㏍違ゃ

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





箱庭国際社会7
箱庭諸島のスススス島
箱庭諸島S.E.A.-帝國興亡史

メインメニュー

オンライン状況

5 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
Sort by Vote Ranking
2017 | 03
労働党機関紙<赤光>  カルセドニー最大の左派政党、労働党の機関紙
3月 30 (木曜日) 2017
【政治】旧大統領府メンバー全員の死刑が確定 18:28  カルセドニー連合 
【政治】旧大統領府メンバー全員の死刑が確定



 706年1月31日、連合最高裁判所は703年7月1日に逮捕された旧共和国の大統領府メンバーの中で死刑が確定していなかったラノト・クリストバライト元法務委員長及びキウィン・ウェストカーネリアン元外務委員長に対し国政を壟断し市民の幸福に対して敵対する活動を取ったかどで死刑判決を下した。

 703年6月末のクリソプレーズ市街地の戦闘で戦死したルナテ・パームグラネット元防衛委員長らを除いた大統領府内のメンバーのうち、ほとんどは703年内に死刑が言い渡されていたが、ラノト・キウィンの両者は判決が出るまでかなりの時間を要した。ラノトについては、老衰死したリヨネの失職と大統領選挙を求めた裁判で、701年11月3日に法務委員会隷下の裁判所の「裁判長」として大統領府側の勝訴となる判決を出すという重大な犯罪行為を犯したことは明らかであったが、ラノトがかつてから信仰されていた「5大氏族」の最後の生き残りであり、死刑に処することは「文化的・宗教的に問題がある」と弁護側が主張していた。しかし、31日の判決で裁判長は「リヨ一族の独裁の口実にもされてきていた『5大氏族』への無垢な信仰はもはや連合にとって不要有害なものでしかない」として、弁護側の主張を全面的に否定し死刑判決を下した。

 一方、キウィン・ウェストカーネリアンについてはまた別の事情があった。キウィンはどのようにかは分からないが703年7月1日に大統領府から脱出、国内のどこかに未だに潜伏している。そのため、裁判は「被告がいない」状態で進んでいた。リヨネ死後の大統領府の諸悪の根源であるキウィンを弁護する者は誰もいなかったが、「行方不明の被告に死刑判決を下すことに意味はあるのか」などと批判する声もあって裁判は難航を極めた。結局、キウィンは行方不明のまま死刑判決が確定、逮捕され次第死刑が執行されることとなる。

 全ての関係者の確定判決が出たため、旧大統領府メンバーへの死刑はこれから2ヶ月以内に順次執行される見通し。



【経済】工業の損益分岐点



 現在、フリューゲルでは商品需要の低下により一部の商業国が「商品3=資金1」のレートを表明するなど混乱が広がっている。しかし、商品3=資金1レート(以下3:1レート)によって工業国や資源輸出国はその経済を維持することは可能なのだろうか。



 かつて、旧共和国の政府の息がかかっていた偏向報道機関である「The Red Brightness」誌は工業の損益分岐点として「工業特化率400%」を示している。仮に、この特化率を有する国家を「工業国」と認めるとしよう。その場合、銀1万トンと燃料4億ガロンから商品36兆Va相当を生産することができる。これを3:1レートに当てはめると資金12兆Vaの輸出利益が得られることになり、これは銀1万トン=8兆Va、燃料1億ガロン=1兆Vaの国際最低レートとちょうど等しい。つまり、銀や燃料の価格を底値まで押し下げれば工業国は3:1レートでもぎりぎり経済を維持できることになる。むろん、工業都市の維持費(公務維持費や社会保障費)その他の費用が必要だが、その分の利益確保は工業特化率を400%から高めることで達成されるだろう。

 逆に、銀や燃料の価格を現在一般的である銀1万トン=10兆Va、燃料1億ガロン=1.5兆Vaで維持することを前提に考えてみると、銀1万トンと燃料4億ガロンの合計価格は16兆Vaとなる。つまり、工業国はこれらの物資から最低48兆Va相当の商品を生産しなければならないが、そのために必要な特化率は567%となり、工業都市の維持費を勘案すると特化率619%を誇るヘルトジブリール社会主義共和国以外の工業国は全て廃業を余儀なくされるであろう。



 以上のことから、商品3:1レートを望む商業国、現在の銀・燃料の資源レート維持を望む資源輸出国、低特化率の工業国の3勢力が全て自らの主張を通すことは原理的にできない。いずれ、フリューゲルは世界的な経済対立から致命的な事態を引き起こすことになるだろう。我々は、その日が来たる前に必ず完全な国内完結経済・鎖国体制を完成させ、滅びゆく世界から身を守らなければならない。



参考:The Red Brightness誌「工業の損益分岐点」
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
3月 15 (水曜日) 2017
【速報】レンデ書記長、連合の対外貿易停止と鎖国政策への移行を発表 20:56  カルセドニー連合 
労働党機関紙<赤光>703年7月3日号



【速報】レンデ書記長、連合の対外貿易停止と鎖国政策への移行を発表



 レンデ・アゲート労働党書記長はクリソプレーズ市の陥落を受けて会見を開き、労働党が内戦前から公約で掲げていた通りの自主管理社会主義への移行と統制経済計画・それに伴う対外貿易停止・鎖国に向けた手続きを即座に行うことを発表した。現在、カルセドニーと貿易関係を有している国家は内戦に伴い減少傾向にあるものの6ヶ国あるが、全ての貿易は直ちに縮小・停止される見通し。



【社会】連合軍、クリソプレーズ市を制圧



 連合軍は703年7月1日、クリソプレーズ市街を完全に制圧したことを発表した。大統領府側の戦力はほとんどがアゲート要塞の防衛に充てられていたと見られ、抵抗は微弱であり我々の勝利はあっけなものであった。大統領府周辺では強力な抵抗が見られたが、戦力が圧倒的に上回る連合軍は大統領府を陥落させ、大統領府のメンバーの過半数を逮捕した。これとほぼ同時に、市内に司令部を置いていた西方方面軍は降伏、内戦は終結に向かう見通しとなった。



【社会】アゲート市で連合への合流を求める市民蜂起、連合側も呼応して大統領府側と戦闘



 702年11月以降半年以上にわたって最前線となっているアゲート市において、6月18日ごろ大統領府側軍の撤退と連合への合流を求める大規模な市民蜂起が発生した。もはや大統領府は支配領域の民心を完全に失っており、その支配のために市民運動を弾圧することを続けているが、今回もその例にもれず大軍を派遣して市民を虐殺しようともくろんだ。連合はこの事態を是とせず、市民の防衛と主要な防衛拠点であるアゲート市の制圧のため南方方面軍の大部隊を投入した。戦闘はアゲート市内の市街戦に拡大し、現時点でも激しい戦いが続いている。

 アゲート市の市民蜂起は、先に我々と同郷である南部諸市出身の兵士が主体でありながら、半ば強制的に大統領府側軍に編入された旧ローレル駐屯部隊の兵員が中心となっているという情報がある。我々の同胞は敵の内部からも我々の勝利に貢献してくれたといえるであろう。



【寄稿】旧ローレル駐屯部隊の悲劇



 我々は、不当な手段で権力の座にしがみつく大統領府から市民の解放を進め、その偉大な組合主義の勝利へと近づきつつあります。しかし、その中で悲劇に見舞われた兵士たちのことを私は伝えなければなりません。

 カルセドニー島共和国は、我々が大統領府を見切り、カルセドニー連合を結成した702年9月8日時点で3ヶ所の海外駐屯地を有していました。その中で、蒼鋼国に駐屯していた部隊は西方方面軍の指揮下にあったため、我々からすれば残念なことではありますが、大統領府の召還を受け入れて大統領府側の指揮下に合流しました。しかし、ローレル共和国に駐屯していた部隊は南方方面軍の指揮下にあり、兵士たちも南部諸市の出身者がほとんどであったにもかかわらず、大統領府はこれを強制的に本国へ呼び戻し戦闘とは名ばかりの事実上の「盾」として使用しました。その結果、彼らは数週間のうちに部隊の大部分を失って壊滅しました。戦闘によってのみではなく、戦闘への参加を拒否した(彼らの兄弟や友人が我々に参加している可能性が高いとあっては当然でしょう)兵士がその場で上級司令部の要員に射殺されたといううわさも流れています。

 我々はこの戦いに勝利を収めるでしょうが、その勝利において払われた犠牲を決して忘れてはならないと思います。



 カルセドニー連合陸軍・南方方面軍総司令官ラリネ・ブラッドストーン大将
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
3月 11 (土曜日) 2017
【政治】労働党、「カルセドニー連合」の結成をブラッドストーン市庁舎にて宣言 00:09  カルセドニー連合 
労働党機関紙<赤光>702年9月9日号



【政治】労働党、「カルセドニー連合」の結成をブラッドストーン市庁舎にて宣言



 702年9月8日、レンデ・アゲート労働党書記長はブラッドストーン市庁舎にて会見を開き、労働者が主権を有する新国家、「カルセドニー連合」の結成を宣言した。



レンデ・アゲート労働党書記長による連合結成宣言

 すでにカルセドニー島共和国の中央政府は司法府・立法府ともに大統領府の影響下に置かれ、もはや共和国はその建国の理念であった民主主義と三権分立を果たしていない。我々は701年のリヨネ老衰死発覚以降1年半にわたり冷静に、丁寧に共和国が当然行うべき臨時大統領選挙を訴えて平和的な活動を続けてきた。しかし、大統領府はその腐敗した権力にしがみつくあまりに選挙を不当に拒否し、あまつさえ平和的な政治活動を警察部隊の派遣によって抑え込もうと図った。我々がこの警察部隊の介入を拒否すると、大統領府は恐るべきことに軍を、その市民を守ることに用いるべき軍を、我々を弾圧することに用いようとしたのだ。我々は幸運にもその撃退に成功したが、もはや共和国が我々の期待するような働きをすることは二度とないだろう。であるから、ここに、我々ブラッドストーン市民及び志を同じくする者は、カルセドニー諸島を正当な民主主義の支配に帰すため、カルセドニー連合の結成と革命政府を宣言する。



 すでに新生カルセドニー連合は南方方面軍とブラッドストーン市全域をその支配下に収めており、カルセドニーの腐敗と権力の亡者と化した大統領府の支配するカルセドニー島共和国からカルセドニー全域を解放するまで戦い続けることになるだろう。



【政治】クリソプレーズ港においてデモ隊を弾圧せんと企む軍部隊を撃退



 権力の座にしがみつく大統領府は、ついに一線を越えた。大統領府は臨時大統領選挙の実施を求めてデモが行われているブラッドストーン市に陸軍部隊を派遣、デモに参加する市民を一挙に殺戮せんと図ったのだ。しかし、労働党の呼びかけに応じた南方方面軍総司令官、ラリネ・ブラッドストーン中将は彼の指揮する軍部隊を市民の防御に派遣、両軍は9月4日にクリストバライト市西方のクリソプレーズ港で衝突した。南方方面軍の兵力は大幅に劣勢であったが、精鋭がそろい名将ラリネが指揮する部隊が烏合の衆の大統領府側に敗れるはずがなく、大統領府側の軍(西方方面軍が主体と見られる)を撃退することに成功した。民主主義の防衛に大きく貢献したラリネは9月8日にレンデ・アゲートがカルセドニー連合の結成を宣言したその日に、大将へ昇進しカルセドニー連合軍総司令官へ着任した。

 我々は力強い味方を得た。もはや大統領府の不当な圧力によって活動が押さえつけられることなどなく、革命政府はその勝利へ向かい邁進するであろう。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
3月 07 (火曜日) 2017
<赤光>702年2月18日号 14:23  カルセドニー連合 
労働党機関紙<赤光>702年2月18日号



【政治】反動共和国議会、大統領選挙の実施を拒否



 共和国議会は昨日、民意に反する驚くべき決定を行った。一度は可決したものの、権力にしがみつく大統領府の委員長どもにより拒否され、共和国議会における再可決を目指していた臨時大統領選挙法案が再可決に必要な4分の3の賛成票を得られず否決されたのだ。我らが労働党と、その友である社会民主党は法案に賛成したが、両党は合わせて138議席を有しているにすぎず、反動派諸党がすべて反対に回ったため、再可決に必要な188議席を確保できなかったのだ。国民党の総裁は「大統領選挙は710年に行われればよい、なぜそんなに急ぐ必要があるのか」などと宣っているが、そんなバカげた話が合っていいはずがない。大統領はもういないのだから、直ちに選挙を行い相応しいものに大統領府はその椅子を明け渡すべきだ。

 労働党議員はこの投票結果に抗議し全員退出し、これ以降選挙をもとめる民衆に合流して活動することを決定した。もはや議会が大統領府のイヌに成り下がった以上、カルセドニーに適切な民主主義をもたらすにはこれ以外の手段はない。



【国際】ガトーヴィチ帝国、我らが労働党をカルセドニーの適正な指導者として承認



 ガトーヴィチ帝国政府公認の報道機関である「帝国新報」紙は「カルセドニー島共和国の鎖国が囁かれている」と報じた。現在、カルセドニーにおいて鎖国政策を掲げる政党は我が党しか存在しない(友たる社会民主党でさえこの点では異論があるとしている)ため、この報道は事実上労働党がカルセドニーを率いることを承認したといえるだろう。同国は事情は異なれど最近まで鎖国政策をとっていた国であり、左右は反対であっても我が党の政策に理解を示しているということだ。

 国際社会からも我が党が支持を集め始めたことに、大統領府は早く気が付くべきだ。



【社会】国内各地で大統領選挙を求めるデモやストライキ



 大統領府委員会委員長評議会の大統領選挙法案に対する拒否権発動からこのかた、国内は反大統領府一色に染まり各地でデモやストライキが行われている。先の選挙でレンデ書記長を支持した南部諸市はもとより、リヨネを大統領に選んだクリストバライト市でさえ、市庁舎の前に30万人が集まり臨時大統領選挙法の成立を求めた(画像は左上)。これだけの民意が早急な選挙を求めているにもかかわらず、大統領選挙法の拒否を選んだ共和国議会は完全に反動化したとしか言いようがない。我々は710年まで待つことなどはしない。選挙を求める彼らの声にあらゆる手段で答えていくのだ。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.