util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

10 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...

Re: レゲロ・ヴェールヌイ間の相互協力条約交渉会場

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

ヴェールヌイ社会主義共和国

なし Re: レゲロ・ヴェールヌイ間の相互協力条約交渉会場

msg# 1.8
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/3/11 21:15 | 最終変更

共和国の立場は先に申し上げた通りであるが、貴国は「ヴォルネスクによる外交非礼」と「演習による実害がない」ことをあげ、現在の情勢不安そのものを引き起こした自国の行動責任を回避しようとする言説に終始している。
「ヴォルネスクによる外交非礼」があり、並びに「10年経過している事実」の双方に関して、仮に貴国の主張を肯定的に受け止めたとしても、当初の貴国による説明、すなわち「ヴォルネスク地域は主権が喪失しているのでミサイル発射対象とすることに問題がない」に対して、現在「ヴォルネスクの非礼」を理由とすることは矛盾しかない。

以上のことから、今回のミサイル発射は、貴国の軍国主義的野心の現れか、冒険主義的報復行動が目的であったと判断せざるを得ない。

10月には更なる軍事演習を示唆する声明を発表しており、我々は失望を禁じ得ない。

貴国の見解をお聞かせ願いたい。
回答の内容如何によって、共和国政府は相当な覚悟をもって対処行動を行う意思があることを合わせて表明する。

貴国は我が国と同じく社会主義を標榜している。
社会主義という概念は、その大枠こそ同じだが、その内実は多様性に富み、様々な立場や理論があり、時には自国と他国の差異を認めなければならない。
いまさら指摘するまでもないだろうが、我が国と貴国の政治体制・外交理念には、当初から大きな隔たりがあった。
建国間もなく、我が党が貴国の賛同を得てFSIに加盟した際も、協力条約の内容を協議した場でも、我々は一貫してこれを指摘し続けてきた。
そして貴国は、我々の主張に理解を示し続けてきたはずである。同様に我々も貴国を理解することに努めた。

両国の友好の歴史は、けして社会主義団結の歴史などではない。
異なる価値観を有する他者を理解する融和の歴史である。

そうでなければ我が国は貴国と協力条約を結ぶことはなかったのである。
それは現在も、そして未来永劫変わることのない不変の価値であり、この一点において、貴国と我が国が意思を、いまだ共有していることを願ってやまない。

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ