util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

10 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
Sort by Vote Ranking
2019 | 04 | 05 | 07
2018 | 03
2017 | 01 | 07
2016 | 01 | 05 | 06
2015 | 03 | 05 | 06 | 08 | 10 | 12
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12
2012 | 03 | 12
2011 | 01 | 04
2010 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12
ハイネセル・タイムズ  レゴリス帝国最大の発行部数を誇る有名新聞。発行者はレゴリス総合報道。
10月 04 (月曜日) 2010
【国内】戦後5年目に突入、各地で復興の産声 01:57  レゴリス帝国 
【国内】戦後5年目に突入、各地で復興の産声



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【国内】戦後5年目に突入、各地で復興の産声



ノイエクルス連邦、天鶴帝国との戦争から4年が経過した。かの戦争の傷跡は未だに消えていないところも多いが、各地では復興の産声が上がり始めている。

まず、旧ハイネセル地方、今ではエルネスティアと呼ばれているが、国際統治委員会の間接統治の下確実に復興が進んでいる。観光都市が建設されてはいるが、観光客には不評で、今後の記念碑建造が急がれている。

次にレゴリス地方、ここは旧ノルスモール連邦直轄地となっており、多数の被害を受けたものの、今では森林溢れる地方となっている、かつてレゴリス帝國の首都であったレゴリスから東南のブリンストの地に首都を建設し、レゴリスから遷都した。まさに復興の産声の象徴と言える。

また、スリューフン地方は戦争の戦火こそ免れたものの巨大隕石により農村を初めとする南部建造物は消滅し、多大な被害がもたらされた。政府の発表によると、今後、巨大隕石が落下したスリューフン地方南部は一大森林地帯とし、建材を確保するようだ。

アグンセラ地方についても最初の観光都市が建設され、今まさに復興が始まろうとしている。

また、シャイボ王国から商品の大量買付があった。これは戦後復興への大きな推進力となりそうだ。この件に関して、ガストン・ホルスマン総統は、「今後も商品売却に向け、更なる拡販を行っていきたい」と述べた。

最後に、ガストン・ホルスマン総統はこの復興の産声に対し、以下のような発言をした。

「レゴリスは一度事実上滅んでしまった。だが、レゴリス帝國国民が今まさに復興を始めようとしている。我々でまた栄光あるレゴリスを復活しようではないか!」と述べた。





発行日:311年8月下旬
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.