util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 1
ゲスト: 20

srhj もっと...
国名クシミニャール侯国(Xymnjar Beyligi)
英名Marquisate of Xynar
通称クシミニャール、ザイナル、侯国
国旗xymnjar1.png
首都ベイオール
元首ザイナル候
政体立憲君主制
人口約4700万人
公用語ザイナル語
国家侯国歌(嗚呼クシミニャール)
建国フリューゲル暦528年12月末

【更新履歴:人物追加(3/7)近々、またいじりたい】

 

国家概要 anchor.png

クシミニャール侯国(クシミニャールこうこく、ザイナル語:Xymnjar Beyligi)はフリューゲル暦528年12月末に誕生した。
現在は立憲君主制の先進国として知られている。首都はベイオール。
中緯度に位置し、気候は温帯乾燥気候である。

+  民族
+  国名
+  暫定侯国旗
 
Page Top

歴史 anchor.png

旧世界の侯爵位を有していた移民を候に据えて、クシミニャール侯国はフリューゲル暦528年12月末に生まれた。
545年に先進国入りし、現在は資源輸出を主として外貨を獲得している。将来的には建材輸出を軸とした国家を目指している。

Page Top

概略 anchor.png

※以下の内容はクシミニャール侯国検定教科書を参照した内容であり、クシミニャール侯国サイドの文章となっております。

+  権威主義時代、政府首班フェルガナ=パシャ、528年12月~531年7月
+  警察国家時代、政府首班フェルガナ=パシャ、531年7月~537年5月
+  第一侯国党政(ペレルマン時代)、政府首班レモン・ペレルマン、537年5月~553年12月
+  第二侯国党政(ジェネロジーテ時代)、政府首班ジェネロジーテ=ベイ、553年12月~
 
Page Top

地理 anchor.png

後述する統一議会によって、急速な拡大が進められた。
単一島によって構成されていたが、現在は開発によってザイナル本州とサイルス島の二国土となっている。

+  地図
+  都市
 
Page Top

政治 anchor.png

ザイナル候が承認した首相が立憲君主制政治が行うよう、クシミニャール侯国憲法に定められている。
首相選定までには、国民投票の結果による与党の決定がなされる。第一党が首相任命権を得、六つの長官職任命権は各党の割合によって、協議決定される。
侯国政治の目的は「侯国の発展の為に全ての議員が協力すること」だと憲法に明記され、党や派閥による闘争を良しとしない風潮が存在する。

Page Top

政治体制 anchor.png

侯国の政治体制は、国民・官庁・統一議会・内閣・侯爵の五要素にまとめられる。
また、統一議会には現在、侯国党国民党進歩党の三党が存在する。

+  侯国政治体制の五要素
+  侯国の政党
+  警察国家時代までの政治体制
Page Top

人物 anchor.png

+  ザイナル侯爵家
+  現在の政治家
+  過去の政治家・その他
Page Top

外交 anchor.png

警察国家時代以前は弱小国であるため、受動的に外交関係を確立していた。
しかしながら、近年は侯国の高まる需要を満たせる資源国との外交樹立が多くなされている。更には、中進国の中核となるべく、先進国との外交樹立も多く行われている。

クシミニャール外交の大きな特徴は、ストリーダ王国との強固な絆である。
529年のウラン鉱開発から始まった両国の関係は、537年の外相会談や民主化後の多額の融資に至るまで、侯国の発展と共にあった。
侯国内では「クシミニャールの父」と呼ばれたり、支援物資の一般名詞が「ストリーダ」*4であったりとそのエピソードには事欠かない。

+  相互国家承認国
 
Page Top

軍事 anchor.png

かつては先進国最弱と言われたように、警察レベルの装備しか揃えていなかったが、国内の発展に伴い各種兵器を独自開発し、自国防衛型の戦略方針にのっとって軍備を調達している。

+  陸軍兵器
+  空軍兵器
 
Page Top

経済 anchor.png

クシミニャールの経済は、燃料輸出・工業製品輸出・国内商業の三つで支えられている。
更には建材輸出を目指すことによって、経済とフリューゲル世界を活性化することが目標である。

+  企業、団体
Page Top

文化 anchor.png

Page Top

概要 anchor.png

民主化以前は宗教上の理由を盾に、国内の腐敗を防ぐため、一切の海外文化、商品を市井に開放していなかった。
民主化後は海外文化の解禁や、外国人(在串ストリーダ人、亡命日ノ本帝国人など)の流入により、国内文化の興隆が見られる。

+  宗教
+  スポーツ
+  音楽
+  芸術
 
Page Top

報道 anchor.png

クシミニャールの通信社であるザイナル・エージェンシー(Xynal Agency、公営法人)は世界的に知られる報道機関である。大きな特徴として、他国のプレスに比べて海外報道も多く行うことが挙げられる。
詳細をここで語るよりも、記事を読むほうが早いだろう。設立時からザイナル人のエリートを集めており、その報道力には国内のみならず、海外にも大きな影響を与えている。

なお、侯国と国交を樹立すると何かしらの形でザイナル・エージェンシーの拠点が設置される。また、小売店で販売されていない場合、侯国大使館に行けば最新の新聞を購入することが出来る。

+  主な報道局
+  特選記事バックナンバー
 

*1 正式名は、ファイアリヒ連邦共和国とクシミニャール侯国に於けるウラン鉱開発支援協定案
*2 ヴェールヌイ労働党『労働者の勝利』(第1号567年1月)など
*3 ザイラン主義(Xyrancılık):クシミニャール侯国の地位向上の為、ザイナル人は出自を問わず、団結して侯国の発展に寄与し、諸外国の帝国主義に対抗すべきだとする思想。
*4 由来を説明すると右記の通りである。ストリーダ王国からの支援物資は、建国以来一貫して多かった。そのため、支援物資の多くには「STREEDA」と記載されており、これを見た侯国民が支援物資の呼称はストリーダである、と勘違いしたことに由来する。
*5 建国時、技官派遣によるアドバイスを頂いたことがある。
*6 タバコメーカー

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 2622, today: 1, yesterday: 2
最終更新: 2015-03-09 (月) 00:27:36 (JST) (1653d) by xymnl