に造成されたサホマ島の北部に位置する。旧称、北サホマ州。2つの現代都市と高密度住宅群により国内の最大都市となった。州北部にはピラミッド型のレジャー施設があり、鉄道網が張り巡らされている。

    Page Top

    ダワニ州(the State of Dawani:DWN) anchor.png

    大都市のサホマ州とは打って変わって田園風景が広がるサホマ島南部に位置。旧称、南サホマ州。共同農場の拡大は停止されているとは言え、農業人口は最大であり、ヨリクシの農業を担う。

    Page Top

    ウロベツ州(the State of Urobetsu:UBT) anchor.png

    Larderello_001.jpg
    ウロベツ地熱発電所。

    4番目の島、ウロベツ島東部に位置する。ウロベツ地熱発電所が設置されている。660年代以降、トマイシ州とともに再開発事業が進められ、現代都市が建設されていたが、660年代後半の新進党政権による工業特化政策により事業は凍結。その後は国有林野として緑化が推進され今に至る。

    Page Top

    トマイシ州(the State of Tomaishi:TMS) anchor.png

    ウロベツ島西部に位置。元はウロベツ州よりも開発が進んでいなかったが、宇宙事業の用地となり関連施設の建設が進められている。

    Page Top

    州別人口統計 anchor.png

    +  660年統計
    島名州名総人口(万人)工業人口(万人)商業人口(万人)農業人口(万人)観光者数(万人)
    ヨリクシ島CNW*12340-166--
    コゼイン州60---25(+7.5)
    クラ州160-20-75(+14)
    ナウラ州380(+120)720(+120)--25(+7.9)
    マトラ州272.5(+82.5)475(+235)5(-5)--
    オルホン島オルホン州445(+210)480(+480)15(-10)-66.8(+22.2)
    サホマ島サホマ州1056.1(+112.8)60(+13)856(+164)-(-15)50(+15.5)
    ダワニ州60(-37)---(-190)75(+19.1)
    ウロベツ島ウロベツ州210(-81)-(-240)-30(-105)25(-10)
    トマイシ州327.2(+231.2)480(+480)5(+5)-(-60)40.3(+24.5)
    合計3311.3(+639)2215(+1088)1067(+154)30(-545)382.1(+100.7)

    (682年6月1日)

    Page Top

    警察 anchor.png

    中央集権型警察機構で、警察保安省の監督下にある。海上戦力として海上警備隊も擁する。

    Page Top

    軍事 anchor.png

    国家の防衛のため陸軍・海軍・空軍が組織されている。対外戦争の経験こそ無いが、日夜の訓練により高い士気と技量を維持している。

    • ヨリクシ国防大学(コゼイン州)
      ヨリクシ軍の士官を養成するための機関。各国の士官学校に相当する。国防省の管轄であり、陸海空の三部門合同となっている。638年創立。
    Page Top

    第1次防衛力拡充計画 anchor.png

    Page Top

    陸軍 anchor.png

    砲工歩騎の諸兵科の他、機甲部隊の配備も進んでいる。

    ヨリクシ軍兵士.jpg
    行軍中の陸軍兵士たち
    Page Top

    装備一覧 anchor.png

    軽戦車

    T38A1軽戦車
    M3A1.png全長4.53m
    全幅2.24m
    全高2.64m
    重量12.9t
    速度57.9km/h
    行動距離113km
    主砲37mm戦車砲
    副武装7.62mm機関銃×3
    乗員4名
    運用期間638年~現役
    初の国産制式戦車として開発・量産。
    T38A2軽戦車
    M5.jpg全長4.34m
    全幅2.24m
    全高2.59m
    重量15t
    速度57.9km/h
    行動距離161km
    主砲37mm戦車砲
    副武装7.62mm機関銃×3
    乗員4名
    運用期間645年~現役
    T38の改良型。居住性の改善、砲弾搭載数、燃料積載量の増加などの改造が施されている。
    T55軽戦車
    M24.jpg全長5.56m
    全幅3m
    全高2.77m
    重量18.4t
    速度56km/h
    行動距離161km
    主砲75mm戦車砲
    副武装12.7mm重機関銃×1
    7.62mm機関銃×2
    乗員5名
    運用期間655年~現役
    中戦車以上との戦闘を考慮して開発された軽戦車。全体の傾斜装甲など先進的な設計を持つ。

    中戦車

    M58中戦車
    Ram_Mk_2_tank.jpg全長5.79m
    全幅2.67m
    全高2.9m
    重量29.5t
    速度40km/h
    行動距離232km
    主砲57mm戦車砲
    (前期型は40mm砲)
    副武装7.62mm機関銃×2
    乗員5名
    運用期間658年~現役
    国産初の中戦車中戦車。全体的に余裕ある設計となっているのが特徴。
    M60中戦車
    DL43.jpg全長6.223m
    全幅2.33m
    全高2.952m
    重量35t
    速度40km/h
    行動距離250km
    主砲75mm戦車砲
    副武装12.7mm重機関銃×1
    7.62mm機関銃×3
    乗員5名
    運用期間660年~現役
    新型中戦車。将来的には戦車部隊の主力となる見通し。

    対空自走砲

    AT57対空自走砲
    m19-twin-40mm.jpg全長5.44m
    全幅2.84m
    全高2.87m
    重量17.3t
    速度56.4km/h
    行動距離257km
    主砲40mm機関砲×2
    副武装12.7mm重機関銃×1
    乗員6名
    運用期間657年~現役
    T55をベースとした国産初の対空戦車。高射部隊の機械化の中核を担う。

    装甲車

    A36軽偵察車
    DaimlerAC.jpg全長4m
    全幅2.46m
    全高2.26m
    重量7.6t
    速度80km/h
    行動距離320km
    主砲40mm戦車砲×1
    副武装7.92mm軽機関銃×2
    乗員3名
    運用期間636年~現役
    陸軍の主力装輪装甲車。採用された時期は古いが、高い信頼性により第一線で使用され続けている。
    A55装甲車
    wolf.png全長5.11m
    全幅2.44m
    全高1.98m
    重量6.9t
    速度97km/h
    行動距離483km
    主砲37mm戦車砲×1
    副武装7.62mm機関銃×1
    12.7mm重機関銃×1
    乗員4名
    運用期間655年~現役
    6輪駆動の装輪装甲車。火力増強型としてT55軽戦車の砲塔を搭載したA55A2(下図)も生産されている。
    LR60軽偵察車
    otter.png全長4.50m
    全幅2.16m
    全高2.44m
    重量4.44t
    速度75km/h
    行動距離400km
    主砲13.9mm対戦車ライフル×1
    副武装7.7mm軽機関銃×1
    乗員3名
    運用期間660年~現役
    偵察部隊の中核を担う軽車両。高い機動性と走破性を重視した設計となっている。
    A70装甲車
    m29.png全長3.20m
    全幅1.68m
    全高1.5m
    重量1.7t
    速度58km/h
    行動距離266km
    武装なし
    乗員4名
    運用期間670年~現役
    雪上や水上、泥地などの地域を走破可能な装軌車。輸送や救護など多様な任務に対応できる。
    Page Top

    防衛施設 anchor.png

    ミサイル基地
    ミサイル基地1.jpgミサイル基地2_0.jpg
    Page Top

    編成 anchor.png

    +  編成

    陸軍広報「近々、これまでのフリューゲルには無い新兵器を発表予定である。」

    Page Top

    海軍 anchor.png

    636年6月1日に創設された。「本土艦隊」「練習艦隊」「海上護衛総隊」からなる。

    Page Top

    装備一覧 anchor.png

    艦艇

    駆逐艦

    エスカルバンド級駆逐艦
    Kclass.jpg艦種駆逐艦
    基準排水量934t
    全長81.5m
    全幅8.2m
    速力31.0ノット
    航続距離2,400海里(15ノット時)
    乗員73名
    兵装40口径10.2cm砲×3門
    53.3cm単装魚雷発射管×2基
    就役期間636年~現役
    同型艦20隻
    海軍初の駆逐艦。他国と比較して性能の低さは否めないものの、主力艦隊の一端を担う貴重な戦力である。
    エカペリアタンヤン級ミサイル駆逐艦
    Uss_lawrence_ddg4_h98402.jpg艦種ミサイル駆逐艦
    基準排水量3,277t
    全長133.2m
    全幅14.3m
    速力32.5ノット
    航続距離4,500海里(20ノット時)
    乗員士官24名、兵員330名
    兵装127mm単装速射砲×2基
    SAM発射機×1基
    SUM8連装発射機×1基
    3連装短魚雷発射管×2基
    就役期間643年~現役
    同型艦6隻
    前身はエルツ帝国海軍のハルディア級駆逐艦。SAM、3次元レーダーを備えるなど海軍トップクラスの防空能力を誇る。

    軽巡洋艦

    ルポンパリヤック級軽巡洋艦
    Townclass.jpg艦種軽巡洋艦
    基準排水量9,100t
    全長180.32m
    全幅18.79m
    速力32.0ノット
    航続距離12,000海里(12ノット時)
    乗員800名
    兵装50口径15.2cm3連装砲×4基
    45口径10.2cm連装高角砲×4基
    40mm4連装高角砲×2基
    12.7mm4連装機銃×2基
    53.3cm3連装魚雷発射管×2基
    航空兵装水上機×3機
    固定式カタパルト×1基
    就役期間653年~現役
    同型艦8隻
    対艦戦闘を主眼に置いた軽巡洋艦。攻防力と航洋性に優れた設計が特徴。
    ライジャース級軽巡洋艦
    Didoclass.png艦種軽巡洋艦
    基準排水量5,600t
    全長156.05m
    全幅15.39m
    速力32.25ノット
    航続距離2,414海里(30ノット時)
    乗員480名
    兵装50口径13.3cm連装高角砲×5基
    40mm4連装高角砲×2基
    53.3cm三連装魚雷発射管×2基
    就役期間660年~現役
    同型艦8隻
    対空戦闘を主軸に設計された軽巡洋艦。エカペリアタンヤン級とともに艦隊防空の中核を担う。

    航空機

    CB35艦上爆撃機
    kl%2005-2012%20Blackburn%20Skua-teaserbild_jpg_7285220.jpg分類艦上爆撃機
    乗員2名
    全長10.8m
    全幅14.07m
    全高3.81m
    空虚重量2,490kg
    最高速度363km/h
    航続距離1,223km
    兵装7.7mm機関銃×5
    227kg爆弾×1
    14kg爆弾×8
    配備期間635年~現役
    戦闘や偵察も可能な複座艦上爆撃機。
    CK36戦闘機
    Blackburn_B-25_Roc.png分類艦上戦闘機
    乗員2名
    全長10.85m
    全幅14.02m
    全高3.68m
    空虚重量2,778kg
    最高速度359km/h
    航続距離1,304km
    兵装7.7mm機関銃×4
    配備期間636年~現役
    CB35を流用した初の艦上戦闘機。
    CK46艦上戦闘機
    29_fulmar.jpg分類艦上戦闘機
    乗員2名
    全長12.25m
    全幅14.13m
    全高4.27m
    空虚重量3.955kg
    最高速度398km/h
    航続距離1,255km
    兵装7.7mm機関銃×8
    113kg爆弾×2
    配備期間646年~現役
    比較的重武装の複座艦上戦闘機。
    Page Top

    編成 anchor.png

    +  編成
    +  臨時海上戦力
    Page Top

    空軍 anchor.png

    領空等の哨戒や、領空侵犯時のスクランブル発進などが任務。しかし所属機の大半がプロペラ機を中心とする旧式機であり、他国との戦力差が危惧されている。

    Page Top

    装備一覧 anchor.png

    航空機

    K45戦闘機
    FFVS_J_22_01.jpg分類戦闘機
    乗員1名
    全長7.80m
    全幅10.00m
    全高3.60m
    空虚重量2,020kg
    最高速度575km/h
    航続距離1,270km
    兵装12.7mm重機関銃×4
    配備期間645年~現役
    良好な機動性と反応の鋭い操縦性を有する初の主力戦闘機。
    S/B36偵察爆撃機
    saab-17B_photo_03.jpg分類偵察爆撃機
    乗員2名
    全長9.80m
    全幅13.70m
    全高4.00m
    空虚重量2,600kg
    最高速度435km/h
    航続距離1,800km
    兵装7.62mm機関銃×3
    500kg爆弾
    配備期間636年~現役
    偵察機及び急降下爆撃機として運用可能な機体。
    B36爆撃機
    saab_b18.jpg分類爆撃機
    乗員3名
    全長13.23m
    全幅17.00m
    全高4.35m
    空虚重量6,100kg
    最高速度575km/h
    航続距離2,600m
    兵装7.92mm機関銃×1
    13.2機関銃×2
    空対地ロケット弾×8
    1,500kg爆弾
    配備期間636年~現役
    主に対地用に運用されている標準中型爆撃機。
    C37輸送機
    315-eFLYER-FA01-18.jpg分類輸送機
    乗員3名
    定員兵員28名
    全長19.43m
    全幅29.11m
    全高5.18m
    空虚重量8,226kg
    運用時重量11,793kg
    最高速度365km/h
    航続距離2,575m
    配備期間637年~現役
    優れた設計により生み出された汎用輸送機であり、陸海空軍に幅広く配備されている。
    K-78戦闘機
    P-59.jpg分類戦闘機
    乗員1名
    全長11.84m
    全幅13.87m
    全高3.76m
    空虚重量3,704kg
    最高速度665km/h
    航続距離604km
    兵装37mm機関砲3門
    12.7mm重機関銃3門
    配備期間678年~現役
    ヨリクシ初のジェット戦闘機。しかし性能の低さなどから少数の配備に留まった。
    K-80戦闘機
    F-80.jpg分類戦闘機
    乗員1名
    全長10.49m
    全幅11.81m
    全高3.43m
    空虚重量3,819kg
    最高速度965km/h
    航続距離604km
    兵装12.7mm重機関銃6門
    無誘導空対空ロケット弾8発
    450kg爆弾2発
    配備期間680年~現役
    K-78に引き続き開発されたジェット戦闘機。エンジンの配置や両翼端の増槽といったジェット戦闘機の基本型を踏襲した設計であり、主力機として多く配備された。練習機や偵察機、戦闘爆撃機といった豊富な派生型を持つ。
    K-84戦闘機
    F-94.jpg分類戦闘機-要撃機
    乗員2名
    全長13.6m
    全幅12.9m
    全高4.5m
    空虚重量5,764kg
    最高速度1030km/h
    航続距離1300km
    兵装無誘導空対空ロケット弾24発(機首)
    無誘導空対空ロケット弾12連装ポッド2基
    配備期間684年~現役
    K-80を基にした全天候ジェット戦闘機。大出力レーダーや火器管制装置、射撃コンピュータといった最新鋭の装備を満載し空軍の要撃任務の中枢を担う。
    Page Top

    編成 anchor.png

    Page Top

    地理・気候 anchor.png

    Page Top

    地理 anchor.png

    +  以前の航空写真
    kuusatsu659 12.png
    国土航空写真(659年12月中旬、国土開発省測量部撮影)

    四方を海に囲まれ、中央に本島たるヨリクシ島を持つ。本島の北東にはオルホン島がある。
    645年2月4日、島を四方に囲む海の名を、かつて旧世紀にヨリクシの四方を囲んでいた海と同じシュミト海とすることが議会で決定した。

    Page Top

    気候 anchor.png

    気候は年中を通じて比較的温暖、湿潤であり、台風が上陸することもある。

    Page Top

    経済 anchor.png

    Page Top

    主要な企業 anchor.png

    • ブラーダ重工業(重化学工業)
      重化学工業国内シェア1位の企業。傘下にはブラーダ造船も保有。
    • オックスフォン・フィナンシャルグループ(銀行・保険)
      オックスフォン銀行は国内では言わずと知れた老舗銀行。オックスフォン保険も持つ。
    • パーシパル鉱業(鉱業・製油)
      民間の鉱山を多く所有するほか、製油事業も行っている。
    • クライン自動車株式会社(自動車産業)
      自動車販売国内シェア5割超の大企業。創業者バドール・クラインは元陸軍車両の研究員。
    • ナーバルホテルグループ(ホテル)
      ナーバルグランドホテル(ニューウェルリントン市)を始め、一流ホテルを数多く経営。その豪華さ、サービスのきめ細やかさはしばしば各国国賓が滞在することからも窺える。
    • エム!カンパニーグループ(総合小売業)
      エム!マーケットを始め、国内に数多くの小売店舗を持つ。出店数はかなり高く、街で見かけないことはないと言われるほど。ハラールに対応した食料品のみを扱うチェーン店もある。傘下のエム!サウンドは大手総合プロダクション。
    • ファイブスター株式会社(食品加工業)
      「家庭でも五つ星レストラン並みの料理を」をスローガンにレトルト食品やチルド食品の開発を行ってきた。会社ロゴの五つ星は主婦の味方だ。傘下にファイブスターアイスクリームを持つ(国内初のアイスクリーム店)。ハラールブランドを展開している。
    • ワンタイバーギン株式会社(食品・飲料製造業)
      飲料シェアNo.1。CMを効果的に使う宣伝方法が有名。冷凍食品業界への参入を巡って、ファイブスターと熾烈な争いを繰り広げる。ハラールを守るブランドも展開。
    • 株式会社ラルドワン(不動産・保険・リース業)
      不動産王のスルタリーニ・ラルドが創業。保険業ではオックスフォン保険に次ぐ2位。
    • フロンティアグループ(鉄道、輸送業)
      私鉄のフロンティア・レールウェイカンパニー(FRC)を傘下に持つ。フロンティア輸送は国内流通の要を担う。
    • ミスカッド産業(鉄道、百貨店経営)
      同じく私鉄のミスカッド鉄道を保有。駅隣接型百貨店の成功で莫大な売り上げを得る。
    • コークネルスポーツ(スポーツ用品生産販売)
      スポーツ用品と言えばここ。プロ選手も愛用するという。毎年国内のスポーツ指標を発表している。
    • 南洋日報社(報道)
      大手マスコミ。日刊新聞「南洋日報」以外にもテレビ、ラジオ局も持つ。詳しくは「メディア」の欄を参照。
    • ビリニム&テクサカンパニー(化学肥料・農業用機械)
      バンジャー兄弟の創業。農業中心のヨリクシにおいて農家からの支持を一手に引き受ける。また、ハラールに対応した屠殺方法を畜産家に向け紹介している。
    • カマレーン医薬品(医療)
      包帯から治療薬までを製造販売する、医薬品の最大手。化粧品事業も行っている。豚のタンパク質などを使わないハラール医薬品・化粧品を販売中。
    • ボハミッド食産(食品、畜産)
      農場の運営から食品の生産を行う大企業。
      ハラールに対応した屠殺を実施しており、屠殺段階では実質的に国内を独占。
    • フランバン航空(航空)…国内初の航空会社。国土開発省と幾つかの大企業の共同出資により設立された。旅客と空輸を担う。ニューウェルリントン国際空港が本拠地。
    • ヨリクシ航空(航空)…フランバン航空に次ぐ規模の航空会社で旧産業通商省系が出資。空軍飛行隊の民生旅客部がその前身。
    • ベータセッター(ネット通信事業)…国内初のネット事業を扱う会社。638年6月の情報通信事業法施行に伴う、ネット事業の規制緩和を受け設立。
    • 新興開発(観光業)…オルホン島での観光地整備に際し、国内の幾つかの観光業者が合同で設立。観光都市や遊園地の設置運営の他、同島における他国への企業誘致の窓口業務も行う。
    • ヨリクシ石油・天然ガス公社(Yorikushi Oil and Natural Gas Corporation Limited:YONC)()…国内の石油・天然ガスの探査・採掘に従事する国有企業。鉱物資源エネルギー庁の一部業務を担う。
    Page Top

    工業 anchor.png

    kougyou.png

    ヨリクシの主要産業であり、工業体制は先端工業。工業都市はナウラ州臨海工業区を中心とする9箇所が稼働中。

    Page Top

    商業 anchor.png

    商業施設は経済の中心地、サホマ州に集中している。新進党政権下での工業特化政策により規模は減少している。

    Page Top

    農業 anchor.png

    nougyou.png
    農業全盛期のドーム農場群での光景(660年)。

    かつては、ダワニ州のドーム農場群を始めとする農業の推進が国策として行われていたが、農業人口に見合わない大規模施設が問題視され、工業特化の折に方針転換、一斉に閉鎖された。現在では農作物の殆どを輸入に頼っており、国内では古くからの農村での伝統的農業が細々と続けられるのみである。

    Page Top

    その他の産業 anchor.png

    • ハラールについて
      近年のフリューゲルでのイスラム諸国の増加を踏まえ、637年5月に第一産業省は「ハラール表示に伴う食品・医薬品等についての提言」を発表。屠殺や保管、販売に関わる要綱をまとめた。ハラール商品の推進と虚偽の販売を行った場合の罰則規定を設けた。また、監査機関として「ハラール監督委員会」を保険衛生省と共同で運営していた。しかし消毒用アルコールの使用など対応不足が目立ち、同委員会は638年9月をもって廃止された。
    • 同人について
      ヨリクシ国内では同人活動や二次創作活動が盛んであり、政府も積極的に即売会や各種イベントの開催の促進や誘致を行っている。また法整備により広く二次創作が推奨されている。これにより二次創作はいわゆる海賊版とは全く別個のものとして認識され、さらに購買意欲の向上、文化形成に大きな役割を果たしている。
    Page Top

    交通 anchor.png

    Page Top

    鉄道 anchor.png

    国有鉄道は一部を除き国土開発省鉄道庁が管理する。

    • 一般鉄道:ニューウェルリントン(NW)駅が最大のターミナル駅。
      • クラ線…NW駅-クラ駅間。
      • コゼイン線…NW駅-コゼイン駅間。
      • マトラ線…NW駅-マトラ駅間。
      • 臨海線…NW駅-臨海工業区駅間。
      • オルホン線…クラ駅-オルホン駅間。
    • 専用鉄道
      • 臨海工業線…ヨリクシ港と鉱山を結ぶ工業鉄道。
      • 特別工業線…港からヨリクシ軍事工場を結ぶ。国防省が管理。

    私有鉄道

    • フロンティア鉄道
      • 本線
    • ミスカッド鉄道網
    Page Top

    国民 anchor.png

    ヨリクシ国民は総じて、自由でおおらかな気風を持っている。新しい物好きである一方、懐古趣味も垣間見える。

    Page Top

    人種 anchor.png

    ヨリクシ人は東南アジア系のモンゴロイドの血が強く、オルドビンスク人はコーカソイド系だとされる。ウィリー人は多民族の混血からなるヒスパニックに分類される。
    国民の性格の為にか目立った人種間の対立は少なく、外国人観光客にも寛容である。一方で人種間の対立を煽る政党・組織が存在しているのもまた事実である。

    Page Top

    言語 anchor.png

    ヨリクシ語が実質的な主要言語である。一説には英語よりも習得が容易であるとも言われている。政府はヨリクシ語検定を創設しており、第二言語としてのヨリクシ語の普及にも努めている。

    Page Top

    宗教 anchor.png

    宗教に関してはかなり自由である。主要宗教の拠点もある一方、新興宗教も盛ん。しかし国家権力による宗教の強制には国民の強い拒否感があり、政教分離も徹底されるべきとの意見が根強い。

    Page Top

    教育 anchor.png

    政府は地球時代に愛国心を煽り立てる教育により多くの若者を戦地に送ったことへの深い反省から、教育については国家権力からの強制が行われないように、細心の注意が払われている。

    • 学制
      647年の教育制度改革により国際競争力の向上を目的に、国際的に標準な「学校」の名称を使用することを決定。小中高に加え大学を設置する方式に改めた。ただ、教育制度の中身は変わっていない。
      +  旧制教養処・学問所
      「パノプティコンは常備軍と監獄だけで十分だ」(教育省の教育制度実施時の提言)
    Page Top

    留学生制度 anchor.png

    現在、ヘルトジブリール社会主義共和国及びコーデクス共和国に留学生を派遣している。
    コーデクス共和国からの留学生の受け入れも行っている。

    Page Top

    主な大学 anchor.png

    ニューウェルリントン大学(ニューウェルリントン特別市)
    -法学部 人文・社会科学学部 建築・デザイン学部 理学部 工学部 教育学部 経営・商学部
    641年に開校したヨリクシ初の大学にして最高学府。
    ヨリクシ国際大学(ニューウェルリントン特別市)
    -法学部 商学部 国際関係学部
    首都に設置された2番目の国立大学。国際社会へ挑める人材の育成を目的に645年創立。
    ゾールハイ大学(ニューウェルリントン特別市)
    -人文学部 政治学部 経済・経営学部 芸術・芸術工学部 教育学部 工学部 法学部 医学・健康学部 理学部 神学部
    議事堂などが建ち並ぶゾールハイ区にて646年創立。文系科目の権威。
    ナウラ工学技術大学(ナウラ州)
    -工学部 情報工学部 環境・社会理工学部
    国内随一の工学専門の大学。最先端技術の研究機関を持つなど、ヨリクシの先端工業を支える。642年創立。
    サホマ大学(サホマ州)
    -教養学部 工学部 法学部 医学部 神学部
    サホマ島のほぼ中央に位置。総合大学で志願者も多い。645年創立。
    エネーグ大学(サホマ州)
    -医学部 薬学部 法学部 経済学部 文学部 法学部 工学部 神学部
    サホマ州北部・エネーグ市に位置。サホマ州の爆発的な人口増加に伴い設置された総合大学。651年創立。
    オルホン大学(オルホン州)
    -文学部 経済学部 歴史学部 法学部 医学部 薬学部 工学部 観光学部
    オルホン州に設置された総合大学。全国唯一、観光学部が存在する。652年創立。
    ウロベツ工科大学(ウロベツ州)
    -先端工学部 応用技術工学部
    ウロベツ州に設置された工科大学。657年創立。668年、ウロベツ大学より改組。
    トマイシ大学(トマイシ州)
    -文学部 教育学部 法学部 経済学部 理学部 医学部 歯学部 薬学部 工学部 芸術学部
    トマイシ州に設置された総合大学。662年創立。
    北ヨリクシ工科大学(マトラ州・コゼイン州)
    -先端工学部 情報工学部
    マトラ州・コゼイン州に設置された工科大学。670年創立。
    Page Top

    過去に存在した大学 anchor.png

    ヨリクシ農科大学(ダワニ州)
    -農学部 応用生物学部 食料学部 生物産業学部
    農業盛んなダワニ州に所在地を置く。国内唯一の農業系大学。652年創立。→農業規模の削減に伴い669年廃校。
    Page Top

    文化 anchor.png

    Page Top

    食文化 anchor.png

    フリューゲルへの移民期には人工的な食料しか供されていなかったため、地球時代からの食文化はほぼ失われて久しかったが、建国以降はおおむね欧米風の食生活が送られている。
    近年では、ヘルトジブリール社会主義共和国との人的交流の拡大によりドイツ料理が広まっている。
    また国内には畜産場のような大規模施設は存在しないが、地方の農村では各家々で畜産が行われており、全国から訪れる人も多い。

    Page Top

    記念日 anchor.png

    名称日付
    海の日2月4日
    貿易記念日3月14日
    建国記念日3月21日
    陸・空軍記念日4月1日
    地震の日5月14日
    海軍記念日6月1日
    防災の日8月2日
    選挙の日10月1日
    Page Top

    スポーツ anchor.png

    国技として野球と相撲が定められている。
    国技以外にも、テニス、バスケットボール、アメリカンフットボール、ゴルフなど実に様々なスポーツが行われている。
    また国民のスポーツ参加を奨励するため634年10月に、スポーツ振興局が設置された。

    第3回国際スポーツ大会グロリアーナ大会(638年開催)の全種目に選手団を派遣した。

    第3回国際スポーツ大会グロリアーナ大会(638年開催)
    野球
    卓球個人
    なし

    第4回国際スポーツ大会ペンドラゴン大会(670年開催)の全種目に選手団を派遣した。

    第4回国際スポーツ大会ペンドラゴン大会(670年開催)
    ホッケー、100m走女子
    フェンシング、柔道男子団体、アーチェリー、テニス男子シングルス、バスケットボール、ゴルフ男子、ゴルフ女子、400m走女子
    近代五種競技、セーリング、レスリング、ボクシング、テコンドー、空手男子、テニス女子ダブルス、ラグビー、100m走男子、200m走男子、400m走男子、10000m走男子、200m走女子、体操女子、ラジオ体操男子個人、ラジオ体操女子団体、ラジオ体操女子長時間耐久、自転車男子短距離
    Page Top

    野球 anchor.png

    国内に2リーグ6チームの計12チームの他、その下部組織としてマイナーリーグ、さらには独立リーグまでも存在する。
    国民の多くが熱烈なファンであり、優勝決定戦では毎回高視聴率が弾き出される。第3回国際スポーツ大会グロリアーナ大会の野球部門に国家代表を派遣。国際大会初出場ながら見事優勝を飾った。

    Page Top

    相撲 anchor.png

    主要六場所の他、全国巡業も行っている。従来は高年齢層がファンの中心であったが、近年では若者向けにも宣伝を行っており、着実に人気を伸ばしつつある。

    Page Top

    メディア anchor.png

    Page Top

    大手新聞 anchor.png

    • 「南洋日報」(南洋日報社)
      国内シェア最大手の新聞。海外版も発売されており、各国大使館、総領事館で手に入る。また小売店の店舗数も国内1位。
    • 「ニューウェルリントン・タイムズ」(ニューウェルリントン・タイムズ・カンパニー)
      国内きっての高級紙。リベラルな論点、反戦主義を標榜する。
    • 「CNWトラフィック」
    • 「レビンコ・ジャーナル」
    • 「スポーツヨリクシ」(スポーツの友社)
      スポーツから芸能、はたまたスキャンダルまで幅広く取り扱うスポーツ紙。
    Page Top

    テレビ・ラジオ局 anchor.png

    • ヨリクシ国営公共放送(Yorikushi National Public Broadcasting=YNPB)
      国営放送局。テレビとラジオで国際放送も行っている。衛星放送を構想中。ニュース報道に定評。
    • 南洋放送(南洋日報社)
      民間放送のキー局。放送開始は634年6月と民間では最も早い。
    • ヨリクシ放送(ヨリクシ放送ネットワーク)
      国内テレビ、ラジオの放送局。
    • テレビNW(ニューウェルリントン放送網)
      首都圏を主とした放送局。アニメなどのサブカルチャーでも有名。
    Page Top

    ヨリクシ共和国の解析結果 anchor.png

    ヨリクシ共和国の44%は元気玉で出来ています
    ヨリクシ共和国の42%は黒インクで出来ています
    ヨリクシ共和国の9%はマイナスイオンで出来ています
    ヨリクシ共和国の4%は成功の鍵で出来ています
    ヨリクシ共和国の1%は理論で出来ています

    元気玉…苦境をものともしない屈強(?)な国民性
    黒インク…Wikiに書くだけで満足してしまう中の人
    マイナスイオン…重荷になりつつある豊かな社会保障
    成功の鍵…ウラン鉱山を一発で引き当てたプチ自慢
    理論…その場のノリ感性と勢いで行われる乱開発


    *1 国別コードトップレベルドメイン
    *2 これを受け、通商相に辞任していたアーチスタン・ボルゴールが再任。
    *3 増加は新生党、社会労働党、新党緑風の3党。減少は万邦友和会と宗派統一連合の2党。
    *4 国政参加はしていないが赤旗・プロレタリア解放同盟も9月結成。
    *5 1月下旬で35%(南洋日報社調べ)。
    *6 セビーリャ問題を受けアーチスタン・ボルゴールの後任。
    *7 行政改革の一環として首相補佐官に代わり設置。
    *8 行政改革で軍需省を吸収。
    *9 第一・第二産業省と国土開発省が合併。
    *10 マコリェント・カソーリエシの後任。
    *11 639年4月に開かれた第6回党大会にて暴力革命の否定を再確認した。
    *12 首都・ニューウェルリントン特別市

    添付ファイル:
    fileP-59.jpg 23件 [詳細] fileF-94.jpg 26件 [詳細] fileF-80.jpg 40件 [詳細] filekougyou.png 78件 [詳細] fileDidoclass.png 34件 [詳細] fileTownclass.jpg 33件 [詳細] fileKclass.jpg 25件 [詳細] filem29.png 52件 [詳細] filewolf.png 47件 [詳細] fileDaimlerAC.jpg 31件 [詳細] fileotter.png 38件 [詳細] fileAECmata.jpg 31件 [詳細] file9a.png 23件 [詳細] file9b.png 28件 [詳細] file8a.png 37件 [詳細] file8b.png 31件 [詳細] file6a.png 51件 [詳細] file7b.png 27件 [詳細] file5b.png 29件 [詳細] file5a.png 31件 [詳細] ... more 71 files. [ Show All ]

    トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
    Counter: 3553, today: 3, yesterday: 3
    最終更新: 2017-03-16 (木) 00:09:09 (JST) (890d) by lineforce