util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

8 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
Sort by Vote Ranking
2018 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10
2017 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2016 | 01 | 02 | 03
2015 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 09 | 10 | 11 | 12
帝国新報  ガトーヴィチ帝国政府公認の報道機関。新聞の発行が主業務。
4月 28 (土曜日) 2018
【社会】セヴエロモルスク帝国大学 紛争拡大す/【政治】イユーリン政権に黄信号 19:47  ガトーヴィチ帝国 
【政治】セヴエロモルスク帝国大学 紛争拡大す  オリガ16年-772年-1月 帝国新報電

 文部科学省は昨年11月、大学への科学研究助成金の配分基準に軍事研究の実績を追加することを決定した。各大学が次々と軍事研究の推進方針を策定する中、これに反対するセヴェロモルスク帝国大学(СИУ、シウー)の法学徒・工学徒は昨年11月、学生自治会を核とするСИУ全学共闘委員会(全共委)を結成、キャンパス内でのデモンストレーションやビラ撒布を開始した。今年に入り、反スラヴ主義思想に対する締め付けに不満を持つ文学徒がСИУ全共委に参加すると、その後各学部学徒の参加が相次ぎ、СИУ全共委は文字通り全学に拡大した。

 現在、СИУ全学共闘委員会は大学の軍事研究反対、スラヴ主義思想強制反対、大学・帝国の民主化の三つを掲げ、デモンストレーション、ビラ撒布を行うとともに、既に工学部で行われている授業ストライキの拡大を呼びかけている。

 写真:夜間デモを行うСИУ全共委

【政治】イユーリン政権に黄信号 オリガ16年-772年-1月、スズメ日報電

 722年以来のイユーリン政権に黄信号が灯っている。760年代の好景気を受けた帝国政府は、帝都再開発、軍備拡張を果断に推し進めたが、760年代末からの不景気に伴う税収減により、軍備拡張の中断と社会保障費の削減を行わざるを得なかった。特に、770年迄にイレギュラーを打ち上げるという目標を達成できなかったことは、国民に深い失望をもたらした。国民の間では、半世紀以上に亘る長期政権に対する不満が広がっており、774年に行われる第35回選挙では、イユーリン総帥(82)は苦戦を強いられる事であろう。

 写真:イユーリン総帥



その他のニュース

【国際】昭栄国議会 民進党勝利/【国際】中夏新総統に謝連舫氏 初の女性大総統/【国際】カルセドニー一時食糧危機/【国際】三頁目国家の誕生を祝ふ/【社説】 安京国際軍事裁判の早期終結を望む
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
4月 22 (日曜日) 2018
【社説】瓦ヴォ関係の展望 22:42  ガトーヴィチ帝国 
【社説】瓦ヴォ関係の展望 オリガ15年-771年-2月、帝国新報電

 ヴォルネスク解放戦争の終戦から14年、停戦から50年が経った。ヴォルネスク・スラヴ共和国は我が国によるインフラ支援と我が国との自由貿易を柱として発展に邁進し、遂に先進指数においてスラヴの同胞ヴェールヌイ社会主義共和国と並ぶに至った。この「ヴォルネスクの奇跡」はもちろん清廉の士たるヴォルネスク・スラヴ民族の努力によるものであるが、その奇跡の種を蒔いたのは我らガトーヴィチ・スラヴ民族である。我ら帝国民はヴォルネスク共和国民と共に偉業の達成を祝い、誇りに思う。

 しかし、近年の瓦・ヴォ関係は希薄化している。ヴォルネスクとの関係を深化させようとする動きが鈍った隙をついて、新興カルセドニー社会主義共和国がヴォルネスクの農業拡大を名目にインフラ投資を行った。その影響であろうか、ヴォルネスク主義を掲げるスラヴ同胞団は、大スラーヴ主義を掲げるヴォルネスク・スラヴ労働者党との連立を解消、国家主義・社会主義的なる全面独立同盟と連立を組んだのである。

 ヴォルネスク・スラヴ共和国は我が国の精神的同盟国である。経済面、文化面、軍事面その他各面において両国関係を更に発展させ、大スラーヴ主義を堅持し、フリューゲルに民族同盟の素晴らしさを説こうではないか。

 イメージ:キエフの大門

(文責 Ю. Т. カラムジン)
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.