util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...
Sort by Vote Ranking
2019 | 02 | 04 | 05
2018 | 03 | 04 | 10 | 12
2017 | 08 | 11
ハルクステン通信  セニオリス共和国政府の国営報道機関
5月 03 (金曜日) 2019
「セニオリス地域平和維持活動実施声明」を受けた、共和国大統領の緊急声明 00:42  クラリス共和国 
「セニオリス地域平和維持活動実施声明」を受けた、共和国大統領の緊急声明



本日、カルセドニー社会主義連邦共和国やレゴリス帝国など6カ国により発表された「セニオリス地域平和維持活動実施声明」を受け、シルウァ・イェールシュテット共和国大統領が緊急の声明を行った。こちらが全文である。



 現在、我が国は未曽有の争乱と外交危機に瀕しています。共和国大統領として、レゴリス帝国への併合条約批准否決後、頻発した様々な政治的混乱を許してしまい、国民の皆様に多くの犠牲を生じさせてしまったことに、深くお詫び申し上げます。我々は、共産党暴力組織が軍や警察、さらには外務省内部にまで深く根を下ろしていたことに対し、十分な対策が取れませんでした。これもひとえに私自身の大統領としての資質が欠けていたものと反省しております。

 さて、有志連合は、共産党暴力組織の制圧に多大な貢献をされたエルステイン財閥含むラングラード王党派を、こともあろうに「共和国政府を転覆させた」首謀者と認定し、武装解除の強行を示唆しています。このままでは、ラングラード皇帝家のご即位も国際社会の承認を得ることは不可能と考え、皇帝家と協議を行った結果、この度の王政復古は無期限に延期され、従来の政治体制存続が決定致しました。

 しかしながら、我が国の多民族国家としての将来を勘案し、従来の「セニオリス共和国」という国号は最良ではないとの与野党の判断から、ただいまをもちまして我が国は「クラリス共和国」と国号を改めることをここに宣言します。

 この「クラリス」という名称は、旧ラングラード連邦共和国からの避難民を乗せ我が国へと辿り着いた最初の船舶の名称であり、セニオリス人、ランガル人、そしてカルス人の平和と友好を表す意味が込められております。

 各国におかれましては、度々の混乱をお詫び申し上げますとともに、新しい「クラリス共和国」をどうぞよろしくお願い致します。



フリューゲル暦 30010期 833年 8月3日
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
5月 02 (木曜日) 2019
【速報】イェールシュテット共和国大統領、臨時政府関係者により保護される 01:05  クラリス共和国 
【速報】イェールシュテット共和国大統領、臨時政府関係者により保護される

 3月14日、大統領府が共産党武装組織の攻撃を受けて以来消息が途絶えていたシルウァ・イェールシュテット旧セニオリス共和国大統領が、本日未明、ブロワ県南部のヴェ―リンデン市内にて臨時政府関係者により保護された。大統領は本日中に首都へ護送される模様。

 ただし、今後も大統領としての地位を維持する可能性は低いと思われる。共産党テロ鎮圧に際し莫大な物資の提供を行い、現在国民の間で強い人気と期待を集めているラングラード皇帝家に対し、イェールシュテット大統領は、レゴリス帝国への併合中止後から支持率が急落し政権維持が危ぶまれていたことから、このまま革命テロが沈静化したとしても現職に復帰しない見通しだ。



【国際】国際社会に謎の動き 世界は誰の味方か?

  カルセドニー社会主義共和国をはじめとする各国は、5月24日、セニオリス地域平和維持活動実施の声明を発表した。我が国で発生している政変について確固たる情報を得ないまま、旧共和国政府関係者に加え多くの一般市民の支持を受けテロリストを制圧した臨時政府に対し攻撃の矛先を向けようとしている。もし仮に彼らが、一時は首都全域を占拠し暴虐の限りを尽くした共産党武装組織を”共産主義”という理由で支持するならば、もはやそれは平和維持活動ではなく革命の幇助に他ならない。あまりに突然のこの動きに対し、混乱が続く国内では「コミュニストの奴等の醜い陰謀だ」「アンラ・マンユが降臨してきたわ」など様々な声が挙がっている。



【政治】セニオリス共産党書記長、潜伏先の民家で拘束される

 5月20日、臨時政府成立以来逃亡を続けていたセニオリス共産党のダニエル・ケンプフェル 書記長が、エンデルヴァルト県北西部の民家にて発見され、臨時政府軍に拘束された。

 3月12日、レゴリスへの併合が頓挫したことを受け、好機と見た共産党赤軍を名乗る武装組織が突如議会を包囲、翌日議会を占拠して以来、全国各地で赤色テロリズムの暴挙が相次いでいた。同組織は共産主義暴力革命を主導し、軍内部にも内通者が多かったことから、一時首都全域をその手中に収めたが、旧セニオリス政府関係者の支持を受け事態の収拾にあたったラングラード王党派が首都を解放。18日には議会所に巣くう共産党テロリストを制圧し、国内外に事態収束の可能性を宣言した。現在も未だ暴力テロが相次ぐ中、臨時政府を樹立し国内の秩序回復に尽力する中の出来事である。

 臨時政府は「テロリズムの首班拘束により、彼らの指揮系統は壊滅した」と声明を発表しているが、今後も単独犯による革命テロが続くとみられている。



フリューゲル暦 30004期 833年 6月1日
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
4月 15 (月曜日) 2019
【速報】共和国政府、中夏-ミルズ間の紛争事案に対し声明を発表 00:13  クラリス共和国 
【速報】共和国政府、中夏-ミルズ間の紛争事案に対し声明を発表

 本日、共和国政府はこの度の中夏-ミルズ間で発生し、一時は開戦寸前に至った「工作活動」を巡る紛争事案に関し声明を発表した。以下が全文である。



 この度、中夏人民共和国が我が国の友好国であるミルズ皇国に対し行った宣戦布告は、一方的に火災事件の責任をミルズ側に押し付けるものであり、決して看過できるものではない。幸い第三国の陳情により攻撃は中止される見込みであるが、この度の中夏人民共和国の軽率な行動は誠に遺憾である。かの国は「ミルズ政府による有害工作活動」とそれらしき宣戦理由を掲げているものの、その実は碌に事実関係の確認をしない稚拙なものであり、容疑者の自白以外の証拠資料は何一つ提示されていない。中夏政府におかれては、早急に正確な事実確認及び徹底した捜査を進めることを願うものである。加えて、中夏政府は以前にもイレギュラー試射を弊国領海内にて行っており、無論これを我が国は正式に許可しているものの、軍事兵器の軽率な使用を当然のものと解する風潮が中夏政府に存在しているとすれば、フリューゲル世界の平和秩序が脅かされることにもつながるであろう。各国の節度ある行動に期待する。

フリューゲル歴29902期

830年8月1日

大統領 シルウァ・イェールシュテット



【国際】ミルズ皇国にて、アダム皇議事堂が建設さる。同国の民主化に期待集まる。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
2月 20 (水曜日) 2019
【政治】躍進止まらぬ革新党、第一党目前に 他 23:17  クラリス共和国 
【政治】躍進止まらぬ革新党、第一党目前に

 去る819年8月30日に行われた第21回国民議会選では、グローバリズムを掲げる革新党がさらに勢力を拡大し、共和党に2議席まで迫る113議席を獲得した。従来の与党である共和党は単独での過半数を獲得できず、革新党との連立政権という形を取らざるを得なくなった。結果、与党が全議席の9割を占め、野党は壊滅的な打撃を受けている。革新党は、諸外国との対立をもたらした閉鎖的な経済を見直し、グローバリズムに対応した「開かれた市場」を推進。加えて、我が国の強みである充実した社会保障と自由な市場競争を両立させる社会的市場経済を模索し、従来の左派系政党支持者からの評判も良好である。813年戦争以後新たに誕生したこの政党の下、我が国は更なる成長が期待できそうだ。

第21回国民議会選 各党の獲得議席数

共和党        115

革新党        113

社会民主党      12

セニオリス民族保守党  2

緑の党        5

自立経済連合     1

無所属        2

【経済】拡大する食肉産業、AIの予測データ活用し世界に挑む











 本日労経省が発表した経済白書によると、我が国の食肉生産は1期あたり4万494トン(消費人口4494万人相当)に達し過去最高を更新した。国内における穀物の供給量は、これまで不安定要素が多く食肉産業への参入障壁となっていたが、近頃試験的に一部が公開されたRMS(資源管理システム)による予測データを用いることで、優先的かつ安定的に飼料を供給することが可能となり、結果牧場面積は昨年と比べ2倍近くに拡大している。政府は今後、再来年までにおよそ3300万人分(6期あたり20万トン)の輸出用食肉の生産体制確立を目指すとしている。

【国際】我が国のFENA加盟申請承認される。外相「レゴリス帝国との和解を示す証としての意義大きい」

【海外】中夏の軍事調査団、猫好き領域内に上陸。新たなゆるキャラ発見なるか?



フリューゲル暦 29583期 821年 9月27日
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
12月 25 (火曜日) 2018
【政治】公安当局、セニオリス-VSS本社ビルを接収 00:27  クラリス共和国 
【政治】公安当局、セニオリス-VSS本社ビルを接収

 4日、公安当局は報道関係者の注目が集まる中、エルドラード特別市第一区所在のセニオリス-VSS社本社ビルを接収した。

 同社は接収を事前に察知し、本社ビル前には強固なバリケードを築いた他、警備員の姿も多数見られたが、当局は突入を決定、一時小競合いになりながらも当局が力押しで突破に成功した。次いで多数の従業員が当局に連行され続々とエントランスから出てくる姿が見られ、押収資料を詰めた段ボール箱も数多く運び出された。事態は接収開始から5時間後、「当局接収」の垂れ幕が掲げられたことで収束した。後日接収資産の公表及び国内優良企業への再度払い下げが行われる見通し。

 同様の接収は全国の多数の支社や関連会社で行われ、当局と警備員の間で発生した小競合いにより、現時点で計56名の負傷者が出た模様。

 同社は、特定民間軍事企業規制法の施行後も、警備用品と称し国内における指定兵器を放棄しなかったことが問われ、同規制法違反の罪でセニオリス-VSS社社長カール・ゴルツが逮捕・拘束された。さらに、公安による接収を妨害したとして、全国で社員計68人が公務執行妨害の罪で逮捕されている。

 ヴェニスグループは現在、水面下で我が国に対抗する企業連合の設立を企てているものとみられ、"警備員"による我が国への物理的な圧力行使を行う危険性も否定できない状況下にある。共和国政府も国民に危機管理の徹底を呼び掛けるなど、全国に緊張が走る中、今後のヴェニスグループの対応は一体どうなるであろうか。



フリューゲル暦 29236期 812年 2月5日
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
12月 22 (土曜日) 2018
【政治】特定民間軍事企業規制法制定 他 00:32  クラリス共和国 
【政治】特定民間軍事企業規制法制定

 国民議会で1日、国際的な平和と安定を脅かす民間軍事企業の国内での経済活動を取り締まる「特定民間軍事企業規制法」が全会一致で可決・成立した。今回の法規制では、口径20mm以上の火器及びそれらを搭載した車両・船舶・航空機等を国の特別な認可なしに保有する企業に対し、国内における一切の経済活動を禁止すると定めており、対象は国内資本に留まらず国外資本や、事実上資本的に繋がりのある企業全てが対象となる。なお、民間軍事企業への監視体制維持のため、これまでに当該企業へ国が出資した資本に関しては依然撤退しないものとみられている。イェールシュテット大統領は取材に対し、「巨大な資本を背景に市場独占的な民間軍事企業が現れれば、国家的な統制を潜り抜け利益のための紛争が頻発することになるだろう。この度の法規制をきっかけに、各国にも民間軍事企業への警戒を促していきたい。」と語った。



【国際】EDTO成立 資本主義国家のさらなる繁栄を目指し

 809年9月20日、セニオリス・ガトーヴィチ・ヴォルネスク・フェネグリークの4か国によるエルドラード条約(資本主義市場経済相互援助条約)が発効し、エルドラード条約機構(EDTO)が成立した。本条約は国際的な社会主義・共産主義運動が活発化する中、市場経済の優位性を確認するとともに、テロをはじめとする国家的脅威に対抗することを目的としている。本邦は所謂「三国干渉」を機に国際的な孤立状態にあったが、ようやく他国との協力関係を築くことが出来るだろう。国民の間では、我が国の首都を冠した条約機構に歓迎の声が上がっており、一層期待が高まっている。



【国内】エルドラード単独で総人口1300万人超に 首都圏再開発計画発表

 2日、国土開発省は地盤沈下以後復興が停滞していた首都圏の再開発計画を発表した。新たに"現代都市地域"を第22区に設定、高層マンション建設等で都市集積度を高めエルドラード特別市単体での総人口は1300万人超になると予測されている。計画は再来年度から実施される予定。



【社会】CDX水ブームに警鐘?専門家「効果怪しい」

【国際】三国調停で過労死寸前?多忙を極める第三者委員会派遣団

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
10月 08 (月曜日) 2018
【政治】3ヵ国共同声明を受けた解散総選挙、共和党の圧勝に 他 22:58  クラリス共和国 
【政治】3ヵ国共同声明を受けた解散総選挙、共和党の圧勝に

先月1日に発表された3ヵ国共同非難声明を受け、大統領が国民の意思を問う形で行われた解散総選挙が2日施行された。

結果は以下の通り。



共和党189議席

社会民主党28議席

セニオリス民族保守党23議席

緑の党5議席

自立経済連合2議席

無所属3議席



 遷都計画を通じ共和党に迫る勢いで議席を伸ばしていた社会民主党は、大国の圧力で大幅に議席を失い二大政党制への道は無残にも消え去った。特に自給自足政策を主張していた緑の党及び自立経済連合は消滅の危機に追い込まれる結果となった。一方で、従来の与党である共和党は民主化直後の水準まで議席が回復し、強固な基盤を元に自給政策の撤廃と経済開放を推進するものと思われる。セニオリス民族主義と新自由主義を掲げるセニオリス民族保守党も一転して多くの議席を獲得し、我が国の右傾化に拍車がかかりそうだ。この度の選挙結果が、今後の外交交渉にどう影響を与えるのか注目していく必要があるだろう。



【政治】レゴリス・普蘭・ロムレー、共同で我が国の自給自足政策に関する非難声明を発表

 799年2月1日、レゴリス帝国、普蘭合衆国、ロムレー湖畔共和国の3ヵ国が、我が国を名指しし自給自足政策を糾弾する旨の声明を発表した。元より我が国は主に左派系政党の要請を基に高度な資源自給に関わる独自技術の開発を進めており、特に3資源鉱山の切り替え産出は時代の先を行く画期的なシステムであった。しかしながら、この度の声明には我が国の回答如何によっては"相応の行動を検討すること"が明記されており、国内に大きな衝撃が走っている。

 同声明に関し専門家の間では不可解な糾弾対象の変化が指摘されており、政治的な混乱を引き起こしている。具体的には、先の烈加共同声明では「人為的に資源不足を創出する国家」として低効率な先端工業国が糾弾されていたのに対し、この度の声明では低効率先端工業には触れず、我が国が定期貿易を廃止させ鎖国状態に入ることが糾弾の対象として強調されている箇所である(なお我が国の自給自足政策では、過剰生産分の単発取引は推奨されており、鎖国ではないことを押さえておきたい)。このような論点のズレには、大国の醜い外交戦略が現れているとの見方も出来よう。前者を糾弾するのであれば、例え定期取引を継続していても、低効率な先端工業生産を行い、その上商品を定期輸入する国家も本来対象となるのが自然であるからだ。

ともあれ、我が国は大きな経済政策の転換を迫られることは間違いない。願わくば我が国と良好な信頼関係を築くことの出来る国家と定期取引が行えることを望むものである。



【政治】中央駅構内でテロ未遂事件が発生。自給自足体制の貫徹を求める勢力の犯行か。

 本日午後2時頃、エルドラード中央駅構内のゴミ箱に不審な荷物が入れられているのを通行人が発見、捜査により小型爆弾の入った小包であると判明した。犯行は先日の解散総選挙の結果に反発した急進的なRMS主義者によるものと思われる。これにより市内全域で警戒態勢が敷かれており、3ヵ国との外交交渉を目前に控えた今、喫水の懸念事項として浮上している。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
4月 07 (土曜日) 2018
【国内】人工巨大都市を建設する遷都計画 768年8月より開始か 新首都名は「エルドラード」に 20:50  クラリス共和国 
【国内】人工巨大都市を建設する遷都計画 768年8月より開始か 新首都名は「エルドラード」に 国土開発相発表

7月24日、シルーカ・セレンディア国土開発大臣は、現在の首都ハルクステンから南西およそ300kmの場所に人工の新首都を建設する遷都計画の正式決定を発表した。具体的な開始時期は来月2日からと見られている。

総事業費は280兆Vaを超え、推定消費建材量はおよそ47億トン、完成20年後の予想首都圏人口は約1500万人と、フリューゲル史上最大級の巨大プロジェクトとなる見通しだ。

現時点で開発計画の財源及び必要資材は概ね準備されており、開発は滞りなく行われる予定。本計画が成功を遂げることにより、我が国が高度な首都防衛力と完成された資源自給体制を手に出来るものと期待されている。以下に国土開発省より発表された計画概要を示す。

新首都の概要

新首都名

エルドラード

かつて地球に存在していたとされる伝説上の「黄金郷」になぞらえ、我が国の繁栄を願うものとして選定された。

予想総人口(完成20年後)

・エルドラード特別市内合計1250万人

・観光リゾート地区を含む首都圏全体で1765万人



新首都の特徴

~完成予想CG~



・最新の建築技術を用いた超高層ビル・タワーマンションを各所に建設、都心部の集積度を高めると同時に近未来的な都市空間を創造

・かつてのCDXの思想を受け継ぎ、量子コンピュータによる首都機能の管理を実現

・都内14の区を防災拠点と設定、巨大災害やミサイルの脅威への防護体制を整える

総事業費及び資源消費量

・合計予算額 281兆8000億Va

・建材消費量 47億6000万トン

・石材消費量 4億500万トン

・鉄鋼消費量 13億6000万トン

首都移転後20年経過時点での共和国の推定産業生産性指数(%)

※国土開発シミュレーションにより算出された概算値

・農業 722

・工業 150

・商業 183

事業計画の流れ

第一フェイズ

768年8月~770年1月 新首都及び近郊地域の地盤工事及び建設

第二フェイズ

770年2月~771年8月 首都圏のインフラ整備及び住民誘致

第三フェイズ

771年9月~773年1月 本島北西部における農場整備

第四フェイズ

773年2月~773年4月 我が国初の気象衛星打ち上げ及び遷都計画完了パレードの実施

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
3月 15 (木曜日) 2018
【政治】大統領の再選規定を最大連続6選に延長 一時議会が紛糾も 他 15:48  クラリス共和国 
【政治】大統領の再選規定を最大連続6選に延長 一時議会が紛糾も

 9月2日、大統領の再選規定をこれまでの最大3選から最大6選へと延長する改憲案が、賛成217・反対23の圧倒的多数で可決された。相次ぐ災害や大規模な遷都計画など、大局的な政治が求められる今日において政権の長期安定化を望む声が高まってきた結果とみられている。共和・社会民主・民族保守の3政党主導で進められた改憲案は来年8月から施行され、現ローレンフロスト政権は最大で30年後の794年まで続くことになる。一方で、一部野党は政権の長期化に伴う右傾化を懸念している。

先月にも、改憲案の審議中に緑の党及び左派系の無所属議員らは「かつてのラングラード亡帝国を彷彿とさせる醜悪なファシズム体制の誕生であり、このような暴挙は見過ごすことが出来ない」と強く抗議。審議進行の妨害を図り、一時議会は大いに紛糾した。



【国内】首都圏巨大隕石災害から9年、ようやく復興が本格化へ

 755年6月5日に首都圏北部を襲い、死者・行方不明者200万人超を記録した巨大隕石災害から早くも9年以上が経過。このたび、セレンディア国土開発相は災害復興に関する具体的な方針を発表し、国を挙げて本格的な再建に乗り出すこととなった。隕石の破片により半壊したハルクステン城の修復も進められ、復興のシンボルとなる見通しだ。

ただし、政府は復興方針の中で、災害の規模が大きく、以前の首都を取り戻すことは不可能であり、新首都への移転を早急に進めるべきとの見解を示し、ハルクステン市復興は首都としての復興ではないとしている。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
11月 28 (火曜日) 2017
【政治】大統領選 エルフリーデ・ローレンフロスト氏が圧勝 他 20:34  クラリス共和国 
【政治】大統領選 エルフリーデ・ローレンフロスト氏が圧勝

 民主化当初から3期連続で務めたアルベルト・ハルヴァリ前大統領の任期満了に伴い、7月9日に第4代大統領選の投開票が行われた。結果は各メディアの予想通り、与党共和党で前首相のエルフリーデ・ローレンフロスト氏の圧勝となった。

 今回主な争点となったのは首都移転計画の是非をめぐる問題で、ローレンフロスト氏と社会民主党の候補者は首都移転実現を公約に掲げる一方、緑の党の候補者は大規模開発による環境破壊を理由に計画阻止を訴えた。



【特集】新首都移転計画の今後

 今回の大統領選の主要な争点となった新首都への移転計画。発端は730年代から度々問題となっていた、首都ハルクステン市のインフラ設備・建物の老朽化である。746年現在のハルクステン市の人口は270万人。しかし、民主化以前から作られた都市のインフラ設備や建物の多くは、ハルクステン市の人口が今の半分以下だった時期に作られており、現在の首都人口を支えるのは限界に近くなっている。一刻も早い建て直し及び増設が求められるところだが、市内の殆どは数世紀前から続く街並みを残す保存地区となっている他、首都自体が山地に囲まれた狭い平野に位置していることもあり、これ以上の人口増加に対応することは難しい。一方、我が国の南西部には比較的温暖で開発の進んでいない平原が多く存在する。

 そこで浮上したのが、今回の新首都建設による移転計画である。計画では、単純な移転に留まらず、我が国のさらなる発展のため、広大な平地を開発してフリューゲル史上最大級の未来的な巨大都市を建設することが示されており、実現すれば我が国が将来的に先進国へと発展するという希望に溢れた展望となっている。

 だが、これに対し異を唱える声が次々と上がっており、議論が紛糾しているのが現状だ。開発に伴い、平原に存在するいくつかの湿地帯を潰されるとして緑の党や野鳥クラブを中心に環境破壊を心配する声が出ている他、一部の愛国主義者からも「古くからの首都を移転することは国家のアイデンティティを失う」との批判も出ている。

 そんな中行われたのが今回の大統領選である。世論調査では、選挙前から国民の多くは生活向上と経済成長に期待し首都移転に賛成する世論が多数を占めることが判明しており、移転計画に向けられる批判は少数派によるものとの見方が強まった。結果はご存知の通り移転を進めるローレンフロスト氏の圧勝であり、今回の選挙で首都移転の実現は確実なものとなりつつある。

 今後は12月に国民議会選を控えており、その結果次第では数年以内に新首都の建設が開始されることであろう。これからの進展に期待したい。



【国際】進展なきヴォルネスク独立戦争講和会議 ヴォルネスク・スラヴ共和国の政情不安を懸念する声も



746年10月14日 ハルクステン通信
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
Referer  (1)
(1) 2 » 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.