util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...

Re: FENA臨時総会(580年1月)

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし Re: FENA臨時総会(580年1月)

msg# 1.120
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/5/6 0:26
ゲスト    投稿数: 0

各国が概ね100兆Va(7期計)、すなわち1期平均15兆Va程度まで経済規模を調整する必要はあるでしょう。あるいは更なる調整が必要になるかもしれません。

その上で、我が国は軽工業と重工業を随時切り替える方式への移行を検討しております。この方式へ移行するにあたって、工業人口を4000万人程度へ縮減し、商業、農業への配置転換を同時進行で行います。

一方で、重工業には鋼鉄が必要とされます。成蘭とティユリアのウラン鉱1つを鉄鉱に転換することでその必要量に近づけることができると思います。
しかし、ウラン鉱を廃止することによって燃料の国内供給力が低下する可能性が考えられます。この点についてはヴェールヌイ、ないしは域外からの輸入に頼らざるを得ないでしょう。

また、域内の商品消費量を減量することも求められます。アドミラル、ティユリアにおかれては工業生産力の向上を図り、あるいは経済規模の縮小に努める必要があるでしょう。

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ