util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...

Re: レゲロ・ヴェールヌイ間の相互協力条約交渉会場

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

ヴェールヌイ社会主義共和国

なし Re: レゲロ・ヴェールヌイ間の相互協力条約交渉会場

msg# 1.5
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/3/7 23:17

選挙により党代表及び、党代表交代からなる新しい政府閣僚の任命を待ち、この件に関する正式回答の作成を行いましたゆえ、期間が空きましたこと、お詫び申し上げます。
以下は共和国新政府による公式見解となります。

貴国が、ヴォルネスクのノ連邦編入を、手段として帝国主義的な行為であったと解したことについて、我が国は貴国と議論を行うつもりはございません。
また貴国が自国の防衛力を強化せしめるため軍事演習を行うことも、主権国家として当然保有する権利であり、異論ございません。

しかしながら、支持不支持の問題を置いて、ヴォルネスク社会主義共和国がノイエクルス連邦と結んだ「ヴォルネスク安全保障条約」と、続く「ヴォルネスク併合条約」は、ヴォルネスク社会主義共和国政府の正式な手続きを経て、いたって合法的に批准されたものと理解しております。
その為「ヴォルネスクには国家としての主権は事実上存在していない」という貴国の見解には賛同いたしかねます。
ヴォルネスク自治国領域内においては、同自治国政府並びにノイエクルス連邦政府による主権が及んでおり、これを否定する根拠があるとは考えられませんし、これは我が国のみならず、世界の大多数の国々が認めるところであります。
よって貴国によるヴォルネスク自治国領海に対するミサイル発射は、ノイエクルス連邦の承諾を得ない限り違法的なものであり、結果的として不必要な軍事的緊張を生じさせてしまった、その責任は貴国に帰属するものであると考えざるをえないものです。

御存知の通り貴国に対しては、永久同盟加盟国及び神聖同盟加盟国による共同抗議声明が発せられおり、また当事国である(貴国はそのように解さないかもしれないが)ノイエクルス連邦からも謝罪及び鉄鋼・石油といった軍需資源の引き渡しを要求されている状況にあります。
我が国としては貴国とノイエクルス連邦間における交渉の推移を見守るものでありますが、こうした国際世論を真摯に受け止められることを切に願うものであります。

現状、我が国は貴国と締結している相互協力条約並びに現状の交易関係の解消は考えておりません。これは我が国が、法遵守の観点から、むやみに条約破棄を通告することは不適当と考えている事と同時に、貴国との友情を継続しようという最大限の努力であります。
しかし、情勢の推移次第では、条約に定められた努力義務が必ずしも適用されないということも、合わせて表明させていただくものです。

社会主義レゲロに栄光あらんことを

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ