util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

10 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
Sort by Vote Ranking
2019 | 04 | 05 | 07
2018 | 03
2017 | 01 | 07
2016 | 01 | 05 | 06
2015 | 03 | 05 | 06 | 08 | 10 | 12
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12
2012 | 03 | 12
2011 | 01 | 04
2010 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12
ハイネセル・タイムズ  レゴリス帝国最大の発行部数を誇る有名新聞。発行者はレゴリス総合報道。
3月 25 (日曜日) 2012
【政治】レゴリス帝國議会上下院総選挙 21:17  レゴリス帝国 
【政治】レゴリス帝國議会上下院総選挙



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



【政治】レゴリス帝國議会上下院総選挙



401年 9月下旬、レゴリス帝國議会上下院総選挙が行われ、開票の結果、現与党である国家社会主義レゴリス労働者党が引き続き与党となることが分かった。



なお、開票結果は以下の通りとなっている。



国家社会主義レゴリス労働者党 上院:169議席 下院:319議席

レゴリス社会民主党 上院:94議席 下院:181議席

レゴリス共産党 上院:27議席 下院:51議席

自由民主党 上院:7議席 下院:31議席

無所属 上院:3議席 下院:18議席





発行日:401年 9月下旬
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
3月 11 (日曜日) 2012
【政治】レゴリス帝國、憲法改正を行い完全民主化を達成ほか 21:33  レゴリス帝国 
訂正とお詫び



399年5月初旬に発行致しました「【政治】レゴリス帝國、憲法改正を行い完全民主化を達成ほか」のトピックスの一つ、「【国際】ノイエクルス連邦と普欧帝国間の高まる緊張に政府は危機感」において事実と異なる内容が一部書かれておりました。この場で謝罪すると共に指摘下さった方に感謝致します。

当新聞をご購読していらっしゃる読者の皆様を始め、諸外国の方々に誤った情報を提供してしまい誠に申し訳御座いませんでした。

以後このような事を起こさないよう勤めますので今後とも当新聞をよろしくお願い致します。



なお、事実と異なる内容に関しましてはその文を正しいものに差し替え、訂正とさせて頂きます。



ハイネセル・タイムズ編集局一同





【政治】レゴリス帝國、憲法改正を行い完全民主化を達成



【国際】ノイエクルス連邦と普欧帝国間の高まる緊張に政府は危機感



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



【政治】レゴリス帝國、憲法改正を行い完全民主化を達成



去るフリューゲル暦399年 4月14日、国家社会主義レゴリス労働者党の一党独裁の廃止などを謳った憲法改正の国民投票が行われ、賛成票が投票者数の90%を超えたため憲法の改正が行われた。

これにより国家社会主義レゴリス労働者党の一党独裁は廃止され、近日中に帝國議会上下院の総選挙が行われることとなった。



このことを受けて国家社会主義レゴリス労働者党の総統でもあるグレーテル・バルシュミーデ氏は「このような結果になったのは実に喜ばしいことだ。(中略)民主化によって旧ノルスモール連邦のような末路を遂げない事を願いたい。」とした。





【国際】ノイエクルス連邦と普欧帝国間の高まる緊張に帝國政府は危機感



ノイエクルス連邦と普欧帝国間での高まる緊張に帝國政府は危機感を覚えたようだ。

この緊張の発端は対イスアード戦争にまで遡る。ノイエクルス連邦と普欧帝国は対イスアード戦争の際に、両国の方針が噛み合わず、そして戦後構想でノイエクルス連邦と普欧帝国が対立をし始めたため現在の状態が生まれたようだ。

さて、近年は軍拡軍拡と騒がれているが、そこまで軍拡が脅威だと言うのならばいっそ軍縮に向かわせるための条約でも作ってみれば如何だろうか?と筆者は提言する。



話がそれたが、先ほども述べた通りこの緊張に政府は危機感を覚えた模様だ。現総統のグレーテル・バルシュミーデ氏は憲法改正が行われた後の記者会見の際に記者の質問に対してこう述べた。



記者:近年、普欧帝国とノイエクルス連邦の両国間で緊張が高まりつつあります。特にノイエクルス連邦では軍事行動を説く声もあると報道されています。政府はこの件に関してどのような姿勢をとるのでしょうか?

バルシュミーデ氏:これはあくまで両国間での問題であり、我が国が関知することではありませんが、両国間の緊張は国際社会において不利益と私個人として考えております。両国が戦争をすれば国際社会は混乱するでしょう。我が国ももしかしたらその煽りを受けてしまうかも知れません。私個人としてはそれに危機感を覚えます。」



また、その後4月29日には政府声明として以下の文が発表された。



近年において高まりつつあるノイエクルス連邦と普欧帝国の緊張は大変残念なものだ。

ノイエクルス連邦の主張する通り近年、軍事力の増強が各国において盛んに行われている。

我が国もその国の中の一つだ。だが、考えて欲しい、国家には様々な義務や権利などがあるが、軍拡もその権利の一つだという事を。

自国民を守るためには強大な軍事力と外交能力が必要だ。その為に軍拡を行うのならばそれはそれは実に素晴らしい事だ。

だが、それが対外侵略などの目的によって為されるのならば話は別であり、それは非難されて然るべきものだ。

(中略)

このような現状に対し帝國政府は危機を感じる。最悪の場合両国間が戦争になりかねないからだ。

もし戦争になったらノイエクルス連邦側はOTO加盟諸国が参戦し、普欧帝国側はFENA加盟諸国が友好のためと参戦するだろう。

そのような事態は何としても避けなければならないが、我が国はこの件に関して無関係である以上、これ以上口を挟むのは無理である。

両国は一度冷静になってみては如何だろうか?両国の手中にはその気になれば世界大戦を引き起こせるほどの軍事力がある事をまず理解して欲しい。



このようにどうやら帝國政府は危機感を覚えたようだ。ノイエクルス連邦と普欧帝国の今後の動向に国際社会は注目するだろう。

出来ることなら平和的解決を願いたいものだ。



(文責:ハイネセル・タイムズ国際政治部副部長 カスパー・フィッシャー)





発行日:399年5月初旬
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.