util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

10 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...

Re: ラルティスタ社会主義共和国内ウラン鉱山開発のための開発援助国募集に関する公示

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

カルセドニー社会主義連邦共和国

なし Re: ラルティスタ社会主義共和国内ウラン鉱山開発のための開発援助国募集に関する公示

msg# 1.3
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/3/22 0:41

我が国は以下の通り支援協定案を提示します。定期取引を行う燃料3億ガロンの対価を3兆Vaと定めている点以外は開発案に沿った内容となっております。


カルセドニー社会主義連邦共和国ラルティスタ社会主義共和国に於けるウラン鉱山開発支援協定>案

カルセドニー社会主義連邦共和国を甲国とし、ラルティスタ社会主義共和国を乙国として次の協定を締結する。

第1条 甲国並びに乙国は下記の条項を履行する義務を負うものとする。
第2条 甲国は乙国へ資金13兆5000億Va及び建材2億3000万トンを援助する。
第3条 乙国は第2条による甲国からの援助物資の到着を確認次第、速やかにウラン鉱脈の探査並びに鉱山整備、また港湾の整備を行うものとする。
第4条 乙国は第2条による甲国からの援助物資を原則として第3条に定められた開発に用いるものとする。
 第1項 但し、本条第2項、第3項に定める場合には乙国は援助物資を他の開発等に充てることが可能となる。
 第2項 ウラン鉱脈の探査並びに鉱山整備が早期に終了し、援助物資が残った場合、乙国は援助物資を他の開発等に充てることが可能となる。
 第3項 両国が協議を行い、必要と認めた場合、乙国は援助物資を他の開発等に充てることが可能となる。
第5条 乙国でのウラン鉱脈の探査が難航した場合、甲国は乙国へ追加支援を行う。
 第1項 甲国が乙国へ追加支援を行う場合、その具体的な内容は乙国の希望に基づき甲国が決定する。
第6条 乙国はウラン鉱脈の探査並びに鉱山整備が終了し、ウラン鉱山のレベルが最大になり次第、下記に定める取引を行う。
 第1項 乙国は甲国に対し、燃料3億ガロンを定期輸送するものとする。
 第2項 甲国は乙国に対し、燃料3億ガロンの定期輸送の対価として、資金3兆Vaを定期送金する。
第7条 第6条に基づき行われる取引は定期輸送開始日より10年(360期)を契約期間として定める。
第8条 第7条に定められた契約期間の終了後も取引は継続されるが、以下に定めた場合、両国は取引を終了させることができる。
 第1項 両国が取引を終了することで合意した場合、取引は直ちに終了する。
 第2項 第7条に定められた契約期間の終了後は、一方の締約国がもう一方の締約国に対し取引の終了を通告することによって取引は終了する。
第9条 両国は必要に応じて協議を行い、本協定の改廃について決定する。

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ