util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 1
ゲスト: 23

gotovit もっと...
Sort by Vote Ranking
2019 | 01
2018 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10 | 11 | 12
2017 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2016 | 01 | 02 | 03
2015 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 09 | 10 | 11 | 12
帝国新報  ガトーヴィチ帝国政府公認の報道機関。新聞の発行が主業務。
10月 11 (日曜日) 2015
【速報】ゾロアスター教徒によるデモ勃発/【国際】ティユリア、龍鮮よさらば 18:21  ガトーヴィチ帝国 
【速報】ゾロアスター教徒によるデモ勃発 タチアナ22年-616年-11月、イヴァングラート通信社電

帝居前のジュラーブリャ広場で11日、君帝陛下の一連の勅語に反対するゾロアスター教徒ら1万人余り*がデモ活動を行った。デモ参加者らは各々が「Свобода вероисповедания(信教の自由)」などと書かれたプラカードやメガホンを持ちながら、帝居に向かって「Замолчи Император!(君帝は黙れ!)」と叫んで抗議した。

君帝陛下は596年の御改宗以降、正教への信仰心を篤くし、数年来、正教を重視する勅語を頻繁にご発布遊ばされていたため、国民の2割を占めるゾロアスター教徒の反感を買っていた。

今回のデモは、先月29日にゾロアスター教を名指しで批判する「異教勅語」が発布されたことを理由に開催されたもので、ゾロアスター教と君帝陛下の対立が顕在化したといえる。



このデモについてカリンニコフ政権は沈黙を続けており、野党指導者らによる合同記者会見では政府を無能とみなす政権批判が滔々と述べられた。



*警視庁発表



【国際】ティユリア、龍鮮よさらば タチアナ22年-616年-10月、オイラー通信電

フリューゲル暦616年9月28日午後4時、ティユリア国民を乗せた惑星間移住船団「カレスティア・ノヴァ」はフリューゲルの地を離れ、惑星間移住計画「ロムルス計画」の第一次計画は成功した。出向の様子はРТГ(ガトーヴィチ国営放送)で生中継され、全ガトーヴィチ国民が航宇の無事を祈った。

一方で、かつて我が国と同時期に建国された大和寧帝国(旧大幹帝国、龍鮮王国)は10月、体制が維持不可能になり滅亡した。カリンニコフ首相は記者会見で「大和寧帝国とは帝室外交・政府外交ともに盛んだった。齢も近き友邦との別離には悲しみを禁じ得ない」と述べた。

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
9月 23 (水曜日) 2015
【政治】ヴェールヌイ、委員会入り認めず 23:15  ガトーヴィチ帝国 
【政治】ヴェールヌイ、委員会入り認めず タチアナ19年-619年-11月15日、イタク通信電

ベンキスキー広報大臣は15日、幾度となく申し入れた我が国のフランドル新政府設立準備委員会への参加に関するヴェールヌイ側との事務級交渉が終了し、参加を認められなかった旨を公表した。ガトーヴィチ側は、燃料貿易を通じて形成した旧フランドル共和国との緊密な関係の存在や、186年の長きにわたるガトーヴィチ政治の実績を理由に、委員会に参加してフランドルの安定と経済発展に寄与したいという要望を伝えた。しかしヴェールヌイ側は、委員会は別府・フランドル間の紛争、別府・エルツによる軍派遣、フランドルの無条件降伏の延長線上にある組織であり、別府がフランドル問題に関して国際協調を呼び掛けた際に行動しなかったガトーヴィチが委員会に参加することは不自然であるという見解を示した。

我が国政府はこの主張を受け、定期貿易によってフランドル地域の安定と経済発展に資するべきと考え、政治的な委員会への参加を断念した。

諷刺絵 ''The Imperialists''歯医者・歯科 イラスト無料



【社会】人工衛星打上げ失敗 6週間ぶり4回目 タチアナ19年-619年-11月10日、帝国通信社電

アラマホシン科学教育大臣は10日、人工衛星の打上げに失敗した旨を発表した。打上げ失敗は6週間ぶり4回目。

人工衛星打上げはカリンニコフ政権が推進する防衛力強化の一環であるが、度重なる失敗による支出は前代未聞の160兆Vaであり、国家財政が傾きかねない事態となっている。野党は「海の藻屑と化すハコモノへの予算配分は断じて許されない」と主張し、与党と全面対決する方針を固めた。

軍事評論家ウリヤノフ氏は弊社の取材に「貿易支出とハコモノへの支出は同規模であるのが望ましい。貿箱だけに」と抜かした。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
9月 22 (火曜日) 2015
【速報】国教勅語渙発さる 16:24  ガトーヴィチ帝国 
【速報】国教勅語渙発さる タチアナ19年-613年-8月22日 帝国通信社電

キスラロートイヴァングラート総主教聖下・全地総主教聖下・君帝陛下に於かせられては、タチアナ19年8月22日、「国教に関する勅語」を御渙発有らせられた。

下記はその一部。

朕惟ふに、我が皇祖皇宗国を肇むること宏遠に、徳を樹つること深厚なり。我が臣民正教を篤く信仰するに因りて、帝国愈々殷盛を極めたり。(中略)然るに朕爾臣民と倶に瓦都美地正教を国教と為し之を拳々服膺して皆其徳を一にせんことを庶幾ふ。



この唐突な勅語に対する国内の意見は割れに割れている。

「君帝陛下の此度の勅語渙発は知らされておらず、我が政府も驚きの念を以て受け止めている。」カリンニコフ首相兼立憲進歩党総裁

政府も突然の勅語に困惑しているようだ。

「君帝陛下との関係を密にできていない現政権は亡国政権だ。」労働党ナンバンドロフ党首

中道左派らしくないことを述べる。政府の批判材料があればそれでよいのだ。

「素晴らしい御決断であり、諸手を挙げて賛同する」正教保守党グランカ司祭

君帝陛下の御息がかかっているとみられる正教保守党にとっては追い風である。

「畏くも君帝陛下に於かせられては瓦宗の守護者でありかつ正教の守護者に有らせられる。君帝陛下万歳!」帝国発展党ツァルトスキー党首

これまで支配的だったガトーヴィチ宗を重んじてきた帝国発展党は、正教化に追随できていない。

「カリンニコフ政権の崩壊が始まった」社会民主党ファノコワ代表

典型的な政府批判を行っている。

「君帝に政治を振り回されるのは最悪の形だ。速やかに共和制、社会主義体制に移行すべきだ」共産党レーノフ総書記

極左政党らしく君帝制を否定した。

国教勅語をうけて、信徒数が850万人に及ぶ国内のゾロアスター教会ならびに政党「ゾロアスターの勝利」は声明を発表し、「政府はこの勅語の失効を宣言せよ」と述べ、遺憾の意を表明した。



その他ニュース

【速報】人工衛星打ち上げ失敗
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
9月 18 (金曜日) 2015
【社会】軍事衛星打上げ成功/【政治】宇宙平和協力条約に加盟 21:36  ガトーヴィチ帝国 
【社会】軍事衛星打上げ成功 タチアナ18年-612年-8月4日 イタク通信電

我が国初の軍事衛星「ミール」は4日午前1時7分、ナダニヌール宇宙基地からの打上げに成功した。宇宙平和協力条約への加盟とあいまって、宇宙開発における我が国の役割は文字通り飛躍的に拡大するとみられる。

カリンニコフ首相は、軍事衛星打ち上げと共に防衛艦隊50艦隊を公約に掲げていたが、後者については一部の国民から「資源の無駄」という非難がなされている。



【政治】宇宙平和協力条約に加盟 タチアナ19年-613年-1月5日 イタク通信電

ヴォイチョフ全権は12月10日、宇宙平和協力条約への加入を宣言し、帝国議会は1月5日之を承認した。

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
9月 10 (木曜日) 2015
【政治】政府、テ砲撃の責任を否定//【政治】ヴァノミス王国に情報開示を要求 23:51  ガトーヴィチ帝国 
【政治】政府、テ砲撃の責任を否定 タチアナ19年-611年-9月、イタク通信電

ベンキスキー広報大臣は10日、テークサット連合によるシェロジア共和国に対する砲撃に関し、「ENECオブザーバー国として我が国がとる責任はない」と述べた。砲撃はテークサット連合の政治機構内部の暴発であり我が国は察知し得なかった上、同国に対して既に非難声明を発出しているためだとした。

写真:責任がない事を示すイメージ画像

「ニッポン無責任時代」より

【政治】政府、ヴァノミス王国に情報開示を要求 同年同月 イタク通信電

ベンキスキー広報大臣は10日、ヴァノミス王国が民族主義者で構成されるという反乱軍を掃討していることに関し、「反乱軍がどのような組織であるのかを具体的に公表しなければ、自国民の弾圧と見做さざるを得ない」と述べた。また、公表がない場合には、「より影響力のある手段を行使する用意がある」と表明した。



その他ニュース

【国際】石動建国200年、君帝陛下と皇女殿下御出席

【国際】テークサット政府が謝罪 明日にも放送局で再度謝罪か
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
9月 04 (金曜日) 2015
【社会】高速鉄道、別府案を採用・【声明】フランドル委員会への参加希望 他 23:21  ガトーヴィチ帝国 
【国債】石動に対するミ国の無償援助に懸念 タチアナ16年-610年-9月

ベンキスキー広報大臣の取材班は15日、ミッドガルド帝国が石動第三帝国に対して150兆Vaを無償融資したことについて「外国からポンと150兆Vaが来たのでお金の価値が下がってさぞかしインフレになっていることだろう」と批判的に述べた。



【国際】ENEC観察国となる タチアナ16年-610年-10月

外務省は2日、我が国がウェールリズセ共和国の招待を受けてENECのオブザーバー国となった旨を発表した。ENECは既存の世界機構と比較して活発な動きを見せており、オブザーバー国の我が国の外交力は高まりそうである。



【声明】フランドル委員会への参加希望 タチアナ16年-9月-

カリンニコフ為政院総理大臣は20日、ガトーヴィチ帝国はヴェールヌイ社会主義共和国・エルツ帝国によって運営されているフランドル新政府設立準備委員会への参加を希望するという旨の声明を発表した。声明では、我が国と旧フランドルは燃料定期貿易によって深くつながっており、ガトーヴィチはフランドル新政府の樹立の為に尽力する必要があるとしている。



【社会】高速鉄道、別府案を採用 タチアナ16年-610年-6月-

開発省は、来年から建設工事が開始する高速鉄道の入札について、ヴェールヌイ鉄道のサプサンを採用した旨を発表した。同省は採用の理由として「高い機能性と難しい消去法」とコメントしている。



【社会】国際スポーツ大会山岡大会閉幕 タチアナ15年-609年-5月-

609年5月1日、第二回国際スポーツ大会山岡大会は熱狂の内に閉幕した。我が国の代表団はは金1個、銀5(4とありましたが計算したら5でした)個、銅2個の計7個のメダルを獲得する健闘を見せた。

金:ホッケー

銀:ボート競技、フェンシング、ボクシング、テニス、自転車競技

銅:水泳

全世界が注目した野球については、下から一等賞のシェロジア共和国に続き下から第2位という慌成績を残した。

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
8月 31 (月曜日) 2015
【政治】政府、610年の三声明発表 22:03  ガトーヴィチ帝国 
【政治】政府、610年の三声明発表 タチアナ16年-610年-1月、イタク国営通信

カリンニコフ政権は成立後発の新年を迎えて間もない1月7日、610年の三声明を発表した。

(声明1)フランドル新政府に対する賠償請求

要旨:我が国はフランドル第二共和政府の機能不全によって、燃料輸入が滞り損害を被った。前クラーシニン政権はフランドル連邦仮政府の賠償の申し出に対して「請求するつもりはない」と回答したが、これは民意に背くものであった。国民の意思を受けて成立した正当な我が政権は、フランドル連邦仮政府に対して燃料30億ガロンの損害賠償を請求する。

(声明2)防衛力の強化

要旨:我が国は活発な外交を行ってきているが、愛する国土を守る防衛力が十分ではない。我が国は615年までの軍事衛星の発射、防衛艦隊50隊達成を目標とする。

また、我が国の防衛力強化が諸外国の警戒と誤解を招かないようにするために、宇宙平和協力条約への加盟に尽力する。

(声明3)独裁国家との貿易の制限

悲しいことに、ここフリューゲルには民衆を虐げる独裁国家が存在する。我が国はインフラ整備を軽視する独裁国家であったアルドラド帝国の民主化に貢献するなど、民主主義を普及させる大きな役割を担っている。ゆえに我が国は民主主義の伝播を推進すること、国民の人権を顧みない独裁国家との親善を控え、貿易を制限することを明言する。

※声明3が「独裁国家」とみなすとみられる国家…ベルサリエーレ王国



その他ニュース

【国際】大和寧帝国外交復帰、政府内で歓迎の声

【政治】「全く同意見である」首相、ミッドガルドによる労働力不足に関する懸念について

【社会】野球ガトーヴィチ代表帰国、散々の結果に批判の声



name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
【政治】第22回解散総選挙 政権交代 01:37  ガトーヴィチ帝国 
【政治】第22回解散総選挙 政権交代 タチアナ15年-609年-8月1日、イタク通信

畏くも君帝陛下に於かせられてはタチアナ15年-609年-7月24日、第303回帝国議会の本会議に臨席し、クラーシニン首相の輔弼を受けて帝国議院を解散する旨を御命令遊ばされた。これにより、帝国議員200人は全員失職となったため、翌月7日に第22回帝国議院議員選挙を実施した。結果は下記の通り







<与党>労働党…43議席(-39)

社会民主党…18議席(-7)

ゾロアスターの勝利…13議席(-1)

<野党>立憲進歩党…91議席(+44)

ガトーヴィチ共産党…5議席(-2))

帝国発展党…16議席(+5)

正教保守党…10議席(+2)

無所属・諸派…4議席(-2)
(大文字は次期与党)

君帝陛下の全地総主教着座問題、フランドルへの請求問題、労働党長期政権のマンネリ化から、与党は軒並み議席を減らした。

一方で、立憲進歩党・帝国発展党・正教保守党などの右派政党が議席数を伸ばした。



【政治】第24代首相にカリンニコフ氏

第304回帝国議会(臨時会)は、立憲進歩党のカリンニコフ総裁を首班指名し、氏は君帝陛下により第24代為政院総理大臣に任命された。カリンニコフ新首相は64歳で、中道右派である立憲進歩党内の右派にあたる。

君帝陛下が正教に御改宗遊ばされたことについては肯定的であり、宗教観では帝国発展党(古来からの瓦宗を重視)より正教保守党に近いとみられる。



【社会】高速鉄道入札進む タチアナ15年-609年-8月3日、イヴァングラート通信社 

国内に整備する予定である高速鉄道の入札は順調に進行していた。当局者によると「ほとんど甲乙つけがたい。」とのことであった。

しかし、ウェールリズゼのアキュリス社とレゴリスのレオン・ヘビー・インダストリーズの入札内容が類似しているという疑惑が生じ、両者ともに入札を撤回するという事件が起こった。

事件後当局者に取材したところ「信頼性のある両社が撤回してしまったので、蒸気機関車を採用せざるをえなくなるかもしれない。」と悲観的に述べた。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
8月 23 (日曜日) 2015
【政治】クラーシニン政権批判加速 23:58  ガトーヴィチ帝国 
【政治】クラーシニン政権批判加速 タチアナ14年-608年-9月

昨年11月に発足したクラーシニン政権は、各方面からの批判の矢面に立たされている。

(1)君帝陛下の全地総主教着座

クラーシニン政権は、労働党の平和主義に則り、クイリナーレ市国と国交を締結する方針であった。

しかし、君帝陛下がイヴァングラート大主教・全地総主教に御着座有らせられたことを受け、カソリックとの関係が外交懸案になることを憂慮し国交の締結を見送った。このことは、信者増を続ける正教に危機感を強めている連立与党ゾロアスターの勝利の不信感を買う事となった。

クラーシニン首相は、君帝陛下に自制を求めれば国民の反感を買い、何もしなければ連立与党ゾロアスター勝利の離脱・世界各国の不信を招くという板挟み状態にあるといえる。

(2)フランドルへの請求権放棄

クラーシニン政権は、労働党の平和主義に則り、荒廃し分裂状態にある旧フランドル共和国に対する燃料の請求権を放棄した。このことで、多くの国民から「売国奴」「やせ我慢」と批判されている。クラーシニン首相は国会で「売国奴」という野次を浴びせられた際に、憤慨した様子で「私は売国奴ではない! フランドルを金で買うようなことのない『不買国奴』だ!」と述べて、議員やテレビ中継の視聴者に奇麗なクエスチョンマークを描かせた。

(3)長期労働党政権への不満

労働党は587年に立憲進歩党から政権を奪取して31年になる。これまで長期政権が多かった立憲進歩党の腐敗を糾弾してきた労働党だが、現在は当人が腐敗の温床になっているという噂が広まり、支持率下落に拍車をかけている。

とある専門家は弊社の取材に「クラーシニン政権は10年務め上げるのは困難であろう。恐らく二進も三進も行かなくなった後は、解散総選挙に打って出るのではないか」と述べた。



【社会】ラストーチキ=ガトーヴィチ 練習試合で奮闘

第二回国際スポーツ大会山岡大会に向け、ガトーヴィチ代表「ラストーチキ=ガトーヴィチ」(ガトーヴィチ=スワローズ)は練習試合を重ねている。現在は下から5位についている。

本塁打生産機の4番タダオン=ヤーノフ選手や、剛速球が持ち味のスート=タダノフ投手の活躍ぶりは、帝国新報でも毎日掲載しているところであり、国民の憧れの的となっている。



その他ニュース

【国際】ENEC発足 議論の末の果実成りぬ

【国際】北ヴォ ノイエ留学派が多数派に

【国際】レゴリス帝国建国300周年

【国際】エルツ選挙 保守国民党が大勝

【国際】ノホ選挙 プゥインゴ新首相就任

【広告】高騰する競技場建設費に・・・アニハ建設の発泡スチロール工法

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
8月 22 (土曜日) 2015
【社会】君帝陛下 全地総主教に着座 03:47  ガトーヴィチ帝国 
【社会】君帝陛下 全地総主教に着座 タチアナ14年-608年-5月1日

-正当性疑問視する声-

畏くもキスラロート君帝陛下に於かせられては11日、救世主ハリストス大聖堂において新コンスタンティノーポリ・イヴァングラートの大主教、全地の総主教に着座有らせられた。前任のアレクセイ大主教が天寿を全うしたため。

全地の総主教という称号は、1世紀前にシオン総主教が所有し、同組織の滅亡後空位が続いていた。この状況を危惧した君帝陛下は、イヴァングラート正教会理事全員・ラヴニーナ府主教の同意を得て着座した。

君帝陛下の総主教着座を、人口の5割近くを占める正教徒はおおむね好意的に受け留めている。イヴァングラート市在住の正教徒カロヴァさん(45)は、取材に「陛下が私たち(正教徒)の心の拠り所となってくださることは本当にうれしいです」と語った。

一方で、陛下の着座を問題視する意見が専門家に多く見られる。宗教学に詳しいイヴァングラート帝国大学文学部宗教学科正教研究所のヤロスラフ教授は次のように語る。

「正教会では皇帝と教皇が互いに尊重・理解しあい、この世を鑑とするビサンチン=ハーモニーが重視されてきましたが、君帝でもあり全地総主教でもあるという状態は過去に類を見ません。」

また、今年建国したクイリナーレ市国について陛下は今のところ御言及遊ばされていないが、教皇シルウェスティル5世の存在を御認可有らせられぬものとみられる。加えて、今後は他の宗教に対する姿勢も明らかになってくるだろう。宗教東西冷戦の到来が危ぶまれる。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
1 2 3 4 5 6 (7) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 » 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.