util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

もっと...
23: 2016-09-13 (火) 23:27:22 ddLolita ソース 24: 2016-09-18 (日) 01:45:34 ddLolita ソース
Line 108: Line 108:
|641年11月下旬|断続的な先端工業化政策を開始| |641年11月下旬|断続的な先端工業化政策を開始|
|649年5月下旬|先端工業に完全移行| |649年5月下旬|先端工業に完全移行|
-|652年11月下旬|西岸州独立連合共和国にてジブリール議長の半生を描いた伝記映画「Meine Befreiung」が興行収入1位を獲得|+|652年11月下旬|西国にてジブリール議長の半生を描いた伝記映画「Meine Befreiung」が興行収入1位を獲得|
|652年2月下旬|国内でも伝記映画「Meine Befreiung」が興行収入1位を獲得| |652年2月下旬|国内でも伝記映画「Meine Befreiung」が興行収入1位を獲得|
|655年1月上旬|第三回ソサエティが首都ベルグシュロスにて開幕| |655年1月上旬|第三回ソサエティが首都ベルグシュロスにて開幕|
Line 247: Line 247:
|常備軍|◆------|徴兵軍|国防は国家としての最重要事項である| |常備軍|◆------|徴兵軍|国防は国家としての最重要事項である|
|タカ派|----◆--|ハト派|穏健であるが、国家の脅威には厳しく対処する| |タカ派|----◆--|ハト派|穏健であるが、国家の脅威には厳しく対処する|
-|介入主義|----◆--|孤立主義|基本的に受け身外交であることが多い|+|介入主義|---◆---|孤立主義|基本的に受け身外交であることが多かったが、徐々に積極的になりつつある|
***行政機関 [#i1b8180a] ***行政機関 [#i1b8180a]
Line 316: Line 316:
&font(Fuchsia){ジブリール社会党};[略称:(H)JSP/(Held Jibril) Sozialistische Partei] &font(Fuchsia){ジブリール社会党};[略称:(H)JSP/(Held Jibril) Sozialistische Partei]
議会において過半数を占める与党である。 議会において過半数を占める与党である。
-暴力革命やプロレタリア独裁を否定する穏健派であり、社会民主主義を標榜する政党である。+暴力革命やプロレタリア独裁を否定する穏健派であり、民主社会主義を標榜する政党である。
&font(Blue){民主党};[略称:(HJ)DP/(Held) Jibril Demokratische Partei] &font(Blue){民主党};[略称:(HJ)DP/(Held) Jibril Demokratische Partei]
Line 337: Line 337:
|アリア連邦|=普通|=○| | |アリア連邦|=普通|=○| |
|アルドラド帝国|=良好|=◎|最大の貿易相手国だった。商品を定期輸出中| |アルドラド帝国|=良好|=◎|最大の貿易相手国だった。商品を定期輸出中|
-|石動第三帝国|=普通|=○|2つの銀鉱山を運用する商業国。少量の商品を定期輸出中|+|石動第三帝国|=嫌悪|=○|2つの銀鉱山を運用する商業国。少量の商品を定期輸出中|
|ヴァノミス連邦|=普通|=○|建国初期の経済支援で印象が良好で信頼度が高かったが、市民大量虐殺の疑いがある。&br;燃料の定期輸出相手国である。| |ヴァノミス連邦|=普通|=○|建国初期の経済支援で印象が良好で信頼度が高かったが、市民大量虐殺の疑いがある。&br;燃料の定期輸出相手国である。|
|ヴェールヌイ社会主義共和国|=良好|=☆|建国初期の多大な経済支援や成熟した社会主義思想及び体制が普及しており、印象が良好、信頼度が非常に高い。&br;当国と同じ社会主義共和国であり、当国の手本となる存在である。&br;ヴェールヌイ・ヘルトジブリール治安維持協定で当国の治安維持を担っていた。&br;SSpact加盟国であり、完成された社会主義国である。| |ヴェールヌイ社会主義共和国|=良好|=☆|建国初期の多大な経済支援や成熟した社会主義思想及び体制が普及しており、印象が良好、信頼度が非常に高い。&br;当国と同じ社会主義共和国であり、当国の手本となる存在である。&br;ヴェールヌイ・ヘルトジブリール治安維持協定で当国の治安維持を担っていた。&br;SSpact加盟国であり、完成された社会主義国である。|
Line 345: Line 345:
|コーデクス共和国|=普通|=○|数少ない食料定期輸出国&br;特殊な言語とロボットが至る所で運用されているユニークな国家| |コーデクス共和国|=普通|=○|数少ない食料定期輸出国&br;特殊な言語とロボットが至る所で運用されているユニークな国家|
|ストリーダ王国|=普通|=○|工商業大国であり、人口を1億人以上抱えるが、先進国の中でも延々と続くニュータウンと数多の畜産場での食肉生産により高い幸福度を実現している| |ストリーダ王国|=普通|=○|工商業大国であり、人口を1億人以上抱えるが、先進国の中でも延々と続くニュータウンと数多の畜産場での食肉生産により高い幸福度を実現している|
-|西岸州独立自治区|=良好|=|同盟国であるトルキー社会主義共和国を旧宗主国とする国家であり、印象が良い。&br;当国において銀購入の最大手となっている。|+|西岸州独立自治区|=良好|=|同盟国であるトルキー社会主義共和国を旧宗主国とする国家であり、印象が良い。&br;当国において銀購入の最大手となっている。SSPact加盟国である。|
|共同管理区域セビーリャ|=普通|=△|過去の国際社会における動向から今後も注意が必要である| |共同管理区域セビーリャ|=普通|=△|過去の国際社会における動向から今後も注意が必要である|
|蒼鋼国|=普通|=○|期待の新興工業国| |蒼鋼国|=普通|=○|期待の新興工業国|
|タヂカラオ国|=普通|=○|鉄鋼の主要輸入先| |タヂカラオ国|=普通|=○|鉄鋼の主要輸入先|
-|トルキー社会主義共和国|=良好|=|社会主義国であり、民主化改革が行われたため好印象である&br;SSpact加盟国であり、今後の友好関係は一層深まると予想される|+|トルキー社会主義共和国|=良好|=|社会主義国であり、民主化改革が行われたため好印象である&br;SSpact加盟国である。|
|ノイエクルス自由国|=普通|=○| | |ノイエクルス自由国|=普通|=○| |
|ノホ・ヘレコ連邦|=普通|=○|世界各国へ支援や借款により救いの手を差し伸べる先進国| |ノホ・ヘレコ連邦|=普通|=○|世界各国へ支援や借款により救いの手を差し伸べる先進国|
Line 563: Line 563:
就業人口は就業人口は全人口に対して3割程度であり、国家維持費用を十分に確保できる売上を維持している。 就業人口は就業人口は全人口に対して3割程度であり、国家維持費用を十分に確保できる売上を維持している。
**主な企業 [#i6eb1055] **主な企業 [#i6eb1055]
 +以下の企業は大企業であり全て国営である。
 +社名は○○人民公社とするのが正式名称だったが省略して○○社と表記する場合が多く、省略した場合でも正式名称としての使用が許可されている。
 +(VEB=Volkseigener Betrieb 人民公社)
**第1次産業(農林水産業) [#s657992f] **第1次産業(農林水産業) [#s657992f]
 +''ゲトライデ社(VEB Getreide )'' 
 +かつては農場を所有して500万人以上の従業員により小麦やじゃがいも、米を生産していた。 
 +現在では政府の意向で聖樹や植物工場(神社)による食料生産に方針転換し、それらの食料は国内供給の大半を占めている。 
 +''モルケライ社(VEB Molkerei)'' 
 +食肉や乳卵製品などの生鮮食品を生産している。
**第2次産業(工業) [#s80986e2] **第2次産業(工業) [#s80986e2]
 +''ジブリール工業(人民公社)(VEB Jibril)''
 +宇宙、軍事産業を除く工業製品の設計、製造を行う国内有数の工業系メーカー。
-**第3次産業(商業) [#g92c3828]+''ベルンシュタイン製作所(VEB Bernstein)'' 
 +ベルンシュタイン県に本社を置き、軍需製品のみを設計、製造し、政府に販売する軍事企業。
 +''ミルヒ宇宙科学工業(人民公社)(VEB MSSI)''
 +ミルヒシュトラーセ県に本社を置く宇宙科学産業関連会社。
 +ロケットや衛星の部品を設計、生産を行い、組み立てまで一括して行っている。
 +
 +**第3次産業(商業) [#g92c3828]
 +'''ベルグシュロス百貨店(VEB Bergschloss Kaufhaus)'''
 +食料品、消耗品などの日用品を販売する商社である。
 +''ヘンドラー社(VEB Händler)''
 +自動車や住宅、宝石などの高額商品を取り扱う商社である
*宗教 [#c3a8d637] *宗教 [#c3a8d637]
危険なカルト宗教を除いて信仰の自由を認めている。国家公認の宗教はなく、むしろ宗教を用いない道徳心の形成を推進している。 危険なカルト宗教を除いて信仰の自由を認めている。国家公認の宗教はなく、むしろ宗教を用いない道徳心の形成を推進している。


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 3594, today: 1, yesterday: 0