util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...
セビーリャ民主共和国セビーリャ自由共和国セビージャ北部臨時政府
s1.pngs2.pngs3.png
636年-638年638年-667年667年-
セビーリャ自由共和国
セビーリャ自由共和国公式サイト
国 旗New_Sevilla_flag.png
標 語自由、正義、自由
国 歌自由行進曲
政 治 体 制大統領制
元 首エドムンド・モランテ・ミラネス
【正義党】(655年4月1日-)
首 都メトロポリス
言 語スペイン語、英語、日本語
建 国セビーリャ共和国としてフリューゲル暦626年3月1日
政 権 樹 立フリューゲル暦638年8月7日

概要 anchor.png

 セビーリャ自由共和国は地球時代のスペイン人を中心としたヨーロッパ系やムスリムの移民を祖先にしており、国名の「セビーリャ」は地球時代のスペインの都市からとっている。セビーリャ共和国として626年に建国以来独裁政権が続いていたが638年の政権崩壊後、ENEC統合軍とエルツ帝国軍が進駐しセビーリャ自由共和国として新たに建国され、民主主義や平和主義、自由の価値観に基づいて順調に成長している。

013.jpglasvegas.jpggrace_cathedral_sf.jpg
メトロポリス中心街北東部カジノ街再建された大聖堂
Page Top

文化 anchor.png

 セビーリャは前述のとおりスペイン系の住民がほとんどであるため、地球時代のスペイン文化の影響が色濃く残っている。また、80%以上の住民が信仰しているセビーリャ十字教会は地球時代のカトリック教会が独自の形になったものである。
 歴史的建造物や文化財は独裁政権時代の反乱軍との交戦や、政変、638年の戦役によりほとんど失われてしまった。そのため戦後に復元されたものや、戦後に作られた現代アートなどが芸術文化の中心である。

Page Top

宗教 anchor.png

641年度各宗教信者数統計備考
religion.PNG
Page Top

セビーリャ十字教会 anchor.png

 セビーリャ十字教会とはセビーリャ教皇を中心としてセビーリャ83%が信仰しているキリスト教の教派である。カトリック教会とも呼ばれる。

Page Top

イスラーム教シーア派 anchor.png

現在減少傾向にあり、最新の統計では総人口の3%まで減少した

Page Top

歴史 anchor.png

+  セビーリャ共和国(第一共和制)時代
+  セビーリャ民主共和国(第二共和政)時代

セビーリャ自由共和国(第三共和政)時代

639年4月セビーリャ自由共和国が新たに建国される
639年4月自由民主党のグレゴリオ・バニュエラス・マレス大統領が第三共和政大統領に就任
639年6月聖フランシスコ大聖堂が建設される。
640年1月工業生産高が戦前水準に戻る。
640年6月巨大隕石がセビーリャ中心部に落下。大聖堂や発電所、複数の都市などが消滅。
前後の地震も併せて犠牲者は300万人以上
640年7月大津波で港湾施設壊滅
640年8月革マル派が武装蜂起。3か月にわたりセビーリャ南西部で破壊活動を繰り返す。
640年10月第一次5か年計画開始。5年後に工業生産力10倍を目指す。
640年11月講和条約に基づきENEC統合軍が反乱軍を鎮圧
641年 ソサエティ発足
641年3月トロピコ問題
641年8月治安維持のためエルツ帝国軍、ENEC統合軍が駐留
642年8月中部大震災、工業生産に若干の影響
643年1月銀不足により、5か年計画中止
645年4月大怪獣いのらが南東部を襲う。ENEC統合軍が出動し撃退。
646年4月ラシニア社会共和国から銀の輸入権を落札。工業生産輸出量を増やす。
655年4月正義党エドムンド・モランテ・ミラネス大統領就任
664年2月正義党テオドシオ・ガルベス・セラ大統領就任
Page Top

政治 anchor.png

 セビーリャでは建国以降独裁政権により統治されていたが、セビーリャ戦争敗戦を起点に自由主義や民主主義そして平和主義に基づいた第三共和国憲法が施行されセビーリャ自由共和国が新たに建国された。現在は初代のグレゴリオ・バニュエラス・マレスが大統領を務めている。

Page Top

政治体制 anchor.png

 セビーリャ自由共和国は典型的な大統領制国家である。

goverment_system.PNG左図の通り大統領制と行政、司法、立法の三権分立を確立した民主的な政治体制である。16歳以上のすべての国民に選挙権が認められている。被選挙権に関しては国民議会議員は20歳以上、元老院、大統領は30歳以上のすべての国民に認められている。また連合国からなる占領統治委員会が政府に対して指示をする
giji06_1.jpg
国会議事堂
Page Top

国務院の省庁・県 anchor.png

+  エドムンド大統領時代
国 務 院
大臣業務
計画省クラウディオ・パントハ・ロルカ国家の行政に関する大まかな方針や計画を立てる。権限は比較的大きい
国民省イケル・ビジャゴメス・ポサダ社会保障や教育、労働問題を扱っている。
警察省クラウディオ・フェルナン・モラレスセビーリャ国家警察を指揮する。前政権の国家保衛警察とは全く関係ない。
財務省オクタビオ・メヒアス・セルラノ財務を扱う。
公益省ディマス・ビディエージャ・ジョンパルト港湾や道路、鉄道の整備、維持、運営を行う
産業通商省ヘスス・オリバレス・アルモドバル商工業や貿易の業務を扱う。
防災省マルシアル・サルガド・トマス防災や国防について扱う。
法務省エステバン・モリエンテス・メンドーサ法整備や国の利害に関係のある争訟の処理について扱う。
環境省ホアキン・ベンハミン・トレホ・イ・デラクルス環境問題に取り組む
観光省アンヘル・セサル・セラ・イリアルテ観光地の整備、維持、運営など
外務省ライムンド・アラーナ・ロドリゲス外交を行う
情報省レオナルド・ロケ・グイサ・サンルカル国民の情報管理や政府発表、広報ホームページ制作など
Page Top

政策スライダー anchor.png

民主的-◆-----独裁的民主的な共和制国家
政治的左派--◆----政治的右派あらゆる政治勢力が存在。すべての自由は認められている
開放社会--◆----閉鎖社会自由の国であるが独占資本の力が大きい
自由経済----◆--中央計画経済財閥および国有企業中心の経済
常備軍-------徴兵軍戦争放棄、軍隊は存在しない
タカ派------◆ハト派徹底した平和主義
介入主義---◆---孤立主義国際協調を目指しつつ、国家の主体性も両立
Page Top

過去の政権 anchor.png

政権名詳細
セビーリャ共和国(626-636年)
Seville_Republic_flag.png第一共和制
セビーリャ民主共和国(636年-638年)
D_R_Sevillaflag.png第二共和政
セビーリャ自由共和国(638年-現在)
New_Sevilla_flag.png第三共和政
Page Top

議会 anchor.png

 セビーリャでは長らく政党の結成が禁止されていたが、638年の自由法施行により、政党の結成が認められるようになった。ここでは自由法施行以前の地下活動などに由来する政党や現在も非合法とされている政党について掲載する

+  政党一覧
660年度議会総選挙
660.png
Page Top

外交 anchor.png

Page Top

外交方針 anchor.png

Page Top

外交関係 anchor.png

国交がある国
国名詳細
カルセドニー島共和国セビーリャ共和国時代から関係が深い。長期にわたって援助を受けている。
640年中断していた商品の取引を再開した。640年の災害時支援を受ける
セビーリャ国民の憧れである。
ヨリクシ共和国建国時に支援をしたが、現在は我が国が50兆Vaの借金をしている。
640年の災害時支援を受ける
ヴァノミス連邦
コーデクス共和国640年の災害時支援を受けたほか、商品の定期輸出や
セビーリャ十字教会の大聖堂建設・宣教活動など経済・文化両面で関係が発展しつつある。
ヴェールヌイ社会主義共和国銀の取引をしている。
ヘルトジブリール社会主義共和国
成蘭連邦王国
ストリーダ王国640年の災害時支援を受ける
石動第三帝国商品の定期輸出を行っている。
アルドラド帝国商品の定期輸出を行っている。
ボアーズィチィ帝国宗教論争
フリュー第二帝政
昭栄国
トルキー社会主義共和国
ラシニア社会共和国銀の取引の契約をした。
辺境日ノ本人共和国
コムニタス・マリアナ
ロヒキ人民共和国
アルビオン連盟王国建材と石材の支援を受けた。640年の災害時支援を受ける。
641年再び建材の支援を受けた。貿易も盛んである。643年にはスコッチランド革命50周年記念式典に大統領が来賓として出席した。王政復古後もより一層の関係強化が期待される。
西岸州独立連合共和国セビーリャ十字教会による宣教・大聖堂建設が盛んにおこなわれている
サン・ピエル国セビーリャ十字教会による宣教が行われている。
関係がある国
レゴリス帝国商品の定期取引をしている。建国350周年式典に来賓として大統領が出席した。
滅亡した国家
Page Top

条約 anchor.png

Page Top

セビーリャの降伏に関する条約 anchor.png

+  条約本文
Page Top

軍事 anchor.png

 セビーリャの降伏に関する条約により、セビーリャ自由共和国は軍備の保有を禁止されている。また、第三共和国憲法で軍備の保有を一切禁止している。よって、国防は国内に駐屯している連合国軍に頼っている。

Page Top

地理 anchor.png

644年12月航空写真
[添付]
Page Top

経済 anchor.png

 セビーリャの経済はセビーリャ共和国としての建国以来、一部の巨大財閥と国営企業によって独占されてきたが、636年10月~636年10月のセビーリャ戦争により国土のほとんどが被害を受け、これらの巨大資本も大打撃を受け、セビーリャ経済は完全に崩壊した。戦後、エルツ帝国をはじめとする国際社会による援助によりセビーリャ経済は戦前の勢いを取り戻しつつあり、新興財閥も多数発展しているが、いまだ巨大財閥と国営企業が国内で幅を利かせていることは事実である。

Page Top

主要な企業 anchor.png

セビーリャ共和国時代からの巨大財閥
企業名業種詳細
プラダ財閥製造業、金融、運輸などセビーリャ共和国初代大元帥として有名なサルバドール・プラダ・ルシエンテス氏が創設した現在に至るまで、セビーリャ最大の財閥。業務は多岐にわたり、セビーリャ経済の中枢を担っている。
現在はサルバドール氏の次男であるライムンド・プラダ・タラバンテ氏が総帥として経営しているが、海賊として指名手配されている長男のエドムンドは自身が正当な後継ぎであると主張している。
フランシスコ財閥貿易、金融フランシスコ銀行や国際貿易などを行っている。
エステベス財閥精密機械、建設633年の先端工業政策実施によりエステベス一族により創設。液晶、家電、コンピュータなどを製造。建設などの事業にも進出している。
ハッピーマウス映画社映画、娯楽プロパガンダ目的で首都郊外に建設された「ファシスト・ランド」が前進の企業現在は"ハッピーマウス"の映画や漫画を製作している。ハハッ国有資本による遊園地再建や観光都市建設の予定がある。
国有企業
企業名業種詳細
国家食料公社農業、畜産集団農場、牧場を運営しているほか、農村の食糧の集積、分配を行っている。
国家電力公社電力発電所や送電網の整備、運営を行っていたが戦争後は業務の大部分を中止している
第一次5か年計画後再建される
国家交通公社インフラ道路、鉄道、港湾施設などのインフラの整備、運営を行っている。
国家林業公社林業、製材林業や建材の製造を行っている
国家先進産業公社工業全般多くの国営工場を運営している。第一次5か年計画で複数の工場を新設
メトロポリス公共放送報道過去の反省を踏まえ、「公平中立な報道」を目指し共和国の新首都メトロポリスを本部にセビーリャ全域で新聞やテレビジョンの放送をしている。641年国際向けWebニュースサイトを開設
Page Top

産業 anchor.png

Page Top

一次産業 anchor.png

Page Top

工業 anchor.png

Page Top

商業 anchor.png

Page Top

工業生産能力 anchor.png

Page Top

年工業生産能力 anchor.png

共和国年商工業生産高統計(国務院産業通商省統計局)備考
economy.PNG640年の第一次5か年計画開始により工業生産を5年後に639年の10倍にするという目標が打ち出され、現在順調に生産高が伸びている。また、各国への輸出額も増加している。643年には国内の都市化により国内での商品取引が大幅に増えたが、銀の輸入先が心配されている。
Page Top

月例統計 anchor.png

+  638年-646年
Page Top

鉱業生産能力 anchor.png

Page Top

鉱業産出高統計 anchor.png

643年645年646年
燃 料1期毎平均産出量3億1048万ガロン2億9834万ガロン2億8126万ガロン
6期毎平均産出高18億6288万ガロン17億9008万ガロン16億8760万ガロン
年合計産出量111億7730万ガロン107億4050万ガロン101億2560万ガロン
1期毎平均産出量4061トン4390トン3536トン
6期毎平均産出高2万4366トン2万6345トン2万1216トン
年合計産出量14万6200トン15万8070トン12万7300トン
Page Top

貿易 anchor.png

共和国では主に商品の輸出をもとに国家を運営している。そのほかに食料などの単発取引が存在する。
取引のレートについては単発貿易レートを熟読しよう。

Page Top

定期輸入 anchor.png

 品名相手国名輸入量対価期間補足
第一号ラシニア社会共和国7000t6.5兆Va646年4月初旬-落札
改定第一号8000t7.45兆Va=5年間の期限
Page Top

定期輸出 anchor.png

 品名相手国名輸出量対価期間補足
第一号ヴェールヌイ社会主義共和国3500t3兆Va639年1月下旬-
第二号商品カルセドニー島共和国5兆Va相当2.5兆Va640年2月初旬
-642年1月下旬
改定第二号商品12兆Va相当6兆Va642年2月上旬-
改定第二号商品17兆Va相当8.5兆Va646年3月上旬-
改定第三号商品25兆Va相当12.5兆Va655年3月上旬-
第三号商品エルツ帝国5兆Va相当2.5兆Va640年12月中旬-
第四号商品アルドラド帝国5兆Va相当2.5兆Va641年10月中旬-
改定第四号商品10兆Va相当5兆Va646年4月初旬-
第五号商品トロピコ共和国6兆Va相当3兆Va642年12月中旬-
第六号商品石動第三帝国12兆Va相当4.8兆Va646年12月中旬-
第七号商品コーデクス共和国10兆Va相当20億トン658年7月中旬-
663年2月初旬
食料対価
第八号商品レゴリス帝国20兆Va相当9兆Va663年4月初旬- 
Page Top

国務院へのご意見 anchor.png

「共和国国務院にこんな意見・感想があります」という方は、下記によりご自由に書き込み下さい

  • セビーリャ最高!大統領万歳! -- アントニオ 2016-03-03 (木) 22:48:24
  • グレゴリオまじFuck -- ミレイア 2016-03-03 (木) 22:51:06
  • 産業の紹介が詳細で驚かされます。 -- 某国経済委員 2016-04-03 (日) 21:15:55
  • 大企業による支配に終わりを!我々労働者に権利を返還せよ! -- 一労働者 2016-04-05 (火) 18:22:33
  • セビーリャほど住みやすい国はない! -- ルイ 2016-07-17 (日) 15:37:26
  • 急激な人口増加、商業発展で燃料や食料が枯渇しかけている、今後どうなるんだ...。 -- 有権者 2016-07-21 (木) 19:24:44
  • サルバドール大元帥万歳、万歳、万々歳 -- 愛国者 2016-07-23 (土) 20:42:37
  • 神よわれらを救い給え -- 名無し 2016-07-31 (日) 13:24:52
  • おい、逃げるための船がないぞ!どうすりゃいいんだ! -- 国民 2016-08-01 (月) 00:17:34
  • 国家元首は外国へ逃げ、のんびりと余生を楽しんでいる。政策失敗のツケを払うのはいつも我々だ。 -- 国民 2016-08-02 (火) 22:06:31


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1321, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2016-08-17 (水) 11:30:52 (JST) (1185d) by Sevilla