util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 1
ゲスト: 22

gotovit もっと...
Sort by Vote Ranking
2019 | 01
2018 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10 | 11 | 12
2017 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2016 | 01 | 02 | 03
2015 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 09 | 10 | 11 | 12
帝国新報  ガトーヴィチ帝国政府公認の報道機関。新聞の発行が主業務。
1月 19 (土曜日) 2019
【帝室】ウスピェフ君帝陛下崩御 23:02  ガトーヴィチ帝国 
【帝室】ウスピェフ君帝陛下崩御 ―フォンターン皇太子殿下御即位― ソフィヤ元年-816年-5月、帝国通信社電

 畏くもウスピェフ君帝陛下に於かせられては、4月28日午後3時34分、ガトーヴィチ帝国医科大学附属病院にて崩御有らせられた。宝算101歳。ウスピェフ君帝陛下の崩御に伴い、宝算82歳に有らせられるフォンターン皇太子殿下が新君帝に践祚遊ばされた。

 畏くもウスピェフ先帝陛下の御代には、社会主義陣営に対抗する意図からエルドラード条約機構へ加盟したが、セニオリス=VSS戦争への有志連合参戦に伴い、集団的自衛権を行使して義理戦争(813年戦争)を開戦するに至り、誠にフリューゲルに於いて繁栄を謳歌するの困難なるを知った。帝国は史上初めて事実上の敗戦を喫し、主要国への賠償と半世紀以上の軍備制限を約した。この苦難の時代に、畏くもウスピェフ先帝陛下に於かせられては、空襲に怯ゆる帝国民に激励の玉音を賜わせ給い、終戦後も、森羅万象の化身の帝国民の御救済に御力を尽くさせ給うたのだ。

 タクマン宮内相は28日午後6時からの記者会見に臨み、新元号「ソフィヤ」とし、翌日改元すると発表した。新元号は、慣例に倣い、畏れ多くも皇后陛下の御名より採用し奉った。麗しくもフォンターン君帝陛下は5月1日、即位式に行幸有らせられ、第二十代君帝に御即位遊ばされた。ウスピェフ先帝陛下の御大葬は、5月10日に畏く挙行された。

 写真:ウスピェフ先帝陛下御大葬



その他ニュース

【国際】くまモンの乱鎮圧 熊勝利に賭けて頽るる人あまた

【投書】冰州連合の洗練されたる国家運営を見習はん
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
1月 13 (日曜日) 2019
【経済】第二次高効率工業国行動計画を院議決定 他 16:23  ガトーヴィチ帝国 
【経済】第二次高効率工業国行動計画を院議決定 アレクサンドラ11年-815年-4月、イヴァングラート通信社電

 ローシャジェフ為政院は4月1日、第二次高効率工業国行動計画(高工II)を院議決定した。高工IIは、ナターシャ16年(591年)に発表された高効率工業国行動計画の第二弾であり、商業規模と農業規模の縮小と工業規模の拡大により、工業特化率600%と新時代の商品レート1:0.4の達成を目標としている。又、高工IIの実施に際しては他国からの融資を募ることとなった。

 ローシャジェフ首相は同日午後の記者会見において「高工IIはここ一世紀の工農業国志向からの大転換である。これが実現されれば理想的な工業国像としてフリューゲル世界にアピールできるだろう。」と語った。

第一次高効率工業国行動計画の報道記事はここをクリック



【社会】現代都市ツェーントル閉鎖さる アレクサンドラ11年-815年-4月、イヴァングラート通信社電

 3月31日、青天の霹靂、現代都市ツェーントル(12,9)は武装官僚による接収を受け、即日閉鎖された。現代都市の閉鎖はナターシャ17年-592年-のローシスク閉鎖以来223年振り。

 写真:現代都市レ◯プ!工場と化したツェーントル(左から右)
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
1月 07 (月曜日) 2019
【終戦】ディースブルク条約締結さる 【選挙】第37回選挙 中道右派勝利 【政治】「協調路線と独自性の列車」ローシャジェフ新首相 17:46  ガトーヴィチ帝国 
【平和】戦争終結 アレクサンドラ9年-813年-11月、イヴァングラート通信社電

 ピチソートゥイ外政大臣はヘルトジブリール社会主義共和国首都ベルグシュロス郊外ディースブルク城において、義理戦争の講和条約に署名した。調印式はアレクサンドラ9年(813年)11月7日(29299期)に終了した。

 ディースブルク講和条約はレゴリス帝国・ヘルトジブリール社会主義共和国への賠償と、凡そ50年にわたる軍備制限を課しており、帝国史上初の敗戦を証明するものとなった。

 写真:調印式が行われたディースブルク城



【選挙】第37回選挙 中道右派勝利 アレクサンドラ10年-814年-5月、帝国新報電

 メタロヴァ首相による帝国議会解散に伴う第37回ガトーヴィチ帝国議会議員選挙(定数200)の結果は次の通り。

立憲進歩党(中道右派)  85↑☆

労働党(中道左派)    40↑

社会民主党(左派)    28↑

正教保守党(宗教)    25↓☆

帝国発展党(極右)    13↓

ガトーヴィチ共産党(極左)08↑

無所属           01


 政治的な安定を求める声が強く、第一党で中道右派の立憲進歩党と、第四党で宗教系の正教保守党が与党となった。我が国の敗戦を招いた帝国発展党は、70議席減の大敗を喫した。



【政治】「協調路線と独自性の列車」ローシャジェフ新首相 同年5月、帝国新報電

 第708回帝国議会(臨時会)は14日、立憲進歩党のローシャジェフ総裁(50)を首班指名し、氏はウスピェフ君帝陛下により、第38代為政院総理大臣に任命された。

 ローシャジェフ新首相は第709回帝国議会(常会)において施政方針演説を行い。「賠償請求、軍備制限、戦後不況に襲われる我が国は、未曾有の国難にある。我が国は、義理戦争開戦に至ったことを反省し、国際協調路線をとる。しかしその線路を走るのは、独自性の列車だ。」と述べ、国際社会と協調しつつも帝国の独自性を発揮していく決意を示した。

写真:高速鉄道サプサン(ヴェールヌイ製)

ニコライ=ルスラーノヴィチ=ローシャジェフ:751年、ドィーム県生。ドィーム工業大学を卒業後、技官として開発省に入省。794年に退官して政界に進出した。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
12月 31 (月曜日) 2018
【開戦】EDTO 連合国に宣戦布告 【戦況】EDTO軍レゴリス上陸 【政治】外相、「もはや中立でない」発言を撤回、謝罪 17:33  ガトーヴィチ帝国 
【開戦】EDTO 連合国に宣戦布告 アレクサンドラ9年-813年-3月 イヴァングラート通信社電

 エルドラード条約機構は1月18日、連合国に対して宣戦布告した。

布告文は以下の通り。

---------------

 エルドラード条約機構加盟国たるガトーヴィチ帝国、フェネグリーク帝国並びにヴォルネスク・スラヴ共和国は、セニオリス共和国に対する宣戦布告を受け、エルドラード条約第五条に基づいて集団的自衛権を行使し、レゴリス帝国、ヘルトジブリール社会主義共和国、普蘭合衆国、昭栄国並びにロムレー湖畔共和国に対して宣戦布告する。

 今次戦争は、元々セニオリス共和国とヴェニス社の二国間戦争なるを、連合国は、一企業が国家を脅かす軍事力を有する事実を看過し、世界大戦化を厭わず、講和条件を示さず、セニオリス共和国に対して宣戦布告した。これは、セニオリス共和国を屈服させフリューゲルに覇を唱えんとする帝国主義的意識の現れである。我々は、帝国主義連合国に対して宣戦布告し、フリューゲルに正義を示す事にした。

宣戦布告期:29271期/813年1月下旬

攻撃開始期:29274期/813年2月下旬

停戦条件は、セニオリス共和国=ヴェニス社戦争において、ヴェニス社が以下の講和条件の受諾に合意する事である。

 ・ヴェニス社警備員数の制限

 ・セニオリス共和国に対する脱税分の納付

 ・ヴェニス株式会社統治領に対する復興支援金供与

但し、連合国の最後の良心を信頼し、連合国によるエルドラード条約機構に対する攻撃が確認される迄、エルドラード条約機構は連合国を攻撃しない。

又、連合国に居住する外交官、観光客並びに無辜の市民に対し、国外退避又は防空壕への避難を勧告する。

参戦国一覧:ガトーヴィチ帝国、フェネグリーク帝国、ヴォルネスク・スラヴ共和国


---------------

 ガトーヴィチ国営テレビ・ラジオ放送社は、開戦放送を行った。

 ウスピェフ君帝は同日、開戦の詔勅を渙発有らせられた。詔書は以下の通り。

---------------

Мы, Успех, император Всеготовитский, объявляем войну с Реголитией, Герой Ангелией, Мировым морей, Сёэем и Ломреем.

Успех











【戦況】EDTO軍レゴリス上陸 アレクサンドラ9年-813年-5月1日、帝国新報電

 エルドラード条約機構軍は20日、レゴリス帝国ハイネセル=エルネスティア州北部群島(6,1)、スリューフェン州西部(1,4)、アグンセラ州西部(1,18)に上陸した。エルネスティア方面軍は北部群島の現代都市(7,1)を占領したものの、スリューフェン方面軍とアグンセラ方面軍は翌期に衛星レーザーによって殲滅された。

レゴリス帝国の【国際】瓦軍が上陸し300万人以上を虐殺か「この借は数千倍にして返してやろう」副総統談という報道に対して、ゼムリャービン軍部大臣は「我が国の軍であったかは不明。300万人もの犠牲者が出たとは考えていない。もし作戦中に多くの犠牲が出たのであればその死を悼むが、しかし、揚陸艦が本土に接近する間に適切な避難を行わなかったレゴリス帝国政府の国民軽視にも問題がある。」と反駁した。

また、帝国発展党の議員からは「フリューゲル規模の、10の13乗オーダーの人間を虐殺する旨の発言は、いかにもレゴリス帝国主義らしい。」という声が聞かれた。



【政治】外相、「もはや中立でない」発言を撤回し謝罪 アレクサンドラ9年-813年-5月1日、帝国新報電

 【貿易】EDTOと交易中止し連合国と交易継続ないし新規取引締結する国家は、最早中立でないという発言が波紋を呼んでいる事について、ピチソートゥイ外相は「戦時下にある国家との交易を取り止め安全を期するは中立国当然の権利であり、中立国に不要な警戒をさせてしまった」として、発言を撤回し、謝罪した。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
12月 26 (水曜日) 2018
【政治】特定民間軍事会社規制法案可決 【国際】セニオリス=ヴェニス戦争勃発 23:03  ガトーヴィチ帝国 
【政治】特定民間軍事会社規制法案可決 アレクサンドラ8年-812年-11月、イヴァングラート通信社電

 第705回帝国議会において帝国発展党が提出した特定民間軍事会社規制法案が可決、成立した。司法院はまもなくガトーヴィチ・ヴェニス社の国外退去を命じ、これに応じない場合は粛々と接収を行う見通し。



【国際】セニオリス=ヴェニス戦争勃発 アレクサンドラ8年-812年-6月、スズメ日報電

 セニオリス共和国は812年6月、ヴェニス島内のセニオリス-VSS社の保有資産・兵器接収の為、ヴェニスグループに対して宣戦した。当初砲撃はセニオリス側が優勢であったが、ヴェニス島の防衛力が高く戦況は膠着、殆ど被害を生ぜぬまま、持久戦の様相を呈している。

 セニオリスによる砲撃開始を受けてレゴリス帝国は9月、セニオリスに対する非難声明を発出し、今年12月までに回答が得られなかった場合は「我が帝国を始めとした良心ある諸外国は然るべき措置を採るであろう。」と宣言した。しかし、未だ我が国とストリーダ王国としか交易関係を有しないセニオリスに対する経済制裁の効果は微々たるものであろうし、万が一対セ宣戦に至った場合はエルドラード条約機構(EDTO)との開戦に繋がるであろう。レゴリス帝国の冷静な対応が求められる。

 画像:砲撃による爆発の想像
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
12月 15 (土曜日) 2018
【政治】エルドラード条約機構発足 22:04  ガトーヴィチ帝国 
【政治】エルドラード条約機構発足

 アレクサンドラ5年(809年)9月20日、セニオリス共和国、ガトーヴィチ帝国、フェネグリーク帝国、ヴォルネスク・スラヴ共和国を初期加盟国とするエルドラード条約機構(資本主義市場経済相互援助条約機構)が発足した。エルドラード条約機構は、フリューゲルの平和と経済成長を支える唯一の体制である資本主義市場経済を、経済的・軍事的協力を以て維持し発展させる事を謳っている。

 我が国はガトーヴィチ・中夏安全保障条約の解消以来国際的に孤立していたが、エルドラード条約機構への加盟によって、新たな友好国を得て、フリューゲルにおける存在感を高める事であろう。

その他ニュース

【社会】「アルガスタ手稿」民放で報道過熱
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
11月 17 (土曜日) 2018
【帝室】テルミート君帝崩御 ウスピェフ君帝即位 他 20:11  ガトーヴィチ帝国 
【帝室】テルミート君帝崩御 リュボーフィ27年-805年-11月、帝国新報電

 テルミート君帝陛下は17日、帝居に於いて崩御有らせられた。宝算106歳。



【帝室】ウスピェフ君帝即位 新元号はアレクサンドラ

 ウスピェフ君帝陛下は18日、帝居に於いて御即位有らせられた。新元号は、皇后陛下の御名より頂戴する慣例に従い、アレクサンドラと定められた。



【国際】香麗民国選挙戦始まる

 香麗民国においては与党香麗国民党(中道)、統一共産党(左派)、立憲皇道党(右派)の三つ巴に皇道社会党が加わり予測不能な選挙戦が展開されている。フリューゲルに浸透する社会主義に対して、香麗民国国民が毅然とした対応を取ることができるかに注目したい。



【国際】トラハト=ラシュハにて大連立政権誕生

 トラハト=ラシュハ連合王国において民衆院議員選挙が実施され、右派の愛国行動党の躍進によって過半数の議席を獲得し得なかった保守党と自由党による大連立政権が誕生した。商品輸出拡大を目指す我が国と、ヘルトジブリール社会主義共和国への依存度を下げんとするトラハト=ラシュハは、昨年より商品定期貿易を開始した。大連立による政治の不安定化が懸念されるが、両国関係の強化に期待したい。



【国際】ス国ローゼッカー首相退院

 ストリーダ王国ローゼッカー首相が無事退院し、政務への復帰が目される。ストリーダ王国においては共産テロリスト・ザッハー氏の逮捕により国情が改善しつつあり、フリューゲルの父と称すべきストリーダ王国が復活することだろう。

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
10月 15 (月曜日) 2018
【社会】パチパチ800年/【政治】ス国事件にメタロヴァ首相息巻く 21:50  ガトーヴィチ帝国 
【社会】パチパチ800年 リュボーフィ22年(800年)5月、イヴァングラート通信社電

 フリューゲル歴800年を祝い、国内では人気歌手ショーヴァが歌う「パチパチ800年」のCDが飛ぶように売れている。ガトーヴィチでは世紀年に「ゴーゴー500年」(作曲サヂェーニン)、「朗々600年」(作曲チャイゴラムサフスキー、作詞リウタロフ)、「なかなか700年」(作曲モリモトフ、作詞オーサカフ)など世紀年を題材にした曲が大ヒットすることが知られており、今年も「ハロハロ800年」「ハッピー800年」「パッパラパー800年」など大ヒットを狙って800年にあやかった曲が10以上発表されたが、結局「パチパチ800年」の一人勝ちとなった。



【政治】ス国事件にメタロヴァ首相息巻く 

 メタロヴァ首相は定例記者会見において、共産党無人機襲撃事件・ベッケラート妻子拉致事件、首相車列突込み事件が立て続けに発生し混迷を極めるストリーダ王国の情勢について「私は世界一の国家を牽引するローゼッカー首相に全幅の信頼を置いています。彼女は全くの無実であり、一日も早い快癒を祈ります。ストリーダ王国で発生している諸事件はすべて共産主義者の内ゲバと自作自演であって、私たちも共産主義者には最大級の警戒を持たねばなりません。」と息巻いた。

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
10月 08 (月曜日) 2018
【政治】第36回帝国議会議員選挙 スラヴ主義復活へ 21:19  ガトーヴィチ帝国 
【政治】第36回帝国議会議員選挙 スラヴ主義復活へ リュボーフィ21年(フリューゲル歴799年)3月、帝国新報電



第36回ガトーヴィチ帝国議会議員選挙(定数200)の結果は次の通り。

帝国発展党(極右)    83

労働党(中道左派)    39

正教保守党(宗教)    37

立憲進歩党(中道右派)  21

社会民主党(左派)    16

ガトーヴィチ共産党(極左) 4



 774年より政権を担っていた労働党と社会民主党はあっさりと下野し、帝国発展党と正教保守党が復権することとなった。第679回帝国議会は、帝国発展党のメタロヴァ総帥(45)を首班指名し、氏はテルミート君帝陛下によって第37代為政院総理大臣に任命された。



ユリヤ=ミハイロヴナ=メタロヴァ

754年、イヴァングラート市生。イヴァングラート国際大学を卒業後、帝国発展党に入党、その快活さを買われ若くして帝国発展党女性局長に就任し、帝国発展党の印象向上に最適として797年に党総帥に就任した。女性の活躍推進に貢献するなど進歩的な一方で、強すぎる帝国史観をもっており、彼女が民族差別主義者であるとして非難する向きもある。

 写真:ユリヤ=ミハイロヴナ=メタロヴァ



【社説】是、スラヴ主義に非ず

 世界の潮流が社会主義・社会民主主義化である中、この第36回選挙の結果は世界に驚きを以って迎えられた。海外では「あのスラヴ主義の復活」「崩壊の9世紀の始まり」などと揶揄する声が大きいが、それは少々焦点がズレているように思う。メタロヴァ新首相は確かに甚だ強い帝国史観の持ち主であるものの、決して正教を保護しよう、世界中のスラヴ人を保護しようという強い動機を持っている訳ではない。寧ろ新首相の矛先はガトーヴィチ帝国の伝統的政体である立憲君主制(場合によっては絶対君主制)を脅かそうとする社会主義に向かっている。国体純化法改正以降の、半世紀前のスラヴ主義は、スラヴ的正教的価値観の保護に重点が置かれ、政体の如何には関心がなかった。しかしメタロヴァ新首相は違う。新首相はガトーヴィチ帝国と社会主義との間に明確な線を引くだろう。他民族との接触が起こりうるスラヴ主義の拡張よりも、他民族の思想の排除を優先するだろう。私が思うに、それは皆が経験したスラヴ主義帝国以上に危険な存在だ。(文責:А.Н.ブマーギン)
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (7)
6月 14 (木曜日) 2018
【帝室】スヴヤトスラフ二世君帝陛下崩御 02:26  ガトーヴィチ帝国 
【帝室】スヴヤトスラフ二世君帝陛下崩御 ―テルミート皇太子殿下御即位へ―

リュボーフィ元年-779年-10月、帝国通信社電

 畏くもスヴャトスラフ二世君帝陛下に於かせられては、9月25日午後5時33分、ガトーヴィチ帝国医科大学附属病院にて崩御有らせられた。宝算95歳。スヴャトスラフ二世君帝陛下の崩御に伴い、宝算79歳に有らせられるテルミート皇太子殿下が新君帝に践祚遊ばされた。

 畏くもスヴャトスラフ二世先帝陛下の御代には、セヴェロモルスク帝国大学に端を発する大学紛争が激化し、五月革命が勃発、一世紀余りの長きに亘り政権を担っていた帝国発展党が下野することとなった。帝室を護持してきた帝国発展党の下野、左派政権の誕生という政変の最中にも、先帝陛下は帝国民の幸福を第一に願い、君帝家の維持に御尽力遊ばされた。

 ソーマン宮内相は25日午後9時からの記者会見に臨み、新元号「リュボーフィ」とし、翌日改元すると発表した。新元号は、慣例に倣い、皇后陛下の御名が採用された。

  テルミート君帝陛下は10月3日、即位式に行幸有らせられ、正式に第十八代君帝に即位遊ばされた。スヴャトスラフ二世先帝陛下の御大葬は10月10日に挙行された。

 写真:スヴャトスラフ二世先帝陛下御大葬

その他ニュース

【社会】ガトーヴイチ・ヴオルネスク安保条約締結さる

【国際】中夏社会主義化 「瓦中関係に影響はない」カンセーエフ首相

【国際】普蘭・レゴリス安保条約締結さる

【経済】ギルガルド銀問題沈静化

【国際】ラルテイスタ右派連立政権誕生は潮流に逆行 専門家談

【国際】半世紀ぶり龍鮮に国家誕生(龍鮮滅亡近し で検索)
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.