util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

8 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...

Re: FENA臨時総会(580年1月)

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし Re: FENA臨時総会(580年1月)

msg# 1.96.2.1
depth:
3
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/3/11 2:07
ゲスト    投稿数: 0

では、討議に移りたいと思います。

まずは、情勢が緊迫しているレゲロ社会主義人民共和国のミサイル発射事案についてFENA諸国が共同して非難声明を発出することを提案いたします。

声明案は以下の通りでございます。異論、修正案等がございましたら遠慮なくご発言下さい。また、賛否についても同時に表明して頂きたいと思います。


レゲロ社会主義人民共和国による国際法違反事案への共同非難声明案

レゲロ社会主義人民共和国によるノイエクルス連邦ヴォルネスク自治国付近海域へのミサイル発射事案は沿岸国の事前同意を得ておらず、国際法違反であることが明らかである。
そもそも通告の有無を問わず、他国の海域付近にミサイルを発射することは当該国の安全を侵害する意図があると解釈されても致し方ない行動である。
また、ノイエクルス連邦と旧ヴォルネスク社会主義共和国が併合条約を締結した時点で、同自治国の領域はノイエクルス連邦の主権下に移行することは至極当然の論理であって、主権喪失を根拠としてミサイル発射を正当化しようとするレゲロの身勝手な論理を我々は肯定できない。
フリューゲル経済諸国同盟(FENA)は432年7月に「平和友好を脅かす奇襲攻撃行為および情報公開の不備に対する非難決議」を全会一致で採択している。
すべてのFENA加盟国政府は、この決議の趣旨を再確認した上で、改めてレゲロの行動に対して強い非難を表明するとともに、ノイエクルス連邦をはじめとする当事国におかれては対話による解決の可能性を常に模索し、武力の発動は最大限回避するよう強く要請するものである。

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ