util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...
セ ビ ー リ ャ 共 和 国
国 旗セビーリャ共和国国旗.png
標 語セビーリャ・ファシスト党と偉大なるサルバドール大元帥に神の祝福を!
国 歌-
元 首サルバドール・プラダ・ルシエンテス大元帥
首 都サルバドール・シティ
言 語スペイン語、日本語
建 国フリューゲル暦626年3月1日

歴史 anchor.png

626年3月セビーリャ・ファシスト党のサルバドール・プラダ・ルシエンテス大元帥により建国
630年カルセドニー島共和国セビーリャ共和国に於けるウラン鉱山開発支援協定締結
630年カルセドニー島共和国セビーリャ共和国に於ける銀鉱山開発支援協定締結
631年協定に従い、カルセドニー島共和国と燃料の定期輸出
632年1月フリューゲル同時社会不安により断続的に反乱軍が武装蜂起。6度にわたりカルセドニー島共和国から空爆支援を受ける。
633年1月エルツ帝国石動第三帝国への定期燃料輸出を開始
633年3月反乱軍に対しカルセドニー島共和国からの空爆支援。陸軍が出動し国内の劣等人種による暴動を排除、共和国の政治が安定
633年7月フリスラーン帝国との燃料定期輸入を開始、対価に銀と資金の両方を用いる
633年9月軽工業から先端工業へ工業政策を前進
634年5月何者かの陰謀により燃料が枯渇、反乱軍が再び武装蜂起
634年6月大フリューゲル帝国からの宣戦布告も戦闘行為はなかった
635年3月トロピコ共和国との燃料食料定期取引開始
635年5月ヨリクシ共和国との燃料食料定期取引開始
635年6月反乱軍が再び武装蜂起、カルセドニー島共和国から鎮圧支援
635年8月カルセドニー島共和国との商品取引開始
635年9月反乱軍が再び武装蜂起、エルツ帝国から鎮圧支援
636年5月大元帥自らの意志によってマルティン・エルモーソ・セルベト国家保衛警察総監へ政権を委任
Page Top

政治 anchor.png

 セビーリャ共和国では、建国者サルバドール・プラダ・ルシエンテス大元帥と大元帥の率いるセビーリャ・ファシスト党による「責任ある執政」が行われている。国民の支持は厚く628年の調査では支持率100パーセントを記録した。

Page Top

国家体制 anchor.png

 セビーリャ共和国では、建国者サルバドール・プラダ・ルシエンテス大元帥と大元帥の率いるセビーリャ・ファシスト党による「責任ある執政」が行われている。
 セビーリャ・ファシスト党は偉大なる建国者サルバドール・プラダ・ルシエンテス大元帥により結成されたセビーリャ共和国における唯一の合法政党であり、その思想、政策、決定はすべて大元帥の名のもとに下され共和国の政治を大きく左右する。また大元帥は共和国の最高指導者であり共和国の3つの主な機関である国務院、国家保衛警察そして軍のトップである。
 セビーリャ共和国の国家体制は国家元首である大元帥、とその補佐機関としてセビーリャ・ファシスト党があり、大元帥は国務院、国家保衛警察、軍を直接指揮するというフリューゲル世界においても極めて先進的かつ革新的な国家体制を採用している。

組織図.PNG 大元帥は国の最高指導者にして国家元首でありまた軍最高司令官である。現在は建国者であるサルバドール・プラダ・ルシエンテスが務めており世襲制である。国務院は共和国の行政の中枢であり、国務総理大臣をトップに副国務総理大臣、計画省、国民省、産業通商省、外務省、思想省、平和省、戦争省がある。各大臣はセビーリャ・ファシスト党により指名され、大元帥によって任命される。国家保衛警察は主に国内の治安維持や、国民の混乱を防ぐため誤った情報を正しい情報に書きかえたり、セビーリャ・ファシスト党の正しい思想を広め、それに基づかない誤った情報や大元帥とファシスト党の偉大さに気づくことができない愚か者や人間の屑、共産主義者や劣等人種を取り締まり、捜査とともに裁判、刑の執行を行う
▲組織図(旧)
Page Top

大元帥 anchor.png

 

Page Top

セビーリャ・ファシスト党 anchor.png

 セビーリャ・ファシスト党はセビーリャ共和国における唯一の合法政党であり、政策の決定や正しい思想の形成を行っている。ファシスト党の基本理念は「セビーリャ民族の英雄的勝利」である。思想は一貫しており、セビーリャ民族などのフリューゲル人種がフリューゲル世界における「指導者的民族」であり人種戦争において英雄的勝利を迎えるべきであるというものだ。このような世界観を基本とした、セビーリャ・ファシスト党の思想をフリューゲリズム(フリューゲル人種論)という。
 
 ・フリューゲリズム
 フリューゲリズム(フリューゲル人種論)とも称される。世界観としては、

Page Top

国務院 anchor.png

Page Top

国家保衛警察 anchor.png

Page Top

anchor.png

Page Top

政策スライダー anchor.png

民主的------◆独裁的責任ある執政党と大元帥による責任ある統治
政治的左派------◆政治的右派共産勢力は敵である
開放社会------◆閉鎖社会自由と幸福の地上の楽園
自由経済----◆--中央計画経済財閥および国有企業中心の経済
常備軍------◆徴兵軍徴兵軍が主力。有事には大元帥が自ら出撃
タカ派◆------ハト派積極的な軍事介入
介入主義---◆---孤立主義自国の権益に影響することには積極的に介入
Page Top

軍事 anchor.png

Page Top

地理 anchor.png

Page Top

外交関係 anchor.png

Page Top

国交がある国 anchor.png

国 名関 係
カルセドニー島共和国燃料・食料・資金等の多大な援助。鉱山開発の支援など共和国最大の友好国
フリスラーン帝国
エウシウワンジャ共和国
クイーンズ連邦国交を破棄、在セクイーンズ大使を公開処刑
エルツ帝国燃料の定期輸出
フリュー第二帝政
石動第三帝国燃料の定期輸出
ベルサリエーレ王国
成蘭連邦王国銀の輸出
ヨリクシ共和国友好国 燃料の輸入
トロピコ共和国燃料の輸入
ボーアズィチィ帝国
Page Top

経済・貿易 anchor.png

 我が国では偉大なる大元帥とファシスト党による工業政策が行われており、建国から我が国にはウラン鉱山と銀鉱山があり、それぞれ燃料と銀が産出されている。

Page Top

インフラ anchor.png

Page Top

民族 anchor.png

 95パーセント以上がセビーリャ人である。

Page Top

宗教 anchor.png

Page Top

科学技術 anchor.png


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1001, today: 2, yesterday: 0
最終更新: 2018-03-04 (日) 22:08:25 (JST) (568d) by Sevilla