util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

16 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...
Sort by Vote Ranking
2015 | 02 | 03 | 05
2014 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12
ザイナル・エージェンシー  クシミニャール侯国の公営通信社
2月 15 (日曜日) 2015
【国際】特集:CAMEの凋落とその将来 01:10   
・2月23日にクシミニャール侯国はノイエクルス自由国へ燃料支援を行った。

・ブリュノール崩壊以後、ヴォルネスクでの暴動などCAME圏で問題が相次いでいる。

・CAMEの解散は考えにくいが、有力国である大幹・石動が圏外への結びつきを強くしており、連帯意識は薄れていくだろう。

(576年2月28日、京城、国内報)2月23日、クシミニャール侯国献酌府は昨年行われたタヂカラオへの支援に引き続き、ノイエクルス自由国への燃料支援を行った。量は10億galとし、政府機能が鈍っているタヂカラオへの燃料支援も継続する意向である。

 ノイエクルス自由国へはオセアニカ・アースガルド戦争終結に関する「大祖国戦争終戦60周年記念式典」での出席で関わりがある。しかしそれ以上に貿易申込に対する不親切な対応や国交樹立申込みへの無視など侯国とは良好な関係ではない。献酌府職員は「あまり良いイメージは無い」とザイナル人特有の陰険さを滲ませつつ支援に踏み切ったようだ。侯国の外交方針である「交易秩序の守護」が大きな決め手になったと記者は推測する。

 このところ、CAME圏(写真は共同体旗)の凋落が著しい。574年7月のブリュノール共和国崩壊に引き続き、同時期からのヴォルネスクにおける民衆暴動、575年2月の自由国による石動への取引拒否などCAME国内では問題が相次いでいる。平時では声明を行わない南瓜共和国もブリュノール共和国崩壊を受け、既存の声明を無言に変更した。その後「産業政策の方針転換が急務」であるとし、CAME圏外のヴェールヌイ社会主義共和国へ接触、造成のための石材を輸入した。献酌府職員も「ヴェールヌイで初めて南瓜人を見た」と(大変失礼な表現だが)恐竜でも見たかのような表情で語った。

 特にヴォルネスク社会主義共和国の衰退はフリューゲル世界においても大きな問題であろう。当国は数年前まで先進国に位置し5000万規模の人口を有していたが、ヴォルネスク人の幸福度が南西ヴォルネスク並にまで下降し、亡命や暴動が多発していた。結果、新興国以下にまで国家水準が下がってしまい、ノイエクルス連邦への吸収も現実的になってきている。

 ヴォルネスクはFSIの中でも古参社会主義国として大きな影響を与えていたが、今回の一件やノイエクルス連邦編入の可能性までも取りざたされてしまうと、発言力は大いに削がれるだろう。ここ数年社会主義国が増え、FSIの重要性が急上昇していることを考えると逸失した利益は大きい。エッカーマン総研のイレーリ研究員は「今後FSIの指導的立場は香麗かレゲロ、或はヴェールヌイになるでしょう」と予測している。

 編入しようとしているノイエクルス自由国の経済も好調ではない。燃料危機だけでなく、銀の遅配まで発生している。恐らく当国でダブついている鉄の鉱山をウラン鉱山に変換することで対応するだろうと予測するが、ノイエクルスの不況は今しばらく続くと考えられる。

 外交も低調気味で、ブリュノール共和国の穴を埋める国家がCAMEに現れるとは考えにくい。とはいえ、CAMEは解散まではしないと考えられる。CAME各国はオセアニカ・アースガルド戦争の「戦友」としての互助組織意識が極めて強い。特に外交の活発な大幹帝国や、内乱中とはいえ伝統のある石動第三帝国の存在はCAMEのみならず、フリューゲル世界の中でも際立っているといえるだろう。しかし当該二か国は近年圏外取引を活発化させるなど、非CAME圏との関係強化を模索している。絆が強いといえど時間と現実が徐々に風化させ、かつてはFENAと並び立っていたCAMEを有名無実化させていくのだろう。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (2)
(1) 2 3 » 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.