util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...
38: 2019-05-03 (金) 19:18:15 Sevilla ソース 現: 2019-05-05 (日) 03:51:37 Sevilla ソース
Line 51: Line 51:
|793年|1月|普藍共和国と食料貿易を開始。| |793年|1月|普藍共和国と食料貿易を開始。|
|^|4月|カルセドニー社会主義連邦共和国と食料貿易を開始。| |^|4月|カルセドニー社会主義連邦共和国と食料貿易を開始。|
 +|800年|5月|リアライン条約違反の面積上限の一時超過事案の発生。|
|814年|4月|[[自治50周年記念式典が開催される。:http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/popnupblog/index.php?postid=2761]]| |814年|4月|[[自治50周年記念式典が開催される。:http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/popnupblog/index.php?postid=2761]]|
|833年|9月|アントニオ行政長官死去。セレドニオ副長官が職務を代行。| |833年|9月|アントニオ行政長官死去。セレドニオ副長官が職務を代行。|
Line 76: Line 77:
**CDX-Sシステム [#v73af29a] **CDX-Sシステム [#v73af29a]
旧コーデクス共和国が導入していた行政、司法、立法府への助言を行う量子コンピュータ「CDX」を目指し開発が進められているコンピュータシステム。統計や経済計画部門で成果を上げている。CDX-SのSはSevillaのS。コーデクス共和国のものとは違い、古典コンピュータでプログラミング言語「Python3」で開発されている。 旧コーデクス共和国が導入していた行政、司法、立法府への助言を行う量子コンピュータ「CDX」を目指し開発が進められているコンピュータシステム。統計や経済計画部門で成果を上げている。CDX-SのSはSevillaのS。コーデクス共和国のものとは違い、古典コンピュータでプログラミング言語「Python3」で開発されている。
 +
 +*政治 [#pa6356db]
 +668年の共同管理区域設置後、連合国の一つであるコーデクス共和国から派遣されたヤン・リンウェン博士の影響でコーデクス主義に基づいた統治が行われ、以後もセビーリャにおける支配的な思想となった。
 +764年の自治権拡大以降のセビーリャにおけるコーデクス主義は、CDXと評議会による政治と計画経済を目指す評議会派と、CDXを補助的な諮問機関とみなし議会政治と市場経済を重視する議会派の二つの派閥わかれ、行政府内や議会で両者の勢力が交互に政権を握る状態が続いている。
 +
 +''・ホセ代表時代(764-785)''
 +ホセ氏は764年の自治開始とともに自治政府代表(現在の行政長官に相当)に就任。国土の開発や社会保障の充実により極めて高い生活水準と幸福度を実現したとして高い評価と支持を得た。また、警察予備隊の設置にも携わりセビーリャの安定を確立した。一方で原理主義的なコーデクス主義者として知られ、計画経済の追求を目指したものの農業生産の予測に失敗し、大量の食料を海に投棄し続けるなど非効率な資源配分に非難が出た。785年に退任した。
 +
 +''・ペドロ行政長官時代(785-792)''
 +785年の試験において行政長官に就任した。元自治政府通商部長で経済・貿易分野に明るかったが、計画経済を志向するホセ氏とは対立することが多かった。議会派の有力者としても知られており自由な経済を目指し、経済分野での改革を行った。
 +ペドロ行政長官による農業生産の算出方式の変更、国内商品市場の開拓により、農業輸出と国内経済が拡大した。経済界を中心に支持が根強かったが、792年の試験で落選し職を追われ、政界を引退した。
 +
 +''・アントニオ行政長官時代(792-833)''
 +792年の試験で行政長官に就任。都市開発の分野での功績が広く知られていたほか、積極的なメディアへの出演で市民の人気も強かった。
 +中立に近い穏健な評議会派で就任前期には、ペドロ行政長官時代の路線を踏襲し食糧輸出を拡大するなど現実的な政策運営が行われていたが、800年のリアライン条約違反の不祥事以降、政府内で議会派が勢力を増し互いに対立するなど政治的に不安定な状況が発生した。この間アントニオ行政長官は、評議会派へと傾倒していき、814年の自治50周年式典での演説では評議会派としての立場を明確にした。
 +814年以降、CDX権の強化と計画経済の実行を目指したが、政府内の対立が深まる結果に終わり行政能率は更に落ち暴動や市民の逃亡が発生するなど、セビーリャは混乱状態に陥った。833年8月、93歳で死去。セレドニオ副長官が職務を代行した。
 +
 +''・セレドニオ副長官(833-)''
 +アントニオ行政長官の死去を受け、セレドニオ副長官が職務を代行した。穏健な議会派である同氏は早期の治安回復とインフラの復旧にあたるため、内紛の中断を呼びかけ危機からの脱出を試みている。
*文化 [#za58c26b] *文化 [#za58c26b]


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1373, today: 1, yesterday: 0