util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...

Re: FENA総会(605年7月)

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし Re: FENA総会(605年7月)

msg# 1.126
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/8/7 0:21
ゲスト    投稿数: 0

では、先に体制改革案を提示致します。

本同盟は機動力に欠け、タイミングに即した対応をとれないことが多々あります。
日々情勢が激変する国際社会において意思決定が遅れることは致命的な問題であり、一刻も早く解決しなければならない問題でしょう。
もちろん、加盟国のFENAに対する取り組みが不十分という要因もあると考えられ、この点については各国政府に対して積極的な取り組みを要請するほかありません。
一方で、意思決定過程を見直し、体制を改革することで迅速化を図ることも肝要であります。
その結果としての提案になったということを述べた上で、以下の改革案を示します。

・議長国をFENAの代表と定義し、諸国及び国際組織との条約締結権、交渉権を付与する。
・以上の権限に限り、事前にFENA総会の承認を得る必要はないが、後日総会に報告し、同意を得なければならない。同意が得られなかった場合、締結が成立していたとしても無効とする。
・議長国は任期無期限。ただし、後任の議長国が選出された場合はその資格を失う。

その上で、我が国はあくまでも昭栄国の加盟審査を優先して討議すべきと思慮します。なぜならば、現状、昭栄にはこの改革案についての投票資格はありませんが加盟が認められた際には体制改革案についても一票を投じることができるからです。
もっとも、それでも昭栄が体制改革の後に加盟審査を行うことを望むのであれば、その意見を尊重する方針です。

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ