util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...

ガータ・ベルンダ第二帝政 anchor.png

フリューゲル暦554年1月、正式に鎖国解除を宣言し国際社会の表舞台に立った国家。

Page Top

ガータ・ベルンダ帝政記 anchor.png

前史・近代史・現代史から成る。
 

Page Top

前史 anchor.png

かつてはフリューゲルの原住民による帝政国家であり、一時期は地域大国として認識されていた時期もあったが、夷狄と呼ばれる北方・東方の騎馬民族に脅かされていた。
第一帝政期の皇帝直属軍は当初騎馬民族相手に勝利を重ねていたが、最後の大会戦と目されていた戦い(ミティリーニ会戦)で大敗を喫し、その後は敗退に敗退を重ねた。

+  ミティリーニ会戦

また皇帝一家と帝国諸侯による農民に対する苛烈な搾取が原因で、全土で農民蜂起が発生し、農民が騎馬民族を解放者として迎え入れたことで退路を断たれた各地の帝国軍も騎馬民族に降伏し、戦況は一気に夷狄の優位へと転じ、遂には帝都が陥落。

皇帝一家は夷狄と農民によって暴行された末、処刑される結果となったが、西方貴族による臨時政府が成立したことで全土喪失を避ける事に成功した(カルディツァの屈辱

Page Top

近代史 anchor.png

50年もの間、夷狄との一進一退の戦いを繰り広げたが、フリューゲルから入植したオーストリア系地球人の助力により、帝国軍は急速に近代化。
高度に機械化された帝国戦車部隊が夷狄の騎馬部隊を蹴散らし、フリューゲル暦66年には帝都カルディツァを奪還した(帝都開放。この時、解放記念門が建てられた)。帝都奪還後は夷狄との戦いが一段落したことで情勢が安定するかに見えたが、戦後処理を巡り、共和主義者と帝政主義者の間で武力衝突が発生した(カルディツァの兵乱、共和主義者が帝政主義者の拠点を襲撃した)

共和派と帝政派による内戦は当初、共和主義派が戦局を優位に進めていたが、騎馬民族との戦いを終えた帝国戦車部隊が帝政派に味方したことで共和主義派は敗北したが、帝政派と共和派は帝政派が共和派に議会設立を約束することでそれ以上の戦いを避ける事に合意。
帝政派は第二帝政の成立を帝都で宣言し、初代皇帝には処刑された皇帝一家の末裔(血族)であるフォイエルバッハ家のループレヒト・ウィズ・フォイエルバッハ(ループレヒト1世、Ruprecht I,在位:フリューゲル暦67年 -108年。ループレヒト大帝 )が即位した。

Page Top

現代史 anchor.png

フリューゲル暦108年~549年の間、帝国の安定期が続いていたが、国内経済の停滞とフリューゲル諸国との技術差が明るみに出ると皇帝の権威は失墜。期せずして第15代皇帝にして初めての女性皇帝として即位したメヒティルト・ウィズ・フォイエルバッハ(メヒティルトI世、Mechthild I,在位:フリューゲル550年 - 現在)が歳若いこと、女性であることから帝国諸侯も中央の命令に従わなくなり、再び混迷期に突入するのではないかと一時緊張状態となったが、メヒティルトI世がフリューゲル暦554年に発布した鎖国解除令により、国内経済が好転。以降、民衆、とりわけ資本家・労働者階級の支持を得たメヒティルトI世による安定した治世が続いている。
 

Page Top

政治 anchor.png

Page Top

皇帝 anchor.png

+  歴代皇帝

帝国の最高権力者にして国家元首である存在。第一帝政期はファウルシュティヒ(Faulstich)家の長子が代々皇帝位を継いでいたが、第一帝政期第51代皇帝フェルディナンド・ウィズ・ファウルシュテイヒ(フェルディナンドVII世、Ferdinando VII,在位:紀元前42年 -7年)が夷狄に殺害され、皇帝一家も殺害されたためファウルシュテイヒ朝は断絶した。

フォイエルバッハ朝はフェルディナンド7世の従兄、第一帝政期には大公位に在った人物の孫にあたるループレヒトI世の直系により代々皇帝位が世襲されてきた。

Page Top

帝国議会 anchor.png

貴族・富裕層・聖職者・軍人が主体の貴族派閥と労働者・農民・左派進歩的知識人が主体の革新派閥の二大派閥が議席の殆どを占めている。貴族院(定数55)と公議院(定数368)の二院制。ただし選挙が実施されるのは公議院のみで、貴族院は世襲貴族の議員により構成される。

+  各派閥の特徴
Page Top

帝国政府 anchor.png

帝国政府は宰相以下各省の大臣によって構成され、宰相は公議院第一党の党首が皇帝によって任命される。
各省の大臣は宰相が指名し、皇帝がこれを認可することで初めて帝国政府が組織される。

閣僚は議員、若しくは帝国議会と皇帝の承認を得た民間人でなければならず、国防省の傘下機関である国防三部・鉄道局の長が軍人である以外に、例外は認められていない。

+  メヒティルトI世下・第一期内閣:フリューゲル暦550年 - 現在
Page Top

地理 anchor.png

Page Top

中央リオシア地方 anchor.png

帝都カルディツァ(11,13)を中心とする地方。経済都市カヴァラ(8,13)、国内最大級の採石場であるベレイア採石場(4,13)などがある。
北東には穀倉地帯であるキフィシア地方があり、南東には中央リオシア地方に次ぐ経済規模のレコスヴィーリャ地方がある。

+  帝都カルディツァ
+  現代近郊都市ティラスポリ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 541, today: 1, yesterday: 1
最終更新: 2014-10-26 (日) 14:49:05 (JST) (1942d) by Belunda