util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...

Re: 【WTCO】国際交易協力機構 加盟国会議&諸連絡スレ

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

カルセドニー社会主義連邦共和国

なし Re: 【WTCO】国際交易協力機構 加盟国会議&諸連絡スレ

msg# 1.17
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/3/21 21:51 | 最終変更

カルセドニー社会主義連邦共和国及びローレル共和国の同意に基づき、第2回国際交易協力機構加盟国会議を開催いたします。
本会議で予定されている議題は次の通りです。

1.ヨリクシ共和国の加盟資格停止措置について

 ヨリクシ共和国は現在においても鎖国政策を継続しておりますが、WTCOの加盟国としての地位を現時点も継承しているものと考えております。しかし、同国が加盟国としての行為(総会における議決権行使など)を行えない状況にあることは明らかであり、我が国としては同国の加盟国としての資格を同国の鎖国が継続している限り停止することを提案いたします。したがって、以下の通りの決議案を提案するものです。

ヨリクシ共和国の加盟資格停止についての決議】

  • I.ヨリクシ共和国が鎖国政策を継続している間、同国が国際交易協力機構加盟国(以下加盟国)としての行為を行えないことを加盟国は確認する。
  • II.これに伴い、同国が鎖国政策を終了するまでの間、同国は加盟国としての地位が停止される。
  • III.地位が停止されている間、同国は加盟国としての権利・義務を全て凍結される。
  • IV.加盟国会議の議決については全て棄権したものとされる。
  • V.本決議はヨリクシ共和国の鎖国政策が終了するか、同国が滅亡した時点で失効する。
  • VI.本決議と国際交易協力機構条約の間に矛盾が生じる場合、機構条約が優先される。

2.加盟国間の防衛装備品(砲弾)の移転について

 国際交易協力機構は経済協力組織であり軍事同盟ではありませんが、機構条約の第I条(ii)に定められた機構の存在目的である「各加盟国の国際社会における立場を強化し、不当な外交的圧力を共同して排除すること」を達成するために防衛装備及び技術の移転に関しては可能とするべきであると考えております。ただ、国際的に無秩序な砲弾の輸出が問題視されている状況を踏まえ、防衛装備品の移転に関して一定の規定を設けるべきである思われます。防衛装備品の移転に関しての規定を以下の通りの議定書案を提案いたします。

【防衛装備品及び技術の移転に関する議定書】

  • I.国際交易協力機構条約第I条(ii)に定められた機構の目的を達成するため、各国際交易協力機構加盟国(以下加盟国)は必要と考えられる防衛装備品及び技術を他の加盟国の使用に供することができる。
  • II.第I条に基づいた個別の事業の内容は関係する加盟国の政府間において各種の要素を考慮して決定され、外交上の手続きによって確認される。
  • III.第I条に基づいた個別の事業の内容について、関係国は防衛装備品の移転を伴う場合国際交易協力機構に対しその内容を通知しなければならない。
  • IV.各加盟国政府は、この議定書に基づいて移転される防衛装備品及び技術について、当該防衛装備品及び技術を移転した元の締約国政府の事前の同意を得ることなく自国政府の関係者以外のものやほかの政府に移転してはならない。
  • V.各加盟国政府は、この議定書に基づいて他の加盟国から移転される秘密情報を保護するための必要な措置をとる。
  • VI.本議定書は加盟国会議により効力を失う旨決議された時点で失効する。
  • VII.本議定書と国際交易協力機構条約の間に矛盾が生じる場合、機構条約が優先される。

3.WTCO固有の財産を形成する仕組みについて

 本件に関してはローレル共和国政府からの提案でありますので、同国から詳細についてご説明頂きたく思います。

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ