㏍違ゃ

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





箱庭国際社会7
箱庭諸島のスススス島
箱庭諸島S.E.A.-帝國興亡史

メインメニュー

オンライン状況

8 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
  1. ヴォルネスク・スラヴ共和国 (7d)
    • 2017-08-12 (土) 21:48:22 by wanwano 差分

      ヴォルネスクの公式通貨はヴォルチである。
      F
      1、本憲法は、スラヴ主義の国法秩序の基礎である。
      2、本憲法の可決又は改正を目的とする案は、スラヴ評議会、共和国大統領、政府、共和国議会の委員会又は国
      会議員が提出することができる。
      3、憲法の可決又は改正には、国会議員の3分の2の票を要し、更にスラヴ評議会の全会一致とする。
      G
      1、法規は、法律、スラヴ評議会の命令、政府の命令、首相の命令、大臣の命令、ハンガリー国立銀行総裁の命令、
      独立規制機関の長の命令及び自治体の命令である。さらに、スラヴ評議会隷下国防部において発する命令及び共和国大統領が緊急事態において発する命令も法規とする。
      2、法規は、基本法に反してはならない。
      H
      1、国の最高統帥機関をスラヴ評議会とする
      2、スラヴ評議会は共和国議会議長、共和国議会議員団によって指定された民族指導者と宗教指導者各州の州知事、八名によって構成される
      3、スラヴ評議会の下位の位置に共和国大統領が置かれ、スラヴ評議会の推薦で四名が選定され、以下四名を国民が選挙で取り決める。大統領はスラヴ評議会の行政の補完並びに国内外の外交儀礼活動を主軸とする。

  2. 中夏民国 (9d)
    • 2017-08-10 (木) 21:18:10 by chinamart 差分
      • 馬賊(ヴァノミス族):728年ヴァノミス国内戦で大量の難民が押しかけたときに移民として受け入れ民族登録された。
        ガトーヴィチ帝国地理的にも近く官民関わらず交流が深い国家良好あり
      • 中夏日報:国民党よりの論調が多い保守系新聞。旧華夏日報
  3. 国家一覧 (9d)
    • 2017-08-10 (木) 18:02:47 by chinamart 差分
      中夏民国(Republic of Khitay)chinamart
  4. セニオリス共和国 (18d)
  5. 昭栄国 (20d)
    • 2017-07-31 (月) 07:06:26 by shoei 差分

       帝による統帥の下に帝室国防軍が編制されている。国防政策は国防長官が担当する。軍令は参謀本部が担当する。帝室国防軍は長らく、帝室国防陸軍及び帝室国防海軍により構成されていたが、620年2月に陸・海軍の広域航空作戦機能と宇宙衛星作戦機能が移譲されて帝室航空宇宙軍が創設されて三軍体制となった。さらに726年7月には航空宇宙軍が空軍と宇宙軍に再編された。帝室国防軍は帝によって統帥されているが、統帥権の行使は首相の助言と承認に基づくと規定されており、文民統制が確立されている。現在は、国防部本庁と帝室国防軍参謀本部はともに十河府に所在する。

  6. トルキー社会主義共和国 (21d)
    • 2017-07-29 (土) 16:52:09 by akai 差分
      アルミニア民族共同体145
  7. ストリーダ王国 (25d)
    • 2017-07-25 (火) 17:57:05 by OKJN 差分
      ガトーヴィチ帝国--◆--ガトーヴィチ・ミッドガルド・ストリーダ銀協定締結(失効)
  8. フリューゲル年表 (26d)
    • 2017-07-25 (火) 11:38:08 by handmark 差分
      637年8月レゴリス・ベルサリエーレ間のスパラト条約締結によりガトーヴィチ・ベルサリエーレ戦争が終戦
      706年7月スラヴ連合発足
      720年4月スラヴ連合が「ヴォルネスク情勢の調査結果とノイエクルス連邦に対する要求」を発表
      720年6月ヴォルネスク独立戦争勃発
      721年5月ヴォルネスク独立戦争停戦合意
      722年11月資源採掘革命 世界中でウランの採掘量が増加する
      724年2月豊作危機 この頃より豊作時の収穫量が激減
  9. ガトーヴィチ帝国 (27d)
    • 2017-07-23 (日) 17:58:40 by handmark 差分
      ガトーヴィチ帝国
         Готовитская империя   Gotovitian Empire
      GotovitFlag.png
      国旗
      nationalsymbol.png
      国章
      標語帝国の発展に邁進せん
      国歌file栄えよ、ガトーヴィチ!.mid
      公用語ガトーヴィチ語
      首都イヴァングラート(13,13)
      政治体制立憲君主制、一党優位政党制
      政府君帝ローシ=パストパトーヴィチ=リーソフ
      為政院総理大臣ラファイル=ミハイロヴィチ=イユーリン
      面積20万sq.Km
      人口約4300万人
      建国427年1月16日(15374期)
      ページ内コンテンツ
      • 概要
      • 歴史 история
      • 地理 география
          • 10.ドゥィーム県
      • 外交 Дипломатия
      • 政治 политика
      • 経済 экономика
        • 報道機関
        • 企業
      • 文化 культура
        • 大学
        • 祝祭日
      • 軍事 армия
      • 貿箱共同通信集

      概要 anchor.png

      トーヴィチ帝国は、427年に建国された立憲君主国である。

      Page Top

      歴史 история anchor.png

      フ歴元号出来事
      427年1月ガトービチ帝国建国
      433年7月国号をガトーヴィチ帝国に変更
      436年8月怪獣出現による社会不安
      437年4月絶対君主制から立憲君主制、議会政治へ移行
      439年2月労働者の暴動を軍が鎮圧(ニ・ニ事変)
      450年8月Иван8年ガトーヴィチ帝国憲法発布
      ?年?月Иван?年瓦成安全保障条約締結
      469年6月Иван27年/Анна元年イヴァン大帝崩御、翌年1月にイヴァン2世即位
      474年3月Анна6年瓦成安全保障新条約締結
      476年11月Анна8年イヴァングラート県東部を津浪が襲う
      477年5月Анна9年ヴァダーコイ港に巨大隕石が落下
      478年11月Анна10年怪獣(キングいのら)出現による社会不安
      495年3月Анна27年/Ева元年イヴァン2世が崩御、スヴャトホースト即位
      500年1月Ева6年ガトーヴィチ初の人工衛星「イヴァン」打上げ
      502年4月Ева8年ドィーム県西部に巨大隕石落下
      513年2月Ева19年怪獣いのら出現、撃退
      517年4月Ева23年初の左派(国民党・ゾロアスターの勝利の連立)政権が誕生
      520年10月Ева26年チェーニスク県北部に巨大隕石が落下
      522年8月Ева28年/Людмила元年スヴャトホースト君帝崩御、ドミトリスラフ君帝即位
      524年10月Людмила3年瓦成相互安全保障条約締結
      527年1月Людмила6年建国100周年記念式典挙行
      527年5月刑務所(18,5)に隕石落下
      532年4月Людмила11年ガトーヴィチ帝国新憲法公布(10月施行)
      537年7月3日Людмила16年五国協商の一角として、日ノ本帝国に宣戦布告
      537年11月3日日ノ本帝国が陸破弾を発射(ガトーヴィチ初の空襲事例)
      542年2月1日Людмила21年/Надежда元年ドミトリスラフ君帝崩御、エフゲニー君帝即位
      545年11月13日Надежда4年/Галина元年エフゲニー君帝崩御、ジョルジュ君帝即位
      547年10月Галина3年現代都市ガゾンスクの市場を閉鎖
      550年10月7日Галина6年五国協商の一角として統一日ノ本共和国へ宣戦布告、翌年1月7日戦闘開始
      551年8月2日Галина7年ローシスク講和条約締結により終戦、統一日ノ本共和国に勝利
      576年4月8日Галина32年ジョルジュ君帝崩御、ザガール君帝践祚
      577年2月21日ナターシャ2年瓦昆安全保障条約締結
      593年9月4日ナターシャ18年/ドーリャ元年ザガール君帝崩御、イストーチニク君帝即位
      595年7月22日ドーリャ3年/タチアナ元年イストーチニク君帝崩御、キスラロート君帝即位
      596年1月1日タチアナ2年正教改宗の勅語渙発さる
      608年5月1日タチアナ14年君帝陛下がイヴァングラート大主教・全地総主教に着座
      610年10月タチアナ16年ENECオブザーバー国となる
      613年8月22日タチアナ19年国教に関する勅語渙発さる
      618年1月7日タチアナ24年血の降誕祭事件、正教保守党グランカ司宰暗殺さる
      618年7月24日七・ニ四事変
      624年5月15日タチアナ30年ヴァダーコイ市がヴェールヌイ社会主義共和国グムラク市と姉妹都市提携
      631年7月10日タチアナ37年/ナフツガヤ元年キスラロート君帝陛下崩御、マルト君帝践祚
      635年11月23日ナフツガヤ5年ベルサリエーレ王国に宣戦布告、瓦辺戦争(635-637)
      637年8月3日ナフツガヤ7年シリブロフスク講和条約締結
      641年5月30日ナフツガヤ11年ソサエティに初期参加国として加盟
      641年6月20日国体純化法成立、翌日、鎖国法成立
      700年11月1日パドロスタク君帝崩御、パストパート皇太子践祚
      700年11月11日鎖国法廃止
      701年1月1日プロスキ元年パストパート君帝即位
      703年3月13日プロスキ3年ENEC正式加盟国となる
      706年7月20日プロスキ6年スラヴ連合発足
      711年1月5日プロスキ11年ソサエティ財務相級会合をヴァダーコイ県で開催
      717年プロスキ17年第10回ソサエティをイヴァングラート市で開催
      720年6月20日プロスキ20年ノイエクルス連邦に宣戦布告。ヴォルネスク解放戦争勃発
      721年5月15日プロスキ21年ノイエクルス連邦が停戦条件を受諾 停戦成る
      Page Top

      地理 география anchor.png

      gotovitmap725s.png
      ガトーヴィチ帝国の首都。市の中心部には中央省庁が入る建物や最高裁判所が集中しており、「ザモーク(замок、城郭)」と称される。
      日本における永田町、ロシアにおけるクレムリンに相当する。
      エーラーン教皇国が隆盛を極めていた時代に建設されたゾロアスター=カテドラルがあったが、国体純化法に基づき、北部の正教信徒のための聖堂に改装された。
      Page Top

      10.ドゥィーム県 anchor.png

      ドイーム、ドィームとも。ガトーヴィチ本島の西部に位置する。昔から工業と林業(建材業)が盛んで、聖樹は街の象徴である。

      Page Top

      外交 Дипломатия anchor.png

      Page Top

      政治 политика anchor.png

      社会民主党/Социал-Демократическая Партия(СДП)525年結党
      650年解散命令
      724年再結党
      平和は人民が築く
       左派政党。525年、瓦成安保改定等で中道左派への転換を図ったミーロフ党首に反発した旧国民党(現労働党)の議員、および極左色を強める共産党に見切りをつけた同党の右派議員らが結党した。政策は旧国民党の政策に類似しており、軍事費削減、高福祉社会の実現など。一度解散を命じられたが、国体純化法改正を受けて724年に再結党した。
       極左政党。共産主義の信奉者らが結党した。君帝の廃止、労働者階級の代表による国家運営を提唱、究極の目標は共産主義国家の樹立である。
      第27代バマク=イリイチ=ギンクゴーネン帝国発展党640年11月~650年11月君帝主義・小スラヴ主義
      第32代ヴァストク=スタリツェヴィチ=スダーチン帝国発展党700年11月~710年10月君帝主義・大スラヴ主義
      第33代ニコライ=ジョルトゥイエヴィチ=ガルボーイ帝国発展党710年10月~722年10月ヴォルネスク解放戦争
      第34代ラファイル=ミハイロヴィチ=イユーリン帝国発展党722年10月~史上最年少(32)
      職務内容
      帝国議院帝国の立法府。
      帝国為政院宮内省帝室関係の国家事務をつかさどり、御璽、国璽を保管する機関。
      法務省基本法制の維持及び整備、帝国民の権利擁護、国家間訴訟の処理等を行う機関。
      外政省平和で安全な国際社会の維持に寄与し、良好な対外関係の構築、国際社会における帝国及び帝国民の利益の増進を図ることを任務とする機関。
      大蔵省健全な財政並に税制の維持、予算案の総括を行う機関。
      開発省・国土の総合的かつ体系的な開発、社会資本の整備、交通政策の推進を行う機関。
      商工貿易省帝国における商工業の発展、円滑な対外貿易の実現、エネルギーの安定供給を任務とする機関。
      文部科学省科学、教育、文化、スポーツの振興並びに宗教に関する行政を実施する機関。
      厚生労働省国民の健康的且つ文化的な生活の保障、労働環境の整備並びに職業の確保機関。
      逓信省郵便、通信制度の維持管理を任務とする機関。秘密裡に情報を収集しているとかいないとか。
      内政省地方自治体の統轄や、警察活動、各種統計の作成等を行う機関。
      農林水産省食料の安定供給の確保及び第一次産業の発展、農村地域の経済活性化農林水産資源の管理、並びにフリューゲルの環境保全、公害阻止を任務とする機関。
      軍部省帝国陸海空軍の育成及び運用を任務とする機関。
      帝国司法院帝国の司法府。
      Page Top

      経済 экономика anchor.png

      Page Top

      報道機関 anchor.png

      Page Top

      企業 anchor.png

      Page Top

      文化 культура anchor.png

      Page Top

      大学 anchor.png

      イヴァングラート帝国大学
      ガトーヴィチ帝国医科大学
      ドィーム工業大学
      ヴァダーコイ大学
      Page Top

      祝祭日 anchor.png

      Page Top

      軍事 армия anchor.png

      Page Top

      貿箱共同通信集 anchor.png

      【国際】727年1月の建国300周年記念式典に各国を招待。出席連絡はDM(推奨)か観通へ(724年 8月付)

  10. ヴォルネスク特別行政区 (27d)
    • 2017-07-23 (日) 17:09:28 by TRT 差分

      ヴォルネスク独立戦争を経て解体され、行政区の領域はヴォルネスク・スラヴ共和国に引き継がれた。

  11. 連合・同盟・機構一覧 (28d)
    • 2017-07-22 (土) 18:19:17 by handmark 差分
        • ヴェールヌイ社会主義共和国(資格停止中)
        • ヴォルネスク・スラヴ労働者党(ヴォルネスク・スラヴ共和国)
  12. タヂカラオ国 (32d)
    • 2017-07-18 (火) 21:02:54 by aokingyo 差分
      • 第63代 アルバ・フィルド・フォルシア(677年~687年)
      • 第68代 クリス・タヂ・カーリン(722年~年)
  13. 2015年版経営講座 (35d)
    • 2017-07-16 (日) 02:14:48 by TRT 差分

      2010年版の経営講座はこちら

  14. レゴリス帝国 (35d)
    • 2017-07-16 (日) 00:27:18 by regorisu 差分
      国家元首ルーミヤ・グドリャン総統
      人口1億2350万人 (724年2月中旬現在)

       総統とは、レゴリス帝国の国家元首でありそれと同時に国家の最高指導者である。元々は国家社会主義レゴリス労働者党の党首という意味合いだったが、レゴリス帝国建国後に国家元首、並びに国家の最高指導者であることが定義された。現在総統は28代目で、ルーミヤ・グドリャン女史が就任している。

      24代アレクサンドラ・フーデマン691年1月6日~699年1月6日(任期満了の為)レゴリス社会民主党
      25代アレクサンドラ・フーデマン699年1月6日~706年4月11日(辞任の為)レゴリス社会民主党
      26代ルーミヤ・グドリャン706年4月11日~714年4月11日(任期満了の為)無所属
      27代ルーミヤ・グドリャン714年4月11日~722年4月11日(任期満了の為)無所属
      28代ルーミヤ・グドリャン722年4月11日~無所属

      第52回レゴリス帝国議会上院選挙時(719年10月投開票)

      ゾロアスター民主党91議席-3
      レゴリス保守党87議席-8
      レゴリス社会民主党51議席+5
      自由民主党41議席+3
      黄金の夜明け25議席+3

      第73回レゴリス帝国議会下院選挙時(723年12月投開票)

      ゾロアスター民主党181議席+11
      レゴリス保守党151議席+11
      レゴリス社会民主党114議席-8
      自由民主党91議席-8
      黄金の夜明け51議席+16
      レゴリス共産党10議席+-0
      無所属2議席+-0
      ゾロアスター民主党中道右派リゼット・ヴェルトミュラー代表

      レゴリス帝国議会第1党。支持者は主にゾロアスター教徒であり、国内における彼らの意見の代弁者とされている。レゴリス保守党とは政策の共通点が多い為、数回に渡りレゴリス保守党と連立政権を組んでいる。が、497年に行われた上下院ダブル選挙によりレゴリス保守党とレゴリス社会民主党の大連立が成立した為連立政党の座から転げ落ちた。その後523年の下院総選挙によりレゴリス保守党との連立が復活したが、連立後の反エーラーン的な政策等に反発。550年に連立を解消し野党に戻った。
      その後第26回総統選挙にて自由民主党と共に無所属のルーミヤ・グドリャン候補を後援し、保守党と社会民主党の候補を下して勝利し、そのまま政権与党になった。政権内では穏健派としての立場が固まりつつある。

      政党名思想政党代表者名
      自由民主党右派マルシュ・レンツモーナント党首

      レゴリス帝国議会第4党。かつては帝国議会に議席を保持する政党の中では最も議席数が少ない政党であったが、保守層の分裂等により近年議席を伸ばし始めている。新自由主義に基づいた政策を実行すべきとしており、各種国営企業の民営化や社会保障費の削減等を行うべきと主張している。保守党と社会民主党への不信から議席を伸ばし続け、第26回総統選挙では無所属のルーミヤ・グドリャン候補を後援し、保守党と社会民主党の候補を下して勝利し、そのまま政権与党になった。政権内では急進派としての立場が固まりつつある。

      レゴリス保守党中道右派レティシア・ホワイトロック総裁
      レゴリス社会民主党中道左派エッケハルト・クラルヴァイン党首

      レゴリス帝国議会第3党。社会民主主義の思想を党是とする。多様な思想は存在するべきという観点から共産主義を容認しており、FSIにも加盟している。レゴリス保守党が主張する軍拡に反対し、寧ろ大規模な軍縮を行うべきと主張しており、同じく軍縮を主張しているレゴリス共産党と共同戦線を張ることが多い。先の上下院ダブル選挙の結果により、レゴリス保守党と大連立を行い、連立与党としての座を確保したものの、歳出削減の内容でレゴリス保守党と対立。またほぼ同時にレゴリス社会民主党の大規模な汚職事件が発覚、レゴリス保守党に見限られ連立の解消を宣告された。後日行われた第23回レゴリス帝国議会下院選挙では議席数を減らし、約21年もの間続いた大連立政権は幕を下ろした。長きに渡って協議が続けられていたレゴリス共産党との合併交渉が650年に遂に妥結し共産党を吸収合併(共産党所属の一部議員はこれに反発して共産党の存続を宣言し独立)強大な野党第一党として復活。そして第40回レゴリス帝国議会上院選挙や第56回レゴリス帝国議会下院選挙で大勝し、遂には総統選挙にてレゴリス保守党の候補を下し、レゴリス社会民主党初の総統を輩出した。その後の相次ぐ財政危機の対応に失敗したため支持率が急落。その後の上下院選挙で大敗し、第26回総統選挙で遂には自党の候補が落選し社会民主党時代の終りを迎えた。
      レゴリス帝国議会第5党。国家社会主義を掲げているが、それは前身政党の国家社会主義レゴリス労働者党が主張していたものでは無く全くの別物であるとしている。積極的な軍拡・過激な対外政策・ゾロアスター教徒の排斥を主張しており、その過激な主張からゾロアスター教徒と抗争する事が多々ある。

      政治的左派----◆--政治的右派右派政党であるゾロアスター民主党と自由民主党が政権を握っている
      タカ派----◆--ハト派同盟国や帝国の権益が脅かされた時、我が帝国は必要な手段を講じるだろう。だが、対話での解決が最優先だ

      現在執筆中……

      • トラーバーデン協定 675年締結
      • レゴリス帝国とシャムレー民主共和国間における戦略的共益保全協定 716年締結
      • レゴリス帝国とミッドガルド帝国と大カレスティアおよび周辺諸島連合王国と大幹帝国との間に於ける講和条約 493年締結~失効年月紛失
      • レゴリス帝国エルツ帝国連邦との間における不可侵条約 534年締結~失効年月紛失
      • 大幹帝国とレゴリス帝国の間における不可侵条約 557年締結~失効年月紛失
      • エルツテリア宣言 577年締結~失効年月紛失
      • レゴリス帝国ウェールリズセ共和国間に於ける平和友好条約 604年締結~失効年月紛失
      • エーラーン教皇国レゴリス帝国の間における不可侵条約 634年締結~失効年月紛失
      • エーラーン教皇国レゴリス帝国の間に於ける査証に関するブリンスト協定 634年締結~失効年月紛失
      • 成蘭連邦王国レゴリス帝国間における相互査証免除協定 634年締結~失効年月紛失
      • レゴリス帝国石動第三帝国間に於ける平和友好条約 635年締結~失効年月紛失
      • レゴリス帝国ベルサリエーレ王国間における講和に関するスパラト条約 637年締結~失効年月紛失
      7/16政治項目更新
  15. 椛太労働者政府 (35d)
    • 2017-07-15 (土) 20:55:28 by saisu 差分

      椛太社会主義労働者共和国

  16. 椛太社会主義労働者共和国 (35d)
    • 2017-07-15 (土) 20:55:02 by saisu 差分

      首都豊岡は最南部に位置し、東に広がる豊かな海の海産物を得るために船が集まる、所謂港町である。北部は第二の都市オーファがあり、オーロラ観測の拠点として多くの観光客が訪れる場所であった。

      外交関係 anchor.png

      順不同

      国名概要
      龍鮮人民共和国 
      ガトーヴィチ帝国 
      ラシニア社会共和国 
      シャムレー民主共和国 
  17. ヴォルネスク独立戦争 (35d)
    • 2017-07-15 (土) 20:44:20 by handmark 差分

      戦争の経過 anchor.png

  18. ロムレー湖畔共和国 (37d)
    • 2017-07-13 (木) 22:03:55 by sellafie 差分

      建国当初の我々に資金を援助してくれた国。内乱や巨大隕石など、なかなか休まる時の来ない国である。
      国家解散時に膨大な研究資料の提供を受けており、ロムレー国内においては幅広い学問領域でその後を継ぐ研究が今なお続けられている。

  19. ノイエクルス連邦 (41d)
    • 2017-07-09 (日) 18:44:11 by TRT 差分

      ヴォルネスク特別行政区分離に伴い廃止済み。

  20. 戦争一覧 (42d)
    • 2017-07-08 (土) 20:05:50 by handmark 差分

      ヴァノミス危機(第2次ヴァノミス戦争) anchor.png

      Page Top

      8世紀 anchor.png

      Page Top

      ヴォルネスク独立戦争 anchor.png

  21. フリューゲル経済諸国同盟 (48d)
    • 2017-07-03 (月) 09:53:04 by shoei 差分
      650年8月レゴリス帝国が正式に加盟
      721年2月ヴェールヌイ社会主義共和国に対する無期限準加盟資格停止処分案が採択
  22. マニュアル (48d)
    • 2017-07-02 (日) 18:43:57 by TRT 差分
      L112
  23. コーデクス共和国 (48d)
    • 2017-07-02 (日) 18:02:40 by sosaikikyu 差分
      首都ヴァルチャ(599年~634年) ニーウ・ロッテルン(634年~722年)
      解散フリューゲル暦25990期721年12月20日

      もともとコーデクス共和国建国前の国土には若干の自給自足の生活を送る移民が住んでいるに過ぎなかった。彼らには地球からフリューゲルに来て定住したものもいれば、怪獣や戦争が原因で滅んだ国からの移住者も多くいた。そのため、特定の人種が多くを占めるようなことはなく、文化に関してもそれぞれのコミュニティーで細々と継承されていたのみであった。570年頃から、多くの学者によって島に対する生物学的、地理学的、また移住者の社会学的な調査が頻繁に行われるようになった。彼らは調査を深めていくうちに、この小島が国家運営という壮大な実験プロジェクトに最も適している環境にあると発見し、それは最終的にあらゆる分野の学者たちの協力を得るに至った。そしてフリューゲル暦599年5月3日、ついにコーデクス計画が始動し「科学主義」を標榜する新国家、コーデクス共和国が建国された。建国以後、100年以上にわたってコーデクス共和国はフリューゲルの科学主義国家として内政・外交の様々な場面で積極的に活動してきたが、721年のコーデクス計画の完了宣言を受け、解散した。

      国交を有する国(722年時点)外交関係詳細
      アルドラド帝国滅亡 
      エーラーン教皇国滅亡 
      ウェールリズセ連邦共和国滅亡ENEC(+3),PDEC(+3),定期貿易(+0.5),ソサエティ(+1)
      ノホ・ヘレコ連邦滅亡ENEC(+3),ソサエティ(+1)
      エルツ帝国滅亡定期貿易(+0.5),統治委員会(+0,5)
      成蘭連邦王国滅亡定期貿易(+0.5),ソサエティ(+1)
      トリヴェント連邦滅亡 
      セビーリャ自由共和国滅亡定期貿易(+0.5)
      石動第三帝国滅亡 
      アルビオン連盟王国滅亡 
      ボアーズィチィ合州国滅亡 
      4代ベンヤミン・シャミル666年1月-694年12月無党派民法
      5代マイク・ムロタ694年12月-722年12月CDXの会金属工学
  24. ヘルトジブリール社会主義共和国 (64d)
    • 2017-06-17 (土) 09:21:42 by ddLolita 差分
      718年2月27日グリッツェン4 2号機ハイラント2号失敗
      718年7月22日グリッツェン4 3号機ハイラント3号失敗
  25. 龍鮮人民共和国 (72d)
    • 2017-06-08 (木) 18:36:32 by seoulkim 差分
      国家主席李日成
      国防委員長同上
      国家副主席李英重
      宣伝扇動部長盧建準
      民族指導部長崔英華
      人民武力部長草薙剛
      役職氏名
      中央委員会委員長李日成
      中央委員会副委員長金之玉
  26. ソサエティ (108d)
    • 2017-05-03 (水) 18:18:29 by sellafie 差分
      • 第3回会議/ベルグシュロス・ソサエティ(フリューゲル暦655年 - 議長国:ヘルトジブリール社会主義共和国
  27. スラヴ連合 (109d)
    • 2017-05-03 (水) 10:10:56 by handmark 差分
      名称
      連合旗slav.png
      名称スラヴ連合
      露名Славянский Союз(СС)
      英名Slavic Union(SU)
      本部所在地イヴァングラート、ガトーヴィチ帝国
      公用語旧ロシア語

      概要 anchor.png

       スラヴ連合(Славянский Союз)は、フリューゲル暦706年7月20日に帝国発展党(ガトーヴィチ帝国)、ベルーサ民族主義労働連合(ヴェールヌイ社会主義共和国)、ヴォルネスク・スラーヴ人労働者党(ヴォルネスク特別行政区)を原加盟機構として設立された国際組織である。
       フリューゲルに四散した「スラヴ民族としての自負心を醸成し、連帯意識を高め、スラヴ民族の協同を推進する」(スラヴ連合規約より)ことを目的とする。ガトーヴィチ帝国で興隆する「大スラーヴ主義」が色濃く反映されている。

      Page Top

      規約 anchor.png

      スラヴ連合規約

      <第一章 総則>
      第一条 本連合を、スラヴ連合と称する。
      第二条 本連合は、スラヴ民族としての自負心を醸成し、連帯意識を高め、スラヴ民族の協同を推進することを目的とする。

      <第二章 加盟および脱退>
      第三条 本連合への加盟は、総加盟機構数の過半数の賛成により、認められる。
      二 加盟機構数は、これを一国につき最大一機構とする。
      第四条 本連合からの脱退は、脱退の意思を通告することにより、認められる。

      <第三章 組織>
      第五条 スラヴ連合総会を、最高議決機関とする。
      第六条 総会は、議長団(一機構)を置く。
      二 議長団の任期は、これを二十年とする。
      三 議長団の選出は、総加盟機構数の過半数の賛成をもつて、これを行う。

      <第四章 規約の改正>
      第七条 本規約の改正は、総加盟機構数の三分の二以上の賛成を得たときに成立する。

      Page Top

      加盟機構 anchor.png

      • 帝国発展党(ガトーヴィチ帝国):初代議長国
      • ベルーサ民族主義労働連合(ヴェールヌイ社会主義共和国
      • ヴォルネスク・スラーヴ人労働者党(ヴォルネスク特別行政区
  28. 新興諸国経済理事会 (129d)
    • 2017-04-12 (水) 21:41:43 by tsat 差分

       新興諸国経済理事会(Emerging Nations Economic Council)は、フリューゲル暦608年1月12日にコーデクス共和国テークサット連合ウェールリズセ連邦共和国を原加盟国として設立された国際組織。フリューゲル暦608年9月以来、ENEC本部はアゼロティータに置かれている。加盟国は4カ国、準加盟国は2カ国、オブザーバー国は2カ国。708年現在、フリューゲルで枢要な経済機構の一つとなっており、加盟国、準加盟国及びオブザーバー国の人口合計は2億5766万6000人、これは世界総人口の約20.2%を占めており、巨大なマーケットを擁する。

  29. ヴェールヌイ社会主義共和国 (130d)
    • 2017-04-12 (水) 03:54:52 by sony 差分

      606年5月に最小構成タイプとなるラードゥガA1が初飛行し、小型の実証観測衛星の軌道投入に成功した。しかし610年から612年にかけて行われた中型構成のラードゥガA2は打ち上げに四度にわたり失敗。度重なる失敗による費用増加に加え、基本設計そのものの欠陥が指摘され、新規の打ち上げ計画が暫く凍結された。建国50周年を間近に控えた614年3月に、A2の改善型となるA2Mが打ち上げられ、悲願であった迎撃衛星の軌道投入に成功した。大型構成となるA3は、620年に打ち上げに二度失敗。その後設計の見直しが行われ、2年後の622年2月には軍事衛星を搭載した改善型A3Mが打ち上げに成功、626年3月には防衛衛星の軌道投入にも成功した。このように、A1が初回成功、その後も衛星保守機材の打ち上げで安定した運用実績を積み重ねている事に比べ、拡大構成型のA2、A3は幾度も失敗している。この事から、素体となるA1部分の一段目と二段目ロケットよりも、増設される補助ブースターとその切離し装置等、またはペイロード増による姿勢制御系に問題を抱えているのではないかと予想される。予算上の都合から各モジュールごとの検証実験を十分に経ずして、はじめから打ち上げ本番に臨むことも少なくなかった。失敗すれば一度に全ての部品を喪失する為、問題の未然防止や改善の為の検証をより困難なものにしている。結果として、作り直す建造費も重なって、少ない予算を浪費せざるを得ない悪循環を生んだ。

  30. ヴィデーク共和国 (131d)
    • 2017-04-11 (火) 02:00:52 by videk 差分

      旧ロトクリーヤ王宮殿 anchor.png

      バロック様式で建てられた宮殿。
      広大な敷地の中に整えられた立派な庭園を持ち、美しい噴水を持つ。
      共和制移行後も庭園は市民の憩いの場所となっており、宮殿は諸外国の賓客を招いた際の迎賓館として使われる。

      Page Top

      大統領府 anchor.png

      一角のビルに設けられており、華美な宮殿とは対照的に慎ましいものである。
      向かい合うビルに大統領公邸があり、徒歩で行き来できる非常に便利な位置関係にある。これは警護の負担を軽くし、かつ住居と隣接することで大統領として緊急時にも即応できる体制作りのための方針によるもの。

  31. ローレル共和国 (134d)
    • 2017-04-08 (土) 01:02:35 by samansa 差分
      テークサット連合普通
  32. ノホ・ヘレコ連邦 (152d)
    • 2017-03-20 (月) 20:38:19 by soba 差分

      702年1月第五回選挙後の内閣。

      首相院長官(首相)リンガ・トフ
      衛生府長官モウモウ・コヒ
      国防府長官ワイ・ンゴ・インゴア
      外務府長官ツゥル・タイタイ
      総務府長官プゥルハウラ・コロウラ
      財務府長官ランギィ・ワカホモカ
      教育府長官パラローマ・リムルッパ
  33. テークサット連合 (157d)
    • 2017-03-16 (木) 11:35:13 by tsat 差分
      アルドラド帝国国交滅亡トップレベルの大国だが民主化は最近 建国当初は国防協定を結んだ大恩
      エーラーン教皇国国交滅亡現代では数少ない宗教国家
      エルツ共和国エルツ帝国国交滅亡銀取引で関係が深い 連合の政党は対エルツ政策で対立することが多い
      成蘭連邦王国国交滅亡
      ウェールリズセ連邦共和国国交滅亡ENEC議長国 先進国相手でも華麗な外交を見せる大国の卵 ENEC間での協力は欠かせない
      ベルサリエーレ第一共和政国交滅亡今に残る数少ない警察国家 その体制と口調、態度からは溢れんばかりの自信が感じられる
      石動第三帝国国交滅亡独自の外交で存在感を示す大国。主に宇宙開発において技術支援を受ける。
      ボアーズィチィ帝国国交滅亡
      ストリーダ共和国国交普通
      西岸州独立自治区国交普通
      北海社会主義共和国国交普通
      サバルタン国国交普通
  34. ノイエクルス自由国 (157d)
    • 2017-03-16 (木) 03:06:05 by TRT 差分
      ページ内コンテンツ
          • スピリタリア併合
          • 域内取引促進法
          • スピリタリア特別行政区設置
          • 【文化】『73年戦争の栄光-英雄ブルクハルトの世紀-』

      スピリタリア併合 anchor.png

      情勢悪化に伴うスピリアからの要請を受け、ノイエクルス自由国イシュトバーン師団第2、第3大隊がヴァランスロード作戦を実行、スピリア旧首都の革命特別市一帯を掌握、スピリア自由政府と協力して軍政を確立した。
      スピリタリアにはスピリタリア復興開発局、スピリタリア市民安全局が復興支援のために当初設置され、のちにはスピリタリア民政府に統合された。

      Page Top

      域内取引促進法 anchor.png

      Page Top

      スピリタリア特別行政区設置 anchor.png

      スピリタリア民政府は連邦最高評議会の決定によりスピリタリア特別行政区へ発展的解消を遂げた。

      Page Top

      【文化】『73年戦争の栄光-英雄ブルクハルトの世紀-』 anchor.png

      <あらすじ>
      シュトゥルム公国に襲来したインベーダーによりフリューゲル世界史上類を見ない災厄が同国を襲うところから始まる。
      ブルクハルト大統領は、政権発足後間もない不安定な国内情勢を抱えながらもシュトゥルムを救うため援軍を差し向け、勇敢なるノイエクルス自由国軍は見事に怪獣を撃退。しかしシュトゥルムが経費を出し惜しみ我が国に敵意を抱いたところから物語は急展開を迎え、73年戦争に突入していく。友邦の裏切り、国内の反体制派、さらには最愛の家族に対する暗殺の危機。苦悩しながらも家族を愛し、最高司令官としての職責を全うする一人の英雄がそこにはいた。

  35. カルセドニー史 (157d)
    • 2017-03-16 (木) 00:09:55 by nazonohito 差分

       レハシ暗殺の実行犯とされる人物だが、その経歴には謎が多い。彼はカルセドニー島入植地の軍事政権の指導者として知られるハギワ・サードオニクスの息子だが、父とは違い無政府主義思想に傾倒した。その結果、穏健な社会民主派に過ぎないと思われたレハシに失望し暗殺を実行したとされる。しかし、彼が真の無政府共産主義者であったかについては疑問が持たれており、ハギネが大統領府によってレハシ暗殺の実行犯に仕立て上げられた可能性も十分に考えられる。

  36. ヨリクシ共和国 (157d)
    • 2017-03-16 (木) 00:09:09 by lineforce 差分
      国家元首マラバイア・ソブルート首相(703年~)
  37. カルセドニー革命 (157d)
    • 2017-03-15 (水) 21:48:02 by Chalcedony 差分

      Attached file: Revolution-C.png

  38. カルセドニー連合 (157d)
    • 2017-03-15 (水) 21:26:44 by Chalcedony 差分

      Attached file: USCI-Government.png

  39. 大和国 (160d)
    • 2017-03-12 (日) 19:33:27 by 114514 差分

      島西部にある国内第二の都市。中央財閥の本拠地。

  40. ローレル共和国・カルセドニー島共和国における治安維持協定 (161d)
    • 2017-03-12 (日) 00:27:52 by samansa 差分

      追記:702年11月 カルセドニー島共和国大統領府評議会の申し入れにより、本協定は失効した。ローレル政府は駐留の法的根拠が喪失したとして、72時間以内に駐留軍施設を明け渡し、部隊は撤収するよう要求。カルセドニー島共和国政府もこれに応じ期限内に撤収が完了した。ローレル共和国政府の公式発表によると、同時にヘルトジブリール社会主義共和国と締結した治安維持協定におけるヘルトジブリール軍の駐留軍基地として旧駐留軍基地の土地を再利用する方針。

  41. 条約一覧 (167d)
    • 2017-03-05 (日) 13:16:21 by nazonohito 差分
      • アウクシリア条約
  42. アリア連邦 (171d)
    • 2017-03-02 (木) 00:06:02 by LtcMK 差分

      工業が盛んで、南部の工業地帯で作られた商品は各国へ輸出されている。

  43. 国際交易協力機構 (175d)
    • 2017-02-26 (日) 12:12:49 by nazonohito 差分
      国際交易協力機構
      機構旗未定
      名称国際交易協力機構
      略称WTCO
      英名World Trade Cooperation Organization
      設立フリューゲル暦686年9月24日(24726期)
      ページ内コンテンツ
      • 概要
      • 活動
        • 歴史
          • 第1回加盟国会議
        • 関連条約
      • 構成国
      • 沿革
      • 資料
        • サン・ピエル共和国への食肉支援についての決議

      概要 anchor.png

       国際交易協力機構(World Trade Cooperation Organization)はフリューゲル暦686年9月24日にカルセドニー島共和国ヨリクシ共和国蒼鋼国、及びサン・ピエル共和国の4ヶ国を原加盟国として発足した経済共同体である。
       通常はWTCO(ウトコー)と略されるが、短く「機構」と呼ばれることもある。

      Page Top

      活動 anchor.png

      Page Top

      歴史 anchor.png

      Page Top

      第1回加盟国会議 anchor.png

       クリストバライト条約の調印式から6年ほどが経過した692年6月に第1回加盟国会議が開催された。第1回加盟国会議ではそれまでに加盟について事前協議が進められていた御岳山諸島自治巫女共和国及びローレル共和国の加盟が承認され、加盟国を6ヶ国とした状態で議論が進められた。会議では主に機構公定レートについてと政府機能が停止していることが危惧されていたサン・ピエル共和国への経済支援の内容が協議され、機構公定レートサン・ピエル共和国への食肉支援についての決議が決議された。
       ローレル共和国の加盟についての事務レベル協議に際し、ヨリクシ共和国との間に連絡の齟齬が発生したことがローレル共和国により指摘され、ヨリクシ共和国が陳謝するという事態も発生したが、議論は特に激しくなることはなく、両件ともカルセドニー島共和国が提出した草案の通り決議された。

      Page Top

      関連条約 anchor.png

      • 国際交易協力機構条約(クリストバライト条約)
      • 機構公定レート
      • サン・ピエル共和国への食肉支援についての決議
      Page Top

      構成国 anchor.png

      現加盟国
      カルセドニー島共和国原加盟国
      ヨリクシ共和国原加盟国
      蒼鋼国原加盟国
      御岳山諸島自治巫女共和国692年9月加盟
      ローレル共和国693年1月加盟
      過去の加盟国
      サン・ピエル共和国原加盟国、700年7月滅亡
      Page Top

      沿革 anchor.png

      出来事
      686年9月国際交易協力機構条約が締結される
      692年6月第1回国際交易協力機構加盟国会議が開催される
      692年9月御岳山諸島自治巫女共和国が国際交易機構条約に調印
      693年1月ローレル共和国が国際交易機構条約に調印
      694年6月第1回加盟国会議が閉会
      700年7月サン・ピエル共和国が滅亡
      Page Top

      資料 anchor.png

       一方で、公定レート制定後、サン・ピエル共和国への食肉支援についての決議やローレル共和国・レゴリス帝国間の資源供給の安定化に係る協定では公定レートが貿易取引の際の基準として用いられており、公定レートが取引の“下限”ではなく“基準”として扱われることも多くなっている。

      Page Top

      サン・ピエル共和国への食肉支援についての決議 anchor.png

       第1回加盟国会議において、政府機能が停止していた加盟国であるサン・ピエル共和国に対する支援決議が採択された。同国の情勢不安を緩和するために食肉が支援の主体となっており、決議案の内容もそれを反映したものとなった。なお、本決議V項にある食肉生産費用の分担率が当面カルセドニー島共和国が当面全額を負担する旨同時に決定されている。サン・ピエル共和国はフリューゲル暦700年7月下旬に滅亡したため、これを受けて8月初旬に決議は失効した。

      サン・ピエル共和国への食肉支援についての決議】

      • I.サン・ピエル共和国で発生している情勢不安について、国際交易協力機構加盟国はこれを重大な問題と認識し共同して対処すべきことを確認する。
      • II.前項の目的を達するために、国際交易協力機構サン・ピエル共和国に対し食肉支援を行う。
      • III.支援は食肉の生産国(機構加盟国であるか否かを問わない)から直接サン・ピエル共和国へ輸送されるものとする。
      • IV.食肉の生産費用は機構公定レートに基づき機構加盟国が分担して負担する。
      • V.前項に定められた生産費用の分担率は加盟国会議の決議に基づく。
      • VI.本決議はサン・ピエル共和国の情勢に対し機構が対処する必要性が消滅した際に失効する。
      • VII.本決議と国際交易協力機構条約の間に矛盾が生じる場合、機構条約が優先される。
  44. ヴァノミス王国 (179d)
    • 2017-02-22 (水) 01:22:57 by Kevin 差分
      ロムレー湖畔共和国+30-40第二次ヴァノミス危機、観光国
  45. カルセドニー島共和国 (182d)
    • 2017-02-18 (土) 23:04:41 by nazonohito 差分
      介入主義----◆孤立主義
  46. RecentDeleted (183d)
    • 2017-02-17 (金) 23:42:52 by kedn 差分
      • 2017-02-17 (金) 23:42:51 - テスト
  47. 御岳山諸島自治巫女共和国 (183d)
    • 2017-02-17 (金) 18:23:22 by saisu 差分

      巫女衆は混乱を鎮めた後に御岳山巫女衆臨時政府を立ち上げて復興を主導し、晴れて復興が完了したとして正式な政府である御岳山諸島自治巫女共和国の設立を宣言したのである。然しながら混乱の中で桜花帝は体調を崩しそのまま崩御。跡継ぎを巡って長子である大道寺やえ皇女(ほぼ時を同じくして30の若さで薨去)の子である大道寺怜皇女を支持する巫女と次子の大道寺よしの皇女を支持する巫女で意見が対立。議会も機能停止に追い込まれ警察組織のみが機能する状態となってしまった。その後徐々に和解が進んだ事とよしの皇女が巫女として帝を支える立場を目指す意向を示した事で怜皇女が次代帝とすることで一致した。正し、よしの皇女派の意見により幼い怜皇女の成長まで怜皇女とよしの皇女の二人による"大道寺家衆"を一時的な元首とする事になった。また元首の地位の変更も検討されている。
      正式には御岳山麓門前町。"麓にある門前町"と言うストレートな名称である。仮設首都であり、議会の建設などが終了した為、首都機能は赫ヶ島北部に移転し、旅行者向けの観光都市化する予定であったが諸事情によりテーマパークに変更となった。
      混乱から離れていたので一番安定した島であり、実質的な首都を島北部の濱内に建設した。
      豊かな自然と礁湖が人気のリゾート地となっている。
      島嶼群の中で唯一平坦な土地を有しており、大穀倉地帯として開発が進められている。

      • 玄島
      • 嵜島
        SLCNに所属し、同じSLCNの国家との交流を強めていたが主軸たるエーラーン教国の事実上の鎖国状態により、政府は新たなる関係を模索している。エンディバラ条約やWTCO加盟により、近年の国際的な立場は大きく変わりつつある。ここでは臨時政府以降の外交関係のみ記す。以前のものは辺境日ノ本人皇国を参照されたし。
        カルセドニー島共和国Aエンディバラ条約
        水産学部・農学部・人文学部・理学部・工学部
  48. 北海社会主義共和国 (190d)
    • 2017-02-11 (土) 09:00:58 by momochi 差分
      国名北海社会主義共和国
      英名Socialist Republic of Hokkai
      国旗srh_flag.png
      標語試される大地
      首都札幌
      国歌インターナショナル
      国花ハマナス
      国家元首人民評議会総議長
      政治体制社会主義
      ページ内コンテンツ
      • 概要
      • 国土
        • 地理
      • 政治
        • 選挙
      • 経済
        • 主な企業
        • 産業
          • 農林水産業
          • 工業
          • 商業
      • 年表
      • 文化
        • 食文化
        • スポーツ
        • 宗教
      • 軍事

      概要 anchor.png

      696年3月(25065期)に北海社会主義共和国として建国。前身は旧世界・日本の北海道出身者によって結成された開拓団の互助会で、国名も開拓団の出身地である北海道から由来している。また、その歴史的経緯から文化や言語、地名等々には北海道由来のものが多いほか、自国のものを指すさいにはを用いることが多く、たとえば国内を道内、国民を道民、国内産の物を道産品と呼んでいる。

      Page Top

      国土 anchor.png

      ケッペンの気候区分では国土のほとんどが亜寒帯湿潤気候に属し、世界有数の豪雪地帯である。土壌は泥炭地が中心で、一部地域にポドゾルが存在するという、亜寒帯気候ではよくみられる極めて一般的な土壌である。

      Page Top

      地理 anchor.png

      • 札幌(さっぽろ、Sapporo)
        • 首都。
      Page Top

      政治 anchor.png

      Page Top

      選挙 anchor.png

      Page Top

      経済 anchor.png

      社会主義経済を採用していため、民間企業の存在はかなり制限されている。そのかわり協同組合が強い力を持っており、農業協同組合(農協)と生活協同組合(生協)が他国の財閥的な存在にまで大きくなっている。

      Page Top

      主な企業 anchor.png

      • HRT 北海ラジオ・テレビジョン放送局
        • 国営放送。
      • 北海空輸
        • 交通事業団傘下の国営の航空会社で、フラッグキャリア。英語表記はHokkai Airlines System。通称は北空(きたくう)、HASなど。
      • 石油石炭販売輸送公団
        • 道内で産出するエネルギー資源の採掘権と販売権をほぼすべて保有する国営企業。通称石石公団(せきせきこうだん)。
      • ポラリスビール
        • 北極星をあしらったシンボルマークでおなじみのビールメーカー。ビール以外にも、国民的炭酸飲料ラビィ・シトロンなどの清涼飲料水も製造している。
      Page Top

      産業 anchor.png

      Page Top

      農林水産業 anchor.png

      農業は北海の屋台骨を支える、最重要産業かつ礎である。主要農産物はコメ、ライムギ、トウモロコシ、ジャガイモ、ダイコン、メロンなど。本島北部では酪農も盛んで、サイロと広大な牧草地というのどかな風景が広がっている。

      Page Top

      工業 anchor.png

      食品、製紙業、農薬・肥料、エネルギー資源関連は比較的盛んではあるものの、それ以外の工業は海外に大きく遅れをとっており、産業としては非常に貧弱である。

      Page Top

      商業 anchor.png

      パパママストアのような小規模な形態を除けばほとんどが国の影響下にあるため、資本主義国家と比べればあまり盛んではない。

      Page Top

      年表 anchor.png

      • 696年3月下旬:北海社会主義共和国建国
      Page Top

      文化 anchor.png

      Page Top

      食文化 anchor.png

      Page Top

      スポーツ anchor.png

      Page Top

      宗教 anchor.png

      Page Top

      軍事 anchor.png

  49. サーエボ人民共和国 (191d)
    • 2017-02-10 (金) 00:31:16 by Saebou 差分
  50. 蒼鋼国 (202d)
    • 2017-01-29 (日) 19:56:56 by sega410 差分

       また、フリューゲル暦とともに独自の蒼紀を併用している。

  51. ヴァノミス危機 (213d)
    • 2017-01-18 (水) 22:18:47 by nazonohito 差分

       一方、連邦最高評議会顧問委員会の構成国であるエルツ帝国は本件について顧問委員会を招集した。これを受け、ヴァノミス連邦はこの弾劾は顧問委員会の総意なのかウェールリズセ連邦共和国だけの考えなのかを照会したが、ウェールリズセ連邦共和国はこれに対し「我が国は貴国の条約違反を指摘し、かつ誠意と条約遵守の姿勢を見せるよう、最後の警告を行ったが、ヴァノミス連邦はこれに対して何等誠意ある回答も、条約違反に対する釈明も無ければ、ただ言い訳のみに終始した。刻限も守らず、ただ時間のみを無駄に稼がんと試みるその姿勢もまた、不誠実極まりないものである。連邦政府はこのようなヴァノミス連邦の態度を最上級の非難で遇す。貴国の辞書に条約遵守と誠意の文字がないことが確認できた以上、以後の回答は不要である。」(原文ママ)と通告、交渉を一方的に打ち切った。

  52. 国際交易協力機構条約 (217d)
    • 2017-01-14 (土) 17:46:16 by nazonohito 差分

      各国署名(原加盟国) anchor.png

      Page Top

      各国署名(発足後加入国) anchor.png

      条約に同意し、此処に署名す。

      御岳山諸島自治巫女共和国渉外大臣 二曽宥


      条約に同意し、署名致します。

      ローレル共和国 外務大臣 アドルフ・ガンベリ
      また、議会の批准手続きも特段問題が生じなければ速やかに完了し、批准書の寄託を行えることについても申し添えます。

  53. サン・ピエル共和国 (239d)
    • 2016-12-23 (金) 23:33:45 by sanpiel 差分
      国土省インフラの整備・管理
      鉱山省鉱山運営
  54. シャムレー民主共和国 (245d)
    • 2016-12-17 (土) 21:55:35 by hac 差分
      本ページの情報は、シャムレーの大筋の情報としてプレイヤー視点において知りうることの出来る情報であり、実際の外交関係に影響を与えうるものではありません。
      従って、本ページの情報を根拠とした外交行為の一切を受け付けません。
      本ページの情報によって得られるのは「シャムレーが国家機密に触れない範囲で各種情報公開をしている」という事実一点のみとなります。
  55. サンサルバシオン条約機構 (282d)
    • 2016-11-10 (木) 17:28:29 by sony 差分

      1.政治代表派遣国をヴェールヌイ社会主義共和国とする。

  56. フリュー帝国 (291d)
    • 2016-11-01 (火) 20:30:24 by hpd3teikok 差分

      構成民族 anchor.png

      フリュー国内には多数の民族が共存しており、各民族毎に文化も異なる。それ故に国内情勢はやや不安定である。

      ・フリュー人
      国内でもっとも多数を占める。白色人種が多い。
      酒を好む傾向にある。工業用アルコールですら飲む、とにかくアルコールに対する欲求が高いらしい。

      ・ポートランド人
      民族の団結力は高く、勇敢。
      フリュー・ソビエトの時代から祖国の独立を守り抜いてきたためか、愛国心は多民族に比べて高め。

      ・エデレス人
      インテリ層が多く皮肉好きで紅茶を好む。
      プライドが高く、苦境になるほど団結する傾向がある。

      ・フィルデリア人
      基本的に穏やか。
      ただし自身らを迫害しようとするものには断固として抵抗する。

      ・ドライズ人
      大半は勤勉で規則正しい。やや規則に五月蝿い一面も。

      ・フレン人
      情熱的で個人主義的。規則に縛られるのを嫌う。

  57. FrontPage (296d)
    • 2016-10-27 (木) 13:14:30 by OKJN 差分
      • 各種マニュアル一覧
  58. 各種マニュアル一覧 (296d)
  59. ヴォルデリア条約 (307d)
    • 2016-10-17 (月) 11:09:55 by kedn 差分
      ヴァノミス統一臨時政府(ヴァノミス連邦)
  60. アウクシリア条約 (307d)

トップ   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom