util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...
Sort by Vote Ranking
2015 | 02 | 03 | 05
2014 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12
ザイナル・エージェンシー  クシミニャール侯国の公営通信社
7月 02 (水曜日) 2014
【貿易】建材代行をしていた国が次々と休止を発表!これからの侯国のビジョンは? 01:27   
 (538年2月28日、ベイオール、ザイナル政治報)次々と建材代行を行っていた国家が休止を発表している。数年前から無期限停止を発表していた昭栄国に続き、ティユリア連合王国も代行の停止を発表した。このことにより、建材代行をする国家は事実上0となった。

 早速新設されたエッカーマン市(註:仮称です)総合研究所に向かった。研究所のカーゼル研究員は次のように分析する。「そもそも建材代行というものは、その国にとってあまりメリットの無い『サービス』です。寧ろ、侯国の発展の為に代行して頂いたことを感謝しなければなりません。」

 しかしながら、今後の侯国の発展は確実に鈍化するし、新興国の影響は計り知れないものだろう。その対策案の一つは林業とのことだ。「滅亡した日ノ本帝国の偉大なる遺産が林業です。ここ数年は林業で一定の建材確保がなされています。」カーゼル氏も林業の推進には肯定的だ。

 「ですが、これからの建材は間違いなく戦略的物資です。」ならば、この後はどのようにしていけばいいのだろうか。

 「やっぱりFENAがナンバーワン!…という考えもありますが、やはり自国に建材工場は必要になると思います。加えて、外交努力も必要でしょう。幸い、我が国は新興国としてはダントツの成長率を誇っていますし、情報分析能力は先進国に引けを取りません。我が国と友好関係にあることがメリットになると思われれば、建材輸入もあり得ない話ではないと思います。」

 成る程、建材の確保に向けて努力は欠かせないことになりそうだ。建材を自前で入手できれば成長は約束されたものになるし、後発国の支援は侯国の義務だ。国際社会での地位向上の為のキーは間違いなく建材になるだろう。



[広告]SAProXでは更なる侯国の発展の為に、建材の輸入を希望しております。建材輸出が可能な企業様がいらっしゃいましたら、お手数をおかけしますが、ご連絡の程よろしくお願いいたします。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (62)
(1) 2 3 » 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.