util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

16 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...
32: 2018-09-10 (月) 02:23:00 Sevilla ソース 33: 2018-09-30 (日) 17:25:46 Sevilla ソース
Line 124: Line 124:
***農業生産統計 [#fc712af6] ***農業生産統計 [#fc712af6]
統計局は従来の農業生産量と消費量を計算で導き出し計画・予測する方針を改め、食料在庫量の変動から輸出可能な量を見積もる方式を採用した。新たに採用された方式では、住民の消費量と飼料としての消費量は算出できず、長期的な予測・計画が困難であるが、食料の余剰生産量と輸出できる食料の量を見積もることは可能である。 統計局は従来の農業生産量と消費量を計算で導き出し計画・予測する方針を改め、食料在庫量の変動から輸出可能な量を見積もる方式を採用した。新たに採用された方式では、住民の消費量と飼料としての消費量は算出できず、長期的な予測・計画が困難であるが、食料の余剰生産量と輸出できる食料の量を見積もることは可能である。
 +|~'''&font(10pt){797年11月域内の余剰生産食料の使途に関する統計(自治政府統計部)};'''|=~備考||
 +|&ref(797year_agrdata.PNG,mw:400,mh:300);|西部農場の完成と、人口増を受け生産量が伸びた。余剰生産量が大きく増えているが、これは生産増に加え、93年以降に頻発した災害による畜産場の壊滅的被害により一時的に飼料需要が下がったことが影響している。||
 +|~ |CENTER:~数量|CENTER:~合計|
 +|CENTER:~域 内|||
 +|CENTER:域内消費食糧|>1590858| |
 +|CENTER:大樹生産量|>404188|>1995046|
 +|CENTER:~輸 出|||
 +|CENTER:カルセドニー社会主義連邦共和国|>150000| |
 +|CENTER:トラハト=ラシュハ連合王国|>200000| |
 +|CENTER:ストリーダ王国|>150000| |
 +|CENTER:ヘルトジブリール社会主義共和国|>300000| |
 +|CENTER:レゴリス帝国|>600000| |
 +|CENTER:普藍共和国|>100000|>15000000|
 +|CENTER:~輸出可能量||>~495046|
 +#region(793年)
|~'''&font(10pt){793年4月域内の余剰生産食料の使途に関する統計(自治政府統計部)};'''|=~備考| |~'''&font(10pt){793年4月域内の余剰生産食料の使途に関する統計(自治政府統計部)};'''|=~備考|
|&ref(793year_agrdata.PNG,mw:400,mh:300);|783年以降食料の輸出が拡大した。793年現在輸出可能枠はほとんど埋まっている状態である。これをうけ自治政府は急遽西部に新農場の建設を開始した。| |&ref(793year_agrdata.PNG,mw:400,mh:300);|783年以降食料の輸出が拡大した。793年現在輸出可能枠はほとんど埋まっている状態である。これをうけ自治政府は急遽西部に新農場の建設を開始した。|
 +#endregion
 +
***農業統計に関する補足 [#ee32b2e2] ***農業統計に関する補足 [#ee32b2e2]
農業生産の産出について、共同管理地域時代以来あくまで生産量、消費量の公式を求め生産量を正確に計画する方式の確立を目指し、それに基づいた計画経済と輸出を目指してきたが、実際の農業経済では生産や消費にあまりにも多くの要素が介在しており、正確な算出が非常に困難であった。また、正確な算出方式を発見できるまで、食料の輸出を凍結していたため、大量の食糧が海に投棄される状況が続いていた。この状況をうけ、ホセ行政長官は780年以降この方針を転換し、2期の食料在庫量の差から聖樹(大樹)による生産を引き、余剰生産食料を算出、これに大樹生産量の平均値を加えて6期あたりの余剰生産量とする新方式を導入した。この方式の導入によって輸出を拡大させることができた。輸出部門がこの方式を導入する一方で、統計部としてはあくまで従来の方式での算出を公式なものとし、新方式での算出について公開を行わなかった。 農業生産の産出について、共同管理地域時代以来あくまで生産量、消費量の公式を求め生産量を正確に計画する方式の確立を目指し、それに基づいた計画経済と輸出を目指してきたが、実際の農業経済では生産や消費にあまりにも多くの要素が介在しており、正確な算出が非常に困難であった。また、正確な算出方式を発見できるまで、食料の輸出を凍結していたため、大量の食糧が海に投棄される状況が続いていた。この状況をうけ、ホセ行政長官は780年以降この方針を転換し、2期の食料在庫量の差から聖樹(大樹)による生産を引き、余剰生産食料を算出、これに大樹生産量の平均値を加えて6期あたりの余剰生産量とする新方式を導入した。この方式の導入によって輸出を拡大させることができた。輸出部門がこの方式を導入する一方で、統計部としてはあくまで従来の方式での算出を公式なものとし、新方式での算出について公開を行わなかった。


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1509, today: 1, yesterday: 0