util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...
Page Top

歴史 anchor.png

Page Top

地理 anchor.png

Page Top

外交 anchor.png

Page Top

政治 anchor.png

 政体は、権威主義である。行政は、地方分権である。
 産業政策の近状を述べる。現在の産業政策の対象は、重工業である。産業政策は、産業の育成・発展を目的として、政府が産業へ行う政策である。重工業は、鉄鋼・船舶を例として、重量ある製品を生産する工業である。
 以前の産業政策の対象は、軽工業であった。軽工業は、主として繊維工業、雑貨工業、食品工業で構成される。産業政策の対象が、軽工業から重工業へ移行した要因は、主に2つある。軽工業における、生産技術の向上と、需要量を満たす生産能力の整備である。軽工業に対する産業政策は、国の発達初期から行われていた。その間、国内の人口は増加していった。人口の増加に伴い、需要量が増加したため、これに応える生産能力の整備が目下であった。近年、人口は1000万人を近くにして、緩やかに減少していった。人口増加の停滞に伴い、需要量の増加速度は、横ばいとなった。これを契機に、軽工業における生産能力は、需要量に見合う水準となった。次の産業政策の目下は、生産技術の向上であった。あらぬ手段で生産技術は向上した。軽工業の基盤が水準まで整備されたため、産業政策の対象は、重工業となった。
 重工業に対する産業政策の内容は、となる。

Page Top

経済 anchor.png

Page Top

産業構造 anchor.png

 産業構造は、産業間の状態である?。コーリン・クラークの産業分類に従って、産業を3つの次元に分類する。特定の産業に関する説明は、分類した項目で述べる。

Page Top

産業 anchor.png

Page Top

第1次産業 anchor.png

  農業, 林業,
  漁業

Page Top

第2次産業 anchor.png

  鉱業, 採石業, 砂利採取業
  建設業
  製造業
  電気・ガス・水道・廃棄物処理業

Page Top

第3次産業 anchor.png

  情報通信業
  運輸, 郵便業
  卸売, 小売業
  金融, 保険業
  宿泊, 飲食サービス業
  不動産業, 物品賃貸業
  学術研究, 専門・技術サービス業
  業務支援サービス業, 娯楽業
  教育, 学習支援業
  医療, 福祉
  複合サービス事業
  サービス業
  公務

Page Top

.local anchor.png

  分類不能の産業

Page Top

文化 anchor.png

Page Top

軍事 anchor.png

Page Top

.local anchor.png

軽産業へ切り替え
鉄鉱採掘場破棄
石材採掘場整備
造成
鉄鉱採掘場整備
重工業へ切り替え

お見苦しい文章で申し訳ありません これからなんとかします


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 349, today: 1, yesterday: 2
最終更新: 2019-01-26 (土) 02:16:48 (JST) (234d) by Anya