util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 1
ゲスト: 5

akasaka もっと...
Sort by Vote Ranking
2018 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06
2017 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2016 | 01 | 02 | 03
2015 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 09 | 10 | 11 | 12
帝国新報  ガトーヴィチ帝国政府公認の報道機関。新聞の発行が主業務。
6月 14 (木曜日) 2018
【帝室】スヴヤトスラフ二世君帝陛下崩御 02:26  ガトーヴィチ帝国 
【帝室】スヴヤトスラフ二世君帝陛下崩御 ―テルミート皇太子殿下御即位へ―

リュボーフィ元年-779年-10月、帝国通信社電

 畏くもスヴャトスラフ二世君帝陛下に於かせられては、9月25日午後5時33分、ガトーヴィチ帝国医科大学附属病院にて崩御有らせられた。宝算95歳。スヴャトスラフ二世君帝陛下の崩御に伴い、宝算79歳に有らせられるテルミート皇太子殿下が新君帝に践祚遊ばされた。

 畏くもスヴャトスラフ二世先帝陛下の御代には、セヴェロモルスク帝国大学に端を発する大学紛争が激化し、五月革命が勃発、一世紀余りの長きに亘り政権を担っていた帝国発展党が下野することとなった。帝室を護持してきた帝国発展党の下野、左派政権の誕生という政変の最中にも、先帝陛下は帝国民の幸福を第一に願い、君帝家の維持に御尽力遊ばされた。

 ソーマン宮内相は25日午後9時からの記者会見に臨み、新元号「リュボーフィ」とし、翌日改元すると発表した。新元号は、慣例に倣い、皇后陛下の御名が採用された。

  テルミート君帝陛下は10月3日、即位式に行幸有らせられ、正式に第十八代君帝に即位遊ばされた。スヴャトスラフ二世先帝陛下の御大葬は10月10日に挙行された。

 写真:スヴャトスラフ二世先帝陛下御大葬

その他ニュース

【社会】ガトーヴイチ・ヴオルネスク安保条約締結さる

【国際】中夏社会主義化 「瓦中関係に影響はない」カンセーエフ首相

【国際】普蘭・レゴリス安保条約締結さる

【経済】ギルガルド銀問題沈静化

【国際】ラルテイスタ右派連立政権誕生は潮流に逆行 専門家談

【国際】半世紀ぶり龍鮮に国家誕生(龍鮮滅亡近し で検索)
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
5月 24 (木曜日) 2018
烈加声明の対象は/反動するヴオルネスク 00:44  ガトーヴィチ帝国 
【政治】烈加声明の対象は オリガ20年—776年—3月、帝国通信社電

 プラダヴェツ商工貿易大臣は29日、特化率の低い工業国を「人為的に資源不足を創出する国家」と呼称し非難した、レゴリス帝国とカルセドニー社会主義連邦共和国による声明について、「フリューゲルにおいては国際分業は推奨されている」と述べて一定の理解を示しつつも、「ストリーダ王国、ヘルトジブリール社会主義共和国に次ぐ世界第三位の工業大国にして、南瓜共和国に次いで世界で二番目に古い工業国である我がガトーヴィチ帝国ですら470%余りの高い工業特化率を誇っている状況で、どの工業国を指して人為的に資源不足を創出する国家と称しているのか判然とせず、両商業国がまるで見えざる敵に向かって声明を発出しているように感ぜられるが、もしも見えざる敵の存在を理由に工業国が不利益を被るような施策を行うのであればその際には毅然とした対応と取るつもりだ」と述べて工業国の矜持を示した。

 写真:工業国の風景



【社説】反動するヴオルネスク オリガ20年—776年—4月、イタク通信電

 昨年我が国では五月革命が勃発しполтора(一点五)世紀ぶりの左派政権が誕生した。一方、ヴォルネスク・スラヴ共和国ではケレンスキ氏がヴォルネスク主義を掲げるスラヴ同胞団の最右派を同団書記長に就けるなどガトーヴィチと距離を置こうとしている。我が国が大スラーヴ主義を事実上放棄したため、いくら同じ左派政権とはいえども両国が遠ざかりつつある感が否めない。ガトーヴィチとヴォルネスクの結束は大スラーヴ主義という大仰な題目によってもたらされるのではなく、スラヴ人個々人の交流に基づくものであるから、帝国政府には今こそヴォルネスクとの関係強化を図ってもらいたい。さすれば、近い将来、ヴェールヌイ社会主義共和国を交えた、イデオロギーを超越した、真にスラヴ的な、同盟に値する関係が築かれるだろう。

 写真:スラヴ連合旗



その他ニュース

【国際】常帝崩御は百年前の誤報

【国際】カルセドニー、連合党躍進

【国際】ギルガルド商業化に財界から期待の声「可能な限りの支援を」

【国際】中夏民国、共産系大総統誕生に帝国政府驚愕「何事も起こらぬやう祈る」
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
5月 17 (木曜日) 2018
五月革命成る/左派連立政権誕生/36代首相にカンセーエフ氏 19:20  ガトーヴィチ帝国 
【政治】五月革命成る オリガ18年—774年—5月、帝国通信社電

 774年5月、任期満了に伴う第35回帝国議会議員選挙(定数200)が行われた。半世紀に亘り強権を振るったイユーリン政権に対する不満は、事前の世論調査にも如実に現れており、帝国発展党の下野已むなしと思われていたにも関わらず、開票結果は帝国発展党が130議席を獲得するという驚くべきものであった。その後インターネット上で得票数を操作する不正選挙疑惑が浮上し、怒髪天を衝きたる帝国民3万人がヴォロス宮(首相官邸)に殺到、その一部が暴徒化して警備を突破し宮内に雪崩れ込んだ。絶体絶命のイユーリン総帥は、側近と共にヴォロス宮から脱出し、帝居へ逃亡、しかし皇宮警察に捕らえられ、警察署に身柄を護送されることとなった。

 イユーリン総帥の失脚を受けて、ガトーヴィチ帝国軍は戒厳令を布き、ガトーヴィチ帝国臨時軍事政府を発足させた。軍事政府はこの一件を民主主義を求めた市民革命であるとし、これを五月革命と命名し、774年12月に選挙を再実施することを決定した。

 写真:ヴォロス宮へ向かう帝国民



【政治】第35回選挙 左派連立政権誕生 オリガ18年—774年—12月、帝国通信社電

 臨時軍事政府の実施せる第35回帝国議会議員選挙(定数200)の結果は下記の通り。

 <与党>

労   働   党:81(+ 71)

ガトーヴィチ社会党:50(+ 28)

<野党>

立 憲 進 歩 党:35(+ 22)

ガトーヴィツキイ・カムニーズム:14(+ 13)

帝 国 発 展 党:10(-135)

正 教 保 守 党: 5(ー  2)

無 所 属・諸 派: 5(+  3)


計200議席

 619年以来156年ぶりに左派連立政権が誕生した。



【政治】第36代首相にカンセーエフ氏 オリガ19年—775年—1月、帝国通信社電

 第630回帝国議会(臨時会)は5日、労働党代表マキシム=グリゴリエヴィチ=カンセーエフ氏(62)を首班指名し、氏は12日、スヴャトスラフ二世君帝陛下によって第36代為政院総理大臣に任命された。

 写真:マキシム=グリゴリエヴィチ=カンセーエフ:713年、チェーニスク県生。セヴェロモルスク帝大卒。全面的にハト派で全方位外交を志向。先祖がゾロアスター教徒であったこともあり、大スラヴ主義懐疑派。



その他ニュース

【社会】大学紛争ほゞ終結 一部過激派による兇悪事件散発

【国際】昭栄国 常帝崩御

【経済】新興国への投資拡大 後れをとるガトーヴイチ

【国際】瓦ヴオ安保締結へ調整加速

【国際】「ヴエニスバブル」を懸念 総合研究所発表
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
5月 07 (月曜日) 2018
【政治】ケレンスキスラヴ評議会議長来瓦 01:02  ガトーヴィチ帝国 
【政治】ケレンスキスラヴ評議会議長来瓦  オリガ17年-773年-2月 帝国通信社電

 ヴォルネスク・スラヴ共和国ケレンスキスラヴ評議会議長・スラヴ同胞団代表が10日、国賓として来瓦した。ケレンスキ議長は同日昼、ラファイル=ミハイロヴィチ=イユーリン総帥と首脳会談を行い、(1)ヴォルネスク人学生のガトーヴィチ留学支援、(2)ヴォルネスクの宇宙開発支援等から成るガトーヴィチ・ヴォルネスク学術文化協定を締結し、加えてガトーヴィチ・ヴォルネスク安全保障条約締結に向けての協議を行った。しかし、大学闘争が激化する中でヴォルネスク人の留学支援を行うのは実質不可能であろう。イユーリン政権としては、今回の首脳会談によって国民のスラヴ民族意識を高めて自身の支持率の向上に繋げようとする意図があったものとみられる。

 ケレンスキ議長は11日朝にスヴャトスラフ二世君帝陛下に接見し、同日ガトーヴィチを後にした。

 イメージ 画像:瓦ヴォ友好



その他ニュース

【社会】占拠続くイヴアン帝大本館 政府は機動隊出動を検討

【国際】ヴオルネスク スラヴ運動の活発化
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
5月 03 (木曜日) 2018
【速報】イヴアン帝大 学生に占拠さる!/【社会】大学紛争 全土に拡大 20:37  ガトーヴィチ帝国 
【速報】イヴアン帝大 学生に占拠さる!  オリガ16年-772年-11月 帝国新報電

 22日未明、イヴァングラート帝国大学の本館(写真)がИИУ全学共闘委員会に占拠され、その場にいた教職員百数十名が拘束された。ИИУ全共委の要求は次の通り。

一、大学の軍事研究を禁ずること

二、反スラヴ主義の弾圧を中止すること

三、イユーリン総帥の退陣、大学・帝国の民主化

 

【社会】大学紛争 全土に拡大  オリガ16年-772年-10月 帝国新報電

 政府による大学への軍事研究の推奨に端を発した大学紛争の拡大が止まらない。セヴェロモルスク帝国大学でのСИУ全学共闘委員会結成の後を追うように、イヴァングラート帝国大学(ИИУ、イーウー)、ドィーム工業大学(ДПУ、デーペーウー)、ヴァダーコイ大学でも全学共闘委員会が結成され、反政府運動が展開されるようになった。秋学期に入り、各大学で授業のストライキが横行している。この学生運動にイユーリン政権はどう対処するのであろうか。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
4月 28 (土曜日) 2018
【社会】セヴエロモルスク帝国大学 紛争拡大す/【政治】イユーリン政権に黄信号 19:47  ガトーヴィチ帝国 
【政治】セヴエロモルスク帝国大学 紛争拡大す  オリガ16年-772年-1月 帝国新報電

 文部科学省は昨年11月、大学への科学研究助成金の配分基準に軍事研究の実績を追加することを決定した。各大学が次々と軍事研究の推進方針を策定する中、これに反対するセヴェロモルスク帝国大学(СИУ、シウー)の法学徒・工学徒は昨年11月、学生自治会を核とするСИУ全学共闘委員会(全共委)を結成、キャンパス内でのデモンストレーションやビラ撒布を開始した。今年に入り、反スラヴ主義思想に対する締め付けに不満を持つ文学徒がСИУ全共委に参加すると、その後各学部学徒の参加が相次ぎ、СИУ全共委は文字通り全学に拡大した。

 現在、СИУ全学共闘委員会は大学の軍事研究反対、スラヴ主義思想強制反対、大学・帝国の民主化の三つを掲げ、デモンストレーション、ビラ撒布を行うとともに、既に工学部で行われている授業ストライキの拡大を呼びかけている。

 写真:夜間デモを行うСИУ全共委

【政治】イユーリン政権に黄信号 オリガ16年-772年-1月、スズメ日報電

 722年以来のイユーリン政権に黄信号が灯っている。760年代の好景気を受けた帝国政府は、帝都再開発、軍備拡張を果断に推し進めたが、760年代末からの不景気に伴う税収減により、軍備拡張の中断と社会保障費の削減を行わざるを得なかった。特に、770年迄にイレギュラーを打ち上げるという目標を達成できなかったことは、国民に深い失望をもたらした。国民の間では、半世紀以上に亘る長期政権に対する不満が広がっており、774年に行われる第35回選挙では、イユーリン総帥(82)は苦戦を強いられる事であろう。

 写真:イユーリン総帥



その他のニュース

【国際】昭栄国議会 民進党勝利/【国際】中夏新総統に謝連舫氏 初の女性大総統/【国際】カルセドニー一時食糧危機/【国際】三頁目国家の誕生を祝ふ/【社説】 安京国際軍事裁判の早期終結を望む
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
4月 22 (日曜日) 2018
【社説】瓦ヴォ関係の展望 22:42  ガトーヴィチ帝国 
【社説】瓦ヴォ関係の展望 オリガ15年-771年-2月、帝国新報電

 ヴォルネスク解放戦争の終戦から14年、停戦から50年が経った。ヴォルネスク・スラヴ共和国は我が国によるインフラ支援と我が国との自由貿易を柱として発展に邁進し、遂に先進指数においてスラヴの同胞ヴェールヌイ社会主義共和国と並ぶに至った。この「ヴォルネスクの奇跡」はもちろん清廉の士たるヴォルネスク・スラヴ民族の努力によるものであるが、その奇跡の種を蒔いたのは我らガトーヴィチ・スラヴ民族である。我ら帝国民はヴォルネスク共和国民と共に偉業の達成を祝い、誇りに思う。

 しかし、近年の瓦・ヴォ関係は希薄化している。ヴォルネスクとの関係を深化させようとする動きが鈍った隙をついて、新興カルセドニー社会主義共和国がヴォルネスクの農業拡大を名目にインフラ投資を行った。その影響であろうか、ヴォルネスク主義を掲げるスラヴ同胞団は、大スラーヴ主義を掲げるヴォルネスク・スラヴ労働者党との連立を解消、国家主義・社会主義的なる全面独立同盟と連立を組んだのである。

 ヴォルネスク・スラヴ共和国は我が国の精神的同盟国である。経済面、文化面、軍事面その他各面において両国関係を更に発展させ、大スラーヴ主義を堅持し、フリューゲルに民族同盟の素晴らしさを説こうではないか。

 イメージ:キエフの大門

(文責 Ю. Т. カラムジン)
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
3月 07 (水曜日) 2018
【政治】軍部省、770年までのイレギュラー打ち上げを宣言 19:39  ガトーヴィチ帝国 
【政治】軍部省、770年までのイレギュラー打ち上げを宣言 オリガ7年-763年-5月、帝国通信社

 アルマノフ軍部大臣は1日、新たな防衛大綱を発表し、770年までのイレギュラー打ち上げを目指すことを宣言した。好調な商品輸出と経済規模の拡大によって「今世紀最大の好景気」(専門家談)に沸く帝国は、国土の拡張と軍事力の増強を果断に推し進めているが、イレギュラーの打ち上げは国際社会での存在感を高めることに繋がるであろう。

 画像:イレギュラーのドット絵

その他ニュース

【国際】レゴリス、足柄総統再選。「老大国の内向き志向に変化なし」と専門家は大胆予測

【政治】海底油田爆発事故で中夏民国と軋轢 安保条約は改正へ

【政治】カルセ選挙まであと6ヶ月 軍部の動向に警戒

【政治】ヴォルネスク・スラヴ共和国に建材を格安輸出。「ヴォルネスクは我が国の友邦」イユーリン首相
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
2月 01 (木曜日) 2018
【社会】ヴォルネスク独立戦争、終戦! 他 19:07  ガトーヴィチ帝国 
【社会】ローシ君帝陛下崩御、スヴャトスラフ二世即位

 ローシ君帝陛下は八月十二日、ガトーヴィチ帝国医科大学付属病院にて崩御あらせられた。宝算百三歳。これを受けてスヴャトスラフ二世皇太子殿下が第十七代君帝に践祚遊ばされた。スヴャトスラフ二世皇太子殿下は御年八十歳に有らせられる。即位式は二十日に行われる予定。

写真:帝居「マリア宮」



【社会】ヴォルネスク独立戦争、終戦! ニーナ32年-757年-2月、イタク通信

 757年2月25日、全参戦国のルンドストレーム講和条約の批准を以ってヴォルネスク独立戦争は終戦した。ヴォルネスク・スラヴ共和国はノ連からの政治的独立、スラーヴ主義に立脚する精神的独立、先進各国との活潑なる交易による経済的独立を果たし前途洋々である、ガトーヴィチ帝国は新生ヴォルネスク・スラヴ共和国の支援と、隷属スラーヴ同胞の解放とに邁進するであろう。



【政治】イユーリン総帥の演説 ニーナ32年-757年-1月、帝国新報

 第600回帝国議会(常会)においてイユーリン総帥(68)が憲政記念演説を行い、続いて為政方針演説を行った。演説では、ガトーヴィチ帝国は更なる国土拡張と防衛力の増強を図る必要があるとし、中夏民国を初めとする諸商業国との好調な貿易を背景に攻めの国家運営方針を打ち出した。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
9月 16 (土曜日) 2017
【社会】人口5千万人突破、最小先進国卒業へ 【国際】進まぬ講和、焦るる帝国 【国際】中夏民国と安保締結 23:28  ガトーヴィチ帝国 
【社会】人口5千万人突破、最小先進国卒業へ ニーナ9年-734年-8月、イタク通信

 国勢調査の結果が20日公表され、帝国の人口が史上初めて5千万人を突破したことが明らかになった。加えて、パビェージン内政大臣は21日、イユーリン政権の国土拡張計画が進捗し、ニーナ12年-737年-にはノイエクルス自由国の面積23.2万Sq.Kmを超える予定であると発表した。長らく「最も面積が小さい先進国(Developed)」を自負し島国根性を標榜してきた帝国は、愈大帝国への端緒を開いたのである。

イメージ:かつて島国根性を標榜し、敢えなく滅亡した国家



【国際】進まぬ講和、焦るる帝国 ニーナ9年-734年-6月、イタク通信

 ヴォルネスク解放戦争は15年目に突入した。ヴォルネスク・スラヴ共和国は自主憲法を制定し、その憲法に則って国政選挙をも実施したにも拘らず、未だに講和条約は締結されていない。ある政府高官は次のように語った。

「ヴォルネスク・スラヴ共和国の政情はほぼ安定しており、休戦合意の内容は全て履行された。これを受け帝国政府は早期講和の為ストリーダ王国に仲介を依頼し確約を得、参戦国に対して講和条約案を提示した。しかし音沙汰がない。徒らに講和を遅からしめんとしているのではあるまいか」

 講和の遅滞、我が帝国の落ち度にあらず、とでも言いたげであった。

 休戦合意は単なる休戦、帝国軍は今なお臨戦態勢を整えている。

もう内容を変えたり対案を出したりする期間は終わりましたよ…賛同オナシャス。



【国際】中夏民国と安保締結 ニーナ8年-733年-6月、帝国通信社

 帝国は6日、中夏民国と安保条約を締結した。中夏民国は新進気鋭前途洋々の国家であり、既に帝国とは農商業化に関する協定を締結して経済関係を深化させている。イユーリン為政院総理大臣は記者会見で「中夏民国は我が国にとって最も重要な新興国である。食料・石材貿易を活発化させ、将来的に商品輸出も視野に入れて経済・軍事ともに更に関係を深化させていきたい」と語った。





name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.