util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 1
ゲスト: 17

srhj もっと...
正式国名カルセドニー島入植地
英名Colony of Chalcedony Island
国旗 カルセドニー島入植地国旗, 224.png
首都クリソプレーズ
最大の都市クリソプレーズ
建国616年11月初旬
面積6.7万平方km(616年11月初旬時点)
言語英語、日本語
元首ハギワ・サードオニクス暫定総督代行
政体総督府による統治
通貨Va
所属同盟なし
Page Top

地理 anchor.png

 空撮写真, T22207.png
616年11月初旬時点の空撮写真(当時の人口:1万人)
 

Page Top

歴史 anchor.png

Page Top

前史 anchor.png

 旧世界北極海域の諸島を束ねていた国家(フリューゲル世界では単に”連邦”と呼ばれる)の政府が、世界全体の急速な衰退を憂慮し、恒星間移民プロジェクト「カルセドニー計画」を実施、それに参加した連邦住民が入植したものが「カルセドニー島入植地」である。連邦は有人宇宙船の打ち上げ経験がなく、気象・観測衛星等と同様のロケットを若干改良しただけの物で実施したため、計画に参加した多くの人々のうち、無事にフリューゲルまでたどり着いたのはごく一部に過ぎなかった。
 連邦と移民船団との通信はロケット打ち上げ後まもなくして途絶、計画参加者は連邦の指示なくしての独自行動を強いられることになったが、現在も連邦の一員としての意識は強く、国名に「入植地」をつけて連邦の構成区画であることを強調している。

Page Top

建国後の歴史 anchor.png

Page Top

年表 anchor.png

海域暦
2274年頃旧世界の衰退により連邦が完全に孤立する
2275年頃カルセドニー計画の実施
2276年1月連邦の孤立を象徴する「裸の王様」事件の発生
2276年半ば頃カルセドニー計画参加船団と連邦の間の更新途絶
フリューゲル暦
616年11月初旬船団がフリューゲル世界に到着、入植が開始される
11月初旬入植地として選ばれた無人島に、移民計画の名から「カルセドニー島」の名が冠せられる。
617年5月下旬カルセドニー島西方沖で津波が発生、20万人が犠牲となる。
619年3月中旬議事堂が建設され、議会制民主主義が確立する。
9月初旬クリソプレーズ入植地に首都設備が建設される。
10月下旬初めて大規模な暴動が発生、災難賞を受賞する。
11月中旬総督府陸軍が暴動を鎮圧、政府の支持率が一時的に回復する。
620年7月下旬再び暴動が発生する。
9月初旬暴動の被害を恐れた住民が首都から逃亡し、首都機能が停止する。このとき、リヨル・カーネリアン暫定総督が暴徒に襲撃され重傷を負う。
9月中旬総督府は再び陸軍を派遣して暴動を鎮圧するも、反乱軍が出現して内戦に発展する。
Page Top

政治 anchor.png

Page Top

内政 anchor.png

Page Top

総督府 anchor.png

 移民計画によりカルセドニー島にたどり着いた者のうち、文官として唯一、かつて連邦政府で大臣を務めた経験のあるリヨルが暫定総督に就任、民主的な政府を建設する条件が整うまで入植地を統治するとしていた。総督府には複数の委員会が置かれ、各種の問題に個別に対処している。
 620年9月初旬にリヨルが暴徒に襲撃され重傷を負ったため、ハギワ防衛委員長が総督府内でイニシアチブを握り、暫定総督代行に就任した。同時に、暴動・反乱を徹底的に鎮圧する意向を示した。

委員会名委員長担当分野
農務委員会ヲルハ・アメシスト農業の発展
経済委員会リンロ・クリストバライト商工業の発展
財務委員会レルネ・ジャスパー国庫金の管理
法務委員会キウィア・コーサイト国内法の整備
鉱業資源委員会クリン・ヘリオトロープ鉱山の整備・管理
教育社会保障委員会レーン・クリストバライト国民の教育・社会保障の整備
外務委員会リヨン・ジャスパー*1対外交渉
防衛委員会ハギワ・サードオニクス*2怪獣等の脅威からの防衛
Page Top

住民会議 anchor.png

 議会が発足するまでの間、住民の意見を政治に反映させるために置かれた機関。定数は20名、改選は年に1度である。総督の問責を決議することができるが、総督が問責決議された場合に辞任する義務などは定められていないので、実質的な存在意義はない。また、政党の結成も認められてはいるが、現在のところ結成された政党は存在しない。
 なお、住民会議場の壁には旧連邦のルナハ大統領の肖像画が掲げられている。

Page Top

国民 anchor.png

 国民は全て「カルセドニー計画」により旧世界から移住してきた住民とその子孫から成り立っており、単一民族国家である。また、旧連邦では名字を名乗る風習はなかったが、移住後に入植した場所に付けられた地名を名字として名乗る習慣が生まれ、現在は全ての住民が名字を持っている。このため、名字が同じだからと言って、必ずしも親族であるとは限らない。

Page Top

外交 anchor.png

 建国から4年近くが経過し、複数の国と国交を樹立するに至った。以下は国交が樹立された国の一覧である(国交締結順)。

ウェールリズセ共和国
レゴリス帝国
エーラーン教皇国
ヴァノミス王国
成蘭連邦王国
ガトーヴィチ帝国
ノホ・ヘレコ連邦
長州国

※記入漏れがありましたらご連絡ください。

Page Top

経済 anchor.png

本記事の閲覧者数
本日:1人
昨日:2人
合計:443人


*1 リヨル負傷による暫定的な人事
*2 暫定総督代行と兼務

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 443, today: 1, yesterday: 2
最終更新: 2015-11-06 (金) 21:18:10 (JST) (1411d) by nazonohito