util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...

Re: 有志連合、EDTO諸国間における講和会議

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

クラリス共和国

なし Re: 有志連合、EDTO諸国間における講和会議

msg# 1.12
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/1/1 23:27
クラリス共和国  常連 居住地: 東京都  投稿数: 46

シル―カ・セレンディア外務大臣

弊国政府は、ヴェニスグループと協議の末、以下の契約書案を提案するとともに、取締役会にて本契約書案の承認を得る前段階として、この場をお借りし有志連合へご意見を願いたい。

セニオリス共和国ヴェニスグループ間の紛争終結に関する契約書

1.セニオリス共和国政府は本内戦における過ちを認め、ヴェニスグループが武力による市場寡占を策謀している事はないと確認した。よって、経営権は保証される。

2.セニオリス共和国政府は、ヴェニス株式会社統治領に対する復興支援及び遺族被害者への賠償金として100兆Vaの供与を行う。

3.2を理由として、遺族被害者の賠償金を支払う義務はヴェニス社に移譲したとし、ヴェニスグループが責任を持って支払う。

4.ヴェニスグループセニオリス共和国で容疑のかかっている脱税50兆Vaを責任を持って支払う。

5.ヴェニスグループはVSS社が現地国家の3要素(領域・人民・権力)を脅かす事がないよう、重装備警備員はVSS本社以外に配備しない事を約束する。

6.5と同様の理由により、VSS本社の陸軍規模を100万人以下に抑える。

7.本契約書締結に際し、ガトーヴィチ帝国ヴェニスグループの経営権を保証する。

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ