util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

12 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...

Re: FENA総会(605年7月)

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

ヴェールヌイ社会主義共和国

なし Re: FENA総会(605年7月)

msg# 1.142
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/8/29 21:49

正式加盟の審議においては、準加盟制度の目的(精神、価値観を共有する国家であるのか、既存加盟国が見定めるための「試用期間」であること)を考慮すれば、準加盟国である我が国が賛否について発言することは適当ではないと認識しております。よって、あえて確認する事ではありませんが、正規加盟国の判断に任せたいと思います。その上で、参考までに意見を申し添えます。

昭栄国が、FENA準加盟後から現在に至るまでの行動において、多少なり疑義があることも事実ではないでしょうか。
560年代後半には「カレストノープル平和議定書」違反の恐れがある宣戦布告を行っております。
また580年の臨時総会においては、再三の出席要望にも関わらず発言を行わず(政府は機能しており、総会内容についてコメント欄で触れるなどしているので、意図的なものでありました)最終的に、一正規加盟国から非難を受けることにもなりました。

これらは既に過ぎ去ったことであり、問題を蒸し返し追及するものではございません。
今回の正規加盟申請に至り、昭栄国代表は「準加盟国として域内連携を図ってきた結果、加盟各国とは国家的共存関係にある」としております。であるならば、これから正規加盟国として責務を果たしていく上で、このような不安定さについては十分に改善していただき、積極性と丁寧さを併せ持っていただきたいと思います。
冒頭述べましたように、準加盟国である我が国としては正規加盟について賛否を表明するものではございませんが、昭栄国の正規加盟が決定となれば、一層の連帯強化につながることを期待する立場から、これを歓迎いたします。

我が国からは以上です。

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ