util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

4 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
Sort by Vote Ranking
2018 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10
2017 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2016 | 01 | 02 | 03
2015 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 09 | 10 | 11 | 12
帝国新報  ガトーヴィチ帝国政府公認の報道機関。新聞の発行が主業務。
3月 06 (日曜日) 2016
【政治】国体純化法・鎖国法 成立 【政治】瓦、オプシストヴァに加盟 22:37  ガトーヴィチ帝国 
【政治】国体純化法・鎖国法 成立 ナフツガヤ11年-641年-6月10日、帝国通信社電

 ナフツガヤ11年-641年-6月10日・11日、第372回帝国議会(常会)は、帝国発展党の賛成多数で、国体純化法・鎖国法を相次いで成立させた。10日成立した国体純化法では、前文に「君帝主義・スラーヴ主義に立脚する国家像の明確化」を掲げ、侵蝕的な内的営力――異教主義や無産主義を排することによりガトーヴィチ帝国の更なる発展を目指している。国体純化法成立を受けて、11日成立した鎖国法では、侵略的な外的営力を排することにより国体純化運動を完遂することを明示し、来年から鎖国状態に移行することを宣言した。

写真:鎖国法が成立し、起立して拍手する帝国発展党議員

 ギンクゴーネン総帥(総理大臣)は鎖国法成立直後の緊急記者会見で、次のように熱弁した;

「(両法案の可決は)歴史的決断であります。帝国と君帝陛下を脅かさんとする勢力を排除すれば、帝国は更なる高みへと昇華するのであります。 君帝陛下、万歳! ガトーヴィチ帝国、万歳!」

 ベルキーロフ外政大臣は定例記者会見で、次のように述べた。

「瓦成安保やオプシストヴァがあるために、我が国の鎖国・開国はスムーズに移行することができるとみられる。」

「ベルサリエーレ共和国に対しては、当然ながらシリブロフスク講和条約の全項目を遵守した上で、理性的民主国家として国際社会に華々しく復帰してほしい。」



【政治】瓦、オプシストヴァに加盟 ナフツガヤ11年-641年-5月30日、イヴァングラート通信社電

 ガトーヴィチ帝国はナフツガヤ11年-641年-5月30日、初期参加11ヶ国の一角としてオプシストヴァОбщество(英:ソサエティSociety)に加盟した。ギンクゴーネン総帥(総理大臣)は31日の記者会見で「非常に緩やかな機構であり決して強固な同盟関係とはいえないが、他のオプシストヴァ加盟国と協力関係を構築したり、我が国の主張を展開して支持を獲得したりすることが可能になるという面において大変有益な枠組であります」という旨を述べた。

写真:ギンクゴーネン総帥(為政院総理大臣)。同氏は帝発党の最高職「総帥」を為政院でも用いている

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
3月 05 (土曜日) 2016
【政治】第25回選挙 帝国発展党躍進 14:15  ガトーヴィチ帝国 
【政治】第25回選挙 帝国発展党躍進 ナフツガヤ9年-639年-11月、帝国通信社電

10日に投票が行われ、11日までに開票が終了した第25回帝国議院議員選挙の結果は下記の通り。







<与党>

帝国発展党:120議席(+31) 立憲進歩党:31議席(+5)

<野党>

労働党:20議席(-5) 社会民主党:11議席(-17) 正教保守党:15議席(+10)

ゾロアスターの勝利:2議席(-17) ガトーヴィチ共産党:1議席(-1) 無所属:0議席(-6)

計200議席、太字は次期与党



帝国発展党は、ガトーヴィチ=ベルサリエーレ戦争における最高の指導力や圧倒的な勝利を背景として、過半数を優に超える120議席を獲得し、単独政権を発足させた。

ゾロアスターの勝利やガトーヴィチ共産党は、外患誘致・国体変革の嫌疑によって逮捕・尋問される候補者が続出したため、惨敗した。



第370回帝国議会(臨時会)は、帝国発展党のバマク=イリイチ=ギンクゴーネン総帥(52)を首班指名した。畏くもマルト君帝陛下におかせられては、同氏を第26代為政院総理大臣に御親任遊ばされた。



政府による報道規制がかかりはじめています。





その他ニュース

【経済】ベルサリエーレからの鋼鉄賠償始まる。657年7月初旬まで

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
2月 03 (水曜日) 2016
【戦争】開戦の談話 23:17  ガトーヴィチ帝国 
【戦争】開戦の談話 ナフツガヤ5年-635年-11月、政府発表

 ファグネルスキー為政院総理大臣は23日午後10時半に開戦談話を発表し、「我がガトーヴィチ帝国はベルサリエーレ王国に対して宣戦を布告した。今次戦争を瓦辺戦争を命名する。瓦辺戦争は、経緯や停戦条件からも分かるように、我が国の私益を目論む戦争では決してない。諸外国においては中立を要請し、もし我が国の主張に同意をするならば、対辺協力を歓迎する」という旨の発言を行なった。

 また、談話とは別に、ファグネルスキー首相は「我が国の宣戦布告がノホ・ヘレコ連邦調査団の最終報告を待てなかったというのは語弊がある。非常に残念なことに、最終報告が、ベルサリエーレ国民の反乱行動による意思表示に一刻も早く報いるための我が国の宣戦布告に間に合わなかったのである。改めてノホ・ヘレコ連邦調査団並びにレゴリス人専門家の先生には感謝を申し上げる。」と述べた。

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
【声明】フリューゲリズムに最大級の警戒/【政治】辺国政府を追及 他 08:46  ガトーヴィチ帝国 
【声明】フリューゲリズムに最大級の警戒 ナフツガヤ5年-635年-10月、政府電

 ガトーヴィチ政府は15日、セビーリャ・ファシスト党が掲げるフリューゲリズムはスラヴ人を虐げんとするものにして大スラーヴ主義を標榜する我が国は之を最大級に警戒しなければならない旨の声明を行なった。



【政治】ベルサリエーレ政府を追及 ナフツガヤ5年-635年-10月、帝国通信電

 ガトーヴィチ政府は15日、クイーンズ問題に対処するために事実上棚あげされていた、ベルサリエーレ王国による組織的な自国民殺傷について、毅然として之を追及する意思を表明した。



【政治】ガトーヴィチ共産党二百周年 ナフツガヤ5年-635年-8月、イヴァングラート通信電

 ガトーヴィチ共産党は3日、結成200周年を迎えた。同党のカフク委員長は結成二百周年記念委員会において、「トルキー、レゲロ、ヘルトジブリールという新興社会主義国家、レゲロ、スコッチランドという安定した社会主義国家、そして飛躍的成功を遂げているヴェールヌイ社会主義共和国らとともに、帝国発展党による危険な君帝主義及び大スラーヴ主義政治、並びにセビーリャやウェールリズセにおけるファシスト政権を排除しなければならない」と気焔を上げた。

写真:気焔放射委員長
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
1月 26 (火曜日) 2016
【声明】ベルサリエーレ王国に関する声明 01:33  ガトーヴィチ帝国 
【声明】ベルサリエーレ王国に対する声明 ナフツガヤ4年-634年-6月、政府電



我が国は、ノホ・ヘレコ連邦の調査団が「ベルサリエーレ王国における同国民へのミサイル発射事案に関する報告書」を提出したことに謝意を表します。

以降我が国は、『過去録(ログ)』、『報告書』ならびにそれに対する『便国の補足』を基に発言します。



論点を明確にするために、我が国の見解を発表します。



『過去録・報告書』によれば、治安省直属の赤矢憲兵隊は自国民弾圧のためにミサイルを発射しました。これは為政者として許しがたい行為であります。

『過去録・報告書』によれば、

使用されたミサイルには低水準の誘導機能が搭載されていた可能性は高いものの、コムーネ全体が被害を受けていることなどを鑑みるに無政府主義者の拠点を精密に攻撃するというよりは潜伏しているであろうコムーネ全体を目標にミサイル攻撃をしたという可能性が高い

ことから、広範囲制圧型SPPミサイルというのは詭弁であり、実際にはPPミサイルでありました。自国民をまんべんなく弾圧するには適当なミサイルであります。

PPミサイルは普遍的な軍事技術であるので、新型ミサイル開発とは関係ないという『便国の主張』は正しいものとみなします。



簡潔ながら、これが我が国の見解かつ事変の真相であります。貴国が簡潔に事実を認めるか反駁するかをした後に、我が国の主張を続けたい。





なお、IV~VI、外国人・経済制裁・難民は論点としては除外したい。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
1月 18 (月曜日) 2016
【寄稿】大スラーヴ主義を擁護 22:45  ガトーヴィチ帝国 
【寄稿】大スラーヴ主義を擁護 ナフツガヤ3年-633年-3月、帝国新報

 大スラーヴ主義は、スラヴ民族の連帯による人心の安定を意図しており、秩序の破壊はこれを意図しない。

 万が一、大スラーヴ主義の伝播により政治の混迷と生活の不安定化が生じたならば、それはこれまでが異常だったのであり、スラヴ的心的安定と日常的経済的安定の新たな均衡を模索する段階に到達し得たことを意味するのである。

А.Б.ストーレノフ、君帝院大学法学部政治学科教授

注意:挿絵に意味はありません

その他ニュース

【国際】対ベルサリエーレ包囲網形成中 「各国の誠意ある対応に感謝」首相談

【国際】ヴォルネスク右派団体「発火」再結成

【政治】ヴァノミス選挙のあり方を巡り統一臨時政府内は大揉めず 「エ帝代表が寡黙」担当者談



声明

我が国はノホ・ヘレコ連邦によるベルサリエーレ王国調査を歓迎し成果を期待する
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
1月 17 (日曜日) 2016
【政治】便国に非難声明、制裁呼び掛け 21:04  ガトーヴィチ帝国 
【政治】便国に非難声明、制裁呼び掛け ナフツガヤ3年-633年-1月、政府発表

 ガトーヴィチ政府は、ベルサリエーレ王国(便国)政府が自国民へのミサイル発射に関して詭弁を弄し、謝罪と反省の意を示さなかったことをうけて、便国に非難声明を発出した。加えて、便国への制裁として、便国と貿易関係を有する国家に対して、貿易の中止を提言した。

 その一方で、ガトーヴィチ政府は、便国政府が自国民へのミサイル発射と誠実に向き合い謝罪、反省並びに改善を行うならば、いたずらに両国関係が悪化することはないという見解を示した。



その他ニュース

【広告】3泊4日ロムレーの旅(ラストーチキ交通社)

【国際】テークサット国情不安

【国際】国家ファシスト連合と社会民主同盟が政権与党に ウェールリズセ

【社説】我が国がヴァノミス統一臨時政府を牽引せねばならない





name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
1月 14 (木曜日) 2016
【国際】狙、自国民にミサイル発射/【国際】選挙迫るか ヴァノミス国 23:07  ガトーヴィチ帝国 
【国際】狙、自国民にミサイル発射 ナフツガヤ2年-632年-7月、政府発表

ターン22762:ベルサリエーレ王国がベルサリエーレ王国(12,19)地点に向けて10発のPPミサイル発射を行いました。(有効3発/怪獣命中0発/怪獣無効0発/防衛6発/無効1発)

ターン22762:-(11, 20)のニュータウンに命中、規模が減少しました。

ターン22762:-(12, 19)の農村に命中、規模が減少しました。

ターン22762:-(11, 20)のニュータウンに命中、規模が減少しました。

 ベルサリエーレ(狙国)政府による自国民へのミサイル発射について、ガトーヴィチ(瓦国)政府は強い憤りを表明し、説明と謝罪、引責を行わなければ更に国際的に孤立させると断言した。



【国際】選挙迫るか ヴァノミス国

 ガトーヴィチ政府は5日、ヴァノミス統一臨時政府として、ヴァノミス国での調査がほぼ完了した結果、まもなく国民選挙を実施することになると発表した。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
1月 11 (月曜日) 2016
【社会】社会不安 何処吹く風/【政治】科教相にパドロスタク大公殿下 21:53  ガトーヴィチ帝国 
【社会】社会不安 何処吹く風 ナフツガヤ2年-632年-1月、イヴァングラート通信社電

 世界各地で社会不安が顕在化する中、統計局は、我が国の国民総幸福量が80を維持していると発表した。君帝主義、大スラーヴ主義の有効性が証明された。



【政治】科教相にパドロスタク大公殿下
 

 ファグネルスキー首相は為政院改造を英断し、科学教育担当大臣にパドロスタク大公殿下(18)を指名した。皇族の入閣は史上初。首相が皇族を国務大臣に任命するのは不都合であるため、君帝陛下によって任命された。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
1月 08 (金曜日) 2016
【帝室】キスラロート君帝陛下 崩御 ―マルト皇子殿下践祚― 20:53  ガトーヴィチ帝国 
【帝室】キスラロート君帝陛下 崩御 ―マルト皇子殿下践祚― タチアナ37年-631年-7月

 畏くもキスラロート君帝陛下におかせられては、10日午後11時、帝居において、老衰のため、崩御有らせられた。宝算101歳。リュボーフ皇太子殿下(86)は、健康上の理由から帝位継承を固辞され、イヴァングラート総主教・全地総主教に即位された。これにより、御子息のマルト皇子殿下(68)が践祚された。



【社会】新元号「ナフツガヤ」


 マリヤ宣伝大臣(旧広報大臣)は11日午前5時、新元号をナフツガヤに決定し、即日改元する旨を発表した。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
1 2 3 (4) 5 6 7 8 9 10 11 12 13 » 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.