util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

6 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
Sort by Vote Ranking
2018 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10
2017 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2016 | 01 | 02 | 03
2015 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 09 | 10 | 11 | 12
帝国新報  ガトーヴィチ帝国政府公認の報道機関。新聞の発行が主業務。
4月 28 (月曜日) 2014
【社会】建国100周年記念式典挙行さる 22:24  ガトーヴィチ帝国 
【社会】建国100周年記念式典挙行さる

 ガトーヴィチ帝国の建国100周年を祝賀する記念式典が、建国記念日である1月16日にあわせ、帝居のジュラーブリャ広場で挙行された。主な式次第は以下の通り。

1. ファンファーレ

2. ガトーヴィチ帝国歌「栄えよ、ガトーヴィチ!」演奏

3. ドミトリスラフ君帝陛下勅語

4. ミーロフ首相他式辞

5. 100年前の1月16日に生を享けたI.S.ストフ氏式辞

6. 帝国100年の歴史を表現した舞台

7. 帝国歌再演奏、万雷の拍手     以上

 諸外国の貴賓は以下の通り。

タヂカラオ国より ファルツ=F=イーニッド大統領

ドクツ第三帝国より ティアナ=レーヴェ総統、テオドール=シュルフ外務大臣

成蘭連邦王国より 黒石治家第一王太子、岡島恒一連邦首相

ファイアリヒ連邦共和国より クリストハルト=フィーグラー連邦評議会議長

エーラーン教皇国より 名誉教皇サーラール=スピターマ、皇后マリアリア=リスライン

オストマルク帝国より ヨーゼフ皇帝夫妻

イタリン共和帝国より ユーリ=ユリウス大統領、フォルゴレ副大統領

ティユリア連合王国 テオドラ=ティユリア大カレスティア女王、ヨハネス=ティユリア王太子、ミカエル=アルカディウス連合王国内閣総理大臣

エルツ帝国連邦より レーフェン=フォン=エルヴァシウス陛下夫妻

レゴリス帝国より ヴァルター=ディットリヒ総統、エリーゼ総統夫人、シェリー=ベレスフォード外相

ストリーダ王国 シャルガーナ国王、クリスティーナ王妃

 君帝陛下の勅語(抜粋)を掲載する。

 「ガトーヴィチ帝国建国100周年の良き日を、誠実な帝国民と共に迎えることができ、大変嬉しく思います。100年前の今日、私の曽祖父イヴァン大帝、そして皆さんの祖先は、麗しい国、ガトーヴィチを建国しました。…」 (Людмила5年-527年-1月18日)



【社会】大根論争 組合の反発

 フリューゲルでは今現在、大根の殺傷性に関する論争が繰り広げられている。これを受け、国民党内で大根の生産停止・輸入禁止の措置を講じるか否かの検討会が設置されたが、これにガトーヴィチ養殖業組合が強い反発を見せている。同組合長は弊社の取材に「おらんんとこの特産物っちゃブリだ。ブリっつぇばブリ大根だっぺ? 大根の入ってねーブリ大根なんちぇ食ったことあっけ!? 大根は凶器なんかでねー、食材だ。生産停止は良(い)ぐねー。」と答えた。(Людмила5年-527年-4月5日)



その他のニュース

【国際】ドクツで巨大隕石落下

【社会】刑務所に隕石落下、囚人3万人余り死去

【国際】成蘭・エーラーン中立条約締結さる

【社会】深刻な銀不足 「ニヴルヘイムの滅亡のせいだ」商工貿易大臣談





name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
4月 21 (月曜日) 2014
【政治】瓦中銀協定破棄さる 【国際】レゴリス・ミッドガルド、加盟申請を撤回 【社会】式典間近、市民の様子 22:38  ガトーヴィチ帝国 
【政治】瓦中銀協定破棄さる

 ミーロフ首相は6月15日、ミッドガルド帝国政府から瓦中銀協定(正式名:ガトーヴィチ帝国及びミッドガルド帝国間の共同銀鉱山開発投資に関する協定)を破棄する旨の通達を受けたと述べた。瓦中銀協定は、両工業国の銀獲得競争の激化を未然に防ぐ事を目的に、504年2月5日に調印された。瓦中銀協定の条文により、同協定は6ヶ月後の12月15日に失効した。ミッドガルドの破棄通告の理由について、専門家からは「ガトーヴィチが銀輸入相手国を真摯に開拓しなかったため」「条文が中二臭かったため」など、さまざまな理由が挙げられている。(525年-Людмила3年-12月17日)



【国際】レゴリス・ミッドガルド、加盟申請を撤回

 FENAへの加盟を申請していたレゴリス帝国政府並びにミッドガルド帝国政府は、現FENA加盟国が提案した「30年間の準加盟期間」を不服とし、会議を中途退室、議場へ戻ることはついぞなかった。FENAの排他性が露呈したと見る向きもある。



【社会】式典間近、市民の様子

 建国100周年記念式典まで残り8ヶ月を切った。イヴァングラートでは、訪瓦する外国来賓、外国人観光客をおもてなししようと、外国語学習塾へ通ったり、伝統舞踊の稽古に参加したりする市民の姿が多く見受けられる。塾生のДさん(24)は記者の取材に、「フリューゲルマニュームじゅうの人が挑戦人参しては挫折屈折地動説してきた、コンポ語の学習に挑戦マッコリしています。今、取材を受けて全力回答している僕は、コンポ語会話に通うごく一般的な男の子。強いて違うところを…」と答え続けた。(コンポ語の学習は、母語の理解度に悪影響を及ぼすようだ、不憫でならない。)(526年-Людмила4年-4月16日)

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
4月 15 (火曜日) 2014
【政治】瓦成相互安保締結 23:17  ガトーヴィチ帝国 
【政治】瓦成相互安保締結

 ミーロフ首相は10月21日、ガトーヴィチ帝国を電撃訪問した成蘭連邦王国の岡島連邦首相と、国会議事堂における首脳会談に臨み、ガトーヴィチと成蘭との間の相互安全保障条約(相互安保、瓦成安保)を批准、同条約の第七条に基づきここに条約が発効した。ミーロフ首相は会談後の記者会見で「今までの安保体制は、成蘭ばかりに負担が掛かるものだった。これを是正したことで、両国の関係は一層深化するだろう。」と発言した。しかし、左派の国民党が自ら、ガトーヴィチにも防衛義務を負担させる相互安保体制を推進したとは考えにくく、専門家の間では成蘭側からの強い圧力があったとする見方が広まっている。(524年-Людмила2年-10月)

 各党代表らの、瓦成相互安保についてのコメントを掲載する。

 立憲進歩党「成蘭と対等な立場になるための条約で、内容は評価してよいが、密室外交は帝国民への誠意の欠如の現れだ。」

 帝国発展党「条文は帝国の行動する権利を妨げるものが多く、受け入れられない。」

 ガトーヴィチ共産党「人民が知らされる事のなかった条約など無効だ。」

 中央党「立憲進歩党に同じである。」

 ゾロアスターの勝利「平和志向の成蘭と、強力な同盟(条約)を締結したことは喜ばしい。」



【国際】FENAの強大化

 レゴリス帝国とミッドガルド帝国がFENA(フリューゲル経済諸国同盟)への加盟を申請したことについて、首相は11月2日、「FENAの強大化がフリューゲルのパワーバランスを崩すという否定的な見方はしていない。むしろ先進国が多くFENAに加盟することで、戦争の火種となりうる先進国間での争いが回避されるだろう。」という見解を示した。(524年-Людмила2年-11月)

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
4月 05 (土曜日) 2014
【帝室】御大葬並びに御即位記念式典挙行せらる 12:54  ガトーヴィチ帝国 
【帝室】御大葬並びに御即位記念式典挙行せらる

 スヴャトホースト先帝陛下の御大葬並びにドミトリスラフ君帝陛下の御即位記念式典が9日、10日と挙行された。諸外国からの来賓は左記の通り。

イタリン共和帝国 国務大臣一同

大幹帝国より 朴世成皇帝、伊勢宮皇后

ファイアリヒ連邦共和国より クリストハルト・フィーグラー連邦評議会議長

ドクツ第三帝国より ティアナ・レーヴェ総統

ストリーダ王国より シャルガーナ1世国王

成蘭連邦王国より 黒石治家第一王太子、岡島首相

エルツ帝国連邦より ヨハン王子殿、マクシミリアン外相

ノイエクルス連邦より ベルグラーノ最高評議会議長 サンチェス外務評議員

ティユリア連合王国より エウドキア・ティユリア王太子、イサキオス・アンゲロス首相

レゴリス帝国より ディットリヒ総統、ベレスフォード外相

タヂカラオ国より ファルツ=F=イーニッド大統領

ポーレタリア首長連合より 代表首長

スオミ王国より 王太子レオ殿下、副宰相トゥオモ・エイミル・ヌオレラ卿

エーラーン教皇国より 名誉教皇サーラール・スピターマ聖下

オストマルク帝国より ヨーゼフ皇帝陛下 ブルックナー外務大臣

アドミラル王国より アドミラル王

アリア連邦より パートレット大統領

コンビョーゾ王国より クラボン2世女王

日ノ本帝国より ツクヨミ帝、近衛内閣総理大臣、御社外務大臣 (敬称略)

※ ノイエクルス連邦からの来賓は、御大葬にのみ出席。

※ 大幹帝国政府、皇室は陛下の崩御を悼み3日間服喪。

(Людмила元年-522年-9月11日、帝国新報電)

-----

その他のニュース

【国際】「帝国政府は大幹帝国が承認する石動亡命政府を支持す。」サブライエフ外相、石動動乱について

【社会】「金があつても資源が買えぬ」フリューゲルに広がる食料難、燃料難。

【国際】多国間外交から二国間外交へ『潮流』

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.