util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 23

もっと...
Sort by Vote Ranking
2015 | 02 | 03 | 05
2014 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12
ザイナル・エージェンシー  クシミニャール侯国の公営通信社
6月 30 (月曜日) 2014
【国際】日ノ本影武者事件の真相は如何に?献酌府(外務省)に独占取材! 21:34   
 (537年12月16日、ベイオール、国内報道)政府の毅然とした態度によってこれまで、クシミニャールは様々な国際問題を克服してきた。しかしながら、一枚の旅券を巡って我が侯国もスキャンダルに巻き込まれようとしている。

 事の発端は日ノ本帝国の滅亡と、それに伴う帝室亡命である。サクラ陛下がクシミニャール侯国に訪問する予定になっていたため、クシミニャール侯国に亡命しているのではないかという噂が流れた。しかし、サクラ帝以下日ノ本帝室はレゴリス帝国に亡命していた。

 このことに対し、「友邦の帝室も保護できなかったのか」と、中立姿勢を守った与党、特に右派政党である侯国党の支持率が下がっている。党首でもあるレモン・ペレルマン首相は「シベリア共和国連邦経由で影武者を亡命させ、帝室の保護に貢献した。」と答えた。

 この唐突な発言は他国に波及した。537年12月にシベリア共和国連邦が侯国政府がパスポート偽造に加担したのではないかと主張したのだ。このことについてジェネロジーテ献酌府長官(以下献酌官)は「何故我が国が偽造したことになるのか、証拠提出を求む」と答えた。

 ザイナル・エージェンシーは献酌府にこの詳細を聞いたところ、次の回答を得た。

・(Q.経緯を教えてください)首相が日ノ本帝国政府よりホットラインで亡命の為の影武者を出すこと、その影武者は中立第三国であるシベリア共和国連邦を経由させる旨の連絡を受けたと聞いている。この時点で、首相はシベリア共和国連邦政府の承認を得た要請だと考え、承認した。また、日ノ本帝国政府の公式な連絡だと考えたようだが、そうでない可能性が有る。

・(Q.その行動は、中立国として相応しい行動なのでしょうか)首相が我々なり献酌官なりに話を通せばこのようなことにならなかったと思います。

・(Q.偽造疑惑について教えてください)まず、献酌府はこの件に関わっておりません。ですので、言うなれば我々もその偽造旅券に騙された恐れがあります。現在シベリア共和国連邦政府同様調査中です。

・(Q.シベリア共和国連邦へのアクションは何かありますか)先方からの連絡待ちです。我が国からは「本件において我が国は不正を行っておりません」とお伝えしております。

 兎にも角にも、今回の日ノ本帝国滅亡は我が国に大きな影響を与えた。諸外国は呼ばないようであるが、来年には建国十周年記念式典が行われる。なんとしても穏やかに執り行いたいのが、政府の本心であろう。



※画像は入国審査のイメージです。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
(1) 2 3 » 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.