㏍違ゃ

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





箱庭国際社会7
箱庭諸島のスススス島
箱庭諸島S.E.A.-帝國興亡史

メインメニュー

オンライン状況

2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
Sort by Vote Ranking
2017 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08
2016 | 01 | 02 | 03
2015 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 09 | 10 | 11 | 12
帝国新報  ガトーヴィチ帝国政府公認の報道機関。新聞の発行が主業務。
8月 02 (水曜日) 2017
【慶祝】ガトーヴィチ帝国建国300周年記念式典挙行さる 他 23:59  ガトーヴィチ帝国 


【慶祝】ガトーヴィチ帝国建国300周年記念式典挙行さる

 写真:軍事パレードの様子

   建 国 三 百 周 年 万 歳

  大 ス ラ ー ヴ 主 義 万 歳

 ロ ー シ 君 帝 陛 下 万 々 歳




 ニーナ2年-フリューゲル歴727年-1月16日、悠久の歴史と伝統と数々の勝利に輝くガトーヴィチ帝国は、建国300周年を迎えた。これに伴い、西イヴァングラート県にある帝居前のジュラーブリ広場(鶴の広場)において、ガトーヴィチ帝国建国300周年記念式典・記念軍事パレードが挙行された。式次第は次の通り。

  1.ファンファーレ「歴史」演奏

  2.ローシ君帝陛下による瓦都美地帝国建国三百周年に関する勅語、君帝院大学附属小学校の児童による花束贈呈

  3.イユーリン為政院総理大臣によるガトーヴィチ帝国建国300周年の祝言

  4.ガトーヴィチ帝国歌「栄えよ、ガトーヴィチ!」演奏

  5.軍事パレード

  6.帝国民大行進

 記念式典及び記念軍事パレードは青空の下遅滞なく執り行われた。

 フリューゲル各国の来賓は次の通り。

  ヘルトジブリール社会主義共和国 ステファニー・ドール国家評議会議長閣下

  タヂカラオ国 クリス・タヂ・カーリン大統領閣下

  ヴォルネスク・スラヴ共和国 ウラジーミル・N・シャラポフ共和国議会議長閣下

  トルキー社会主義共和国 ダーマード・デュラン外務大臣閣下

  ローレル共和国 ミシェイル・バルン秘密警察長官兼外相臨時代理閣下

  セニオリス共和国 アルベルト・ハルヴァリ大統領閣下

  ストリーダ王国 フリッツ・シュナイダー外務副大臣閣下

  アリア連邦 連邦大統領閣下、外務大臣閣下

  ヴェールヌイ社会主義共和国 オリェーク・ザテエフ外務大臣閣下

  ロムレー湖畔共和国 ルイ・ロドルフ・セナンクール駐ガトーヴィチ大使閣下

  レゴリス帝国 フィリーネ・バルシュミーデ外務大臣閣下

   ※1招待した先進国では昭栄国、テークサット連合が不参加

   ※2シャムレー民主共和国より祝電

   ※3中夏民国より祝電と干しアワビの詰め合わせ



【慶祝】ガトーヴィチ300年の歩み ニーナ2年-727年-1月、帝国新報

 ガトーヴィチ帝国はフリューゲル歴427年1月16日、イヴァン=イヴァノヴィチ=リーソフを君主として建国を宣言し、432年にイヴァンを初代君帝に推戴した。まもなく絶対君主制から立憲君主制へ移行。経済面では燃料輸出で得た外貨によって工業化を推進し、外交面では成蘭連邦王国と安全保障条約を締結して強固な同盟関係を構築した。519年に建国から百年足らずで先進国入りすると、五国協商(ミッドガルド帝国、成蘭連邦王国、ティユリア王国、昭栄国)の一角として対日ノ本戦争と日ノ本懲罰戦争に勝利、その後の瓦辺戦争にも勝利した。国体純化法施行と半世紀以上の鎖国によって大スラーヴ主義を標榜する一大帝国に生まれ変わると、スラヴ連合を結成しヴォルネスク解放戦争でヴォルネスク・スラヴ共和国の独立を実現させた。

 かくも輝かしい歴史を有する帝国は、近年フリューゲルにおける存在感を益々大きくしている。帝国の未来は明るく、建国400周年を迎える頃には更なる発展を遂げていることだろう。



【慶祝】ローゼッカー首相より親書贈らる ニーナ2年-727年-1月、イタク通信

 ストリーダ王国の来賓フリッツ・シュナイダー外務副大臣は、マグダレナ・ローゼッカー首相からの親書を持参した。親書の内容は下記の通り。

ガトーヴィチ帝国が建国300周年を迎えるにあたり、ストリーダ王国政府および国民を代表してお祝い申し上げます。こういった歴史的な節目を迎えられることは、ガトーヴィチ国民の並ならぬ努力の賜物であると感嘆いたします。

ガトーヴィチ帝国はフリューゲルの中で、我が国と最も長い歴史を有する国です。両国間の最初の交流は6世紀初頭に遡ります。505年にガトーヴィチ・ミッドガルド・ストリーダ銀協定が調印された時、建国されたばかりの我が国は諸外国に門戸を開いたばかりでありました。両国は共に互いを別世界の非常に遠い存在と認識しつつも、協力関係を築くことが両国にとって新たなチャンスとの出会いとも思われていました。そしてそれ以降、両国は通商分野を超えて交流を広げつつ、長きに渡る関係を築いてきました。その延長上に今日の両国の繁栄があり、これまで両国の交流に携わってきた方々の恩恵に感謝せずにはいられません。

ただ、こうした意義深い歴史があるとはいえ、両国が互いの存在を当然視してよいということにはなりません。両国を取り巻く世界情勢の変化を避けて通ることはできず、目下の世界情勢は、周知の原因により政治的に難しい局面に直面しています。しかし、こういう時だからこそ、絶えることなく意思疎通を図り、相互に学びあう努力を重ねなくてはならないものと確信しております。

建国300周年という大きな節目を、単なる歴史の一部分に留まらず、新鮮な目でこれまでの長い歴史を共に振り返り、相互利益と協力のもとに新しい時代を共に考える好機になること、更には、両国間の交流をより活発なものとするきっかけになることを期待しております。

最後に、ガトーヴィチ帝国の発展と繁栄、そしてガトーヴィチ帝国国民の皆様のご多幸とご健康を祈念し、私のメッセージといたします。

ストリーダ王国首相

マグダレナ・ローゼッカー


イユーリン首相は翌17日の記者会見で親書に言及し、「ガトーヴィチ帝国とストリーダ王国は、工業国として競合こそすれ、相互に親愛の情を抱き続けている。ローゼッカー首相の親書に感謝の意を表する」と謝意を表した。

写真:ストリーダ王国旗



その他ニュース

【国際】ヴォルネスク、銀鉱発見に成功 瓦・天が大規模投資

【国際】昭栄国、食料取引の一部のレートを10:3へ引き下げ。「適正な食料価格の模索を歓迎」農林水産相

【国際】中夏民国、採石場とウラン鉱を僅か1週間で発見

【国際】テークサット停滞に不安広がる
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
7月 28 (金曜日) 2017
【帝室】パストパート君帝陛下 崩御/【社会】新元号「ニーナ」 18:55  ガトーヴィチ帝国 
【帝室】パストパート君帝陛下 崩御 ―ローシ皇太子殿下御即位へ― 

プロスキ26年-726年-4月、帝国新報電

 畏くもパストパート君帝陛下に於かせられては、3日午前11時、ガトーヴィチ帝国医科大学付属病院にて、老衰のため、崩御有らせられた。宝算89歳。これを受け、ローシ皇太子殿下が第16代君帝に践祚有らせられた。ローシ皇太子殿下は御年72歳に有らせられる。即位式は10日に執り行われる予定。

写真:パストパート君帝陛下御葬儀



【社会】新元号「ニーナ」プロスキ26年-726年-4月

 ジャルコフ宣伝大臣は3日午後3時、新元号を「ニーナ」に決定し、翌日改元する旨を発表した。慣習に倣い、皇后殿下の御名から採用された。

【国際】龍鮮滅亡近し 3月、イヴァングラート通信社電

 龍鮮人民共和国では反乱軍6勢力が龍鮮全土を縦横無尽に進軍し、今や龍鮮共産党が支配する地域の人口は2万人弱となった。再び国際社会にーー今度は反共国家としてーー復帰することを祈る。

写真:龍鮮地域の空撮









【国際】ニャンニャン復興 3月、イヴァングラート通信社電

 反乱軍の狼藉によって国民の二人に一人が亡くなるという大惨事に見舞われたニャンニャン合衆国であるが、我が国とノイエクルス連邦の砲撃によって反乱軍は一掃された。現在のニャンニャン合衆国では復興が完了して何事もなかったかのように発展を遂げている。



その他ニュース

【国際】レゴリス、PDEC脱退/【国際】ストリーダ、AFNに接近
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
7月 13 (木曜日) 2017
【政治】国体純化法改正さる 社会主義政党復活へ/【政治】商工貿易相の発言で波紋 20:46  ガトーヴィチ帝国 
【政治】国体純化法改正さる 社会主義政党復活へ

プロスキ23年-723年-10月、帝国通信社電

第542回帝国議会(常会)は10日、国体純化法の改正案を賛成多数で可決した。国体純化法はナフツガヤ11年-641年-、君帝主義・スラーヴ主義に立脚する国家像を掲げて侵蝕的な内的営力ー異教主義や無産主義を排し帝国を発展させる目的で制定された法律であった。新しい国体純化法では、無産主義を排斥する条文が削除されており、これが制定されれば、無産主義・左翼政党の活動がおよそ80年ぶりに認められることになる。

画像:社会主義(イメージ図)



この方針転換の理由について、ザモーク(官公庁街)の専門家は、「帝国発展党は結党以来社会主義を敵視していたが、ヴォルネスク解放戦争ではヴェールヌイ社会主義共和国とヘルトジブリール社会主義共和国の力を借りることになった。この矛盾を解決するために、党是をねじ曲げたのだろう」と分析した。



【政治】商工貿易相「もうレゴリスにおもねることはない」発言で波紋

プロスキ23年-723年-10月、スズメ日報電

ハロードニン商工貿易大臣が3日、自身の後援会主催のパーティーで「もうレゴリスにおもねることはない」と発言したことが報道され、波紋が広がっている。発言の詳細は次の通り。

「…(ガトーヴィチが締結を打診した)不可侵条約を無視して、挙げ句の果てに途上国の口車に乗せられてナントカ(=資源輸送保障)原則の適用を中止するという。ガトーヴィチは商品と燃料を必死で輸出してたのに、まったく恩を仇で返すんですから。もうレゴリスにおもねることはありません!(会場拍手)」

ジャルコフ宣伝大臣は、発言に関する記者からの質問に「あれは一個人の発言であって政府の公式見解ではない」と答えるなど火消しに躍起であった、帝国発展党の高級幹部は次のように語る。

「口では否定しているが、政府の意見はハロードニンに同じだよ。」



=その他ニュース=

【帝室】パストパート君帝陛下、風邪のためご入院/【国際】ローレルで反テロ取締法施行。「閉鎖的になることを懸念」「テロの取締りに反対するのか…」/【国際】ウラン産出量が世界中で増加。「現在の惑星フリューゲルはツン24%デレ76%」ガトーヴィチツン・デレ協会発表/【広告】「イユーりんとモブおじさん」定価500Va
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
7月 08 (土曜日) 2017
【政治】第33回選挙帝国発展党完勝/【政治】イユーリン首相選出さる 14:44  ガトーヴィチ帝国 
【政治】第33回選挙 帝国発展党完勝 プロスキ22年-722年-10月、イタク通信

ヴォルネスク解放戦争のために2年順延されていた第33回帝国議院議員選挙が、20日投開票された。結果は下記の通り。

<与党>帝国発展党:192(+17)

<野党>正教保守党:4(-4)/立憲進歩党:3(-9)/労働党:1(-1)/無所属:諸派:0(-3)

計200議席

ヴォルネスク解放戦争における実質的勝利をもたらした、右派の帝国発展党が完勝した。中道右派の立憲進歩党と、中道左派の労働党に、かつて政権を争った面影はない。



【政治】イユーリン首相選出さる 722年10月、イタク通信

第538回帝国議会(臨時会)は、帝国発展党ラファイル=ミハイロヴィチ=イユーリン総帥(32)を首班指名した。畏くもパストパート君帝陛下におかせられては、同氏を第34代為政院総理大臣にご親任遊ばされた。

写真:ラファイル=ミハイロヴィチ=イユーリンРафаил Михаилович Июлин:690年、セヴェロモルスク県生まれ。イヴァングラート帝国大学医学部に在学中、20歳にして、710年の第32回選挙に初当選。その明晰なる頭脳をガルボーイ総帥(当時)に買われ、帝国発展党で瞬く間に出世し、711年には帝国発展党総帥に就任。今回、史上最年少で為政院総理大臣に就任することとなった。



イユーリン総帥は、第539回帝国議会(常会)において次のような施政方針演説を行なった。

「我が国は、先のヴォルネスク解放戦争において、ヴォルネスク・スラヴ共和国の独立という最大の目標を達成することができました。

私は、ガルボーイ前総帥の意思を引き継ぎつつ、


  ガトーヴィチ帝国が、更なる発展を遂げるために、


  ガトーヴィチ帝国が、大スラーヴ主義の旗の下、スラヴ民族の盟主となるために、

  そして、ガトーヴィチ帝国が、フリューゲルを牽引する国家となるために、


為政院総理大臣として全力を尽くすことを誓います。

議員諸君、帝国民の協力を期待します。

君帝陛下万歳!大スラーヴ主義万歳! ガトーヴィチ帝国万々歳!


 帝国議会が万雷の拍手に包まれる中、国防省吹奏楽団によって帝国歌が吹奏され、本会議は散会した。

 
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
7月 03 (月曜日) 2017
【国際】ノ連と停戦 ヴォ完全独立間近 21:45  ガトーヴィチ帝国 
【国際】ノ連と停戦 ヴォ完全独立間近 プロスキ22年-722年-2月、イタク通信電

 ガトーヴィチ帝国、ヴェールヌイ社会主義共和国、ヴォルネスク・スラヴ共和国、ヘルトジブリール社会主義共和国はプロスキ21年-721年-5月15日、以下の条件でノイエクルス連邦との停戦に合意した。



1. ヴォルネスク特別行政区の領域において独立したヴォルネスク人による政府を建設する。

2. 正式政府樹立のため、ヴォルネスクにおいて自由選挙を実施する。

3. 自由選挙に際しては各国の合意に基づき国際選挙監視団を編成する。

4. ミハイル州への治安維持活動に際し、軍事行動の決定を下した人物は臨時行政府及び正式政府から排除される。

5. 第4項に該当する人物を除き、ヴォルネスク特別行政区公職者の臨時行政府及び正式政府への参加は阻害されない。

6. 正式な政府が発足するまでの間、ヴォルネスクにおける行政はヴォルネスク・スラヴ共和国臨時行政府に委ねられる。

7. ノイエクルス連邦は正式政府が発足し憲法が制定され次第、ヴォルネスクの独立を認める。

※国際選挙監視団はストリーダ王国、昭栄国の2か国へ編成を依頼する。



ヴォルネスク・スラヴ共和国の完全独立は確実であり、実質的に我が国の勝利と言えよう。

また、ノ連とは、完全独立後に戦争終結のための平和条約を締結する方向性で一致した。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
6月 26 (月曜日) 2017
【国際】我が瓦軍、ノ連を攻撃 首相会見要旨 20:36  ガトーヴィチ帝国 
【国際】我が瓦軍、ノ連を攻撃 首相会見要旨 プロスキ20年-720年-9月、帝国通信社電

 アジンスキー軍部大臣は3日、ガトーヴィチ帝国陸軍がノイエクルス自由国に向けて100発のミサイルを発射し、都市の防衛力を低下させる戦果を上げたことを発表した。続いてガルボーイ為政院総理大臣が臨時記者会見を行い、軍部大臣の説明を復唱した後、帝国民を代表する記者団の質問に答えた(以下要旨)

 記者А「具体的な戦果を教えてほしい」

 首相「ノイエクルス自由国ストラフトン地方(11,13)を中心として普通ミサイル100発を発射、防災都市のランクをAからCまで低下せしめた」

 記者Б「初手はミサイル基地や防衛施設を砲撃するのが筋では」

 首相「戦術に関わるので詳細には回答できないが、ミサイル基地や防衛施設を砲撃するよりも、都市の防衛力を低下させる方が効果的であると判断した」

 記者В「今回の攻撃開始と、先日の交渉における『なるべく静かな状況で交渉を進めたいから、ノ連への攻撃を控え』るという発言との整合性についてどのように考えているか」

 首相「『攻撃を控え』るというのは、ノ連が完膚無きまで破壊されるほどの総攻撃をしないという意味であり、攻撃をしないという意味では決してない」

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
6月 25 (日曜日) 2017
【国際】ノイエクルス連邦に宣戦布告 11:26  ガトーヴィチ帝国 
【国際】ノイエクルス連邦に宣戦布告 プロスキ20年-720年-6月、イタク通信電

 帝国政府は10日、君帝陛下の御名において、ノイエクルス連邦に対して宣戦を布告した。ガルボーイ為政院総理大臣は同日夜、国民に向けて談話を発表した。

「スラヴ連合は、ヴォルネスク市民の生活水準の低下とノイエクルス人による一層の弾圧とを危惧し、ノイエクルス連邦に対して建設的な提言を行いました。しかし、好戦的なノ連は、この提言の受諾を拒否するのみならず、我が国に対して国交断絶を通告しました。さらに、スラヴ連合の提言に触発され、ヴォルネスク・スラーヴ人労働者党の先導によって蜂起したヴォルネスク市民に対して、ノ連は無慈悲な砲撃を加えました。事ここに至りて、スラヴ連合の盟主である我が国は、懲罰、生活向上、自由、解放のために宣戦を布告したのです」

 続いて、諸外国に向けて声明を発表した。

「ヴォルネスク特別行政区の実態は、インフラ0を指す統計を見ても、スラヴ連合の調査結果を見ても明らかである。人道主義を掲げる国ならば、我が国の味方となるべきこと、少なくともノ連の味方となるべからざることは明白だ」

 最後に、ノイエクルス連邦に向けて声明を発表した。

「我が国は、スラヴ連合の第二声明に比して、緩い休戦条件を設けた。聡明であるべきノイエクルス連邦政府が、戦争の回避を決断することを期待する」



【社会】来るべき戦争に帝国民団結 プロスキ20年-720年-6月、帝国通信社電

 宣戦布告の翌2日、帝居前のジュリャーブリャ広場(鶴の広場)で帝国民総決起集会が挙行され、5万人を超える帝国民が集い、来るべき戦争への覚悟を示した。日をおいて、西イヴァングラート県の田の中の救世主教会や、イノラ県の怪獣神社で、正教式・ガトーヴィチ宗式の戦勝祈願が執り行われた。

 スラヴ民族としての自負心、連帯意識、スラヴ民族の協同精神の現れである。



【国際】ヴォルネスク ミハイル州独立 プロスキ20年-720年-5月、赤い星通信電

ミハイル州地区軍は5月、火炎瓶党、スラヴ人ヴォルネスク労働者党=実力行動委員部ミハイル州部隊と連帯し、ミハイル市を実効支配、北ヴォルネスク・スラヴ人共和国の建国を宣言した。ノイエクルス連邦はこれを破壊せんとしている。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
6月 15 (木曜日) 2017
【経済】不安定なる商品貿易 02:04  ガトーヴィチ帝国 
【経済】不安定なる商品貿易 718年9月、ドィーム工業新聞

>>【経済】ノホ・ヘレコ連邦崩壊により工業国の銀不足が深刻化、商品過多から不足期の到来か(717年 9月付)アズリール国際通信/ヘルトジブリール社会主義共和国

 一昔前は供給過剰だった商品が、今や供給不足に--。その原因は世界市場の復活と銀輸出国の減少だ。

 我が国は710年代に入って以来、国内市場の拡大に努めてきたため、現在の商品供給不足の傾向への対応は後手となっている。しかし、ここで商品輸出の主導権を握ることができれば、我が国の存在感は飛躍的に強まるだろう。

 図:商品輸出額の推移(単位:兆Va相当)



その他のニュース

【国際】'三面国'の消滅、避けられぬ情勢 新興国への支援が鍵

【国際】京和声明発出さる ヴァノミス国内の安定化

【国際】龍鮮人民共和国建国さる 「資源輸出国としての発展に期待」
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
5月 30 (火曜日) 2017
【政治】瓦の存在感低下/【社会】首都機能の移転検討 ヴァノミス災害を受け 22:30  ガトーヴィチ帝国 
【政治】瓦の存在感低下 716年3月、スズメ日報電



 ガトーヴィチ帝国政府は、レゴリス帝国に対して3年あまり前に不可侵条約の締結を打診していたが、今日まで返答はなかった。ところが、716年3月12日、レゴリスがシャムレー民主共和国の安全を保障する旨のRS-SCPAが、シャムレーの首都エル・ファルカウで両国代表の調印をもって、発効した。

 瓦辺戦争、あるいは五国協商以来の朋友であったガトーヴィチが置いてけぼりにされ、新興国であるシャムレーとの協定が先行したことについて、帝国発展党内では「ガトーヴィチの存在感低下」「フリューゲルからの孤立」を危惧する悲観論が聞かれている。

 写真:25669期(712年11月)の打診

(解説:瓦辺戦争(635~637)…ガトーヴィチがベルサリエーレ王国政府の住民虐殺を咎めた戦争。帝国発展党の指導の下、輝かしい勝利を収めた。

五国協商(6世紀中頃)…日ノ本帝国を成敗するために結成された、ガトーヴィチ帝国、昭栄国、旧ミッドガルド帝国、旧成蘭連邦王国、旧ティユリア連邦王国からなる協商。

【社会】首都機能の移転検討 ヴァノミス災害を受け 716年3月、帝国通信社電

 帝国発展党は、党の政策審議委員会で公約に首都機能の移転を盛り込むことを決定した。具体的には、国会機能を現在の西イヴァングラート県から開発が進むズヴェズダー県へ移転する。

 В. Е. ズダニエフ政審委員長は、この決定の背景には、巨大隕石が首都に落下して政府中枢機関が全滅、王族もアルトリア王女以外全員逝去という大惨事に遭ったヴァノミス連邦の件が念頭にあったと語った。

 写真:国会議事堂(左上)とズヴェズダー島(右)
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
5月 27 (土曜日) 2017
【国際】栄えよ、ノホ・ヘレコ!/【国際】スラヴ連合、ヴェールヌイに関する声明を発表 12:54  ガトーヴィチ帝国 
【国際】栄えよ、ノホ・ヘレコ! 715年5月、イヴァングラート通信社電

 715年5月、ノホ・ヘレコ連邦は解体された。ENECの加盟国、代え難い食料輸出国、食人文化の継承者は食料不足によって解体を余儀なくされたのだ。

 しかし、ノホ・ヘレコ民族…マオリ・ハルゥハ・アカトゥキはスラーヴに匹敵する気丈な民族である。フリューゲルに散逸したスラーヴ民族が、目下統合しつつあるように、ノホ・ヘレコの三民族もまた、堂々たる国家を打ち立て、国際社会へ華々しく復帰することであろう。(文責:М. Г. ウリヤノフ)



【国際】スラヴ連合、ヴェールヌイに関する声明を発表 715年5月、イタク通信電

 スラヴ連合は、ヴェールヌイ社会主義共和国で反政府的な集会が同時に多数発生したことについて、声明を表した。

——

<第一声明>ヴェールヌイ社会主義共和国における大スラーヴ主義の発露について

 714年11月、ヴェールヌイ国民は怒りの声を上げた。政治、経済、外交ーーあらゆる活動の鈍化が、国民を同時多発的な集会行為に駆り立たせたのだ。ヴェールヌイは、国民の大半がスラヴ民族であり、統治する人間もまたスラヴ民族である。にも拘らず、政治家と役人は、天賦の民族的単一性を無視して、多民族社会主義国家を標榜している。ああ、この行いのなんと勿体ないことか!確かに、建国以来の伝統である社会主義を放棄することは、ヴェールヌイのためにならないだろう。そして、きっと社会主義であるからには多民族を冠さねばならない、と考えているのだろう。

 しかし、断言しようーー社会主義と大スラーヴ主義は両立できるのだ。今日のヴェールヌイの停滞の、根本の原因は、建国以来150年の長きにわたり、労働者としての共感のみに基づく団結を求められた、ヴェールヌイ国民の疲弊にある。陳腐化の瀬戸際にある労働者の団結に、スラーヴ民族の団結を加えれば、国民の団結心は回復するであろう。さらに、ガトーヴィチやヴォルネスクといった国外同胞との連帯を加えれば、国民の団結心は二倍、三倍になるであろう。ヴェールヌイのスラヴ民族よ、大スラーヴ主義を前進させ、繁栄を謳歌せよ!

——

 また、ヴェールヌイ人民警察は、集会の裏に組織的煽動があったと見て、ベルーサ民族主義労働連合を引き合いに出しつつ、民族主義団体の摘発を視野に入れているという。この動向について、宣伝大臣は次のように述べて懸念を表明した。

 「ヴェールヌイにおける同時多発的な集会行為は、現政権に不満を抱く国民が自発的に起ち上がり、SNSを介して情報拡散を行なったために発生したのであって、大スラーヴ主義を掲げる機構が直接の原因として批判されるのは筋違いです。」
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.