util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...

概要 anchor.png

 神道とは、東方地域の日系民族の間で信仰されている多神教である。

Page Top

地球時代の神道 anchor.png

 フリューゲルにおける神道の源流である地球時代の日本国の神道は、古代日本のアミニズム信仰に端を発する自然信仰を楚とした多神教である。発生以降仏教に押されつつも日本国における重要な祭祀として重視され、「神仏習合」「本地垂迹」の概念のもと次第に仏教と融合していった。明治維新を経た大日本帝国の近代国家体制においては、日本国天皇を最高祭主とする国家神道が推進され、それに伴い仏教と神道との明確な分離が図られ、神道を日本の国教とする試みが強力に図られたが(これを国家神道という)、深く国民に根付いた仏教を押して全日本人を純粋な神道徒とすることはできなかった。ただし葬儀などを仏教式で行いつつも、新年には神社に「初詣」に参詣する、職場に神棚を祀るなどの、仏教と共存した緩やかな神社信仰は多くの日本国民の間に受け継がれ、これはフリューゲルに移り住んだ日系民族にも受け継がれることとなる。

Page Top

記紀神話 anchor.png

 記紀神話とは、「古事記」「日本書紀」などの上古日本の古文書で語られる、日本国及び日本天皇家の起源説話を指した言葉である。それによれば天皇家の祖神は太陽神「天照大御神」の末裔とされ、そのため日本の国家神道における最高神は「皇祖」天照大御神とされている。

Page Top

諸宗派 anchor.png

Page Top

秋津神道 anchor.png

 大凡日本神道と同一と考えられているが、記録資料が殆どなく詳細不明。東方地域に住む秋津人達に信仰される。

Page Top

佰愿神道 anchor.png

 秋津神道からの派生の一種と考えられる。佰愿神社を中心とし、それを神主*1が取り仕切る。神主を務める東風浦一族は武御凪方神の末裔とされる。また、副神主とも言える神修(かんのおさ)が存在し、杜射神の末裔とされる森矢氏が務める。しかしながら古い神話等によると佰愿神社は元来杜射神が支配しており武御凪方神は外部から来た神のようである。

Page Top

石動神道 anchor.png

 石動民族の間で信仰される神道。天照大御神を皇帝家の根本の祖神「大皇祖」、石動楚々日百戸姫尊(いするぎそそびのももとひめのみこと。原型は岡山神社の祭神、倭迹々日百襲姫命)を皇帝家の祖神「皇祖」とする、二重最高神による国家神道を形成している。石動第一帝政期には国教として強力に信仰が奨励されてきたが、昨今では仏教に押され気味。
 同国の宗教学的立場に於いては、記紀を教典として重んじ、そこに登場する八百万の神々の本来の姿を尊重する傾向が強い。石動海軍の艦艇が伝統的に記紀神話の神名を冠している(最近では上古の皇族や英傑の名を付ける場合もある)のも、これらの神々の加護を得て武運を高めようという観念からであり、日本中世の武士の八幡信仰にも通ずるところがある。

Page Top

日ノ本神道 anchor.png

(編集中)

Page Top

龍鮮神道 anchor.png

 古龍鮮の建国者「丹君聖王」を国祖神と仰ぐ信仰。
もともと民間信仰のようなもので、体系化された宗教ではなかったが、秋津領和寧州時代(秋帝時代)に秋津皇国が龍鮮神宮を創建し神道様式で丹君を祀ったのが発祥である。
龍鮮古来の礼教の影響が強い。また、京城につくられた龍鮮神宮は「丹君聖祖廟」と名を変え現在も残っている。

Page Top

イタリン神道 anchor.png

 イタリン共和帝国に古代から代々伝わる神道でイタリンの建国者ムッチリーニ・ベニスを本尊として崇拝している。
元々一神教であったが最近は様々な神を崇拝するようになり、現在では社会主義的前衛宗教として教義の改造が行われている。

Page Top

エルツ神道 anchor.png

 記紀神道を元としており、啓典として『古事記』『日本書紀』を絶対としており原点回帰、古典派と呼ばれる。
しかしキリスト教の神=天照大御神という解釈がなされており、神道キリスト教などのエルツにある様々な宗教が複合されており
最早別の宗教とも取れる。
 最高神としては太陽神である天照大御神がいる。それに使える皇帝家エルヴァシウス家の当主は天照の帝と呼ばれ、これも信仰の対象として『光帝』として崇拝されている。
その歴史は古く、いったいどこから派生したのか、元からエルツにあったのかは不明。
現在エルツにおいて神道に関するもっとも古い本は『光る帝物語』である。㊟この書籍が神道と関連性があるのかと言う議論も一部ではある。
宗教としてと言うよりはエルツでは、エルツ人の生活の根底にあるといった様子で国内最大の宗教エルツキリスト教やエルツゾロアスター教に表面的にみると信徒数では劣る。


*1 海祝、うなはふりとも

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 738, today: 2, yesterday: 0
最終更新: 2014-06-26 (木) 17:03:44 (JST) (1789d) by isulugi