util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 2
ゲスト: 18

regorisu regorisu もっと...
通称ヴェニス株式会社統治領
正式名称ヴェニス島開発株式会社が経営するヴェニス島
社旗Flag_of_Venice2_DE.PNG
本社所在地ミッドガルドシティ
最大都市ミッドガルドシティ
CEOローザ・クリスティーナ・エメリッヒ
経営体制株主総会と取締役会、労働組合
公用語ドイツ語(書面上)
通貨E-Vaミュンシェ(仮想電子通貨)
創業764年6月21日
ccTLD.vi
主な産業観光、映画、IT

概要 anchor.png

ヴェニス株式会社統治領は、ヴェニスグループの1企業、ヴェニス島開発株式会社(別名:ヴェニス株式会社)が所有するヴェニス島と周辺諸諸島一帯の通称である。ヴェニス島とその周辺諸島はフリューゲルの北半球に位置する。
ヴェニス株式会社は民間企業のため、ヴェニス島そのものは無主地であると発表されている。そのため、ヴェニス島で居住している人は何らかの他国籍を所有しており、ヴェニス国籍というものは存在しない。
ヴェニス島全土のリゾート化計画「地上の楽園」計画により観光地化されている。

Page Top

地理 anchor.png

ヴェニス島はフリューゲル北半球の高緯度に位置しており、季節による日の出と日の入りの差が激しい。
島中央は隆起のすくない平原が続いており人口密集地になっている、北は起伏のあるヴェニス山地が連なる。

Page Top

気候 anchor.png

温暖気候で四季がはっきりしている。
夏は日差しが強く乾燥ぎみで、冬は降水量が増え強く冷え込む。
1年を通して朝夕の温度差が大きい。

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温12℃13℃16℃19℃23℃27℃31℃31℃27℃22℃17℃13℃
最低気温2℃3℃4℃7℃11℃14℃17℃17℃14℃10℃6℃3℃
降水量84mm76mm59mm49mm38mm31mm23mm36mm46mm107mm119mm91mm
Page Top

中心都市ミッドガルドシティ anchor.png

20190105191926_1.jpg
ミッドガルドシティの夜景(中心は本社ビル)

ヴェニス島の中心地。ヴェニス島開発株式会社本社ビル「ヴェニス・タワー」を中心とした円形に区画整備された計画都市。
ヴェニスグループと関連企業が集まっている企業都市。他にIT企業と映画スタジオが多く集まっている。

Page Top

セントラルエリア anchor.png

島中央部にある居住サービスを提供しているエリア。庭付きの余裕をもった生活空間が確保されるよう区画整備されている。
IOT技術により家電や家屋設備がインターネットと接続しており、遠隔操作が可能。

Page Top

シーサイドエリア anchor.png

島南部にある「海」を題材にしたリゾートエリア。透き通った海でサーフィンやクルーズ、海水浴客で賑わう。

Page Top

ドリームランド anchor.png

島東部にある「遊び」を題材にした7HEXに及ぶ巨大遊園地。
シンボルマークはヴェニス・キャッスル城。

Page Top

アドベンチャーランド anchor.png

島東部にある「冒険」を題材にしたエリア。古代遺跡を題材にしたアトラクションがメイン。
子供に人気のエリア。

Page Top

マウンテンエリア anchor.png

島北部にある「山」を題材にしたエリア。登山・トレッキングや、避暑地として人気が高い。
冬はスキー客が多い。

Page Top

スペースランド anchor.png

島南東部にある「宇宙」を題材にしたエリア。科学博物館なども併設されている。
年に数度、ロケットの打ち上げが行われ、ショーとして観光客が集まる。

Page Top

フラワーガーデン anchor.png

島北東部にある「花」を題材にしたエリア。
テーマパーク「ヴェニスフラワーパーク」があり、季節にあわせて満開の花畑を楽しめる。
その規模は5HEXにも及ぶ。

Page Top

フォレストエリア anchor.png

島中央やや北にある、「森」を題材にしたエリア。自然豊かな広大な自然公園が広がっている。
キャンプや自然観察を目的とした観光客が多い。

Page Top

産業区画 anchor.png

島東部にある農場と牧場が広がるエリア。
ここでとられる「ヴェニス葡萄」と「ヴェニスワイン」は観光客が持ち帰る定番のお土産でもある。

Page Top

モンスターパーク anchor.png

ヴェニス島から北東にある離れ島。
人口育成された怪獣が飼育されており、怪獣の生態を研究している。
一部区画は観光地化されており、危険な怪獣が見せる動物としての生活模様を見学できる。

Page Top

経営体制 anchor.png

最高決定機関は株主総会にある。株主総会が長期的な経営方針を決定、細かな経営内容を代表取締役会が決定している。
島内での殺人や窃盗などの問題に関しての規定は、独立した労働組合が決定しており、労働組合の決定を元に、保安部が治安維持を行っている。

Page Top

株主 anchor.png

株主名保有株数割合
ヘルトジブリール社会主義共和国778,607,830,00036.72%
南の風352,468,900,00016.62%
ストリーダ王国177,300,000,0008.36%
レゴリス帝国160,000,000,0007.55%
国営ガトーヴィチ石油(ガトーヴィチ帝国)93,600,000,0004.41%
クレディ・ロムレー社投資銀行部門(ロムレー湖畔共和国)90,210,000,0004.25%
王国公的年金運用基金(トラハト=ラシュハ連合王国)90,100,000,0004.25%
中夏人民共和国90,000,000,0004.24%
セニオリス共和国85,000,000,0004.01%
BRBH(レ帝)39,000,000,0001.84%
バンク・オブ・レゴリス(レ帝)37,500,000,0001.77%
アンドリュー財団29,750,000,0001.40%
ミルズ皇国27,700,000,0001.31%
ローレル農業組合全国中央銀行26,000,000,0001.23%
クレディ・ロムレー社投資銀行部門セビーリャ窓口(セビーリャ自治領)20,000,000,0000.94%
エーラーン教皇国14,000,000,0000.66%
ローレル共和国7,500,000,0000.35%
カタルシア王国750,000,0000.04%
普蘭合衆国750,000,0000.04%

venice_chart_9.JPG

Page Top

役員名簿 anchor.png

名前国籍説明
ローザ・クリスティーナ・エメリッヒレゴリス帝国トレーダーとして様々な人や企業を見てきた為、人や企業を見る力を鍛えられたとは本人の言葉。その力、そしてBRBHでの勤務や大学での勉学を通じて得られた経済や経営、金融知識で以てBRBHの拡大を成し遂げた。ヴェニス支社勤務時代、支社長として複数のヴェニスグループ所属の子会社の株式買収を主導しており、株式会社ドリームハウスと株式会社ブラックオイルの株式を、それぞれ20%と15%握ったという。(ヴェニス銀行株式会社の株式も買収しようとしたが完全子会社であり、ヴェニスグループHDが株式売却に応じなかった為断念している。現BMグループのブライアン地所CEO兼ヴェニス不動産CEO兼ヴェニス銀行CEOを務めるローザ・クリスティーナ・エメリッヒとは同じ大学かつ学部も一緒の親友兼ライバルと言った間柄であったが、BRBH取締役CEO時代に、帝国最大のメガバンクであるバンク・オブ・レゴリスと組んで彼女の経営するブライアン地所に対して経営改革を迫り、結果として要求を全て呑ませた所から関係は拗れ今はとても仲が悪いと言われる。(本人曰く「彼女には申し訳ない事をしたが反省はしていない。それがBRBHとして最善だったと強く確信しているから」とのこと) 既婚者であり、ロムレー人の夫を持つ。夫とはアンゼロット記念大学在籍時に出会い彼女が一目惚れして猛アタックした結果、婚約を交わすに至ったという(その際の夫に対する周りの目はとても洒落にならないものになった)その後16歳の時に結婚。夫婦仲は良好とのこと。アプリル・ヴォルケンアンザムルング、リーゼロッテ・ヴェルトミュラー、マンフレート・ハルデンベルクといった3人の総統に仕え、凡そ1世紀に渡りレゴリス経済の拡大と安定に力を注ぎ続けたパウラ・フェルレーア通商産業大臣の直系の曾孫でもある。しかし彼女は所謂コネが大嫌いであり、大学への飛び級入学も、BRBHでの出世も全て自力で成し遂げている。
ヴォルフ・ヴィントガッセン(非公開)
王耀(ヤン・ワン)中夏人民共和国中夏最大の財閥「夏輝集団(シャーチー・グループ)」の創立者。一介の油売りからライバルを蹴落としながら江南の財界を取り仕切るほどにまでなった手腕は「マムシ」とも言われている。
ブルクハルト・エクスラーストリーダ王国ストリーダ王国大手のクルーズ客船運航会社「エクスラー・クルーズ」の創業者兼代表取締役会長兼社長。
ダグラス・シェリダンカルセドニー社会主義連邦共和国南の風」中央処理委員、旧アーネスト士官評議会科学代表。
アンネマリー・ハルトスレゴリス帝国レゴリス帝国最大のメガバンク「バンク・オブ・レゴリス」の元CEO。ハイネセル=エルネスティア州首相、レゴリス帝国通商産業副大臣を務めた事もある政治経済のスペシャリスト。旧ハイネセル連邦共和国の首領ハーストリア・ハルトスの子孫。
ユベール・アランブールロムレー湖畔共和国クレディ・ロムレー社投資銀行部門マネージング・ディレクター。専門は数理ファイナンス。コーデクス主義者。
エーブ・ベナールローレル共和国(非公開)
イオニアス・エルステインセニオリス共和国(非公開)
(非公開)カタルシア王国(非公開)
ヴァネッサ・ティユリア普蘭合衆国(非公開)
メリッサ・ペチュホフラルティスタ社会主義共和国ラルティスタ・オラニエ・バンク&トラスト常務、元ラルティスタ社会主義共和国財務省主計局上級職員
カーロイ・モールトラハト=ラシュハ連合王国王国公的年金運用基金外国株式運用部長、ヴァンブルグ大学出身、修士号(経済学)保有者、元商務省官僚
Page Top

政策スライダー anchor.png

民主的◆------独裁的全人民は本質的に自由である
政治的左派◆------政治的右派国家権力は本質的に悪であり、ないほうがよいものだ
開放社会◆------閉鎖社会全人民は本質的に自由である
自由経済◆------中央計画経済全人民は本質的に自由である
常備軍(非武装)徴兵軍"軍人"はいない。"警備員"はいる
タカ派------◆ハト派暴力は無能力者の最後の避難所である
介入主義---◆---孤立主義企業なので営業活動はする。政治的な介入は一切しない
Page Top

歴史 anchor.png

Page Top

前歴 anchor.png

レゴリス帝国出身の大投資家アンドリュー・ハーリーは、累進課税制度による高所得者への不平等と、行政の非効率的な運営に疑問を呈し、国家に代わり営利企業が居住サービスを提供する「カンパニーカントリー構想」を発表した。この構想に賛同した資産家たちの合資により、人口1万人に満たなかったヴェニス島のインフラ設備を乗っ取り、事業開発を開始した。

Page Top

第1株式発行と急速な発展 anchor.png

フィリップ・オルグレンCEOは莫大な開発資金を調達するため、株式発行を発表した。
集まった投資金により急速な埋め立てによる土地拡大を行い、開発用地を確保を行った。
しかしインフラ整備を一切行わなかったため、従業員と顧客に不満が蓄積されていった。

Page Top

暴動と経営陣交代 anchor.png

島滞在者800万人を超えた頃、従業員の大規模なデモ活動が発生した。
767年にはついに暴動にまで発展。数十万人の従業員が島外へ逃亡、100兆Vaに迫る損益を出した。
自体を受け緊急株主総会が開かれ、経営陣の交代と組織改革が決定した。
フィリップ・オルグレンを筆頭に当時いた経営陣の半分が引責辞任し、フリードリヒ・ヴェーバーが率いる新経営陣と交代した。

Page Top

組織改革とサービス向上 anchor.png

フリードリヒ・ヴェーバーは諸外国から知識のある人材を登用して経営方針を顧客確保からサービス向上へ変更した。
発電所の建設や食肉サービスの開始、従業員のための宗教施設建設や福祉サービス向上、インフラ整備により幸福度98と高水準を達成した。

Page Top

「地上の楽園」計画発表と第2株式発行 anchor.png

774年、ヴェニス島全土をリゾート化する計画「地上の楽園」が発表された。
開発資金調達のため株式発行を開始した結果、1120兆Va相当の投資が得られた。

Page Top

グループ企業化と島外事業展開へ anchor.png

創業10年がたち、巨大化した企業組織が非効率性を生み出しているとの批判が生まれる。
774年の臨時執行役員会にて、巨大化した企業組織を分離独立、企業グループ化する議案が全会一致で可決。
779年にグループ企業化、同時に島外事業展開を開始した。

Page Top

「地上の楽園」計画の完了 anchor.png

「地上の楽園」計画発表から20年後、計画が完了した事が発表された。
当時の島内滞在者数は2300万人を超え、観光立国ロムレー湖畔共和国に次ぐフリューゲル第2位の地位を確立した。
観光収入だけで1年に270兆Vaの利益を出している。

Page Top

重武装化と813年戦争 anchor.png

近年発生していた島内赤軍テロを抑止のため、809年VSS社の重武装を取締役会で決議した。
しかし、この重武装化が営利戦争を招く可能性があるという一部国の危機感を持たせ813年戦争が勃発した。
有志連合の参戦により状況有利に傾き、武装を認めさせる形で終結した。

Page Top

年表 anchor.png

764年 6月中旬:創立。ヴェニス島のでの経営を開始。
767年 9月下旬:暴動が発生。フィリップ・オルグレンCEOが引責辞任。
767年10月上旬:フリードリヒ・ヴェーバーCEOが就任。
774年 7月上旬:「地上の楽園」計画を発表。
779年 1月上旬:社内組織を一部解体、グループ企業化。島外事業展開を開始
794年 1月上旬:「地上の楽園」計画の完了を宣言。
795年 9月上旬:ジュリアン・ブースCEOが就任。
796年 9月下旬:創始者アンドリュー・ハーリー死去
809年 11月上旬:VSS社の重武装化決議
813年 6月上旬:813年戦争勃発
813年 11月上旬:813年戦争終結
830年 1月上旬:ローザ・クリスティーナ・エメリッヒCEOが就任。
Page Top

交通 anchor.png

世界的観光地であるため、陸路、海路、空路の全方面に渡って発達してきた。世界中のフリューゲル人民が混在する社会のため、極力人間が介入せず機械が交通制御できるよう注力されており、AIによる自動化された交通網が大きく発達している。

Page Top

道路 anchor.png

環境汚染を防止するため、島内を走行する自動車は電気自動車であることを義務付けられてる。
また、全車自動運転走行が義務付けられており、ヴェニス島交通管理システムが常時監視を行っている。そのため、交通事故は極めて少なく渋滞も発生しない状態になっている。
自動運転タクシーが巡回しており、専用のアプリをダウンロードすると携帯端末からタクシーを派遣する事ができる。
元々は観光客向けに開発されたが、価格が安いためか居住サービス顧客や従業員も使用しており、自動車所有率は20%に満たない。試験的に無人輸送トラックも運行を開始している。

Page Top

鉄道 anchor.png

ミッドガルドシティを中心に、島内各リゾートエリアを結ぶように磁気浮上式鉄道が敷設されている。
都市部や各リゾートエリア内はモノレール網が広がっており、毎日大量の乗客を運搬している。
道路と同じくヴェニス島交通管理システムが常時監視しており、車両は全て無人走行モードで動いている。

Page Top

海運 anchor.png

ヴェニスリゾートを支えるための物資を支えるため、ヴェニス海運株式会社の貨物船が往来している。
南の「シーサイドリゾート」からは他国行きのクルーズ船がいくつも往来している。

Page Top

航空 anchor.png

イッドガルドシティ付近にあるヴェニス国際空港は、世界各国から来るリゾート客を迎え入れる巨大ハブ空港になっている。
島内向けの小型シャトル飛行機が多数往復しており、観光客や従業員が島内を早く移動する助けとなっている。
裕福な顧客向けの貸し倉庫付き空港が島内各地にあり、個人所有の航空機が離着陸する姿を見る事も多い。

都市部を中心に飛行船が多く往来し、ヴェニスグループや世界中の企業が広告として利用している。島内遊覧飛行船が定期巡回しており、速さを求めない観光客はこちらを利用する事もある。

ヴェニス島交通管理システム管理下で小貨物輸送としてドローン便が認められている。
都市部が居住サービス区で企業や宅配用貨物ドローンが多く行きかっている。

Page Top

住民 anchor.png

ヴェニス島は元々先住民族であるネイティブ・ヴェニスが住んでいた土地に、初期はレゴリス帝国から、会社発展後は世界中からの移住者が入ってきたため多民族多文化社会を形成している。ヴェニス島はどこの国家にも属していない無主地であるため、ヴェニス国籍というものが存在せず、島内居住者は無国籍か何かしら他国の国籍を持っている。

Page Top

人種 anchor.png

世界でも有数の多民族社会である。歴史的経緯からレゴリス人が人口比率の大半を占めていたが、年々その割合は下がりつつある。

名前割合
レゴリス人20%
ストリーダ族18%
華夏族15%
普蘭人7%
セビーリャ系民族6%
ジブリール民族5%
カドレン人5%
フォネルグリーク人5%
ガトーヴィチ族4%
カタルシア人3%
ガトーヴィチ民族3%
セニオリス人2%
トラハト民族2%
ロムレー1%
ラシュハ民族1%
ミッドガルド人1%
ギル民族1%
ガルド民族1%
Page Top

産業 anchor.png

Page Top

観光 anchor.png

主力産業で「地上の楽園」計画により島全土が観光地化されている。
島内計画はリゾート地としての運用を考慮して作られており、その温暖な気候と大規模な投資金を使った巨大なリゾート地は世界中から大量の観光客がやってくる。

Page Top

映画 anchor.png

温暖な気候が撮影に適しており、国家の規制もはいりずらい事からか映画が非常に作りやすい環境になっている。
そのため首都近辺には大きな映画スタジオがいくつもあり、日夜新作映画が製作されている。ヴェニス島で作られた独特な映画は「ヴェニス映画」と呼ばれ、フリューゲル全土に輸出されている。
ヴェニス映画は多言語社会に適応した「言葉が分からなくても内容がわかる」考慮がされており、ダンスや歌が取り入れられたミュージカル映画が多い傾向にある。

Page Top

IT anchor.png

充実したインターネット環境に支えられたIT産業が発達している。特にAI分野の発達が目覚ましく、島内の無人ドローンの大半は島内で開発されている。

Page Top

安全保障 anchor.png

子会社「ヴェニスセキュリティサービス株式会社」が重武装“警備員”を雇い島内の警備を行っている。

Page Top

anchor.png

加筆予定

Page Top

anchor.png

加筆予定

Page Top

anchor.png

無人戦闘機を主力とした防空体制が整えられている。
「ガーディアン」と呼ばれるヴェニス重工製ユーピテル空中空母が12機が常時島外縁部を周回しており、未確認飛行物体を発見すると大量の無人戦闘機を射出して排除する。

AC7_Arsenal_Bird_Props.png
哨戒飛行中の空中空母ガーディアン2番機
Page Top

宇宙 anchor.png

加筆予定


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1200, today: 1, yesterday: 1
最終更新: 2019-08-18 (日) 10:50:18 (JST) (36d) by Venice