util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...
2: 2017-01-14 (土) 17:36:00 nazonohito ソース 3: 2017-01-20 (金) 20:02:49 nazonohito ソース
Line 15: Line 15:
***第1回加盟国会議 [#j3c239cc] ***第1回加盟国会議 [#j3c239cc]
- 現在進行中+ クリストバライト条約の調印式から6年ほどが経過した692年6月に第1回加盟国会議が開催された。第1回加盟国会議ではそれまでに加盟について事前協議が進められていた御岳山諸島自治巫女共和国及びローレル共和国の加盟が承認され、加盟国を6ヶ国とした状態で議論が進められた。会議では主に機構公定レートについてと政府機能が停止していることが危惧されていたサン・ピエル共和国への経済支援の内容が協議され、''機構公定レート''と''サン・ピエル共和国への食肉支援についての決議''が決議された。 
 + ローレル共和国の加盟についての事務レベル協議に際し、ヨリクシ共和国との間に連絡の齟齬が発生したことがローレル共和国により指摘され、ヨリクシ共和国が陳謝するという事態も発生したが、議論は特に激しくなることはなく、両件ともカルセドニー島共和国が提出した草案の通り決議された。
**関連条約 [#ebc030db] **関連条約 [#ebc030db]
--国際交易協力機構条約+-[[国際交易協力機構条約(クリストバライト条約)>国際交易協力機構条約]]
-[[機構公定レート>国際交易協力機構#t49fa52c]] -[[機構公定レート>国際交易協力機構#t49fa52c]]
 +-[[サン・ピエル共和国への食肉支援についての決議>国際交易協力機構#uf283c90]]
*構成国 [#u4656eee] *構成国 [#u4656eee]
Line 39: Line 41:
|692年|9月|御岳山諸島自治巫女共和国が国際交易機構条約に調印| |692年|9月|御岳山諸島自治巫女共和国が国際交易機構条約に調印|
|693年|1月|ローレル共和国が国際交易機構条約に調印| |693年|1月|ローレル共和国が国際交易機構条約に調印|
 +|694年|6月|第1回加盟国会議が閉会|
*資料 [#fddf1048] *資料 [#fddf1048]
Line 56: Line 59:
|銀|1万トン|8兆Va|国際社会で通常用いられる下限価格| |銀|1万トン|8兆Va|国際社会で通常用いられる下限価格|
|食肉|1万トン|3000億Va|トリヴェント連邦のものに準拠| |食肉|1万トン|3000億Va|トリヴェント連邦のものに準拠|
 +
 +**サン・ピエル共和国への食肉支援についての決議 [#uf283c90]
 +
 + 第1回加盟国会議において、政府機能が停止していた加盟国であるサン・ピエル共和国に対する支援決議が採択された。同国の情勢不安を緩和するために食肉が支援の主体となっており、決議案の内容もそれを反映したものとなった。なお、本決議V項にある食肉生産費用の分担率が当面カルセドニー島共和国が当面全額を負担する旨同時に決定されている。
 +
 +''【サン・ピエル共和国への食肉支援についての決議】''
 +
 +-I.サン・ピエル共和国で発生している情勢不安について、国際交易協力機構加盟国はこれを重大な問題と認識し共同して対処すべきことを確認する。
 +-II.前項の目的を達するために、国際交易協力機構はサン・ピエル共和国に対し食肉支援を行う。
 +-III.支援は食肉の生産国(機構加盟国であるか否かを問わない)から直接サン・ピエル共和国へ輸送されるものとする。
 +-IV.食肉の生産費用は機構公定レートに基づき機構加盟国が分担して負担する。
 +-V.前項に定められた生産費用の分担率は加盟国会議の決議に基づく。
 +-VI.本決議はサン・ピエル共和国の情勢に対し機構が対処する必要性が消滅した際に失効する。
 +-VII.本決議と国際交易協力機構条約の間に矛盾が生じる場合、機構条約が優先される。


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 2068, today: 1, yesterday: 0