util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...
Sort by Vote Ranking
2018 | 10 | 11
香麗新報  香麗民国主要大衆紙の一つ 中道右派の傾向
11月 18 (日曜日) 2018
皇道社会党が大勝、姜英熙新総統誕生!「比類なき君主制社会主義国家へ」 10:50   
805年8月、総統・国民大会・立法院選挙が実施された。

香麗国民党・統一共産党・立憲皇道党・皇道社会党の四極対決となった選挙戦を制したのは、「皇道社会主義」という左右を対立させるのではなく左右を合同する新時代の発想を提唱した姜英熙氏であった。

また、与党であった香麗国民党は極左の共産党、極右の皇道党のどちらが勝利しても国政の混乱は避けられず、それを防ぐ力が国民党にはないとして前総統の崔柄一は立候補を辞退し、自主的に皇道社会党を応援したことも大きな要因となった。



皇道社会党は国民大会・立法院でも過半数を獲得し安定した新政権が成立した。



主要候補



姜英熙 皇道社会党主席

圧倒的支持を集め総統就任。





李正日 統一共産党書記長

龍鮮人民共和国指導者、「李日成」の子孫。

香麗民主連邦復活を目指していたが、敗れた。





朴九 立憲皇道党総裁

急進的ナショナリスト。

過去に秋津人商人を私怨で殺害したとされる疑惑が報じられた。



姜総統「世界に比類なき君主制社会主義国家建設を」

新総統に就任した姜英熙氏は国民相互の協調を訴え、敗れた統一共産党、立憲皇道党にも協力を呼び掛けたが、穏健派は兎も角として極左・極右勢力が応じるとは見られていない。



姜総統は所信演説で「皇道社会主義」の理念に基づく新国家建設を目指すと述べた。

「未だフリューゲルには君主制と社会主義の両立という例がない。我が国はその先駆けとなって世界に新たなビジョンを示そうではないか。」

政府は江夏島の朴帝室へ協力を打診した。開明的で知られる朴麗華当主陛下は快諾されたという。

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
11月 14 (水曜日) 2018
三つ巴の選挙戦に「第四極」登場か? 指導者は旧幹名宰相の子孫 11:09   
805年8月に迫る総統・国民大会・立法院選挙は与党である「香麗国民党」と「統一共産主義者党(統一共産党)」(国政政党である「香麗社会党」の急進派と「香麗共産党」が合併し、過激な左派系政治団体を吸収して躍進した。)と朴氏王朝の復活を掲げる皇党派の「立憲皇道党」の三つ巴の様相を呈している。



殊に反共保守的な皇道党支持者と共産党支持者による暴力事件まで発生しており、中道を旨とする崔国民党政府は左右両翼に融和的な姿勢が裏目に出て両者から「日和見」と攻撃を受ける格好になってしまっている。



また、陸軍から流出した機密文書には「選挙で左派が勝利した場合のクーデター」という不穏な計画が記されている。陸軍広報官は「怪文書」であると一蹴しているが、王朝時代の貴族階級である「両班」出身が多い陸軍高級将校は反共姿勢が強いとの見方から事実である可能性も考えられると評論家は指摘している。



市井では「共産主義派と反共派の全面的な内戦に突入した『龍鮮戦争』を想起する声も囁かれる中、右でも左でも中道でもない新たな第四の選択肢を提唱する勢力が現れた。



指導者は『龍鮮戦争』時の指導者であり、『オセアニカ・アースガルド戦争』を指揮した英雄、「旧幹五宰相」(※)として知られる姜英哲の後裔にあたる姜英煕氏である。



姜氏は皇党派と共産派の主張を結合した「皇道社会主義」を主張している。



「皇道と社会主義は相反する思想ではない。我が国の皇道は専制君主でも絶対王政でもない。帝の下に万民平等を理想とする皇道の本質は社会主義の理想と同一である。」(著書『皇道と社会主義』)

「皇道が求めるものは臣民の安寧、社会主義が求めるものは人民の幸福、それは同じことを言っているのだ。同じ臣民、同じ人民、同じ民族として皆が平和で豊かな生活を目指そうではないか。」(壌平市(かつて『香麗民主連邦』の首都があった)での演説)

「我が先祖、姜英哲は確かに武力で共産主義を打倒した。だが今を生きる我々は姜英哲を超えた新しい柔軟な発想が求められているのだ。」(反共主義者であった先祖と比較して「容共」と批判した保守派に対する反論)



姜氏は同調者と共に立憲皇道党を独立して「皇道社会党」を結成した。

一方、左派の間からも「朴家はブルジョアではなく、寧ろ清貧であった。」「君主制には独裁政権の誕生を抑止する側面もある。」と評価し「皇道社会党」に参加する人士も現れはじめている。



同党は結成から間もないが、「名宰相の子孫」であることや「左右対立の克服」の提唱から人気を集めている。

この「第四極」は選挙に一石を投じるのか注目される。



※「旧幹五宰相」

大幹帝国時代の「議会開設を実現した初代首相・李大尊」「議会政治を軌道に乗せた尹明策」「石動帝国と同盟を結び、『龍鮮戦争』『オセアニカ・アースガルド戦争』を指導した姜英哲」「経済成長と一党制政治から民主化へ道筋をつけた鄭会昌」「『国際スポーツ大会』など文化政策と平和外交を推し進めた丁純憲」の五人の議政府総理大臣。

name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.