util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...
1: 2017-03-15 (水) 23:55:19 nazonohito ソース 2: 2017-03-16 (木) 00:09:55 Chalcedony ソース
Attached file: alderamin.jpg, Attached file: wr.png, Attached file: Tanzania2.png, Attached file: democristobalite.png, Attached file: Cristobalite.png, 誤植修正(5行目:消費量→生産量) at 2017-03-16 (木) 16:48:44, 誤植修正(4行目、対するの直前に→対する通告の直前に) at 2017-03-16 (木) 16:53:36, 誤植修正(快勝→解消) at 2017-03-16 (木) 16:58:33
Line 152: Line 152:
***重工業政策の実施 [#ae7d2cd3] ***重工業政策の実施 [#ae7d2cd3]
- 共和国は商業化を志向していたが、その一方で農業生産高を比較的高い規模に保とうとしていた。その副産物として現代都市に付属する工業が完全に稼働していたため、大統領府はこれを有効活用するため工業政策を重工業に変更し、国内の商品需要の一部を賄おうと考えた。重工業は630年代の共和国の一大産業となり、工業生産は最も多い時で8800億Va/期にまで成長した。しかし、重工業の原料である鋼鉄の消費が想像以上に多く(工業人口200万人で5000万トンの鋼鉄を毎ターン消費するが、これは鉄鉱山1基の消費量とほぼ同じである)、工業規模の拡大に伴って鋼鉄の莫大な消費が逆に共和国経済を圧迫し始めるに及んで642年に重工業政策は終了した。+ 共和国は商業化を志向していたが、その一方で農業生産高を比較的高い規模に保とうとしていた。その副産物として現代都市に付属する工業が完全に稼働していたため、大統領府はこれを有効活用するため工業政策を重工業に変更し、国内の商品需要の一部を賄おうと考えた。重工業は630年代の共和国の一大産業となり、工業生産は最も多い時で8800億Va/期にまで成長した。しかし、重工業の原料である鋼鉄の消費が想像以上に多く(工業人口200万人で5000万トンの鋼鉄を毎ターン消費するが、これは鉄鉱山1基の生産量とほぼ同じである)、工業規模の拡大に伴って鋼鉄の莫大な消費が逆に共和国経済を圧迫し始めるに及んで642年に重工業政策は終了した。
 結果的に重工業化による鋼鉄供給の減少はこの後の共和国の外交政策に大きく影響することになった。  結果的に重工業化による鋼鉄供給の減少はこの後の共和国の外交政策に大きく影響することになった。
Line 230: Line 230:
&size(10){国際事件としてのセビーリャ戦争は当該記事を参照のこと}; &size(10){国際事件としてのセビーリャ戦争は当該記事を参照のこと};
- 636年3月に発生したセビーリャ共和国政府のウェールリズセ連邦共和国に対する通信をきっかけとしてウェールリズセ連邦共和国はセビーリャ共和国(ウェールリズセの通告直後にセビーリャ民主共和国へ体制変更)に対し最後通牒を発した。この一方で、セビーリャ情勢の混乱を以前から懸念していた共和国はセビーリャと貿易関係にあったエルツ帝国、成蘭連邦王国、石動第三帝国と状況改善のための会議を計画しており、ウェールリズセのセビーリャに対する直前に会議を開始していた。しかし、ウェールリズセ連邦共和国は諸外国の活動を無視しセビーリャに対し軍事的圧力をもって内政顧問団の派遣を認めさせ、さらにセビーリャの貿易関係を変更するように強要するなどの活動を行った。+ 636年3月に発生したセビーリャ共和国政府のウェールリズセ連邦共和国に対する通信をきっかけとしてウェールリズセ連邦共和国はセビーリャ共和国(ウェールリズセの通告直後にセビーリャ民主共和国へ体制変更)に対し最後通牒を発した。この一方で、セビーリャ情勢の混乱を以前から懸念していた共和国はセビーリャと貿易関係にあったエルツ帝国、成蘭連邦王国、石動第三帝国と状況改善のための会議を計画しており、ウェールリズセのセビーリャに対する通告の直前に会議を開始していた。しかし、ウェールリズセ連邦共和国は諸外国の活動を無視しセビーリャに対し軍事的圧力をもって内政顧問団の派遣を認めさせ、さらにセビーリャの貿易関係を変更するように強要するなどの活動を行った。
 共和国は4ヶ国協議を継続することででセビーリャ情勢の安定化を図ろうとしたが、ウェールリズセはこの行為に対し「外交上の攻撃策動」とのレッテルを張り、共和国に対し最後通牒を発した。ウェールリズセはさらに4ヶ国協議を支持するといえる発言(「我が国の問題は貿易関係にあったすべての国で話し合うべきであると考えている。」)を行ったセビーリャ民主共和国に対し宣戦布告を行い、もはやこの問題について諸外国と協調して解決する意思がないことを示した。  共和国は4ヶ国協議を継続することででセビーリャ情勢の安定化を図ろうとしたが、ウェールリズセはこの行為に対し「外交上の攻撃策動」とのレッテルを張り、共和国に対し最後通牒を発した。ウェールリズセはさらに4ヶ国協議を支持するといえる発言(「我が国の問題は貿易関係にあったすべての国で話し合うべきであると考えている。」)を行ったセビーリャ民主共和国に対し宣戦布告を行い、もはやこの問題について諸外国と協調して解決する意思がないことを示した。
 これに対し共和国は、共和国及びセビーリャに対し好意的な意見を持っていたアルドラド帝国と同盟の締結を含めた外交協議を行ったが、結局同国との同盟は成立しなかったためウェールリズセの恫喝外交に屈して最後通牒を受諾、セビーリャ情勢から完全に手を引いた。結果、4ヶ国協議は瓦解しセビーリャはウェールリズセの攻撃により荒廃することになった。  これに対し共和国は、共和国及びセビーリャに対し好意的な意見を持っていたアルドラド帝国と同盟の締結を含めた外交協議を行ったが、結局同国との同盟は成立しなかったためウェールリズセの恫喝外交に屈して最後通牒を受諾、セビーリャ情勢から完全に手を引いた。結果、4ヶ国協議は瓦解しセビーリャはウェールリズセの攻撃により荒廃することになった。
Line 283: Line 283:
***ヨリクシ治安維持協定 [#f4949bb0] ***ヨリクシ治安維持協定 [#f4949bb0]
- 643年11月1日、ヨリクシ共和国との間に治安維持協定が締結された。640年3月、ヨリクシ共和国クラ州に''「蜂起軍」''を名乗る武装集団が出現し、共和国とヨリクシ軍の共同作戦により鎮圧される事件が起こっており、同国との軍事的関係の向上が急がれていた。治安維持協定はヨリクシ共和国内に怪獣や反乱軍が出現した場合共和国が事前承認なしでこれの鎮圧を行える内容で、ヨリクシ国内が不安定な状況になった場合に力を発揮するものと見込まれていた。しかし、ヨリクシ共和国内の情勢はこれ以降同国の軍備が整えられるまでの間常に安定しており、結局655年にナウラ条約の締結に合わせて治安維持協定が快勝されるまでの間、この協定に基づいた作戦が行われることはなかった。+ 643年11月1日、ヨリクシ共和国との間に治安維持協定が締結された。640年3月、ヨリクシ共和国クラ州に''「蜂起軍」''を名乗る武装集団が出現し、共和国とヨリクシ軍の共同作戦により鎮圧される事件が起こっており、同国との軍事的関係の向上が急がれていた。治安維持協定はヨリクシ共和国内に怪獣や反乱軍が出現した場合共和国が事前承認なしでこれの鎮圧を行える内容で、ヨリクシ国内が不安定な状況になった場合に力を発揮するものと見込まれていた。しかし、ヨリクシ共和国内の情勢はこれ以降同国の軍備が整えられるまでの間常に安定しており、結局655年にナウラ条約の締結に合わせて治安維持協定が解消されるまでの間、この協定に基づいた作戦が行われることはなかった。
***成蘭との関係正常化 [#e81a423e] ***成蘭との関係正常化 [#e81a423e]
Line 616: Line 616:
 656年~存命  656年~存命
- カルセドニー革命の際の連合軍の総司令官。長く南方方面軍第3軍団(ヨリクシ共和国駐屯部隊)の軍団長を務め、[[駐屯7周年記念映像:https://youtu.be/igb5QiZI6mc]]の際にもヨリクシ共和国と協力して撮影を行っている。本国に帰任してからは南方方面軍の副司令官を務めていたが、革命の勃発の際に「ブラッドストーン市出身である」ことを理由に軍司令官に解任されそうになったため、逆に司令部の要員(ほとんどが南部諸市の出身)を味方につけ、軍司令官を射殺して南方方面軍の統帥権を握った。その翌日にはブラッドストーン市内でレンデと会見し、連合側の最大戦力として革命の成就に貢献した。その後連合のComaforceの委員長に任じられている。+ カルセドニー革命の際の連合軍の総司令官。長く南方方面軍第3軍団(ヨリクシ共和国駐屯部隊)の軍団長を務め、[[駐屯7周年記念映像:https://youtu.be/igb5QiZI6mc]]の際にもヨリクシ共和国と協力して撮影を行っている。本国に帰任してからは南方方面軍の副司令官を務めていたが、革命の勃発の際に「ブラッドストーン市出身である」ことを理由に軍司令官に解任されそうになったため、逆に司令部の要員(ほとんどが南部諸市の出身)を味方につけ、軍司令官を射殺して南方方面軍の統帥権を握った。その翌日にはブラッドストーン市内でレンデと会見し、連合側の最大戦力として革命の成就に貢献した。その後連合のComaforceの最高責任者に任じられている。
&size(10){駐屯地のPVを作ってくれたヨリクシ先生ありがとうございました!}; &size(10){駐屯地のPVを作ってくれたヨリクシ先生ありがとうございました!};


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 525, today: 1, yesterday: 0