util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...

Recurring Nightmare

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/9/6 0:57
ゲスト    投稿数: 0

●暁の夢魔

 栄耀栄華。十重二十重の利権と、強固な同盟に守られて、我が世の春を謳歌するレゴリス人たち。
 フリューゲル屈指の帝国は、その首都ブリンストも屈指の規模を誇り、帝国の陽の面、影の面いずれにとっても重要な意味を持つ。

 闇の総帥リーゼロッテ・ヴェルトミュラーはいうだろう。「この街は私が育てた」と。草木生い茂る未開の地であったころから彼女はこの街を見守ってきた。農村から小さな街へ。歴史ある都市へ。瓦礫と残骸の廃墟へ。そして今の栄光の都へ。

 旧市街の夜のことだ。人間とは昼に起き、夜には寝るもの。市街は静まりかえり、街灯だけが無人の街を照らす。その無人の街をたった一人白い影が彷徨う。
 十歳に見えるか見えないかの幼い少女。銀の短髪に紫の瞳。それに合わせたかのような白と紫のワンピース。リボンを散りばめられたその意匠は、見る者が見ればアトリエ・ナイトメアのものと気が付くだろう。
 星明かりの下で、冷たい夜風に吹かれながら少女は歩く。当ては無い。たまに立ち止まり、周囲を見渡す。未だ灯っている家々の灯りを複雑な表情で見上げ、また歩き始める。

(寒くないの?)

 誰かが少女に囁いた。
 少女は驚いて辺りを見やるが、世界は孤独であり、今此処には自分自身しかいない。

(あれ、私が見えない? …想像以上に私、弱まっているのかも)

「…見えないよ」

(お話はできるのね。まあ良いでしょう。声も届かないのでは本当に何も干渉できない。ただの幽霊だわ)

「かんしょう?」

(気にしないで。私はエリンシア。暁のエリンシア。夢魔です。妖精とか悪魔とか。そういう風に思って下さい)

「……」

(私、貴方とお友達になりたいの。私の声を聞けるのは、ほんの僅かな人だけ。私は深い絶望を抱くものにしか見えないの。レメゲトンの魔術師に召喚されて、その召喚主が私を認識できずに失敗失敗と騒ぐんだから。失礼しちゃうわ)

「ぜつぼう?」

(わかりやすくいえば、"死にたい"という気持ち。…そう。貴方は今死にたいと思っている。だから私が見えるの。…と、見えないんだっけ。夢魔が見出すのは貴方のような子。夜に暖かいお布団の中にいられない子。大きな青痣をつけられて、涙も涸れ果てて。…これ以上は言いたくないけれど)

「……」

(うん…私も寂しいの)

「……、ゆーり」

(お名前ね、ユーリちゃん。たった今私達は縁で結ばれたわ。…たくさん歩いて疲れたでしょう。今夜はもうお休みなさい。貴方のソウルボードに巣くうホラーは私が取り払ってあげる。だから、安心してお休みなさい)

 …。

 ……。

 ………。

(…もう出てきて良いですよ。魔術師様)

「夢魔の召喚に失敗したと聞いてみれば。…懐かしいな。震えるよ」

(私は暁のエリンシア。何処かでお目にかかったことがございましたか? アストラル体の私を認識するとはそれなりの位階にある術師とお見受けしますが)

「ヴァルター・ディットリヒ。レメゲトンの傲慢の坊やで、この国の総帥。君の弟子だよ」

(ヴァルター。…懐かしい響きがします。きっと宇宙船の頃のことでしょう。もう何百年も昔で、その記憶は忘却の呪いの向こうにあります。ごめんなさい)

「仕方ないさ。君が望むなら、元居た世界へ送還する。すぐには無理かも知れないが約束しよう。この世界に居てくれるのであれば嬉しい。歓迎するよ」

(感謝します。では、まずこの子を保護してあげてください。あとは、それから考えます)

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/9/12 21:50 | 最終変更
ゲスト    投稿数: 0

「その後」

 総統官邸。歴代のレゴリス帝国総統が住まいし建物。首都ブリンストの中央省庁の立ち並ぶ新市街の中央。三つの建物と庭園と、実際に使用されたこともある地下壕から構成される。
 その主はもちろん、レゴリス帝国総統たるヴァルター・ディットリヒ。そしてその妻であるエリーゼ。
 内装も使用人たちも前総統ヴェルトミュラーがこしらえた物をそのままに。

 豪奢な寝台の羽毛布団の中には、寝息を立てる幼い少女が。そして紅茶の香りを立てながら、三人の男女が丸テーブルを囲んでいた。

「素敵な部屋です。よろしいのですか? 幽霊には勿体ないのでは」
 不可視の夢魔令嬢が総統夫妻へ。
「気にしなくても良いさ。夢魔を迎え入れるのは前例がある。この部屋はそう、ジャスリー卿をお迎えしていた」
「ジャスリー様が?」
「うん。世界大戦までやってのけたよ。もうフリューゲルにはいないようだけれどね」
「フィリオリやルティーナも。ルティーナは随分変わってしまったようだけど…」
 まるでリリスみたいに。もう、すごいんだからとエリーゼ。
 再会を祝し、思い出話に興じるが、エリンシアに課せられた忘却の呪いは強固だった。むしろ二人の記憶力に感心する。「フィブリノーゲン」という単語をどうにか思い出したことが唯一の収穫だった。
 
 
「…そう。それで数百年越しの想いを成就したの。おめでとう。羨ましいわ。富も栄光も愛もあなたは手に入れた。英雄ね。もう堕落と破滅の使徒が隣にいるようだけど」
「エリンシアは、向こうの世界では何を?」
「リムステラと一緒に、ベロース様に仕えて放浪と戦いの日々。召喚に応じたのは、そうね…声が聞こえたからという興味と、気分転換」
「召喚者は懲罰房に入れておいた。送還については…向こうからの召喚を待つしか無いかもしれない」
「お気になさらず。夢魔は運命を操る。その日がくればきっと黒騎士様が攫いに来てくれます」
「…そんな事態には陥りたくないな。何年経ってもあの人には勝てる気がしない」
 
 
 
 
「あの子はどうしましょう?」
「調べさせたところ、良いところの子女みたいだね。…家庭の事情があるみたいだが」
 エリンシアが寝台の方を見やり、ヴァルターが応える。
「誰からも必要とされない子なら、悪魔が攫ってしまっても構いませんかしら? レゴリスの守護者様」
「駄目だよ。…でもまあ、君は悪魔ではない」

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/7/4 23:35
レゴリス帝国  一人前   投稿数: 84

Flugel Another Story Regolith Side vol.5

「世界に冠たる我がレゴリス」

 フリューゲル第三位の国家規模を誇る大国、レゴリス帝国
 約410年の齢を重ねたこの帝国は、ミッドガルド、成蘭、ウェールリズセという盟邦を相次いで失いながらもその国力を維持し続けている。
 そんな国家を統べるのは第28代レゴリス帝国総統のルーミヤ・グドリャン。無所属でありながら当選した初めての総統。
 491年戦争以降の帝国の主要な戦争に参戦し活躍し、先の第二次フリュー内戦では派遣軍総司令官として活躍し、内線の終結に大いに寄与した人物である。
 そんな彼女は総統官邸の執務室にあるガラスで出来た巨大な窓の前に立ち、そこに広がるブリンストの風景を眺めていた。
「世界に冠たる我がレゴリス、か………」
 彼女は3選するために出馬した先の総統選挙でしきりに叫んだそのフレーズを呟く。

 "世界に冠たる我がレゴリス"────レゴリス帝国の国歌である。
 旧ドイツのそれを──メロディはそのままに、歌詞は多少変えたものであったが、概ねそれを踏襲した国歌だ。
 嘗てのレゴリス帝国建国当初の願望を詰め込み、その歌詞の通りの国家と成った今なお親しまれている。
 いや、成って衰退しつつあると言った方が正しいか。とグドリャンは訂正する。
 
 国歌で歌われた「この世界の万物に冠たれ」というフレーズは491年戦争以降の普欧帝国やアクアマリン帝国亡き中、永遠の盟邦ミッドガルド帝国と永久同盟を結び、経済的にも軍事的にも世界1位に登り詰めた時に達成した。
 嘗てのアースガルド条約機構時代をも凌ぐそれは非常に強力な影響力を持ち、それを武器に様々な事象に介入していった。
 正にその時こそ帝国の黄金の時代であったと言っても間違いではないだろう。

 だが、それも今や昔である。
 ミッドガルド、成蘭、ウェールリズセと相次いで盟邦を失い、それによって影響力の源泉であった安全保障環境を失った。
 それと同時期に相次ぐ工業国の鎖国により経済力の源泉であった大口商品輸出国をも失い、安定供給の環境を失った。
 挙句の果てには資源国をも鎖国したため燃料に困窮し、帝国の経済活動が一度停止した上、回復したは良いが今度は国庫不足で経済活動が停止するという大失態を犯し、信用を失った。
 そうして黄金の時代は終わり、混沌と衰退の時代が始まった。
 今では帝国は700兆Va近い負債を抱え、また国家規模においても世界第三位と、嘗て帝国より下であったストリーダやヘルトジブリールの後塵を拝している。
 燃料供給も安定せず、ヘルトジブリールらの善意によって賄われている燃料が今や頼りであり、嘗ての超大国の面影はもはや無い瀕死の病人である。
 
 そんな瀕死の病人と化した帝国の国民らは嘗ての偉大な祖国の面影を国歌に重ねる。
 「この世界の万物に冠たれ」と。
 「偉大なる帝国に再び黄金の時代を」と。 
 彼女はそれに答えなければならない。選挙で「帝国に再び黄金の時代を」と演説し、国民の期待によって総統に当選した身なのだから。

 だが、帝国に再び黄金の時代を訪れさせる道程はまだほど遠い。
 経済こそレート引き下げの実施によって安定しつつあるが、燃料供給や銀供給の面から何時まで引き下げられるか分からない。
 軍事面では第二次フリュー内戦で重傷を負った帝国軍の完全な回復が先述の経済活動停止に伴う財政難等により今だ回復しきれていない。
 安保面でも永久同盟の代替と称されたPDECは一方の加盟連合体であるENECの衰退によりその影響力は急速に失われつつある。
 これら全てを解決して、初めて再び黄金の時代を訪れさせる為の土台が出来上がる。
 それを成すにはとても難しいだろう。だが、成さねばならない。
 自らを選んだ国民がそれを望んでいるのだから。望まれている以上、それを成すよう努力するのが総統の職務であり義務である。

 そう思いふけていた彼女に邪魔が入る。年季の入った執務机の上に据え付けられた多機能電話機が鳴っているのだ。
 少し憂鬱な表情をしながら彼女は受話器をとる。
「何だね………私は今忙しいのだが」
 少し怒りの意思が込められたその声に対して、申し訳無さそうな声で対するのは首席秘書官だった。
 彼は何度も謝りつつも主人を呼んだ理由を説明する。
「レンツモーナント通産大臣と、ラウエンシュタイン財務大臣が総統閣下との会談を望まれてこちらに来られております」
 彼女はそれに対して溜息を吐きながら了承と10分程待たせる旨を首席秘書官に伝え、受話器を置く。

「………面倒な話題で無いと良いのだが」
 そう彼女は呟く。
 だが通産大臣と財務大臣が揃って会談を望む時は、面倒な話題だと相場が決まっている。少なくとも今まではそうだった。
 どうせレート絡みの面倒な話題であろう。彼女はそう予想を立てた。
 予想しつつ彼女は身支度を整える。一国の総統である以上、それに見合う身だしなみというものがあり、それに合わせねばならない。
 そうこうしている内に10分が経過し、執務室と廊下を遮る巨大な扉を叩くノック音が室内に響く。
 それに対して彼女は「入り給え」と返答する。
 応えるかのように開く扉とその隙間から2つの人影が室内に入る。

 ───こうして、彼女の3期目の仕事が本格的に始まった。帝国に再び黄金の時代を訪れさせる為の、偉大な仕事が。
 

◆あとかぎ
久し振りにSSというものを書いてみました。フリューゲルアンソロジーが過疎っていてとても悲しいので皆さんもSSを書いてみましょう:)

投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ