util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...

Re: 緊急理事会(585年7月)

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

ヴェールヌイ社会主義共和国

なし Re: 緊急理事会(585年7月)

msg# 1.113.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/4/6 18:18 | 最終変更

議案提出要望につき、これに同意していただきました成蘭政府に対し感謝申し上げます。
共和国政府は、今般のフランドル領域内で続く人権侵害が、BTミサイルによる自国民の虐殺にまで発展したことを深く憂慮し、これに断固とした懸念と抗議の意を発する必要性を確信しております。フラン政府の行いは、いかなる弁を持っても正当化しえない犯罪行為であり、これを同国政府に認識せしめ、もって域内の人権状況の改善を図らねばなりません。
この目的を達するためには、国際的枠組みによる呼びかけが必須であり、共和国政府は、FENA総会に以下の非難声明案を提出すると共に、加盟各国の積極的賛同を要請します。


【フランドル第二共和政府による生物化学兵器使用、人道犯罪に対する非難声明】

 FENA参加国は、585年7月(21079期)に、フランドル第二共和政府が、自国民に向けて生物化学兵器(BTミサイル、以下BT兵器と表記)を使用し、非常に多くの男性、女性、子供の命を奪った事実と、これに反対する国民を武力によって鎮圧し、80余命の死者を出したとの同国による報道に接し、次の声明を発表する。

 我々は、フランドル第二共和政府に対して、BT兵器の使用を放棄するよう求め、フランドル・フランセーズ領域内における全ての人権侵害を、最も強い言葉で非難する。

 BT兵器は、その使用が正当化され得ない極めて危険な兵器である。今般フランドル第二共和政府がBT兵器を使用したことは、同兵器を許し難いものとして非難する国際社会の一致した心情に完全に反するものであり、フランドル第二共和政府は、あらゆる状況においてBT兵器の使用を速やかに放棄しなければならない。

 フランドル・フランセーズ領域内における騒擾の全ての責任は、暴力に訴え、無辜の人命を奪い、人道状況の悪化を顧みないフランドル第二共和政府にある。フランドル第二共和政府は、包括的かつ民主的な方法によって、平和的な解決への行動を速やかに実施しなくてはならない。

 我々はあわせて、フランドル第二共和政府による、国際規範への重大な挑戦行為と、許し難い人道犯罪に対して、国際社会の強力な対応を求めるものである。

以上

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ