util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...
19: 2019-01-03 (木) 02:53:36 Seniorious[vT4PKUIIy36] ソース
With "vote" plugin.
20: 2019-01-03 (木) 19:59:45 hishu ソース
Deleted an attach file: 298.png at 2019-01-03 (木) 19:13:45
Line 6: Line 6:
-更新履歴 -更新履歴
--2019/1/2 主要な項目を執筆。他国への印象も記した所で本日は終わります。 --2019/1/2 主要な項目を執筆。他国への印象も記した所で本日は終わります。
 +--2019/1/3 政党の詳細などを執筆。新たに国交を結んだ国について加筆。国内事情については開発が進まないことには書きようがないので、当分保留に。
#contents #contents
Line 52: Line 53:
|~|~政治的傾向|右派|~|~| |~|~政治的傾向|右派|~|~|
|~|~党首|エリザベス・セーレンセン|~|~| |~|~党首|エリザベス・セーレンセン|~|~|
-|~|~詳細|編集中|~|~|+|~|~詳細|当初、宇宙船農業セクターの政治団体として発足。弱小政党だったが、宇宙船の食料問題が深刻になるにつれて解決のための政策を打ち出したことで広い支持を集め、現在の党勢を築いた。政治姿勢は中道右派的で、社会保守の立場にあったが、先住民族との対立の中で、次第に右傾化。一時は民族主義政党に姿勢を転じたが、内戦の惨禍を目の当たりにし、戦後の反省の中で、従来の中道右派に立ち戻った政策を展開する方針を戦後最初の党大会で決定。これらの反省から基本的に左派の主張に否定的ではなく、左派にも配慮した政策を行うことから中道右派ではなく中道主義に位置づけられることもある。一方で、対外的姿勢は未だにややタカ派寄りであり、国際協調よりも自国の独自路線的な主張をすることが多々ある。自国の軍備増強にも肯定的。|~|~|
|~|>|~人民共和連合|~党旗|&ref(IMAGE1.png,mw:480,mh:360);| |~|>|~人民共和連合|~党旗|&ref(IMAGE1.png,mw:480,mh:360);|
|~|~政治的傾向|左派|~|~| |~|~政治的傾向|左派|~|~|
|~|~党首|ヴィリ・エルステッド|~|~| |~|~党首|ヴィリ・エルステッド|~|~|
-|~|~詳細|編集中|~|~|+|~|~詳細|地球時代より存在した政党で、中央党と同じく当初は弱小政党だったが、宇宙船の中の経済的不況や社会的不安の高まりの中で、労働者の救済や貧困者の救済を掲げて公共サービスの向上や一部企業の国有化などを中心にした政策が支持され、党勢を拡大した。ユーロコミュニズムの流れを汲んでおり、政治姿勢は中道左派よりもやや左翼的。社会民主主義政党に位置づけられることもあるが、歴史の中で政治的姿勢が度々変化しているため、現代においても厳密には定義出来ていない。戦前は先住民族との対立の中で、中央党の政治手法を厳しく批判し、文化左翼的な闘争を繰り広げたことで支持を失い、政治的な力も失った。このため、一部の党員はニュー・レフトのような過激的立場に転じ、政府との武力闘争も辞さない構えを示したことを発端に、次第に闘争の規模が大きくなり内戦に発展した。戦後はこれらの反省から、「政治的な力なくして権利の擁護はなし得ない」とする考えのもと社会主義的な経済政策に重点を置いた現実的な路線に転じた。対外姿勢はハト派であり、多国間協調を好む点で、中央党と一線を画すが、中央党と同じく話には否定的ではない。しかし一部には未だに過激な党員も存在するとされる。|~|~|
|~|>|~ANDERSEN|~IMAGE|&ref(image4.png,mw:480,mh:360);| |~|>|~ANDERSEN|~IMAGE|&ref(image4.png,mw:480,mh:360);|
|~|~開発会社|極秘事項|~|~| |~|~開発会社|極秘事項|~|~|
-|~|~詳細|編集中|~|~|+|~|~詳細|とある企業によって開発が進められている政治意思決定・課題解決型AI。内戦の後、人々が時に熱狂と狂気のうちに、現実を見失い、正しい選択が出来ないことがあるという反省のもと、AIの政治参画による「誤謬なき政治」を実現するために開発がスタートした。政治的中立性が重要であることから、開発に携わっている会社や、メンバーの名前は一切明かされておらず、評議会議長にのみ閲覧が許される冰州連合の最重要機密に位置付けられている。|~|~|
Line 93: Line 94:
*国外政策 [#y80d058b] *国外政策 [#y80d058b]
- 原則として全ての国との国交を拒まない、とする方針が採られている。他国の政体、内政事情に対して、口を出すことは主権国家間の関係上慎むべきとする右派・左派の統一された見解のもと、右派政権でも左派政権でもある程度共通の政策が採られ易い。ただし、安全保障に関しては、右派は自国の軍備を増強して自衛能力を有するべきとする主張を行い、左派は他国との集団安全保障環境の形成による自国防衛を優先し、軍備は最小限とすべきという主張を行っており、安全保障に関しては政権によって方針が180度変わることもあり得る。+ 原則として全ての国との国交を拒まない、とする方針が採られている。他国の政体、内政事情に対して、口を出すことは主権国家間の関係上慎むべきとする右派・左派の統一された見解のもと、右派政権でも左派政権でもある程度共通の政策が採られ易い。ただし、安全保障に関しては、右派は自国の軍備を増強して自衛能力を有するべきとする主張を行い、左派は他国との集団安全保障環境の形成による自国防衛を優先し、軍備は最小限とすべきという主張を行っており、安全保障に関しては政権によって方針が180度変わることもあり得る。現在はフリューゲルに存在する30数カ国のうち、13カ国と正式な国交を締結している。政府方針としては今後も外交官を増やし、国交締結国を増やしたい考え。
(「詳細」については観光客の感想に基づくもので、政府の公式見解ではありません) (「詳細」については観光客の感想に基づくもので、政府の公式見解ではありません)
Line 109: Line 110:
|~|>|~トラハト=ラシュハ連合王国|~国旗|&ref(273.png,mw:480,mh:360);|~|>|~ストリーダ王国|~国旗|&ref(143.png,mw:480,mh:360);| |~|>|~トラハト=ラシュハ連合王国|~国旗|&ref(273.png,mw:480,mh:360);|~|>|~ストリーダ王国|~国旗|&ref(143.png,mw:480,mh:360);|
|~|~派遣大使|アウグスト・ミケルセン(天然資源・環境省)|~|~|~|~派遣大使|クヌート・ゲーゼ(財務省)|~|~| |~|~派遣大使|アウグスト・ミケルセン(天然資源・環境省)|~|~|~|~派遣大使|クヌート・ゲーゼ(財務省)|~|~|
-|~|~在冰大使|特命全権大使|~|~|~|~在冰大使|不明|~|~|+|~|~在冰大使|特命全権大使|~|~|~|~在冰大使|カイ・ライトマイヤー(元外務省国際開発局参事官)|~|~|
|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~| |~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|
|~|~詳細|緑が綺麗だった。しかしあの大きな獣は最終兵器か何かだろうか。|~|~|~|~詳細|世界一の大国。中立こそがあの大繁栄をもたらすのだろうか。留学してみたい。|~|~| |~|~詳細|緑が綺麗だった。しかしあの大きな獣は最終兵器か何かだろうか。|~|~|~|~詳細|世界一の大国。中立こそがあの大繁栄をもたらすのだろうか。留学してみたい。|~|~|
Line 122: Line 123:
|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~| |~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|
|~|~詳細|世界第二位の大国。三百万人が虐殺されるいたましい事件があったが、安易な武力行使がもたらすものが何か、我が祖国も学ぶべきところがあろう。|~|~|~|~詳細|順調に発展しており、国民も皆幸せそうだ。我が祖国もこれからかくありたいものだ。|~|~| |~|~詳細|世界第二位の大国。三百万人が虐殺されるいたましい事件があったが、安易な武力行使がもたらすものが何か、我が祖国も学ぶべきところがあろう。|~|~|~|~詳細|順調に発展しており、国民も皆幸せそうだ。我が祖国もこれからかくありたいものだ。|~|~|
 +|~|>|~ギルガルド社会主義共和国|~国旗|&ref(2981.png,mw:480,mh:360);|~|>|~ローレル共和国|~国旗|&ref(ID$f0113d5d,mw:480,mh:360);|
 +|~|~派遣大使|アナス・クラスゴー(農業・水産省)|~|~|~|~派遣大使|フレゼリク・ヘデゴー(運輸・観光省)|~|~|
 +|~|~在冰大使|ジョアン・ボレロ(外交委員会幹部委員)|~|~|~|~在冰大使|不明|~|~|
 +|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|
 +|~|~詳細|質実剛健。武骨で飾り気の少ない町並みだが、社会主義と国民性によるものなのかもしれない。|~|~|~|~詳細|緑豊かで、観光スポットも多い国。観光業でなぜ国は回るのか謎だが、国民が幸せならば国家のひとつの在り方かもしれない。|~|~|
 +|~|>|~カドレン共和国|~国旗|&ref(290.png,mw:480,mh:360);|~|>|~未入力|~国旗|&ref(ID$b7e3b141,mw:480,mh:360);|
 +|~|~派遣大使|コニー・オルスヴィグ(保険・社会開発省)|~|~|~|~派遣大使|未入力|~|~|
 +|~|~在冰大使|不明|~|~|~|~在冰大使|不明|~|~|
 +|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|
 +|~|~詳細|林業の発達している珍しい国。積極的な貿易で国を興している。きっと10年後にはまた違った国の有り様が見られるかもしれない。|~|~|~|~詳細|未入力|~|~|


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 998, today: 2, yesterday: 0