util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

6 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
Sort by Vote Ranking
2019 | 04 | 05 | 07
2018 | 03
2017 | 01 | 07
2016 | 01 | 05 | 06
2015 | 03 | 05 | 06 | 08 | 10 | 12
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12
2012 | 03 | 12
2011 | 01 | 04
2010 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12
ハイネセル・タイムズ  レゴリス帝国最大の発行部数を誇る有名新聞。発行者はレゴリス総合報道。
4月 25 (木曜日) 2019
【政治】帝国議会上下院にて併合条約批准が否決されるほか 01:45  レゴリス帝国 
【政治】帝国議会上下院にて併合条約批准が否決される。政府は2度目の批准動議の発議を即実施

 レゴリス帝国議会上院及び下院は3月30日、ほぼ同時で帝国政府が発議した『レゴリス帝国によるセニオリス共和国併合条約』の批准動議について採決を行い、結果として上院は賛成137・反対163、下院は賛成271・反対329で両院共に否決される結果となりました。規定では批准動議は上下院共に3分の2以上の賛成を以て可決となると定められており、本採決ではそれに届かなかった事になります。

 これに対して帝国政府は規定に基づき2度目の批准動議を帝国議会両院に即発議しました。発議が2度目の動議が両院で否決された場合、動議は廃案となるとされており、批准阻止を狙う野党各党、そしてあくまで批准を通したい帝国政府の攻防は遂に正念場を迎えそうです。



【政治】併合条約批准を巡る攻防、激化の一途を辿る

 831年9月28日に突如として発表されたレゴリス帝国によるセニオリス共和国併合条約に端を発する議会での一連の攻防は激化の一途を辿っています。

 まず啖呵を切ったのはレゴリス社会民主党でした。同党党首の新井田翔子上院議員は上院にて批准動議に関する審議が行われると同時にリーゼロッテ・ヴェルトミュラー総統への弾劾決議を提出。ほぼ同時に下院でも同様のものが提出され、審議は一旦止められ弾劾決議の審議が始まりました。

 審議に於いて新井田上院議員は「ヴェルトミュラー総統曰く、自らの寿命が尽きかけており、それ故自らが総統在任中のうちに問題を終わらせたかったが為にこの時期の発表及び調印に至ったと仰られている。なるほど。確かに美談には見えるだろう。だが別の視点から覗くと、ある事実が浮き上がってるくる。つまり自らの都合を理由に国際的にも国内的にも多大な影響がある条約締結を、国民との合意形成も、同盟国等への事前説明もせず強行したという事実が!それらを行わなかったからこそ今の国際・国内の混乱があるのである」とした上で「彼女を始めとした政府の暴走を止められなければ、行き着く先は帝国の国際的な影響力・信頼性の失墜であり、それは既に現在進行系で進みつつある。最早一刻の猶予も無い!」と述べ、弾劾決議への理解を求めました。

 これに対してレゴリス保守党の大和田顕上院議員は「ヴェルトミュラー総統が命懸けで決断された事をそこまで批判するのは結構だが、既に調印は行われている以上、最早調印前まで時計の針は戻すことは出来ない。」とした上で「政府は国際社会の理解を得られるよう必死に説明義務を果たそうとしている。先程政府から要請があった併合に関するレゴリス・セニオリス間の協議の外交機密指定解除手続きが正にその証左だ。その最中に背中から銃撃するような真似を我々は出来ない!」と反論しました。

 結果として弾劾決議は与党であるレゴリス保守党の反対により上下院共に否決されましたが、前述の新井田上院議員の演説以降、保守党内でも異論が爆発的に噴出し、離反者が少しずつ出てくるようになりました。

 また、批准動議の審議に於いては、ゾロアスター民主党代表のレオノーラ・ヘンネフェルト上院議員が「我が党はレゴリス保守党と緩やかな連帯を同党が政権に復帰して以降維持し続けてきた。だがそれも終わりの時が来たようだ。」と述べレゴリス保守党との連携を切ることを宣言し、保守党内での動揺が激しいものとなりました。

 批准動議の成立には3分の2以上の賛成が必要であり、現状過半数の議席しか保有していないレゴリス保守党が批准動議を成立させるにはゾロアスター民主党の協力が必要不可欠です。それをゾロアスター民主党側から切られた為です。

 批准動議の審議が打ち切られ、上下院同時で採決が行われましたが、結果として両院共に否決され批准動議は成立しませんでした。採決に際しては保守党内から党議拘束を破る離反者が両院合わせて数十人出る事態となっています。

 特に鉄の結束で知られる党内派閥の帝国の正義と自由に所属する一部議員も離反した事実が判明しており、党内の動揺は更に激しいものとなりました。一部議員は保守党離党からの新党設立も視野に入っている模様で、保守党の分裂が現実味を帯びてきています。



【お詫び】誤報についての謝罪

 弊紙は2月15日に『【政治】エイプリル外相、併合条約調印の報を病床で聞き卒倒。意識不明の重体に』という記事を国際共同ニュースに掲載しましたが、正しくはエイプリル・ヴォルケンアンザムルング外相ではなく、ヴァルター・ディットリヒ副総統兼内相でした。ここにお詫びして訂正致します。





その他のトピックス

【国際】レゴリスによるセニオリス併合に対する各国の反応

【国際】普蘭合衆国による併合に関するレゴリス・セニオリス両国への追求続く「同盟国とは思えない発言が飛んできて頭を抱えている」高官談

【国際】セニオリス共和国、未だ併合に関する説明せず。「我が国はハムレットをセニオリスに演じさせられているのでは?」高官談

【社会】セニオリス共和国併合に関する世論調査を実施。賛成が34%、反対は60%。どちらでもないは6%

【経済】セニオリス併合へのショックから各証券取引所で株価の急速な下落が始まる。「セニオリスリスクが顕在化した」専門家談

【社説】セニオリス併合は帝国が積み重ねてきた様々なモノを破壊し尽くす愚行の極み





発行日:832年4月初旬(29962期)
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 » 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.