util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...
国名エルツ共和国(République ertz)
国旗
[添付]
首都エルツテリア
最大都市ハーグ(7,10)
元首永世大統領ノルベルト・エル・ビルケンシュトック
公用語エルツ語・アルドラド語
統一国家建国フリューゲル期517年6月
開国フリューゲル期577年4月
国の標語一つの国家 一つの民族 一人の王
通貨エルツダラット
人口6750万人(577年現在)

554年エルツ帝国より国体変更

Page Top

政治 anchor.png

庶民院、貴族院、教督院の三院制。

庶民院624議席(578年第8回庶民院結果) 与党NESP

政党名党首イデオロギー議席増減
エルツ国民党(ENP)アナトール・ブリアン中道右派129↓70
キリスト教会(ECC)アロイス・ブロー中道右派11↓10
エルツ保守党(ECP)アルバート・フォン・ダウエンブルク保守派89↑43
国家社会主義エルツ労働党(NESP)ヘルフリート・ヴィルフェルト極右281↑20
緑の党(GP)オイゲン・フォン・ブリューニング保守派10↓3
エルツ自由党(EFP)オスカー・エングホルム中道左派9↓18
エルツ労働党(ELP)パスカル・サン=サーンス左派95↑38

貴族院60議席(第8回貴族院結果) 与党国粋派

政党名党首イデオロギー議席増減
国粋派アルバート・フォン・ダウエンブルグエルツ派10↓14
商会派エトヴィン・フォン・レプシウスレゴリス派21↑10
王国派オイゲン・フォン・ブリューニングエーラーン派12↑2
連邦派シャルル・フォン・ツェーリングアルドラド派17↑2

教督院(第1回教督院結果)20議席

政党名党首イデオロギー議席増減
エルツキリスト同盟ヨーゼフ・オルロープ保守派8↓1
ゾロアスター同盟バルナバス・フォルトナー中道左派6↑1
エルツ改革同盟ベルナール・ジョアンノー中道右派6
      政策スライダー     
民主的--◆----独裁的    
政治的左派-----◆-政治的右派
開放社会-◆-----閉鎖社会  
自由経済-◆-----中央計画経済
常備軍-----◆-徴兵軍    
タカ派---◆---ハト派    
介入主義---◆---孤立主義  
Page Top

地理 anchor.png

Page Top

主要都市 anchor.png

ズオーレ(13,8)
エルツ最初の現代型都市
ハーグ(7,10)
連邦裁判所のあるエルツの司法の集結地
アルンヘム(17,12)
之と言った特徴はない
ブレダ(9,12)
エルツ科学研究所がある。
ウェストブルク(1.8)
エルツ西部開発の中心地。
グロリアーナ学園(6,7)
恐らく世界最大の学園都市。レゴリス、クシミニャール、ストリーダ、アルドラド、エーランの留学生が多い。
ウェストファーレン(12,11)
2代目
オルベリオ(4,9)
2代目。共和国の3つの議会がある。
アフトクラトル(2,11)
神の街である。
ケールン(16,9)
ケールン大聖堂は街のシンボル。
アナトリア(15,14)
何もない。しいて言えば隣接する工業都市アルセイユが有名。
リールーズ(3,6)
エルヴァシウス家の宮殿がある町「王の街」とも。
フロウリオ(11,6)
水の都。海峡の街である。
ティルブルフ(13,15)
旧帝国の象徴であり、様々な学府、企業が集中するも現在は巨大隕石によりその機能はズオーレが担いつつある。
アイントホーフェン(11,18)
森の都。帝国南部地域の中心地

Page Top

外交 anchor.png

Page Top

締結している条約 anchor.png

エーラーン教皇国とエルツ帝国連邦との間の安全保障条約
エルツ=アルドラド相互援助条約
レゴリス帝国エルツ帝国連邦との間における不可侵条約

Page Top

関係国 anchor.png

国名友好度特記事項

・現存する国家

エーラーン教皇国親密学生交流・安全保障条約・SLCN
スオミ王国普通
レゴリス帝国親密油田開発協定・学生交流
ミッドガルド帝国友好的王室的関係・商品貿易
ストリーダ王国友好的学生交流
アルドラド帝国親密王室の婚姻・燃料貿易・学生交流
ガトーヴィチ帝国普通銀貿易
大幹帝国普通
フリュー第2帝政友好的鋼鉄貿易
コンビョーゾ王国普通
成蘭連邦王国普通
ティユリア連合王国普通
長州国友好的商品貿易
神桜帝国普通
クシミニャール侯国友好学生交流
ベルサリエーレ王国普通食糧貿易?
ノホ・ヘレコ連邦友好的鉱山開発援助
フランドル・フランセーズ共和政府友好的食糧貿易
アジノーチカ共和国普通
テークサット連合友好的鉱山開発援助
ヴェールヌイ社会主義共和国普通社会主義国家?

・現存しない国家

ドクツ第三帝国普通国交断絶
イタリン共和帝国普通
オストマルク帝国友好的
シベリア共和国連邦聖母学生交流
ファイアリヒ連邦共和国普通
佰愿神社領佰愿諸島普通
アプゾリュート連邦共和国普通
サザンベルク公国普通
コルツ王国普通
黒猫帝国普通
Page Top

経済 anchor.png

Page Top

国営企業 anchor.png

ロッテルダム工廠
軍事兵器製造を主な仕事とし軍艦製造もおこなう

エルステルダム工廠
陸上兵器の大規模生産を行う工廠
工廠を背景にニュータウンが建設される。

グロリアス工廠
軍艦の建艦を主に行う国営工廠
国内最大のドックをほこる

Page Top

私営企業 anchor.png

私営企業はほとんどが軍産複合体制のロッソ財閥とグスタフ財閥、金融のラウニエ財閥、小売りのキー財閥、資源のシュルンベルジュ財閥が支配している。

Page Top

ロッソグループ anchor.png

ロッソシュタール社を本拠とした鉄鋼系資本家財閥金融に強い
現当主はアルフォンス・ロッソ氏

ロッソシュタール社
鋼鉄の鋳造を行い工業用品及び車両製造会社
ロッソ製のトラクター「ロッソM@ster」は国内で大人気

ロッソ銀行
エルツ初の銀行会社。 
国内最大の資本保有量を誇る

エルツホームダイレクト
エルツ2番手の保険会社
個人というより企業向けの保険会社

Page Top

グスタフグループ anchor.png

シュコダ社を本拠とし製造業に定評がある
現当主グスタフ・フォン・ハルバッハ氏

シュコダ社
鉄鉱山の利権を一部持っており、鉄鋼精製からそれを利用した食器製造まで行う
ズィーメント者とも技術提携をしており、半官企業である

グスタフツール
エルツ国内最大手の家具製造会社
その厳かでかつ絢爛な家具は貴族にも人気

エルツ中央銀行
エルツ政府の後押しを受ける政府公認銀行
利子が高いことで有名

シュコダ鉄道
しゅっぽっぽー。

グスタフ・ストアーズ
タバコ・酒の独占販売。および弁当などを販売する卸売品製造最大会社

Page Top

ラウニエグループ anchor.png

エルヴィンロイヤル社を本拠とする国内最大の財閥
旧王族だけあって幅広く展開する
現当主はマウリッツ・フォン・ラウニエ大公

エルヴィンロイヤル社(ER)
エルツ最大の保険会社。高い!やばい!安い!
がモットー

エルステル川書店社
国内2番手の通信社 
新聞、書籍出版が主でエルツ通信社との直接対決を避けている
ラウニエグループ傘下

エルツロイヤルバンク(ERB)
企業とやり取りすることが主な銀行
ラウニエグループ傘下

ロイヤルブラザーズ(RB)
個人との取引が多い銀行
ラウニエグループ傘下

ロイヤル・ヴェートラン社(RV)
製薬会社。軍人にも投与される『強くなるお薬』が大人気
ラウニエグループ傘下

Page Top

キーグループ anchor.png

キーホールディングス社を本拠とする小売業に強い財閥
現当主はラシェル・グランデ氏

リライト社
食料品販売最大手 国内シェア80%の大企業
『愛のひと手間』というリライト社独自の製法で作られた弁当は国内でも人気

リフレイン社
都心部で存在感をあらわにしている小売りチェーン店
24時間営業を行うことが売りだが国内にまだ20店舗程度しかない

アートビーツ社(AB)
芸術品と呼ばれるインスタント食品製造会社
大人気製品「ドッキンラーメン」は母親の味らしい

クラナドマート社
飲料品製造会社
くーとスッキリ「キィジュース」。

Page Top

シュルンベルジュグループ anchor.png

シュルジュリミテッド社を本拠とする資源を独占する財閥
現当主はテランス・シュルンベルジュ

シュルジュリミテッド社
燃料採掘や鉱山開発を行う会社。
エルツの2大鉱山そのどちらもの採掘権を持つ

エルツ運輸社
国内最大の輸送会社で国内シェア80%を占める

ユルレヒト製薬社
エルツ国内2位の製薬会社

Page Top

その他 anchor.png

エルツ通信社
国内最大の情報通信会社 国民の90%はエルツ通信をとっているほど
中立性を重視する会社

メッサーシュヒット社
飛行機をはじめとした多様な製造会社
自前の滑走路を持っており製造からパイロットの訓練までいろいろしている。
空軍と専属契約をしているが民間航空機も作る。
戦闘機【bfシリーズ】爆撃機【BBシリーズ】 民間機【nfシリーズ】

アイドルメタル社
ロッテルダム工廠から分離独立した火砲製造会社
共和国一の火砲製造技術を持っており、代表作は戦車砲の『100mm A44』

M・M社
若者の間で人気なファッション企業

BM社エルツ支社
世界最大の石油会社BM社のエルツ支社である。

Page Top

教育 anchor.png

国内には国立エルツ科学研究所と国立ユルレヒト大学という二大学府がある。
理系な科学研究所と文系なユルレヒト大学ということで両者で対立している。
最近私立のエルトウェルプ大学が台頭して生きているおかげで両者の対立は小さくなってきている。

文務卿エーベルタイン子爵の要望で国内の予算が近年増えてきている。

Page Top

グロリアーナ学園都市 anchor.png

[添付]
文学、各国言語学、歴史学、地理学、哲学、教育学、心理学、芸術学、社会学、法学、政治学、経済学、工学、理学、医学、薬学、歯学、機械工学、電気工学、環境学といった様々な学問を教える総合学科を持つ学府

生徒数は10万人程度
中学生から大学生まで幅広い年齢がいる。学園のあるメガフロートで一つの都市を形成しており学園都市と呼ばれる。
世界各国から様々な留学生を受け入れる。
レゴリスからも書物を集めたグロリアーナ中央図書館の蔵書量は圧巻。

アルドラド帝国からクリスティアーネ・ビルケンシュトック第一皇女が留学している。
レゴリス、エーラーン、クシミシャール、ストリーダ、シベリア、ドクツの各国から留学生が来ており、シベリア共和国連邦の指定留学校となっている。
[添付]
学園の一部

Page Top

エルツ科学研究所 anchor.png

[添付]
医療、軍事、数学、物理学等理系のことを研究する学府。ブレダ(11,11)にある。
『理性の学府』と呼ばれる
在校生は3000人程度でエリート志向が強い。
貴族はそのうち数%と少なく実力至上主義な傾向。

Page Top

ユルレヒト大学 anchor.png

[添付]
文学、政治学、経済学、世界史学などを学ぶ文系学府。テイルブルフ(13,15)にある。
『人情の学府』と呼ばれる
校舎は全体がレンガで作られたゴシックなどの西洋風建築のすべてが施されており、大変美しい。
在校生は2万人近く。半数が貴族という貴族の学校でもある。
国内の著名な政治家はこの学校出身。
エルツ最大の図書館がある

エーベルタイン一族の通う大学として有名

Page Top

エルトウェルプ大学 anchor.png

[添付]
文学、法学などの文系学科に美術や音楽などの芸術系の学科もある総合大学。ケールン(16,9)にある。
520年にアリアーネ王女が設立した私立校
『自由の学府』と呼ばれる。

比較新しい大学だけあってその建物は西洋風建築と現代風を折半しており大変独創的
王室から図書を移転してきて国内第3位の図書館がある。(第2位はクレントフェル宮殿図書館)

Page Top

軍学校 anchor.png

エルツ王立陸軍士官学校
学校長フロラン・アフネル元陸軍少将
エーラーン様式で他の下士官や兵士とは隔絶されたまさにエリート将校の育成学校である
入学資格・裕福な家柄でかつある程度の学力を有するもの

エルツ王立海軍士官学校
学校長レオンハルト・フォン・ハイムゼート元海軍少将
練習艦として旧式レゴリス艦4隻と帆船5隻を保有
レゴリス様式で実際に兵士や下士官としての訓練を受ける
入学資格・裕福な家柄かつある程度の学力を有するもの

Page Top

共和国軍(Reichswehr) anchor.png

[添付]
軍旗
[添付]
共和国軍最高司令部三役
共和国軍総司令官軍務卿アラート・フォン・ログナー大公爵(バビロン王)
軍務局長テオドール・フォン・ローン伯爵上級大将
参謀総長ヘルムート・フォン・シェリーフェン陸軍上級大将
Page Top

陸軍(Reichsheer) anchor.png

最高司令官参謀総長ヘルムート・フォン・シェリーフェン陸軍上級大将
人員110万人
特徴保守的人物が多いことで有名

主力兵装:レゴリス製

Page Top

海軍(Reichsmarine) anchor.png

最高司令官海軍総司令ニクラス・フォン・ウルブリヒ海軍大将
人員12万3000人
特徴権威主義者が多く、革新主義者も少なからずいる

主艦船:レゴリス製

Page Top

空軍(Reichsluftwaffe) anchor.png

最高司令官空軍総司令ファビアン・ヴィアラット空軍少将
人員26万人
特徴自由主義

主力兵器:レゴリス製

Page Top

貴族 anchor.png

Page Top

エルヴァシウス家 anchor.png

当主ウィレム・ヘオルヘ・フォン・エルヴァシウス 528~
現在エーラーンにてゾロアスター教の司祭となっている

Page Top

ラウニエ大公爵家 anchor.png

当主マウリッツ・フォン・ラウニエ 521~
ラウニエグループを取り仕切る一家

Page Top

ナッサウ大公爵家 anchor.png

当主マリア・フォン・ナッサウ 516~
大統領を支える宮内府を司る家

Page Top

三大公爵家 anchor.png

Page Top

ダウエンブルク公爵家 anchor.png

当主アルバート・フォン・ダウエンブルク 511~
当主は貴族院国粋派とエルツ保守派の党首であり、貴族院議員

Page Top

ベザリウス公爵家 anchor.png

当主ジークフリート・フォン・ベザリウス 515~
騎士の家柄で他の貴族家らに頼られている。

Page Top

ツェーリング公爵家 anchor.png

当主シャルル・フォン・ツェーリング 516~
党首は共和国宰相
エルヴァシウス家へ絶対の忠誠を誓っている

Page Top

他貴族家 anchor.png

Page Top

エーベルタイン侯爵家 anchor.png

当主ジル・マルセル・フォン・エーベルタイン 511~
アンヌ=マリー・テレーズ・エーベルタイン 519~

Page Top

パシェン家 anchor.png

当主ヨハンネス・パシェン[元国務卿、財務卿] 506~
エルヴィン・パシェン


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 869, today: 1, yesterday: 1
最終更新: 2015-03-18 (水) 09:42:40 (JST) (1583d) by erutu