util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

7 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
国際交易協力機構条約
フリューゲル暦 686年 9月24日
カルセドニー島共和国クリストバライト市庁舎
Cristobalite.png
参加国
Chalcedony.png
カルセドニー島共和国
Yorikushi.png
ヨリクシ共和国
Soko.png
蒼鋼国
SanPierre.png
サン・ピエル共和国

Page Top

前文 anchor.png

国際交易協力機構に加盟する国家(以下、加盟国という)は、
様々な問題に関して共通の認識が得られていることを始め、
多年にわたる実り多い互恵的な協力を通じて発展を遂げてきた加盟国間の良好な関係並びに強固な経済的及び政治的きずなを意識し、
加盟国間の経済上の連携が、双方の経済基盤及び国力を高めるとともに加盟国民の福祉を増進させ、
加盟国間の平和共存関係を築き、以て世界平和に資することを認識し、
この条約が加盟国間の関係において新たな時代を開くものとなるであろうことを確信し、
加盟国間の経済上の連携のための法的枠組みを設定することを決意して、
次のとおり協定した。

Page Top

第一条 目的 anchor.png

  • I.この条約の目的は、次のとおりとする。
    • (i)各加盟国が経済的な発展を遂げ、加盟国民の福祉の増進に寄与すること。
    • (ii)各加盟国の国際社会における立場を強化し、不当な外交的圧力を共同して排除すること。
  • II.この条約は次のいずれかのことを定めるものと解してはならない。
    • (i)加盟国に特定の開発計画の実施を要求すること。
    • (ii)加盟国に対し中立国に求められる以上に他の加盟国に対する軍事協力を要求すること。
Page Top

第二条 相互関係 anchor.png

  • III.加盟国は相互に独立国と承認し、加盟国間の平和友好関係を築き、これを維持するために努力する。
  • IV.前項における平和友好関係は、主権及び領土保全の相互尊重、相互不可侵、内政に対する相互不干渉、平等及び互恵並びに平和共存の諸原則を基礎とする。
Page Top

第三条 経済協力 anchor.png

  • V.加盟国は、相互の経済的協力を深める。
Page Top

第四条 最恵国待遇 anchor.png

  • VI.加盟国は、他の加盟国との貿易に対し、同様の状況において第三国との貿易に与える待遇より不利でない待遇を与える。
  • VII.前項の目的を達するため、機構は機構公定レートを別に定め、機構公定レートを著しく下回る貿易について是正を勧告することができる。
Page Top

第五条 戦時における貿易 anchor.png

  • VIII.加盟国が1国以上の第三国と交戦状態にある場合、加盟国は当該第三国に対する軍需物資の輸出を直接・間接問わず停止する。
  • IX.前項における「軍需物資」とは、砲弾・鋼鉄・石油・燃料として定義される。
Page Top

第六条 緊急措置 anchor.png

  • X.加盟国は紛争や災害などによって自国の経済が本条約で定める義務の履行が著しく困難となった場合においては本条約に反する措置を緊急的に実施できるものとする。
  • XI.前項の適用に当たり本条約に反する措置を実施する場合は速やかに他の全加盟国に通知しなければならないものとし、経済状態が回復したときは速やかに本条約で定める義務の履行を開始しなければならない。
Page Top

第七条 組織 anchor.png

  • XIII.加盟国会議は、2ヶ国以上の加盟国の要請により開会される。
  • XIV.加盟国会議による議決は、棄権した加盟国を除いた全加盟国の過半数の賛成で可決とする。
  • XV.ただし、本条約の改正にかかる議決は棄権した加盟国を除いた全加盟国の3分の2の賛成で可決とする。
Page Top

第八条 加入・脱退 anchor.png

  • XVI.機構への加入を希望する国家がある場合、加盟国会議での決議をもって加入が認められる。
  • XVII.機構からの脱退を希望する国家はこれを全ての加盟国に通知する。通知後2年を経過した時点で脱退が認められる。
Page Top

第九条 条約の有効性 anchor.png

  • XVIII.本条約は、各加盟国において批准された時点よりその加盟国について効力を有する。
  • XIX.本条約は、各加盟国において脱退が認められた後、その加盟国について失効する。
  • XX.本条約の加盟国が存在しなくなった場合、本条約は失効する。

 以上の証拠として、それぞれの全権代表はこの条約に署名調印した。
フリューゲル暦686年9月24日、カルセドニー島共和国クリストバライトにおいて、各国公用語で本書四通を作成した。解釈に相違がある場合には、国際共通語の本文による。

 本条約は、各国代表による調印の上、各国の憲法上の手続きに従って批准され、批准書がカルセドニー島共和国に寄託された日時より効力を生ずる。

Page Top

各国署名(原加盟国) anchor.png

条約に同意し、調印いたします。

ヨリクシ共和国外務大臣ネヴィ・オクンネル
同      通商大臣アッサラト・デルヒ


本条約に同意し、署名する。

 蒼鋼国内閣副総理 元井信里


本条約に同意し、署名する。

サン・ピエル共和国 外交大臣リチャード・ヨーク


条約に同意し、署名いたします。

  Republic of Chalcedony Island -
Chairperson of Commission on Foreign Affairs Qkiwin WestCarnelian
Chairperson of Commission on Economy Khenne Agate
カルセドニー島共和国外務委員長 キウィン・ウェストカーネリアン
 同         経済委員長 ヘンネ・アゲート)

Page Top

各国署名(発足後加入国) anchor.png

条約に同意し、此処に署名す。

御岳山諸島自治巫女共和国渉外大臣 二曽宥


条約に同意し、署名致します。

ローレル共和国 外務大臣 アドルフ・ガンベリ
また、議会の批准手続きも特段問題が生じなければ速やかに完了し、批准書の寄託を行えることについても申し添えます。


条約に同意し、此処に署名する

中夏民國外務部長 李正男


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 229, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2017-01-14 (土) 17:46:16 (JST) (701d) by Chalcedony