util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...

暫定政府 anchor.png

国名フランドル統一準備政府
首都コート・アルシペル
国旗連邦仮政府執政旗.jpg
面積256,420Km^2
言語英語(フランス語、アフリカーンス語)
元首未選挙
政体大統領制
行政地方分権/先進的(Lv4)
通貨URFバローレ(銀本位制)
( ※条約について)フランドル共和国から連邦仮政府へ貿易協定は引き継がれませんでしたが、損害への賠償及び謝罪は行われました。その一方、外交条約は引き継いでいないとしていた為、統一準備政府は統一準備政府が未だフランドル共和国の正式な外交条約の継承国であるのかは明示を保留しており、現在締結国に問い合わせを行っています。

エルツ帝国ヴェールヌイ社会主義共和国の準備委員会の指導を受け、安定した民主政治の実現を目指す。
軍隊は保有していない。

フランドル連邦仮政府が各州の合意により連邦が設立された経緯があることから、引き続き州に大幅な自治権が認められ完全な地方分権体制となっている。連邦制はフランドル諸地域の分離運動に対する完全な独立と強制的な従属の折衷案であり、万が一中央政府が機能不全に陥った場合を想定しても有益であると考えられている為今後中央集権が強化される可能性は少ないと思われる。
連邦法は準備委員会からの指導と国家の規律に関わる問題、州を跨ぐ事項等に限定されていることから、刑法以外は準備政府以降変更されておらず他は州法において規定されている。

Page Top

通貨 anchor.png

経済崩壊により紙クズと化した旧政府銀行券に代わり、12,000,000URFバローレにつき1kgの銀本位制により価値を保証された紙幣。経済・金融への投資を促すため618年までの期限付きで12URFバローレ=1Vaのレートで交換可能としている。

Page Top

国旗 anchor.png

連邦仮政府執政旗のデザインが変更されずにそのままフランドル統一準備政府国旗となった。
※「執政旗」とは文字通り、連邦仮政府による統治つまり実効支配がおよんでいる地域であることを示すシンボルとして制定されたものであり、対外的な国旗として制定されたものではなかった。
フランドルハイイログマと成立時そして現在の13の州を示す星が描かれている。

Page Top

行政 anchor.png

Page Top

教育 anchor.png

教育水準は77で40カ国中23位と平均的。
英語、フランス語を公用語に制定している国家はフリューゲルにも数多く存在し、国内でもマイノリティ言語ではあるがアフリカーンス語を話せるものなら他の西ゲルマン言語の習得も容易な為語学で不自由することはない。
3つの州立大学が統合されたフランドル総合大学システム(615年~)が存在するが総合とは名ばかり、理系分野と社会科学系分野に極端に傾注した技術者・官僚養成学校である。政府はこの大学システムに非常に大きな期待をしていると言われている。

Page Top

警察 anchor.png

連邦警察と群警察の集合体である州警察がそれぞれ独立して存在する。
連邦警察は武装組織への対応の他、重罪犯の追跡や薬物規制、交通保安や刑務所の管理を担当する。
群警察に所属する保安官は民事・刑事事件における第一通報先であるとともに各種直接税の税務も担当している。保安官には厳しい試験と訓練を潜り抜ければなれず、加えて連邦警察の警察官・捜査官となるには2代にわたり一切前科のないフランドル人でなければならないなど双方狭き門となっている。汚職のない組織ではあるが人員不足は深刻。

+  装備

治安
連邦法では乾燥大麻に限り合法とされているが、これはギャングや海賊への資金源となることを恐れてのことである。しかし中毒になりより強い危険な薬物を求めたり判断力を失い犯罪を起こす者が多く、大きな社会問題となっている。
共和政時代では拳銃の携帯は国防委員会の許可が必要だったが、未だに許可を得ずに拳銃を所持している国民も多い。
未だにギャングの組織は存在するが、失業問題の解消など社会不安の減少と共に治安は回復した。地球で例えればホンジュラス、ブラジルぐらいらしい。

Page Top

社会保障 anchor.png

社会補償制度は先進国にそう劣らないもので、農村社会とともに高い幸福度を実現する要因となっている。ただしその内容は出生から就職までに集中しており、16歳までの学費、医療費が全額免除となるなど家庭への補助も手厚い。しかし徹底された機会均等が実現された背景には根強い自己責任論があり、過去の化学兵器流出事件による奇形・死産率の高さや傷痍旧市民軍人など前世紀の負の遺産も大きな負担となっている。

Page Top

立法 anchor.png

Page Top

組織 anchor.png

Page Top

政党 anchor.png

州議会議員の選挙
一定人口ごとに区分された群(北部ではカウンティ、南部ではパリッシュまたはアロンディスマンと呼ばれる)を小選挙区として選挙を行う。所属する党派によらず全ての候補者は選挙日に向けて無党派でのジョヴィアル(=明朗な)と呼ばれる包括的な予備選挙に出馬する。投票総数の半数以上を獲得した候補者がいない場合、得票率の高い方から2人の候補者が決選投票に望む。この決選投票は所属政党を問わない。よって同じ党員同士が決選投票に望むこともよくある。

Page Top

司法 anchor.png

Page Top

組織 anchor.png

統一準備政府より死刑制度を廃止している。
616年、北部の2州を除いた11州でフランス民法典(ナポレオン法典)が民法として制定された。人権規範などを含めた近代民法としてはフランドルで初であり、北部州民の衝撃も大きなものとなった。

Page Top

司法 anchor.png

Page Top

軍事 anchor.png

軍隊は保有しておらず、旧国民軍の基地や装備はそのまま保管されている。
市民軍解体後に設立された国民軍は弾道ミサイルを始めとする戦略兵器の他に軽戦車やレシプロ攻撃機なども少数保有していたが、当時においても完全に旧式化しており、現在は一部の技術が研究機関に開示されたのち倉庫で厳重に保管されている。
唯一の正規艦艇であった2隻の練習帆船は現役にあり、船員養成の為に連邦警察が運用している。

Page Top

産業 anchor.png

未熟な金融に加え、政府による規制によって大企業の成長は阻害されている。

Page Top

農業 anchor.png

トウモロコシ、大豆、綿、干し草の生産は、フランドルでの収穫の約80%を占める。トウモロコシや小麦、大豆は、家畜の飼料および人間の食用として、または軽工業の為の原材料として生産される。
一方、最高の栄養を誇っていた土壌は20年に及ぶ荒廃期を経て植生や土壌が流されており、伝統的な輪作では収穫が伸び悩み焼畑や化学肥料を使用した立ち上げに頼らざるを得なくなった。その後周辺環境や家畜への影響を調査・管理する為に食品医薬局(DA)が新設されている。
長期間の灌漑で水脈がほぼ枯渇しているが農業用の水は半地下貯水池の建設で一応の解決が為された。水道水を直接飲むことは推奨できないが、1ℓ 50~70URFバローレと非常に安くミネルウォーターが購入できる。

試験農場
サン・リオ島にある研究所を伴った国立の農業センター。長すぎる名前からこう呼ばれているが、正式名称は「国立アントワーヌ=オーギュスタン・パルマンティエ記念試験農場」 マスコットキャラクターは何処かで見たようなネコ。

Page Top

林業 anchor.png

林業は盛んであり外国からの木材輸入も行われている為、休みなく建材製造ラインが稼働している。しかし毎期の生産量は多くなく建材の半分は輸入に頼っているのが現状。
各州政府はグー・ド・フォレ(森の乞食団)と呼ばれる専門部署を設け森林を徹底的に管理している。ほとんどが人工林でありながら、計画的な植林と伐採により30年以上良好な状態を維持している。

Page Top

商工業 anchor.png

商品の9割以上は国外からの輸入であり工業人口は300万人と小規模。質は未熟で政府による高めの関税を持ってしても押され気味であるが、人件費を理由とする価格の安さから国民にとって無くてはならない物となっている。

RAPHAM.jpg
ラップハム・アメリカン
最大の企業。ガソリンやディーゼル燃料の他、化学肥料や薬品、繊維製品を製造・販売する。石油高騰で苦境に立たされる中、バイオアルコールと綿栽培に社運を賭けている。子会社のファインスタインはフランドルでの唯一の24時間コンビニチェーン。午後9時以降でも「ガソリンスタンド」なら規制を受けずに営業できることを利用している。

MESENNE.jpg
メルセンヌ機関車工場
電算機の国産化を目指していた元国営企業、メルセンヌ・パスカリーヌが母体。鉄道関連品や農機具、猟銃などを製造、首都の路面電車システムを新開発中。パスカリーヌはブレーズ・パスカルが1645年に制作した機械式計算機であり、ロゴも葦をイメージしている。

Louis Weil.jpg
ルイ・ヴェイユ
農業用飛行機を生産しており、近年では政府の依頼でヘリコプターを研究している。医療材料分野にも進出するなど成長を続ける新興企業。ターボプロップ旅客機を製造することを当面の目標にしているが、軸流式ターボジェットエンジンと層流翼の開発段階で苦戦している。

PENSACOLA.jpg
ペンサコーラ
シエラ・カラン軟水脈の2割を保有する清涼飲料水メーカー。非常に安価なミネラルウォーター「Florida」や消毒に使われるほどきつい味と噂される「PensaCola」などを製造する。かなりの人気企業。

※外国籍企業
アルドラドBM
最近フランドルに進出したアルドラド帝国の巨大企業グループ。

Page Top

技術力 anchor.png

他国のそれと比較するのは時間の無駄である。統一準備政府は旧政府時代の軍用機や電子機器に使われていた技術の一部を無償で公開しているが、元が元だけに研究機関は歯牙にもかけていない。
他にも民間研究機関を補佐するための莫大な補助金がしばしば批判されるなど、先行きは暗い。

Page Top

国土 anchor.png

土地の自然環境や宗教に強く影響を受けた、ユニークな州法も見られる。
北部

Page Top

Ouragan/ウーラガン州 anchor.png

嵐を意味するouragansから。
荒地ばかりであり人口は非常に少ないが試験農場の運営は政府が大きな期待を寄せており、重要な州である。

Page Top

Maine/メーヌ州 anchor.png

フランス西部のメーヌ川から。

Page Top

Vertmont/ヴェールモン州 anchor.png

緑を意味するVertと山を意味するmontから。
デトロワの巨大ベッドタウンMontreal(モンレアル)があり人口は多いが産業は貧弱。

Page Top

Detroit/デトロワ州 anchor.png

地名は海峡を意味するが、現在は埋め立てられている。
宇宙基地の建設を初めとして工業都市として整備が進められていたが、産業政策の転換により商業に力を入れている。建設ラッシュで労働者は引く手数多。70万人の組合員を擁するフランドル労働総連盟(FCTU/エフ・セテユー)の本部所在地である労働者の都市であると共に、貧困から治安は悪い。

Page Top

Saint Louis/サン=ルイ州 anchor.png

ルイ9世(聖王)に因む。
土地はサンルイ島のみであり人口はゼロ。良好な漁場だったが海賊がよく出没し現在は漁は行われていない。

Page Top

Louisiane/ルイジアーヌ州 anchor.png

ルイの地を意味する。風光明媚な土地で観光客が多く訪れるほか海外にフランドルを紹介するときにもよく写真が掲載される。
しかし噂ではフランドルの成功を誇示するために見せかけだけの建物を建てたヨーロッパ風の「ポチョムキン村」であるともいわれている。
厳格なアールデコ様式に基づいた町La Nouvelle-Orleans(ヌーヴェル・オルレアン)のある州。

南部
★Cote d'Archipel/コート・(ド)アルシペル
群島海岸の名の通り首都でありながら海、山と自然に恵まれた立地である。全ての建物は築10年以下であり、良くも悪くも若い都市。比較的衛生的であり治安も良い。
image_4.jpg

Cendrillon/サンドリヨン
ゾロアスター教の拝火堂がある。
焼き畑農業によりフランドルで最も早く土壌回復と復興を成し遂げた。
《カエル駆除法》見つけ次第駆除すべし。
《禁酒法》かなり緩いものである

Nain/ナン
海賊の襲撃による被害が大きい。

Soleil couchant/クーシャン
そのそこの景観を持つ商業都市圏だが、郊外では砂漠化とオオカミやコヨーテの群れに悩まされ人口は減少傾向。ワインとジビエが評判。

Soleil levant/ルヴァン
ナンからの出稼ぎ労働者による大規模な放牧と堆肥製造が主産業、酪農も盛んで乳製品も出荷している。
肉牛の放牧の為に幼少期から馬術を心得たものが多い。

Océan/オセアン諸島
大洋と銘打っているが実際はいくつかの小さな火山島が水道を形成しているにすぎない。
長らく放置されていたが近年港も開港し、観光地として整備予定。

Page Top

交通 anchor.png

kokutestu++2.jpg
鉄道と主要な駅を破線、国道(AutoRoute)をオレンジで示している。
自動車を所有するのはよほどの金持ちかマニアくらいのものなので、一般人に取っては鉄道や自転車が生命線となる。例えば北部から国外へ出るには3日かけて鉄道でサンドリヨンの港まで移動しなければならないし、それも予約が取れるとか、その日に列車が来るとか、寝台車があるかどうかは誰にも解らない。
航空機は現状離島での急患輸送、農協での所有等に限られるが大型の飛行艇を使用した国際線の運行も構想されている。

鉄道網
614年、全線で電化が完了、煤や騒音が酷かったこともあり石炭の匂いを懐かしむ声は聞かれない。
沿岸の路線に頼っている現状では、津波のみならず将来の国防やテロへの対処、そして乗客の不便を解消できないとして内陸部に線路を敷設する計画がある。しかし完成までの予算と年月は大きく、着工は未定。
コートアルシペルの路面電車が618年に開業予定で開発が進められている。
image_2.jpg
自転車スペースのある新型車両がモータリゼーションの進まない市民生活において高い評価を得ている。
道路網
道路網は貧弱で、荒野を横断するのは無謀というほかない。以前は汎用性の高いピックアップトラックが重宝されていたが、石油製品の供給は民間で僅かに行われているだけの現状、庶民の足になりそうにない。フランドル人は部品寿命や燃費が少々劣っても頑丈で自宅でもある程度整備が可能なものを好む傾向にあり、昔はよく輸入されていたらしい。左ハンドル、右走行。

Page Top

資源 anchor.png

石油や天然ガスは産出せず、北部の炭田地帯から細々と生産される石炭と天然ウランを利用した原子力発電による豊富な電力が主力。以前は銀や鉄も採掘されていたがげ坑道は放棄されている。
特にエネルギー資源が不足することはなく、電気も離島や遠隔地を問わず利用できる。これらを湯水のごとく消費する水耕栽培やボーキサイト加工などの産業も実験的に推進されている。小規模な石油化学工業はラップハム社が独占しており、政府には鬱陶しく思っている人間が多い。

Page Top

自然環境
anchor.png

気候

フランドル島の大部分は ステップに分類される。中央部には大きなサボテンやリュウゼツランなどしか生育しない広大な不毛の土地が広がっているが、20年以上前から続いている水不足が原因であり元来肥沃だった。

海岸線に沿って温帯気候である温暖湿潤気候が、僅かな山岳部には高山気候、周辺には温帯夏雨が伸びている。首都であるコートアルシペルやオセアン州の火山諸島はサバナ気候に属する。12月から3月にかけては雨が多く、また気温も最も高くなる。一方7月と8月は冬であり、降水量が少なく気温もやや低くなるが、全般的にいえば年間通じて温暖な気候を保っているといえる。

フランドルハイイログマ Ursus arctos flandoraus

image_1.jpg
開国前に北アメリカより毛皮猟の為に持ち込まれたが、北部の森林で成長した個体は700kgを越え、散弾銃や拳銃が一切効かず今も人々の畏怖の対象となっている。野生と強さの象徴として国旗にも描かれているが、環境の悪化で急速に個体数を減らし絶滅危惧種に指定されている。

Page Top

国民 anchor.png

他国の様に宇宙移民ではないことが特異な点である。
最初は流刑者や債務者の地として、次いで豊富な毛皮と炭田を開拓すべく商人たちが商いにやってきた...と言われ毛皮の行商人の歌は今でも歌い継がれている。
ルーツはアフリカ系黒人14% アフリカ系アラブ人28% 西ヨーロッパ系白人49%
[添付]

Page Top

宗教 anchor.png

宗教的融和が発展しており、神学を学ぶものも多い。北部はイスラム、プロテスタント諸派、南部はゾロアスター教、カトリックが主流。理神論や最高存在の祭典などもある程度信仰されている。アーミッシュやマーニー教徒が村落を形成し定住している地域もある。一般に無神論者は危険視されており、企業が採用を拒否する場合がある。
閣僚や州の知事等の任命式では、聖書やアヴェスター、コーランなどに手を当て各々の神への信仰と市民への忠誠を告白することが習わしとなっている。
聖職者や宗教団体の発言力は非常に強い。

Page Top

祝日 anchor.png

キリスト教イスラム教ゾロアスター教の祝日の他開国記念日がある。イスラム暦の祝日については西暦の日付にあわせて毎年計算され設けられる。
全て公式の祝日であり異教徒の祝日であっても休みになるが、日によっては騒ぐのは控えなければならない。
1/1 元旦
4/6 復活後月曜日
5/1 メーデー
5/14 キリスト昇天祭
5/25 聖霊降臨後月曜日
7/13 開国記念日
8/15 聖母被昇天祭
8/20 パールシー新年
11/1 万聖節
12/25 クリスマス

(ヒジュラ暦)
3月12日 ムハンマド生誕祭
7月27日  預言者昇天祭
9月   ラマダーン月
10/1~ 断食明けの祭り

Page Top

アイデンティティー anchor.png

定期的に政治が腐敗し中央政府が産声を上げては衰弱していったこの地域ではフランドル人としての愛国心は無に近く、全国民の精神的連帯には未だ遠い。所得の低さから公立学校の多い北部地域では学校の校庭に国旗が掲揚されているが、南部では宗教系や群営の学校が多く、文化的にも郷土愛が強い傾向があり、式典であっても国旗は掲揚されず校旗と州旗のみが掲揚される。

フランドル地域は復興が完成に近づくにつれて主に政治的右派の集団(ただしフランドルにおいては改革派となる)が地球文明懐古・復古主義化しており、北部ではアールデコ建築が、南部ではバロック建築や新古典主義建築に忠実な町並みを再現しようという動きが目立つ。現状では、考古学者によると植民の先駆者や長年の資本主義、そして西欧の農村文化、貧困を始めとする様々な社会問題などが組み合わさり、北米大陸文明におけるルイジアナなる場所に酷似した風景が多く見られるという。

Page Top

食文化 anchor.png

食品類はチョコレート製品、タバコ、カキ以外はすべて国内で生産されている。

冷凍の肉が流通することはない。フランドル人は散弾銃と解体、そしてスパイスとハーブを使う術を余すことなく心得ており、獲れたジビエはその日のうちに市場に、そしてディナーとしてテーブルに並ぶ。もっとも安価なキジや野ウサギから、ライフルが必要なためやや貴重であるシカやイノシシまで一年中野趣に満ちた味が楽しめる。
獲物が少ない冬は魚が主菜となるが、旬の魚であるタラやヒラメ、マス以外は肥料にされてしまうことが多いようだ。
肉も魚も淡白なものが好まれ、高級食材としてカエルも養殖されている。

農業は主産業であるため野菜や果物にも不自由せず、上記の肉類にチーズ、インゲン豆、タマネギ、ジャガイモ、そして白ワインさえあれば誰もが腕に縒りを掛けて多様なアレンジをしてみせる。

Page Top

国民性 anchor.png

フランドル人の労働意欲はだいたい半年で限界に達してしまう為、春なら品薄、秋なら豊作による値崩れなどと適当な理由を付け、再び働く気になるか一文無しになるまで勝手に看板を降ろし1ヶ月単位の休暇に入ってしまう。政府の雇用政策と零細企業の多さはこの傾向に拍車をかけている。
ただし職種を問わず休日は日曜日のみであることが多い。

Page Top

その他の組織 anchor.png

歴代政府のあらゆる不道徳のほか、貧困、失業、薬物、その他の社会悪が産んだプロテスタント原理主義勢力。
白人至上主義・排外主義・貧困撲滅を宣言し近隣での海賊行為を続けている。フランドルで唯一装甲戦闘車両の運用能力を持ち、第二共和政府が584年に建造した全コンクリート製の人工島である旧クリゾベリル空軍基地を根拠地にしている。

統一準備政府はフランドル共和国や連邦仮政府の継承国家ではない為、発展後の将来においても出兵などするべきではないという意見も大きい。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1220, today: 1, yesterday: 2
最終更新: 2015-10-21 (水) 11:38:11 (JST) (1429d) by Edamame3