util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...
トルキー臨時社会主義連合(Provisional Communism Coalition of Turkey)
正式名称上に同じ
国旗トルキー臨時国旗.png
首都アンカラ
最大都市イスタンベル
政治体制一党独裁制
公用語トルキー語
通貨トルキーリア

概要 anchor.png

トルキー臨時社会主義連合(Provisional Communism Coalition of Turkey)とは631年8月に革命によって誕生した社会主義国家。
それぞれの民族名などはトルキー語より由来するため国際共通語とは少々ずれる可能性あり。

Page Top

国旗 anchor.png

現在の国旗は革命の際用いられた労働党の旗をそのまま使用した臨時国旗となっており、現在新たな国旗が選考されている。

Page Top

産業構造 anchor.png

Page Top

国家構造 anchor.png

トルキー労働党による一党独裁制を憲法によって定めているが、631年8月現在では議会などが混乱により存在しないため革命を指導した労働者の中から有力な人物がトルキー労働者評議会を結成し政治を行っている。
ここのところは同じ社会主義の先進国らはすべて民主主義的な制度を取り入れている上、この体制がこれらの国家からも批判を受けているため、この制度を改めるべきではないかと政府重役からも声が出ている。

Page Top

年表 anchor.png

631年8月革命政権樹立
634年6月頃大フリューゲル帝国(現・共同管理区域クイーンズ)から宣戦布告 政府は「通り魔」と表現。
634年9月「通り魔」の実態をようやく把握。政府の外交・情報収集努力のなさが浮き彫りに
636年11月労働党が将来的な民主化などを盛り込んだ講和条例を各党と締結。長きに渡る混乱が終わり、自由社会へ
637年8月議会の設置により民主化。これに伴い国号もトルキー社会主義共和国に変更。
Page Top

636年11月初旬講和条例 anchor.png

(一部意訳)
1.政府は各党の活動を承認し、これを弾圧してはならない
2.両者は636年11月初旬より一切の戦闘活動を停止する
 2-1.ただし以下の場合両者は戦闘活動を再開することができる
  2-1-1.両者がこの条約に反する何らかの行動をした場合
  2-1-2.各党の側に何らかの抗争があるなど、分裂状態に陥った場合
3.政府は憲法改正、議会制の導入などを確約する
 3-1.各党はこの確約に全面的に賛成し、支援する
4.政府は速やかにトルキー労働者評議会をトルキー労働党として再編する
5.政府は超長期的に正規の軍隊を構成する

Page Top

政治首脳陣及び閣僚 anchor.png

Page Top

政治政党 anchor.png

憲法によりトルキー労働党以外の存在を認めていないが、実際には他の政党が幾つか存在している。
また636年11月初旬からは講和条件によってこの名文は完全に形骸化している。

政策スライダー
民主的----◆--独裁的民主化に向けた路線を歩み始めている
政治的左派◆------政治的右派革命的思想こそ最良である
開放社会-----◆-閉鎖社会言論の弾圧は形骸化したが、解放されたとは言いがたい
自由経済------◆中央計画経済政府によって作られる経済
常備軍------◆徴兵軍軍隊は僅かなゲリラ兵のみになってしまった
タカ派-----◆-ハト派トルキーは平和にあるべきである
介入主義------◆孤立主義政府の外交努力は皆無
  • 634年9月 民主化の議論が開始され民主的に1
  • 636年7月 同じ理由で言論の規制が緩み解放社会に1
  • 636年11月 各党の側と講和条約が結ばれ、民主的に1
+  各党一覧
Page Top

地理 anchor.png

Page Top

文化 anchor.png

特徴的なものとして料理が挙げられ、かつて旧世界において様々な地方との交流があったことからそれぞれの特色を活かした郷土料理が誕生し、それが新世界においても嗜まれている。
またイスラーム国家でありながら飲酒は自由に行われている。

Page Top

国民 anchor.png

トルキー人が全体の68%を占め、次いでギリシヤ人、クルディア人、アルミニア人が少数民族として21%を占め残りは他国からの移民となっている。
特にクルディア人はトルキー内においてトルキー人に次ぐ多数派を構成しており、その構成は全体の15%であるとも言われる。

Page Top

宗教 anchor.png

社会主義国家であり言論の自由は存在しないが、信仰の自由は存在している。
イスラーム教スンニ派を国教とし、その他の少数宗教も認めている。
イスラーム教が97.5%、トルキー正教会が0.3%、その他が2.2%となっている。
そのうちイスラーム教の宗派は83%がスンナ派で、13%がアレヴィー派、残りの4%はその他の宗派である。

Page Top

言語 anchor.png

公共語のトルキー語が多く話されているが他にはギリシヤ語、クルディア語、アルミニア語などがそれぞれの少数民族が多く住む地域において話されている。

Page Top

軍事 anchor.png

革命の際、軍隊は散り散りになって戦い非常に多数の戦死者を出したため、現在保有する軍隊は実質的に革命の際に労働者評議会と共に戦った少数のゲリラ兵のみになっている。

Page Top

諸国との関係 anchor.png

外交使節を送った/送られた国のみ。順は特に意味はなし。

国名友好度国交備考
カルセドニー島共和国最良建国の際多大な支援を送ってくれた国。
フリスラーン帝国同上。なおどちらも現在進行形で役立っている。ありがたいものである。
ヘルトジブリール社会主義共和国普通同じ社会主義国家。
ヴェールヌイ社会主義共和国普通×同じ社会主義国家。
スコッチランド共産主義同盟同じ社会主義国家。国交開設の際大きな支援を送ってくれた国。
テークサット連合普通同じイスラーム国家。
ボアーズィチィ帝国普通同じイスラーム国家。
ヨリクシ共和国普通

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 387, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2016-02-12 (金) 22:53:11 (JST) (1316d) by akai