util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...
14: 2019-05-23 (木) 23:59:14 regorisu ソース 現: 2019-05-25 (土) 16:24:08 regorisu ソース
Line 298: Line 298:
*外交 [#i2c389d7] *外交 [#i2c389d7]
- レゴリス帝国は世界有数の超大国としてフリューゲルに君臨し、主に経済・軍事に於いて強力な影響力を保持している。然しながら、ミッドガルド帝国崩壊に伴い永久同盟も実質的に解体された為、レゴリス帝国の持つ影響力が大分削がれた事もあり、今後も嘗てのように超大国として影響力を行使できるか疑問視されている。近年においてはフリューゲル経済諸国同盟や相互防衛に関する取極に参加するなど、失われた影響力を回復しようとしている。 + レゴリス帝国は世界有数の超大国としてフリューゲルに君臨し、主に政治・経済・軍事に於いて強力な影響力を保持している。然しながら、帝国最大最強の盟邦であり永遠の契を結んだ筈のミッドガルド帝国の崩壊、それに伴う永久同盟の解体、そして影響力の回復として参加した相互防衛に関する取極が崩壊して以降、その影響力は低下の一途を辿りつつあると言われている。近年においては同盟国の意向を無視してセニオリス併合問題を引き起こしたが為に同盟国への不信を煽った結果、固い結束で結ばれていた筈のロムレー・普蘭両国に疑義が生じる結末を招いた。相互防衛に関する取極が崩壊して以降志向した複数国との相互安保による帝国の安全保障政策は行き詰まりを見せているとも言えるかもしれない。 
- また、フリュー第二帝政を始めとした様々な国家と友好関係を構築しており、特にフリュー第二帝政とは同国が建国されて以来の友人であり、嘗てのレゴリス帝国第一の盟邦ミッドガルド帝国に次ぐ強固な絆を結んでいる。 + 
- 国際問題では基本的に中立的立場を取ることが多いが、自国の国益に絡んだ問題等については強硬的な姿勢を取ることがしばしばある。こと資源輸出国に絡んだ問題においてその姿勢が顕著に現れており、資源輸出国を保護するために盟邦ミッドガルド帝国が考案した「資源輸送保障原則」に基いて宣戦布告も辞さない行動を行うこともある。+ 所謂国際分業体制の熱狂的信奉者であり、ブロック経済を目論む国家に対しては強硬的な姿勢を取ることがしばしばある。 
 + 然しながらそれ以外の国際問題では基本的に中立的立場であり、友邦からの協力要請が無い限りは原則として非介入の姿勢を取ることが多い。一方で自国の国益に絡んだ問題等については強硬的な姿勢を取ることがしばしばある。こと資源輸出国に絡んだ問題においてその姿勢が顕著に現れており、資源輸出国を保護するために盟邦ミッドガルド帝国が考案した「資源輸送保障原則」に基いて宣戦布告も辞さない行動を行うこともある。 
**締結した条約 [#od37a0a1] **締結した条約 [#od37a0a1]
Line 313: Line 315:
-フリューゲル経済諸国同盟条約 650年締結 -フリューゲル経済諸国同盟条約 650年締結
-アズリール条約 656年締結 -アズリール条約 656年締結
 +-ストリーダ王国とレゴリス帝国の間における不可侵条約 671年締結
-トラーバーデン協定 675年締結 -トラーバーデン協定 675年締結
-レゴリス帝国と昭栄国との間に於ける相互協力並びに相互安全保障条約 753年締結 -レゴリス帝国と昭栄国との間に於ける相互協力並びに相互安全保障条約 753年締結
-レゴリス帝国・普藍共和国間に於ける相互協力並びに相互安全保障条約 777年締結 -レゴリス帝国・普藍共和国間に於ける相互協力並びに相互安全保障条約 777年締結
 +-レゴリス帝国およびヘルトジブリール社会主義共和国間に於ける平和友好条約 797年締結
 +-レゴリス帝国・カドレン共和国間に於ける相互協力並びに安全保障条約 810年締結
 +-有志連合・エルドラード条約機構間における講和条約(ディースブルク条約) 814年締結
#endregion #endregion
Line 346: Line 352:
-ヴォルデリア条約 635年締結-失効年月紛失 -ヴォルデリア条約 635年締結-失効年月紛失
-新興諸国経済理事会・レゴリス帝国間の相互防衛に関する取極 650年締結-727年破棄 -新興諸国経済理事会・レゴリス帝国間の相互防衛に関する取極 650年締結-727年破棄
 +-カルセドニー社会主義連邦共和国と有志連合間における軍需物資支援協定 813年締結-817年失効
 +- レゴリス帝国によるセニオリス共和国併合条約 831年に調印のみ。発効されず
#endregion #endregion
Line 354: Line 362:
|<良―――――――――――――――――――――悪>| |<良―――――――――――――――――――――悪>|
|~国名|~関係|~国家評など| |~国名|~関係|~国家評など|
-|ヘルトジブリール社会主義共和国 |良好|SSpact加盟国。嘗ての引きこもりがちな印象を払拭させた&br;フリューゲル最大の超大国。ミッドガルド亡き今のレゴリスにとって最大の商品輸入先&br;であり、他にも資金援助の実施等帝国にとって最も重要な非同盟国の一つ&br;である。+|ストリーダ王国|普通|フリューゲル最大の超大国。非介入・平和主義の中立国だが、&br;眠れる獅子が起きた時、フリューゲルにどのような影響を及ぼすのか&br;とても気になる所だ。
-|ストリーダ王国|普通|嘗てのPTOに加盟していた超大国。所謂自給自足国家であり、&br;その為か常に資源備蓄はカツカツである。| +|ヘルトジブリール社会主義共和国 |親密|非同盟国でありながら献身的に我が国を支えて続けてくれている&br;ロムレー・普蘭に次ぐ事実上の盟邦。彼女が倒れそうになった時、&br;我々は全力を以て彼女を助けなければならないだろう。
-|トルキー社会主義共和国|普通|SSpact加盟国。帝国に次ぐ国家規模を持つ国家であるが、&br;帝国との交流はあまりない。+|普蘭合衆国|盟邦|本当の意味での『ポスト・ミッドガルド』になり得たかもしれない盟邦。&br;しかし併合問題でのすれ違いはそれに否を突きつけた。&br;だがかけがえのない盟邦であることに変わりはない。
-|カルセドニー島共和国|普通|新興経済同盟であるWTCOを率いる大国。同国には燃料供給で世話になっている。| +|カルセドニー社会主義連邦共和国|良好|現在のフリューゲルの事実上の中心たる超大国。&br;彼の国の深謀遠慮には喉を唸らされる事が多い。&br;彼の国とは是々非々で行きたいもの。
-|石動第三帝国|険悪|あの大石動帝国の後継国家。491年戦争(オセアニカ・アースガルド戦争)では大幹亡命石動が&br;OTO側として参戦した因縁を持つ。近年では各分野での交流が行われており、関係の強化が図られていた。&br;サン・ピエル問題により関係が悪化している。非常に残念だ+|フェネグリーク帝国|普通|813年戦争では敵国であったにも関わらず全く戦争に参加しなかった奇特な国。&br;カルセドニーに次ぐ国家規模を持つが、その影響力はとても小さい。
-|テークサット連合|同盟|ENEC・PDEC加盟国。イスラム系国家の中では最も発展している。| +|中夏人民共和国|普通|数少ない東方諸国の一つ。彼の国はよくわからない。| 
-|ノイエクルス自由国|普通|自由を標榜する国家。自由を根拠にし度重なる介入を行なっている。&br;嘗て帝国の再興にノ連が手を貸した事には感謝するが、&br;近年の介入は目に余るものがあるだろう。結果としてそれは491年戦争を引き起こし、ノイエクルス自由国は大打撃を受けた。&br;その後奇跡の復興を遂げ、その栄光を蘇らせた。+|トルキー社会主義共和国|普通|鎖国体制から無事脱却できた国家。&br;だがヘルトジブリールの影にいつも隠れている印象がある。今後に期待したい。
-|昭栄国|良好|帝国が加盟するFENAのもう一つの正規加盟国。&br;嘗ての五カ国協商内での対立による蟠りは無くなったと信じたい+|ガトーヴィチ帝国|良好|813年戦争での敵国。&br;しかし今はその辛い過去から脱却を果たし、友好関係の構築に努めている大人な国家だ。
-|ヴェールヌイ社会主義共和国|普通|SSpact加盟国にして良心ある社会主義国家。「信頼」という&br;名を持つこの国家が今後もそれを裏切らないことを信じたい。&br;%%&font(50%){社会主義のお話、いつも楽しく読ませて頂いております。続きを楽しみにしておりますので、更新待ってます!};%%+|ノイエクルス自由国|普通|491年戦争後の奇跡の復興の成れの果てが今のノイエだ。&br;現状では出し殻と言っても過言ではない。
-|ガトーヴィチ帝国|良好|建国以来の中立政策を護持している大国。&br;経済面では商品の定期輸入を行っている。+|昭栄国|同盟|帝国が加盟するFENAの議長国にして同盟国。議事進行の迅速さは微妙だが長年の議長経験はホンモノだろう。&br;ただ独自よりの外交政策はよくわからない。
-|アリア連邦|普通|帝国の友人の1人。AFNを主導する国家でもある。&br;経済面では商品輸入が行われている他、戦略資源である石油の取引も行われている。+|ギルガルド社会主義共和国|普通|ヘルトジブリールにおんぶにだっこな国家というイメージがある。&br;それを払拭できるか否かは彼女次第だろう。
-|フリュー帝国|盟邦|我が国とは彼の国の建国当初から関係がある盟友の1人。&br;ポスト・ミッドガルドを担う国家として期待され、工業国化を帝国が強力に支援したが&br;第4次フリュー内戦によりその努力は灰燼と帰した。+|ヴェールヌイ社会主義共和国|普通|嘗ての社会主義国家の楽園の成れの果て。&br;最早その面影すら見れないくらい荒廃している。
-|タヂカラオ国|普通|彼の国とはノルスモール連邦時代から不仲であったが、近年ようやく&br;解消され、国交正常化が成された。これは喜ばしい出来事だ。+|クラリス共和国|普通|魔性の国家。説明はその一言で済む。
-|ヨリクシ共和国|普通|WTCO加盟国。帝国と商品定期取引を行っている工業国の一つ。+|冰州連合|普通|新進気鋭の新興国。だがその本性を現す前に&br;事実上の鎖国体制に移行してしまった。残念だ。
-|ノホ・ヘレコ連邦|普通|独特な文化を持つ国家+|トラハト=ラシュハ連合王国|普通|ヘルトジブリールおんぶにだっこな国家2国目。&brでも最近は独自性を発揮しているような………気がする?
-|ヴォルネスク特別行政区|普通|旧ヴォルネスク社会主義共和国・北ヴォルネスク共和国。&br;フリューゲルでは数少ない社会主義国家であったが崩壊し、ノ連の属国と化した。+|ヨリクシ共和国|普通|鎖国前には友好的関係を築いていた友人。&br;しかしいつになったら鎖国は解かれるのだろうか?
-|蒼鋼国|普通|WTCO加盟国。ヘルトジブリールに次ぎ商品定期輸入量が多い国家。+|ヴェニス株式会社統治領|良好|マグザム、キフォイザー以来の企業が統治する事実上の国。&br;帝国が出資国第2位であるが、この状態を維持したいものだ。
-|西岸州独立連合共和国|普通|| +|タヂカラオ国|普通|我が国より古い歴史を持つ数少ない国家。&br;嘗ての積極性は果たして取り戻されるのだろうか。
-|ロムレー湖畔共和国|盟邦|我が帝国の盟邦の一人。観光立国により成り立っている国家&br;であり、その滞在者数は世界最大である。+|ローレル共和国|普通|嘗てレゴリスが石油開発支援を行っていた国家。&br;WTCO内で確固たる地位を築いているようで何よりだ。
-|コーデクス共和国|同盟|ENEC・PDEC加盟国。CDXと呼ばれる量子コンピュータが政治に関与する&br;など、独特な統治システムを持つ国家+|カタルシア王国|普通|チェルナルス協定時の勢いは何処へやら。&br;アオリィカ王国が滅んでからその影は非常に薄い| 
-|アルビオン連盟王国|険悪|スコッチランド共産主義同盟が王政復古した国家。&br;サン・ピエル問題により帝国と対立している+|セビーリャ自治政府|普通|自治政府以前のセビーリャより大分大人しくなったと感じる。&br;ロムレーによる教育の賜物だろう。
-|ヴァノミス連邦|普通|嘗てのヴァノミス王国。虐殺事件から続く一連の問題により&br;先進国らによって民主化させられた国家である。内戦が&br;勃発するなど国内が不安定化している。+|西岸州独立連合共和国|普通|鎖国前の記憶がほぼ無い。影が薄い国家だったのだろう。| 
-|南瓜共和国|普通|世界最高の幸福度を記録し続けているノイエクルス連邦加盟国。&br;ノイエクルスの商品供給を引き受けている「ノ連の工場」でもある。+|ロムレー湖畔共和国|盟邦|ミッドガルド・ウェールリズセ亡き今の我が帝国随一の盟邦。&br;今や全幅の信頼を寄せられる国家はロムレー以外に存在しない。
-|御岳山諸島自治巫女共和国|普通|| +|カズカズ共和国|普通|アクロバティックな報道などでフリューゲルを騒がせた国家。&br;鎖国が解除された後の彼の国の姿は何処まで成長しているのだろうか。
-|ラシニア社会共和国|普通|| +|フリュー帝国&br;(フリュー第二帝政)|盟邦|我が国とは彼の国の建国当初から関係がある盟友の1人。&br;嘗ての先進国としての姿はもう無い。&br;だがフリューゲルに存在し続ける限りは我が国が守ってやらねば………
-|共同管理区域セビーリャ|普通|ゼビーリャ自由共和国の変わり果てた姿。&br;様々な問題を起こしまくったのだから自業自得ではあるが+|カドレン共和国|同盟|我が国と片務安保を結ぶ国家。&br;今後の関係強化に期待したい所だ。&br;林業規模が世界一となっており、我が国も度々世話になっている。
-|シャムレー民主共和国|普通|| +|南瓜共和国|普通|ノイエクルス連邦に於ける重要な歯車。&br;彼の国が欠けた時、ノイエクルス自由国はどうなるのだろうか。
-|ローレル共和国|普通|| +|エーラーン教皇国|良好|偉大なるゾロアスターの宗主国は復活を遂げた。&br;SLCNも復活した今、両国のよりを戻す時なのかもしれない。
-|トリヴェント連邦|普通|孤立主義的政策を実行し続けている国家。&br;%%ある意味この政策こそが真の平和を求めるには最適のものなのかもしれない%%+|御岳山大社共和国|普通|御岳山諸島自治巫女共和国の後継国家。&br;嘗ての関係性は失われたが、今から再出発するのも可能なのかもしれない。
-|大明帝國|普通||+|香麗民主帝国|普通|大明帝國の後継国家。&br;491年戦争以前の輝きを取り戻すには後何世紀必要なのだろうか。| 
 + 
Line 440: Line 450:
|クシミニャール侯国|普通|自給自足国家。ストリーダ王国と強い絆を結んでいる。&br;%%&font(50%){侯国の特集記事は非常に分かりやすく書かれているので素晴らしいと思います。もっと書いて!(ぉぃ};%% 政府機能が停止し滅亡| |クシミニャール侯国|普通|自給自足国家。ストリーダ王国と強い絆を結んでいる。&br;%%&font(50%){侯国の特集記事は非常に分かりやすく書かれているので素晴らしいと思います。もっと書いて!(ぉぃ};%% 政府機能が停止し滅亡|
|長州国|普通|国家情報が不鮮明な国家。その為に我が国はこれ以上の関係深化を留まっているようだ。&br;%%&font(50%){頼むからもっと設定書いてくれ・・・};%% 政府機能が停止し滅亡した。| |長州国|普通|国家情報が不鮮明な国家。その為に我が国はこれ以上の関係深化を留まっているようだ。&br;%%&font(50%){頼むからもっと設定書いてくれ・・・};%% 政府機能が停止し滅亡した。|
 +
 +|石動第三帝国|険悪|あの大石動帝国の後継国家。491年戦争(オセアニカ・アースガルド戦争)では大幹亡命石動が&br;OTO側として参戦した因縁を持つ。近年では各分野での交流が行われており、関係の強化が図られていた。&br;サン・ピエル問題により関係が悪化している。非常に残念だ|
 +|テークサット連合|同盟|ENEC・PDEC加盟国。イスラム系国家の中では最も発展している。|
 +|アリア連邦|普通|帝国の友人の1人。AFNを主導する国家でもある。&br;経済面では商品輸入が行われている他、戦略資源である石油の取引も行われている。|
 +|ノホ・ヘレコ連邦|普通|独特な文化を持つ国家|
 +|ヴォルネスク特別行政区|普通|旧ヴォルネスク社会主義共和国・北ヴォルネスク共和国。&br;フリューゲルでは数少ない社会主義国家であったが崩壊し、ノ連の属国と化した。|
 +|蒼鋼国|普通|WTCO加盟国。ヘルトジブリールに次ぎ商品定期輸入量が多い国家。|
 +|コーデクス共和国|同盟|ENEC・PDEC加盟国。CDXと呼ばれる量子コンピュータが政治に関与する&br;など、独特な統治システムを持つ国家|
 +|アルビオン連盟王国|険悪|スコッチランド共産主義同盟が王政復古した国家。&br;サン・ピエル問題により帝国と対立している|
 +|ヴァノミス連邦|普通|嘗てのヴァノミス王国。虐殺事件から続く一連の問題により&br;先進国らによって民主化させられた国家である。内戦が&br;勃発するなど国内が不安定化している。|
 +|御岳山諸島自治巫女共和国|普通||
 +|ラシニア社会共和国|普通||
 +|シャムレー民主共和国|普通||
 +|トリヴェント連邦|普通|孤立主義的政策を実行し続けている国家。&br;%%ある意味この政策こそが真の平和を求めるには最適のものなのかもしれない%%|
※国家評については帝国某外務官僚の個人的な見解であってレゴリス帝国の公式見解ではない。 ※国家評については帝国某外務官僚の個人的な見解であってレゴリス帝国の公式見解ではない。
#endregion #endregion


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 5822, today: 3, yesterday: 3