util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 26

もっと...
Sort by Vote Ranking
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07
2018 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10 | 11 | 12
2017 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2016 | 01 | 02 | 03
2015 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 09 | 10 | 11 | 12
帝国新報  ガトーヴィチ帝国政府公認の報道機関。新聞の発行が主業務。
12月 10 (火曜日) 2013
【経済】政府、銀の確保に奮闘 【帝室】大幹帝国皇帝夫妻訪瓦 他 22:32  ガトーヴィチ民主帝国 
【経済】政府、銀の確保に奮闘(協定締結)

 帝国政府は昨年12月1日と今年2月5日に、銀取引に関する協定を締結した。前者は新興国ニヴルヘイム帝国と締結した「ガトーヴィチ帝国とニヴルヘイム帝国との間の銀鉱山開発に関する協定」(通称:瓦ニ銀協定)であり、後者は世界一の生産高を誇る工業国、ミッドガルド帝国と締結した「ガトーヴィチ帝国及びミッドガルド帝国間の共同銀鉱山開発に関する協定」(通称:瓦中共同銀協定)である。両者とも協定案を起草したのは政府の商工貿易省である。工業に詳しいスヴェトラフ博士は弊社の取材に「帝国の利益確保を目指しつつも、相互扶助の観点に立った協定であり、全く素晴らしい。」と語った。(※1→協定締結を打診したのはミッドガルド)

▲ガトーヴィチ側の協定原本

 一方、国語学の権威であるヤナギダスキー教授は、両協定の文章に着眼し「官僚はこのような拙い文章しか書けないのか。瓦中共同銀協定の第5条などは、何についての独占取引権かが書かれておらず、誤解を招く恐れがある。コンポ語ではないのだから、より詳細を記した文章にするべきだった。」と内容を批判した。

 また、関係者への取材で、瓦二銀協定締結より前に、ミッドガルドから共同銀協定の打診が来ていたことが明らかになった。本来ならば、ミッドガルドとの共同銀協定を締結した後に、ニヴルヘイムと協定を締約するべきところであるが、政府は国益を考え、ニヴルヘイムの銀を独占する方針を採ったという。しかし、一部専門家は「共同銀協定締結はミッドガルドの現在の銀輸入ネットワークを容認することを意味する。ニヴルヘイム産の銀を独占、あるいはそれに近い状態にすることは不可欠であった。」と政府の行動に一定の理解を示している。(10年2月7日)



【帝室】大幹帝国皇帝夫妻訪瓦 君帝陛下と御会談

 ガトーヴィチ帝国を訪問中の大幹帝国皇帝夫妻は11月28日、帝城応接の間で君帝陛下と御会談された。1時間の会談で朴純徳皇帝は、戦禍に遭った幹国への支援に対する感謝を述べられた。君帝陛下は、ドィーム県西部の巨大隕石落下の際に、幹国から来た多くの支援に対する感謝を述べられた。会談の最後には、二国間関係の更なる深化を願われた。(9年11月29日)



【国際】ファイアリヒ、コンビョーゾを安保下に置くか

 ファイアリヒ連邦王国がコンビョーゾ王国を安保下に置く予定であるという情報が、両国の帝国新報駐在員から伝えられた。帝国民の声を掲載する。

「コンビョーゾはガトーヴィチの友好国。友人を取られたような気分です。」(男、会社員、52歳)

「ファイアリヒの駐留軍は女王とお会いできるんでしょう? うらやま。」(男、会社員、24歳)

「女王陛下hshsしたい」(男、無職、43歳)

「友好国の安定は、ガトーヴィチにとっても喜びのはずです。」(女、公務員、30歳)



その他ニュース

【国際】クラーシェ・カールスラント間で戦争、カールスラント降伏。

【国際】カールスラント、荒廃した国土を放棄、旧首都に公国を建国。

【国際】エーラーン教皇国の国旗デザインに賛否両論。しかし帝国旗のデザイン性が皆無である点では一致。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
11月 30 (土曜日) 2013
【社会】巨大隕石落下す 【国際】食料定期貿易 【国際】テオドラ新国王陛下の戴冠式 22:32  ガトーヴィチ民主帝国 
【社会】巨大隕石落下す

 21日午前5時頃、ドィーム県西部に突如巨大隕石が落下し、200万人強が死亡した。ヴォーイニン首相は会見で犠牲者への哀悼の意を表すると同時に、被害を最小限に抑えるためにも迎撃衛星の開発、打上げが必要であると述べた。この災禍に対し、各国から哀悼の意及び援助が届いている。タヂカラオ国からは援助金1兆Va、食料10億t、鉄鋼1億t、建材1億tが輸送された。大幹帝国からは食料80億tと建材5000万tが輸送された他、救助チームが派遣された。また、ミッドガルド帝国外務省が哀悼の意を捧げた。(Евa8年4月21日、ドィーム速報社電)



【国際】食料定期貿易始まる

 帝国商工貿易省は12日、ガトーヴィチ帝国・大幹帝国間における食料定期貿易(2兆Va=20億t)を開始したことを発表した。建国以来の重工主義によって、帝国の食料自給率は年々悪化しており、食料危機を懸念する農林省の要請もあって定期貿易が計画された。(Ева8年6月13日)



【国際】戴冠式にカンザスキー外相出席す

 ティユリア連合王国において、テオドラ新女王陛下の戴冠式が行われた。帝国からはカンザスキー外務大臣が出席していたが、昨夜帰国した。外相は詰めかけた取材陣に「(新女王は)陛下の文を読んでくださったようで、国家級の両国王室・帝室の交流、民間級の関係がともに進展することを臨まれているようだ。」と述べた後、晩餐会の感想を半時間近く、熱く語っていた。(Ева8年6月20日)

 







name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
11月 16 (土曜日) 2013
【政治】省庁再編成る、【速報】気象衛星打上げ、【社会】フ歴500年 他 20:40  ガトーヴィチ民主帝国 
【政治】省庁再編成る

 進発国(立憲進歩党、帝国発展党、国民党)三党が共同提出した帝国省庁等改革基本法案が8日、帝国議院本 会議で満場一致で可決された。同法は公布後即日施行された。ヴォーイニン首相が施政方針演説で述べた改革の一つである省庁再編が実を結んだことで、政権の体制は盤石なものになったといえる。再編後は、今まで11あった省が14に増え、二院十四省の体を採ることとなった。素人目には、以前よりか各省が担当する業務が明快になったように思える。しかし、政治評論家らからは「帝国省庁の最大の問題点である『独立せざる司法(注1)』が解決されていない。」という批判の声が上がっている。

 今回の省庁再編の主な目的は、省の業務の重複を解消することであった。今までの省庁組織では、燃料を輸出入するのは産業省、燃料の需要供給の調整を行うのは熱源省というように、似たような業務を複数の省が管轄してしまっていた。首相は就任以前から「省庁組織を改善すれば、例えば燃料の小売店に対し産業省と熱源省の二省から指示が来るような事がなくなる」と述べ、再編の必要性を訴えていた。

 また、産業省の失態も結果として再編を後押しした。帝政カールスラントとの石材貿易において、ある重大なミスを犯したのである。ヴァダーコイ港の管制官であるフクシミン氏は、その時を振り返ってこう語る。「…あれには面食らっちまった。港がら産業省所属の貿易船が出たんだよぉ。したっきゃ、3時間ぐれーで、(貿易船が)港さ戻ってきたんだど。」あろうことか、貿易船に対し「TOガトーヴィチ帝国 THING石材1億t」という指示が出されていたのである。この指示通り忠実に働いた船長も船長ではあるが、これは無能な産業省が絶対的権力を持っているがゆえの珍事といえる。帝国民が省庁再編を望むようになる大きな理由となったことはいうまでもない。

 さらに、国防省が軍務省という名前に変更になり、国際的協調の下に軍を派遣することが可能になったことも付記したい。(Ева6年(500年)4月、帝国新報電)



(注1)三権の内「司法」(司法裁判省、旧司法省)については、行政(帝国為政院)の下に置かれてしまっている。これを揶揄した言葉が「独立せざる司法」である。





【速報】気象衛星”ИВАН”の打上げに成功

 帝国国防省は16日、緊急の会見を開き、気象衛星“ИВАН”の打上げに成功したと発表した。打上げは建国記念日たる1月16日に合わせる形でナダニヌール(Нодонинур)宇宙基地で行われた。ヴォーイニン首相は打上げ成功の報を受け声明を出し、「全帝国民の悲願が達成された。気象衛星の観測記録により、農業や小売業の経営に良い影響がもたらされるだろう。」と述べた。また、大幹帝国外務院から、打上げ成功に対する祝意が伝えられた。

(Ева6年1月、帝国新報電)



【社会】フリューゲル歴500年祝う催し、帝国全土で開かる

 フリューゲル歴500年を迎えたガトーヴィチでは、各地で500年を祝う催しが開かれている。大衆歌謡の作曲家サヂェーニンさんの意欲作「ゴーゴー五百年」は大ヒット中である。(Ева6年1月、ヴァダーコイ新聞電)



その他のニュース

【社会】国営畜産場開設せらる

【国際】大幹帝国、財政破綻による行政活動停止の責任をとり金内閣総辞職す

【国際】友邦コンビョーゾ王国で動乱、外政省「帝国が他国の内政状況に干渉することは許されない」

【国際】帝政カールスラントで国民がゾンビ化、外政省は帝国民に対し帝政カールスラントへの渡航自粛を要請

【国際】シュレジエン共和国、地盤沈下で滅亡
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (7)
11月 01 (金曜日) 2013
【政治】ヴォーイニン政権誕生す 22:01  ガトーヴィチ民主帝国 
【政治】第8回帝国議院議員選挙

 Ева4年(498年)2月15日に実施された、任期満了に伴う第8回帝国議院議会選挙の結果は次の通りである。

立憲進歩党………………95議席(-13)

国民党……………………43議席(+9)

帝国発展党………………30議席(-10)

ガトーヴィチ共産党………16議席(+5)

ゾロアスターの勝利………11議席(+6)

無所属・諸派………………5議席(+3)

計200議席



与党立憲進歩党(以下立進党)は、途中低迷する傾向にあった商品輸出にテコ入れを行い、輸出額は過去最高の約400兆Va相当/年となった。またミチオリチェンコ前首相の軍拡路線を踏襲し軍事力(軍事技術)をこの10年間で20倍にした。大戦がもたらした国防の弱さに対する危機感もこれを後押しした。しかしズボーロフ政権下での腐敗、政治の革新気運などが原因となり、立進党は若干数議席を失って過半数の101議席を割ることとなった。極右政党帝国発展党は、右傾化する立進党との差別化を図る点で更に右傾化せざるをえず、却って帝国民はドン引きしてしまった。獲得議席は25%減の30議席で、第二党の座を国民党に明け渡す結果となった。左派政党国民党は、帝国民に生じた厭戦気分を汲み取る形で軍事費削減を提唱して与党に真っ向から反対。結果議席を増やし第二党の座を獲得した。ガトーヴィチ共産党、ゾロアスターの勝利は、それぞれ社会主義国の誕生と聖マズダー教国の興隆のために議席を大幅増とした。

 今回の選挙で再び第一党となる立憲進歩党のヴォーイニン総裁は、立憲進歩党が今後も帝国発展党との協力関係を維持する事を表明。同時に、「協力といえども、我が党は発展党の政策すべてに賛意を送る訳ではないし、これは発展党側もしかりだ。更に、これは巨大隕石等の災害から帝国民を守るための軍事力強化である。」と述べ、メディアが指摘する右傾化には当たらないと強調した。



【政治】ヴォーイニン政権誕生

 第70回通常国会は3月1日、第9代為政院総理大臣に立憲進歩党総裁ドミトリー=ドミートリエヴィチ=ヴォーイニン氏(62)を選出した。1週間後の3月8日、ヴォーイニン新首相は為政院の院僚人事を済ませた後君帝陛下の親任式に臨み、ヴォーイニン為政院を発足。同日夕刻に国会議事堂大階段で記念撮影を行った。



【政治】「宇宙開発に着手す」――施政方針演説

 ヴォーイニン新首相は3月11日、国会で施政方針演説に臨んだ。演説の骨子は(1)工業国の地位の堅持、(2)立憲進歩党による各党と連携しながらの安定政権、(3)宇宙開発を視野に入れた軍事力の増強、(4)帝国省庁の再編など。(3)、(4)は、前政権に不足していた革新的政策を補う目的があるものとみられる。専門家は「ヴォーイニン氏はポリシーを持った政治家だ。実行力を持っているかは知らないが、もし彼の政策が実現したのならば、帝国の地位は今よりもずっと昇華するだろう。」と語っている。

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
10月 15 (火曜日) 2013
【帝室】君帝陛下崩御遊ばす 17:47  ガトーヴィチ民主帝国 
【帝室】君帝陛下崩御遊ばす

 (3月24日、イヴァングラート電)ズボーロフ首相は23日午後9時頃、首相官邸の記者会見室で緊急記者会見を開き、君帝陛下が同日午後6時30分に崩御遊ばされた事を発表した。陛下は御年83歳。死因は御高齢ゆえの肺炎とみられる。首相は陛下崩御の報を受け、午後11時頃に全閣僚及び侍従長、専門家らが出席する緊急会議を招集。スヴャトホースト皇太子殿下の御即位に向けた準備、今後の諸行事の進行について確認した(下記参照)

 今日→即位式(非公開)、25日→新年号開始、翌月23日→御大葬

 また宮内庁は、今日の日出から御大葬前日の日没まで、帝居ジュリャーブリャ広場に弔問記帳所を設ける予定である。



【社会】新年号は「Ева」

 (3月24日、イヴァングラート電)ズボーロフ首相は今日未明、陛下崩御後2回目となる緊急記者会見を開き、新しい年号が「Ева」に決まった事を発表した。これは皇太子妃の名前から戴いたものであり、現在の年号「Анна」と同様の選定理由であった。新年号は翌25日から施行される予定。



【帝室】即位式行はる

 (25日、イヴァングラート電)スヴャトホースト皇太子殿下は24日、帝居における即位式に臨まれ、無事第3代ガトーヴィチ帝国君帝に御即位遊ばされた。{宮内省発表}



反転

484年に開かれた皇帝即位40周年の記念式典に出席していた皇太子の名前を使わなければいけないことに気づいてあわてて皇太子の名前を訂正した・・・



【帝室】御大葬行はる

 (24日、イヴァングラート電)4月23日、帝居ジュリャーブリャにて先帝陛下の御大葬が行われた。御大葬に参列した外国の賓客は以下の通り。

ティユリア連合王国 第一王女テオドラ妃殿下

タヂカラオ国 マルス=アテン=シャーマン大統領閣下

大幹帝国 朴純徳皇帝陛下

レゴリス帝国 リーゼロッテ・ヴェルトミュラー総統閣下

ファイアリヒ連邦共和国 クリストハルト・フィーグラー連邦評議会議長閣下

エルジア共和国 フレデリック首相閣下

シオン総主教庁イオアン・レヴィール府主教猊下

ノイエクルス連邦 駐ガトーヴィチ大使閣下

スオミ王国 王弟ユリウス親王殿下

コンポ共和国 ゲン外交官閣下

成蘭連邦王国からは弔意を頂戴した。陛下の御隠れを悼み、官公庁では半旗が掲げられたという。



また参列者の1人であるシオン総主教庁のイオアン・レヴィール府主教猊下は、帰途に本国が滅亡したという情報を聞き、舌を切って亡くなった。







name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
10月 02 (水曜日) 2013
【社説】大戦が政治にもたらせる影響 20:29  ガトーヴィチ民主帝国 
【社説】大戦が政治にもたらせる影響

 490年の大戦勃発から2年余りが経過した。戦争に関わった国々の大半が少なからぬ損害を被っている。特筆すべきはかつて普欧帝国と比肩する超大国であったノイエクルス共和国が、この2年で途上国並の水準にまで荒廃した点であろう。

 今次大戦は我が帝国の政治情勢に大きな影響を及ぼした。ミチオリチェンコ首相の後釜としてのうのうと政権を維持していたズボーロフ首相にとって大戦は思いもよらぬ災厄であったことだろう。なす術無く傍観を表明した首相は帝国発展党から「軟弱政権」と、国民党及びガトーヴィチ共産党から「戦犯政権」と非難された。更に帝国民の多くは(右派左派の違いこそあるものの)野党の論に同調したため、ズボーロフ政権の支持率は下落の一途を辿る事となった。

 首相は帝国民の支持率確保の為492年度の軍事費を80%増額。軍事訓練の回数を増やしたり、防衛施設を建設したりして軍備を充実させた。しかしこれは帝国発展党の政策を丸呑みした形であり、与党立憲進歩党は「物真似政党」という不名誉なあだ名をつけられてしまった。

 事態は着実に終戦へと向かっているが、世界にもたらされた影響は計り知れず、いつまでも人々の心を痛めることだろう。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
9月 23 (月曜日) 2013
【大戦】ズボーロフ首相会見要旨 【国際】普欧・ブリテンよ、さらば 21:28  ガトーヴィチ民主帝国 
【大戦】ズボーロフ首相会見要旨

(491/8/1政治部)ズボーロフ首相は7月31日夜、開戦半年を過ぎてもなお継続中の大戦に関して声明を発表した。以下はその要旨である。

(1)大勢の民間人が犠牲となっていることに深い悲しみを覚える

(2)大戦の一刻も早い終結を望む

(3)帝国はこの大戦において軍事力を行使しない

弊社の記者が(3)について「資金面等で一方の陣営に与(くみ)することはあるのか」と質問したところ、首相からは「ないのではないでしょうか」という曖昧な答えがかえってきた。



【国際】普欧、ブリテンよ、さらば


(491/8/10、国際部)超大国普欧帝国及びブリテン王国の国民は、8月9日未明にフリューゲルを出発した。彼らはフリューゲルより平和な他星系を目指し、二度と帰ることはないだろう。

出発の様子はРТГ(ガトーヴィチ国営放送)で生中継された。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
9月 02 (月曜日) 2013
<<<【政治】第6回帝国議会選挙>>> 18:08  ガトーヴィチ民主帝国 
【政治】第6回帝国議会選挙

 488年(Анна19年)2月15日に実施された、帝国議員の任期満了に伴う第7回帝国議会選挙の結果は次の通りである。

立憲進歩党..........108議席(+37)

帝国発展党...........40議席(-19)

国民党...............34議席(-12)

ガトーヴィチ共産党...11議席(-6)

ゾロアスターの勝利....5議席(増減なし)

無所属・諸派..........2議席(増減なし)



与党立進党は公共工事と医療費補助を推進したことで、多くの帝国民の支持を獲得した。また、帝国海軍軍艦・防衛艦の進水の後キングいのらが登場し、迅速な討伐に大きな成果を上げたことで支持率が上昇。就任時の支持率より退任時の支持率が上回ったのは、歴代内閣初の出来事である。帝国発展党は、いつも通り早期の軍拡を主張した選挙戦であったが、成蘭連邦王国軍の駐留による防衛面での安心感や、立進党が同様の政策を進めた事で議席を大幅に減らした。国民党も、全会の選挙戦同様に社会福祉の充実を唱えたが、これも立進党が福祉向上を行ったために議席減。共産党は、フリューゲル世界における共産主義国家の相次ぐ滅亡が影響し、議席数はダダ下がりとなった。しかし、近年は社会主義国家が漸増しているため、次回の選挙では巻き返すかもしれない。

今回の選挙は、各党の良いとこどりを狙った立進党の独り勝ちであったと言える。





【政治】新首相にズボーロフ氏選出せらる

 同年3月1日の第50回臨時帝国議会は、第8代為政院総理大臣に立憲進歩党総裁マクシム・ヴァグナノヴィチ・ズボーロフ氏(70)を選出した。氏は立進党内の古参であり、立憲進歩党が勢いづいているこの時期に安心して首相を務める思惑が見え隠れする。



【政治】立進、発展との連立は維持

 選挙戦終了後立進党ズボーロフ総裁が記者会見を開き、「発展党との協力体制は今後も維持される」と述べた。





=その他のニュース=

【政治】ミチオリチェンコ首相執筆「宰相の器」が大ベストセラー

【社会】チェーニスク県東部に巨大隕石落下す。ミチオリチェンコ首相「多くの尊い命が失われた」

【社会】銀山と本島が陸続きとなる~~巨大隕石

【国際】ノイエルクス自由国で巨大隕石追悼式典開催せらる

【国際】大幹帝国で国家保安法制定せらる。外相「意図には賛同するが、濫用は控えられたい」









name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
8月 30 (金曜日) 2013
【社会】災害続くガトーヴィチ 21:08  ガトーヴィチ民主帝国 
【社会】災害続くガトーヴィチ

ターン17540:ガトーヴィチ帝国にキングいのら出現!!(6, 8)の農村が踏み荒らされました。

国防省は出現の報を受け、直ちに幹部級の緊急会議を招集した。

怪獣撃退後に国防相は「駐留軍と進水間もない帝国戦艦の見事な連携で被害を最小限に抑えられた」と語った。

ターン17557:ガトーヴィチ帝国(12, 5)地点に巨大隕石が落下!!((影響は略))

この巨大隕石落下で、チェーニスク県東部およびコリツォー県北部が壊滅した。

帝国政府は今後、水没地域の埋め立てを行う方針だ。





name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
8月 14 (水曜日) 2013
【政治】国際連合への参加を表明 20:14  ガトーヴィチ民主帝国 
【政治】国際連合への参加を表明

 ミチオリチェンコ首相は、普欧帝国が提唱する国際連合への参加を表明し、設置会議に代表団を派遣している事を明らかにした。

 首相は参加理由について、「普欧からの参加打診」があり、「国際連合への参加は帝国の地位向上に繋がるに違いない」からだと述べた。

 帝国政府は、国際連合の話が持ち上がってから、抜きんでて早く参加を表明した。

 このスピード表明の理由について、立進党議員や専門家は「普欧帝国への経済的依存が強まる中、普欧が提唱する国際連合を支持せざる

をえなかった為」と見ている。



 

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
« 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 (16) 17 18 19 » 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.