util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

11 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
Sort by Vote Ranking
2018 | 03 | 04 | 10
2017 | 08 | 11
ハルクステン通信  セニオリス共和国政府の国営報道機関
11月 28 (火曜日) 2017
【政治】大統領選 エルフリーデ・ローレンフロスト氏が圧勝 他 20:34  セニオリス共和国 
【政治】大統領選 エルフリーデ・ローレンフロスト氏が圧勝

 民主化当初から3期連続で務めたアルベルト・ハルヴァリ前大統領の任期満了に伴い、7月9日に第4代大統領選の投開票が行われた。結果は各メディアの予想通り、与党共和党で前首相のエルフリーデ・ローレンフロスト氏の圧勝となった。

 今回主な争点となったのは首都移転計画の是非をめぐる問題で、ローレンフロスト氏と社会民主党の候補者は首都移転実現を公約に掲げる一方、緑の党の候補者は大規模開発による環境破壊を理由に計画阻止を訴えた。



【特集】新首都移転計画の今後

 今回の大統領選の主要な争点となった新首都への移転計画。発端は730年代から度々問題となっていた、首都ハルクステン市のインフラ設備・建物の老朽化である。746年現在のハルクステン市の人口は270万人。しかし、民主化以前から作られた都市のインフラ設備や建物の多くは、ハルクステン市の人口が今の半分以下だった時期に作られており、現在の首都人口を支えるのは限界に近くなっている。一刻も早い建て直し及び増設が求められるところだが、市内の殆どは数世紀前から続く街並みを残す保存地区となっている他、首都自体が山地に囲まれた狭い平野に位置していることもあり、これ以上の人口増加に対応することは難しい。一方、我が国の南西部には比較的温暖で開発の進んでいない平原が多く存在する。

 そこで浮上したのが、今回の新首都建設による移転計画である。計画では、単純な移転に留まらず、我が国のさらなる発展のため、広大な平地を開発してフリューゲル史上最大級の未来的な巨大都市を建設することが示されており、実現すれば我が国が将来的に先進国へと発展するという希望に溢れた展望となっている。

 だが、これに対し異を唱える声が次々と上がっており、議論が紛糾しているのが現状だ。開発に伴い、平原に存在するいくつかの湿地帯を潰されるとして緑の党や野鳥クラブを中心に環境破壊を心配する声が出ている他、一部の愛国主義者からも「古くからの首都を移転することは国家のアイデンティティを失う」との批判も出ている。

 そんな中行われたのが今回の大統領選である。世論調査では、選挙前から国民の多くは生活向上と経済成長に期待し首都移転に賛成する世論が多数を占めることが判明しており、移転計画に向けられる批判は少数派によるものとの見方が強まった。結果はご存知の通り移転を進めるローレンフロスト氏の圧勝であり、今回の選挙で首都移転の実現は確実なものとなりつつある。

 今後は12月に国民議会選を控えており、その結果次第では数年以内に新首都の建設が開始されることであろう。これからの進展に期待したい。



【国際】進展なきヴォルネスク独立戦争講和会議 ヴォルネスク・スラヴ共和国の政情不安を懸念する声も



746年10月14日 ハルクステン通信
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.