util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...

Re: FENA総会(829年5月)

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

レゴリス帝国

なし Re: FENA総会(829年5月)

msg# 1.203.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/4/10 22:33 | 最終変更
レゴリス帝国  一人前   投稿数: 84

 まずは総会を招集して頂いた議長国である昭栄国に対して感謝致します。

 さて、今回の総会の招集理由についてですが、可及的速やかに審議しなければならない事柄が1件あったからであります。

 前々回の総会でセニオリス共和国はFENAの加盟を認められ、10年の準加盟期間を経てから、異議申立等が無い限り正式に加盟するとされました。既に準加盟期間を過ぎ正式加盟となっていますが、我が帝国としてはセニオリスの正式加盟に異議申立を致します。

 現在、ミルズ皇国首都で起きた大規模火災がテロ事件であり、それがセニオリス人による犯行だ。という疑惑が国際社会に広まっております。これについては国際的な調査団が組まれ、その調査結果を待つという段階です。
 本事案に於いてはセニオリス共和国の不手際によりミルズ皇国と一時的な対立に陥る等、彼の国による落ち度が見受けられました。

 また、他の事柄として普蘭合衆国、及び中夏人民共和国によって行われたセニオリス共和国領海を目標とした衛星レーザー照射に於いては、普蘭合衆国中夏人民共和国による一方的な通告に対してセニオリス共和国は嬉々として受け入れました。
 通告している以上国際法上は何ら問題ありません。然しながら、自国領海への一方的な通告による攻撃………それは国際的な常識を以てすれば宣戦布告に等しい行為であります。
 ですがセニオリス共和国はそれを断固拒絶するどころか嬉々として受け入れ、それどころか衛星レーザー発射に対するお礼までしているのです。
 このような主権意識の欠如した国家を、FENA並びに付属する議定書の精神、価値観を共有する国家だと言えるでしょうか?我が帝国はそうだと言えません。

 ミルズ皇国の1件に於いてもそうです。問題に早期に対応していれば良かったにも関わらず、いたずらにそれを放置し、結果として一時的とは言えミルズ皇国と対立に至る………自国がFENA加盟国に相応しいかどうかを見定められている立場にいるという自覚がありません。

 このように、準加盟期間がFENA加盟国に相応しいかどうか、他の正規加盟国に見定められている謂わば”テスト期間”であるにも関わらず、自国に降ってきた問題を適切に対処できず、あまつさえ自国の主権意識の欠如を国際社会に自ら晒した国家を、FENAに正式に加盟させたくはありませんし、我が帝国としても正式加盟させる訳には参りません。

 従いまして、我が帝国としてはセニオリス共和国の現時点での正式加盟の撤回、及び準加盟期間の期限を無期限延長する事を正規加盟国の皆様に提案する次第です。
 また、セニオリス共和国が正式加盟出来る要件として、正規加盟国1カ国以上の推薦を要し、正規加盟国の全会一致を以て正式加盟が可能となるというものも併せて提案させて頂きます。

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ